編集可能

内藤正典氏が、文科省天下りを某国立大で受け入れた時のことを回想。「あのころが一番、つらかったね」

ウィキペより 内藤 正典(ないとう まさのり、1956年9月29日 - ) は、日本の社会学者・地理学者・国際政治学者。同志社大学大学院グローバルスタディーズ研究科長・教授、博士(社会学)(一橋大学)。 専門は中東の国際関係、特にヨーロッパにおけるムスリム移民の研究、9・11以降はイスラムと西欧世界との関係、現代トルコの政治と社会。 https://ja.wikipedia.org/wiki/%E5%86%85%E8%97%A4%E6%AD%A3%E5%85%B8 続きを読む
文科省 天下り 教授会 内藤正典 大学
37
masanorinaito @masanorinaito

同志社大学大学院グローバル・スタディーズ研究科教授、現代イスラム地域研究、社会地理学、イスラムと西欧、ヨーロッパの移民・難民問題、日本の外国人労働者問題、 新刊『外国人労働者・移民・難民って誰のこと?』集英社、『限界の現代史』集英社新書、『となりのイスラム』、『イスラムが効く』ミシマ社、『激動のトルコ』明石書店(編著)

masanorinaito @masanorinaito
昔、国立大学で文科の官僚が事務局長を定年で辞めた後、副学長になったことがあった。むろん事実上の天下りとして教授会で厳しく追及したのだが、大学からは「お願いして就任しただくのに平場の教授が反対するな」と厳しいお咎めを頂戴したものだ。国立大学の堕落というのはこうして起きる
masanorinaito @masanorinaito
その時の学部長は、旗幟鮮明な左翼で、日の丸にも反対、君が代にも反対を説いておられたはずなのだが、文科天下りの件になると口をつぐんだ。「平場に居た時は反対してたくせになんだ、職を賭して戦え」と吠えたら、組合仲間の左翼教授たちが、一斉に弁護し始めた。この大学、終わっとると確信した
レイチャー @raychar2019
@masanorinaito 汚職官僚が新自由主義拡大を止める防波堤として機能してきた側面もあります 大企業を叩き、官僚を擁護するのは左翼のあり方としては間違ってません
masanorinaito @masanorinaito
あのころが一番、つらかったね。25年以上勤めた大学が、法人化、大学院重単価、教授会自治の否定と相次いで国に従属していった。いまの先生方、いよいよ人文系が追い詰められて危機感を募らせているが、レールは15年前には敷かれていたんだ
masanorinaito @masanorinaito
疲労困憊してゼミ室に帰ると、学生がホワイトボードにソフトバンクの犬のCMをもじって「また吠えちゃった」とワンコの絵を書いていて、退路を確保しないで吠えちゃだめですともっともな説教を頂戴した。この頃から隙あらば逃げ出そうと考えていた。2007年ごろのこと
M.Maeshima @M_Maeshima
@raychar2017 「汚職官僚が新自由主義拡大を止める防波堤として機能してきた側面」について、もう少し詳しくご説明願えませんか?
masanorinaito @masanorinaito
これから人文系でアカデミックポストを目指すみなさん。 国立に就職するのは到底お勧めできません。国立は「腰かけ」だけです。とにかく、教員と学生を大事にしてくれる私学にチャンスを求めることです。
nobu akiyama @nobu_akiyama

