編集部が選ぶ「みんなに見てほしい」イチオシまとめはこちら

追悼 仁賀克雄

まとめました。 ------------------------------------------- 仁賀克雄さん(じんか・かつお=評論家、翻訳家、ワセダミステリクラブ創立者、本名大塚勘治〈おおつか・かんじ〉)が22日、肝臓がんで死去、80歳。葬儀は近親者で行った。喪主は妻大塚樹美さん。 著書に「ロンドンの恐怖 切り裂きジャックとその時代」。訳書にフィリップ・K・ディックの「地図にない町」など。
SF 小説 書籍 ミステリ 文学 ホラー 訃報 追悼
2037view 4コメント
3
山本弘 『BIS ビブリオバトル部』 @hirorin0015
「畜生め! なんだって俺ァ、他人の訳した〈シャンブロウ〉の解説なんか書かななきゃならねェんだ! これじゃ蛇の生ま殺しじゃないか! 畜生! くやしい! くやしい!」(野田昌宏) 『大宇宙の魔女』(仁賀克雄訳)の解説より。
芸能ニュース @twinews4
【芸】評論・翻訳家の仁賀克雄さん死去 80歳 (朝日新聞) ift.tt/2BV7mkm
内田 @pulp_literature
評論・翻訳家の仁賀克雄さん死去 80歳:朝日新聞デジタル asahi.com/articles/ASKDW… バリンジャーの『消された時間』もこの人だったな。合掌
ちくま文庫 @chikumabunko1
翻訳家の仁賀克雄さんがお亡くなりになりました。切り裂きジャックの研究家としても知られ、ちくま文庫ではその集大成『決定版 切り裂きジャック』のほか、ブラッドベリの『火星の笛吹き』『お菓子の髑髏』等を刊行させていただきました。chikumashobo.co.jp/author/001607/ 謹んでご冥福をお祈りいたします。
kemofure @kemohure
仁賀克雄さんがご逝去との報。ショックです。 ダーク・ファンタジー・コレクションや新・幻想と怪奇、最高でした。 ご冥福をお祈りします。 「『幻想と怪奇』という名称は語呂がよいし、そのイメージは現在でも通用する。この名称にはファンタジー、SF、ミステリ、奇妙な味などをすべて含有している」
みぐねこ (POOLSIDE) @migneko
仁賀先生訳の本 色々読んできたけど 何を読んだんだろういつも表紙に仁賀先生のお名前があったという記憶
迷亭 @nowhereman2501
しかしまー、ジャックは仁賀先生の本のイメージ強かったから後年Fateでああなるとは…FGO始めた頃びっくりしたもんだったわ
しじみ @AOAge2014
「ドラキュラ誕生」適度な情報量で読みやすくていいな。マレーシアの吸血鬼的な妖怪の話は初めて知った。ヴラド・ツェペシュの経歴についても、当時のワラキア周辺の情勢をザッと説明してくれてて理解しやすい。これは欲しいなぁ。
しじみ @AOAge2014
いきなり吸血鬼幻想から読むとくじけるよね...もっと前に知りたかった。
森瀬 繚@『這い寄る混沌』11/15発売 @Molice
仁賀克雄氏が亡くなられた由。ついに生前、お会いする機会はありませんでしたが、氏の仕事にはそれこそ小学生の頃から接してまいりました。ご冥福をお祈り申し上げます。 asahi.com/articles/ASKDW…
三崎尚人 @nmisaki
仁賀克雄氏は父の旧友で…。いつも年賀状に、前年の映画とミステリーとTV番組のマイベストテンが載っていて、子供ながらにそれを読むのを楽しみにしてました。ご冥福を。
森瀬 繚@『這い寄る混沌』11/15発売 @Molice
#cthulhujp 仁賀克雄氏は、日本で最初に刊行されたHPL作品集を手がけられた方です。 pic.twitter.com/M44VykMId1
 拡大
犬神博士 @inugamihakushi
仁賀克雄先生が亡くなられたとのこと。小学生の頃から訳書を愛読していたので、人生の一部が終わったようなショックだ。ご冥福をお祈りいたします、南無阿弥陀仏、合掌。