東京の郊外で国際安全保障の問題やってます。よく出没する場所:国立、霞が関、西麻布、八幡山、DC、NY、ウィーン、広島。

nobu akiyama @nobu_akiyama
@masanorinaito しかも担当がファンドレイジングとか。なんの冗談かと思いました。僕みたいな下っ端も、それだったら金融のプロを雇うべきと言いました。無視されましたけど。
masanorinaito @masanorinaito
私は昔から他人とつるんでなんかするのが性に合わないので、損をしてきたんだろうけど、構わない。とにかく大学にいる以上、精神の自由を脅かされることが最も嫌いだ。
masanorinaito @masanorinaito
@nobu_akiyama いたいた。あいつね。文科の官僚がどうやってファンドレイジングなんてするんだよと思ってました。単に寄付を頼みに企業を回ったようですが、企業のトップは、金を出せと言うならそれなりの仁義と知恵というものがあろうに、彼には全くないと嘆いてましたね。
神谷昌彦 @kamiyamasahiko
@masanorinaito 立命館大学と同志社大学あたり。。。
masanorinaito @masanorinaito
@kamiyamasahiko お隣にはコメントしかねます・・・東京にもいくつもあります
masanorinaito @masanorinaito
主専攻が科学史・科学哲学で、副専攻が藝術だったから、取ってた科目は滅茶苦茶だったわ 物理学:小出昭一郎先生に手取足取り量子力学 科学哲学:大森壮蔵先生⇒よくわからん、広松渉先生⇒ほとんど休講、黒崎宏先生⇒ヴィトゲンシュタイン 科学史:伊東俊太郎先生⇒朝ヒエログリフで午後はフッサール
masanorinaito @masanorinaito
藝術:高階秀爾先生⇒ひたすら泰西名画鑑賞、柴田南雄先生⇒ひたすらウェーベルン、シェーンベルクを聴く。今道友信先生⇒欧羅巴に行くと今でも学者はラテン語で会話するという話しか記憶にない…およそ現世の利益に無縁の学問に接してきたが、これが、愉しかったとしか言いようがない
masanorinaito @masanorinaito
リベラル・アーツ、舐めたらあかんで
Vero_kaj_homoj3 @vero_kaj_homoj3
@masanorinaito 元公立大学職員ですが240%同意です。
masasikuwata @crazycat200
平場という言い方、教授も身分制?かしら。 twitter.com/masanorinaito/…
jiro @jiroshiba
@masanorinaito 懐かしいおなまえがでたので。小出先生がブリストルから帰られた後でクラス担当をして頂きました。ポット出の18歳が御自宅で先生のピアノをお聞きしたのが忘れられません!
橋本公昭 @k60hashimoto
何年か前、どっかの地方国立大の学長に、文科省か文部省の役人が天下りしたことがあったんじゃなかったか。そうっか、大学も同じなのかと想った記憶がある。 twitter.com/masanorinaito/…
武田@ご当地VTuber運営したり @tamanyo
2000年あたりは一番無駄で適当なことやってる大学のイメージが強くて、大学に残って研究してる後輩を良く攻めてたもんです。そういう土壌を今でも変えてない、民間に無闇に偉そうな、しかも新しいことは実は全然知らないおバカ教授とかは何とかして欲しいとは思います。 twitter.com/masanorinaito/…
Kanade Akiyoshi @KanadeAkiyoshi
@masanorinaito 深い縁のある方から天下りのことで打診されていた結果なのだとしたら、流石に可哀想ですね。
残りを読む(7)

コメント

gryphon(まとめ用RT多) @gryphonjapan 2018年1月31日
@masanorinaito先生はじめ各氏に多謝(アカウントは前文の欄に)。誰でも編集可能です。直利プライとURL検索のみでほぼ構成
まあちゃん @matyan0 2018年1月31日
金髪豚野郎が早稲田の教授になってる時点で私立の人文系ももう死んでる。
KAMO nang-bang @dead_san 2018年1月31日
そういえば同じ頃ウチの法学のお師匠も国立大から私大に移ってたなー
トミー @fumiotomita 2018年1月31日
金稼ぐ苦労を知らずに偉そうな事を言うんじゃない!問題になっている天下りの副学長は奨学金制度の充実や企業からの募金活動に尽力した人です。
ケイ @qquq3gf9k 2018年1月31日
能力があって雇用する分には問題無いが官僚なら批判して新聞記者とかジャーナリストならOKと言うのもなんだかな。
sukebenayaroudana @Sukebenayarouda 2018年1月31日
私学もたいして変わらない気がするな。~~センター教授とかそういったところにはそういう人がうじゃうじゃ。科研費じゃない系の競争的資金を獲得する際にはそういう人が口ぎきすることが非常に効果的だったりするので実益があることがやるせない。若手研究者の100万円単位の資金にはやたらと厳しい審査があるクセに何億円単位の資金の審査はコネとかドンブリ勘定ってどーなってるの!?
araburuedamame @rpdtukool 2018年1月31日
勤め上げてた高級官吏って普通にど有能な人多いぞ。天下りってだけで批判すんのもちがくね?能力の不足故にNOってんならそりゃ分かるが、それを言うなら知名度オンリーの電波芸人みたいな連中蹴り出してから言ったらいいような気はいたしますぞなもし。
Shun Fukuzawa @yukichi 2018年1月31日
困ったことに、人は引きずられちゃうんですよ。某大学が元大臣を学長にした時期があったのだけど、その以後、やっぱり官僚出身の教員が増え、それまで日陰だった経済学部が妙にアピールするようになった。その人たちが無能だとは言わないけど、傾向ってでるな、と思った。
Hoehoe @baisetusai 2018年1月31日
経営も知らん平教授は楽でええのう
COPっぽい何か @hiro_cop 2018年1月31日
matyan0 大学の雰囲気的に「反体制カッコイイ」だからな。あと、昔から有名人を教員にする大学やからそんなもん。他と一緒にしたら他の私大が可哀そう。
南極の五斗米道改二@ショートランド @sansenhk 2018年1月31日
文科相から押し付けられたわけではなくて大学側から迎え入れたのならなんの問題もないのでは?
田中 @suckminesuck 2018年1月31日
こないだ論文書かずに教授になった慶応教授の話が話題になってたよな
tama @tamama666 2018年1月31日
この人の話に出てた国立大の学部長なのに日の丸反対、君が代反対って勤務先の選択そもそも間違ってる
Shun Fukuzawa @yukichi 2018年1月31日
sansenhk 一応「天下り 問題」とかで検索すると、相応に問題点は出てくる(どれを信用していいかわからないけど)。まず、定められたルールから逸脱していないか、その後の交渉の極端な増加、優遇が増えてないか、そういう点が検討必要になる。大学側から要請したにしても、それがどのような目的で、どういう倫理観に基づくかは、ちゃんとみた方がいいかも。大学だって野心はあるのですよ。
tako @tako6502 2018年1月31日
有能なら天下りでもよいという人はいるだろうが、天下りの斡旋で首になった某前事務次官(逆恨みして騒動を起こしたが割愛)は逆立ちしても有能には見えない #個人の感想です
だ・ぱんだP /서 부애 @kumanekodon 2018年1月31日
学長とか大学幹部は教官がやるのが当たり前だったけど最近は学外理事やら副学長だかやたらと増えて文科官僚やら財界やらが上に居座っとるんですよ…法人化して国立は最低な体制になってるよ…もう旧帝大ですらそうだし…
だ・ぱんだP /서 부애 @kumanekodon 2018年1月31日
今までは文科省から派遣された官僚は事務方のトップまでだったんですけどね、最近は理事やら副学長に横滑りする…受け入れなきゃ大学に落ちてくる金減らされかねないからそりゃ天下り受け入れざるを得ませんがな…好きで受け入れてると思う??
トミー @fumiotomita 2018年1月31日
kumanekodon 嘘はいけません。国立大学の予算は運営費交付金という一律の資金なので、天下りの有無は関係ありません。
sakai @SkiMario 2018年1月31日
fumiotomita 大学の評価で交付金は増減するし、大型の研究費も文科省の裁量で決まる部分がありますよ?
トミー @fumiotomita 2018年1月31日
SkiMario 大学の評価を行うのは評価委員会という第三者機関ですし、研究費の裁定もほとんどは第三者機関が行うのが常です。現在は文科省の裁量は極力排除されるように仕組みが作られています。予算で裁量の入る余地があると言えば、せいぜい施設整備費補助金ぐらいでしょうか。
人生よんしゅうめ@この程度の寒さでは我を起こす事は適わぬ @marumasa58 2018年1月31日
人文系が全て役に立たんとは言わんが、せめて経済学部(未だにマル経がいる)、教育学部(未だに戦前の教育が抜けない)、法学部(憲法で騒いでる暇があったら大学の研究者の人権守れ)辺りは何とかしてくれ
barubaru @barubaru14 2018年1月31日
この人がイスラム国を擁護していたことを忘れない。https://twitter.com/masanorinaito/status/483626371139133441そしてこのまとめとこの人の経歴照らし合わせるとなかなか趣深い。年齢的に元締め教授じゃないでしょうがね。「池内恵氏の1本目の公刊論文における武勇伝」https://togetter.com/li/1195007
お豆さん @feijao0131 2018年1月31日
天下り教員はまだ解るけど、論文出してない若手教員とかどんな力が働いているんだろう?
Shun Fukuzawa @yukichi 2018年2月1日