タニグチリウイチ @uranichi
仁賀克雄さんというとなぜかこれが真っ先に思い浮かぶ。SFマガジンで見かけたからかなあ。amazon.co.jp/%E4%BA%BA%E9%9…
くるくるパーティー @1972tue0127
仁賀克雄さんは、なんでディックにこだわってたのか。 怪奇とか猟奇とか、そっちの人よね。
Y. Furusawa 古沢嘉通 @frswy
ずっと、「じんが」だと思っていたが、「じんか」が正しいの? とまれ、ご冥福をお祈りいたします。>評論・翻訳家の仁賀克雄さん死去 80歳:朝日新聞デジタル asahi.com/articles/ASKDW…
Toiny@YNTS @Toiny0303
おおお…仁賀克雄さん……著作には大変お世話になりました 国内一のリッパロロジスト。どうぞ安らかに 。 R.I.P(per)
岩鼠 @Zote_xatu
仁賀克雄先生の『決定版 切り裂きジャック』って本、本当おすすめなので19世紀イギリスクラスタさん是非読んでね…。 とっても詳しいのに読みやすい文章、当時の時代背景とか貧民街の様子とかも色々解説されてて創作の資料としても役立つぞい pic.twitter.com/59QBwXdUPU
 拡大
怪談専門誌『幽』 @kwaidan_yoo
仁賀克雄さんといえば、個人的には『ミステリマガジン』1972年8月号の「幻想と怪奇」特集に載った「海外・幻想と怪奇作家辞典」が、先駆的なお仕事として想い出深いです。リアルタイムで接して刺戟を受けました。謹んで哀悼の意を表します。(雅) pic.twitter.com/hAIxse5oHt
 拡大
大森望 @nzm
評論・翻訳家の仁賀克雄さん死去 80歳:朝日新聞デジタル asahi.com/articles/ASKDW… 仁賀克雄さん(評論家、翻訳家、ワセダミステリクラブ創立者) 22日、肝臓がんで死去、80歳。 著書に「ロンドンの恐怖 切り裂きジャックとその時代」。訳書にフィリップ・K・ディック「地図にない町」など。
安田均 @yasudahitoshi2
仁賀克雄氏が死去。ラブクラフトをはじめ、ミステリー、SF、ホラー紹介、翻訳者として著名だった。早稲田ミステリ(大学研究会)の創設者。ぼくにはラブクラフトもだが、デニス・ホイートリー編「恐怖の一世紀」(朝日ソノラマ)の訳出紹介が印象に残る。ご冥福をお祈りします。
島田一志 @kazzshi69
仁賀克雄さんの本が藤田和日郎先生の傑作『黒博物館スプリンガルド』にインスピレーションを与えたというのは有名な話ですが、こちらの本では仁賀さんによる丁寧な解説も読むことができます。個人的な話では、切り裂きジャックの本の冒頭の文章がかっこよすぎて、ライターとしてかなり影響受けました。 pic.twitter.com/NlOs4bHxbU
 拡大
ジョー・チップ @joe_tip
私が最初に読んだフィリップ・K・ディックの小説は、仁賀克雄翻訳の「人間狩り」だったんだよなあ。「人間狩り」(『変種第二号』)の訳はこなれていて一番好きな翻訳。オチの文章がいい。ご冥福をお祈りします。
久我真樹@執事新書発売中 @kuga_spqr
仁賀克雄氏は、藤田和日郎氏の『黒博物館スプリンガルド』の解説もされていました。藤田氏は同書のあとがきで、この作品のベースとなる「バネ足ジャック」を知ったのは、仁賀氏の『ロンドンの怪奇伝説』だと取り上げていました。会社勤めをしながらの活動とのこと。 ja.wikipedia.org/wiki/%E4%BB%81…
残りを読む(174)

コメント

未知神明(みちがみ・あきら) @ontheroadx 2018-01-01 02:18:42
だけどなんで大森望は仁賀克雄(の訳)をボコボコに叩いてたの? SF業界と濃い関係じゃなかったから?
ログインして広告を非表示にする
ログインして広告を非表示にする