なんで官僚は問題なのかと言うと、官僚は権限を持っているからですよ。要するに「襟を正さなければいけない」ポジションだからです。だから、その権限が無効になるまで距離を取らなければいけない。一部は有能かもしれないけど、残りの全員が全て善意、有能とは限らないわけで。一方でジャーナリストは、許認可の権限を持っていません。
だ・ぱんだP /서 부애 @kumanekodon 2018年2月1日
fumiotomita 国立大学で使ってるのは運営交付金だけじゃないよ…それも漸減されてるから「競争的資金」に依存するようになってるのさ…
だ・ぱんだP /서 부애 @kumanekodon 2018年2月1日
あんま個人的にはカンケーないから好きに言わしてもらうけどこの内藤先生のあまりのイスラム主義擁護の立場にゃ賛同しかねますけどね…しかしそのへんも含めて学問の自由ってもんは大事ですよ…大学が文科省の出先機関になっちゃだめですわな…
雨女 @qu10109law 2018年2月1日
官僚の天下りってそんな悪いことかなあ。確かにそっち優先になったらマズいけど、薄給激務で国民のためにずっと働いて、一部の偏見もちには叩かれて、それで天下りぐらいないと割に合わないと思うんだけど…。 それにたまには例外もいるかもだけど官僚の人達ってずば抜けて有能な人ばっかりだから、大学にとってもメリットはあると思うんだけどな。ぶっちゃけ大学の教授の方が変なのの割合高いと思う。
sukebenayaroudana @Sukebenayarouda 2018年2月1日
qu10109law 天下りそのものがいけないんじゃないんですよ。「その大学をよくしてやろう」という(斜め上だったりすると困りますが)気概をもって職務に邁進していただけるならいいんです。そうじゃない天下りの方が少なからずいらっしゃるという点が問題です。大学に来た人たちはなんというか燃え尽きちゃったor不本意である人がかなり多いんです。
sukebenayaroudana @Sukebenayarouda 2018年2月1日
qu10109law 特に官僚現役出向がはじまってから(厳密な意味では天下りではないですが)本省で役職につけない人がたらい回しのように教授の肩書きをもって着任されて悪い空気を持ち込まれるので大学側としては困っています。
toge365 @toge365 2018年2月1日
政府・自民党による大学支配は「産学協同」から始まってる。今はもう、やりたい放題。
トミー @fumiotomita 2018年2月1日
kumanekodon 前のコメントを見てください。競争的資金は第三者機関が審査して交付しています。
まっくろなねこ @blackcat009 2018年2月1日
まぁ、学問的観点から専門外の官僚が天下れるって時点で、文系は学問の体をなしてないよな
ʕ•̫͡•ʔ Kanna☆ケンタウロス ʕ•̫͡•ʔ @ospf_area0 2018年2月1日
現在の国立大学では基本的な資金となる運営交付金がとにかく減らされています。また、国立・私立問わずICT関係を最大半額補助していた制度もなくなりました。その代わり、毎年様々な公募型補助金が出されていて、これに出し続けないと従来の規模が維持できなくなっている状態です。大学としてこの補助金に応募するために、あらかじめ設備や制度を整えておく必要があり、その情報やノウハウのために天下りを受け入れているのが現状。
トミー @fumiotomita 2018年2月1日
Sukebenayarouda 大学教授への現役出向は微々たる人数だと聞いていますが、具体的にどのような悪影響を与えているのでしょうか?
だ・ぱんだP /서 부애 @kumanekodon 2018年2月1日
fumiotomita 一人でも限られたポストを横取りするのは影響大ですよ…教授会に本省の回し者が一人はいるのだって大学自治には影響ありまくりでしょうね…
barubaru @barubaru14 2018年2月1日
国からの援助だよりなのに自治を標榜するなんておこがましいとは思わんかね
トミー @fumiotomita 2018年2月1日
kumanekodon 国立大学に教授は2万人以上いるのです。http://www.janu.jp/univ/gaiyou/pdf/20150827-pkisoshiryo-japanese.pdf 1人や2人ポストを横取りしたところで影響力などたかが知れています。
だ・ぱんだP /서 부애 @kumanekodon 2018年2月1日
fumiotomita 副学長や理事といった重要ポストは3万分の1じゃないですよ…それに教授というポストはその分野では実に限られたものですし、外部の人間がその地位を奪ったりしたら、元々その研究分野で永く頑張ってきた人の昇進を直接阻害します。マクロで見ていいものではありません。
だ・ぱんだP /서 부애 @kumanekodon 2018年2月1日
barubaru14 学問ってのは政治や短期的利益の都合で左右されたら台無しになります。高等教育機関での自治は絶対に必要なものです。英国の大学は運営的には私大ですけど財政的には国費で賄われてます。税金を使ってる責任なら教育や研究成果で社会に還元すればいいのですよ、しかしそのプロセスにまで権力が余計な口出しをするのは控えていただきたいとこ…
トミー @fumiotomita 2018年2月2日
kumanekodon 副学長?理事?私が答えた人は教授職について懸念しているものでしたよ。また、新しい血特に実務畑に精通した人を外部から招聘する事は古今東西を問わず大学の常識であり、内部で昇進する人のことばかり考えるのはいかがなものでしょうか。
barubaru @barubaru14 2018年2月2日
kumanekodon では天下りの官僚より教授上がりの方が真っ当に運営できるという根拠でもあるんですか?組織の運営と学問では求められる才能は違うでしょうに。
sukebenayaroudana @Sukebenayarouda 2018年2月2日
fumiotomita まず彼らは研究、教育についての経験はほとんどないため、研究教育のリソースが減っている現場にとって戦力にならないこと(研究は最悪目をつぶるにしても専門基礎科目を教えられないのではおはなしにならない)、本省の方に目が向いてしまっている(そして現役出向になる人は本省における出世争いに負けた人なのでどこかひねていてモチベーションを感じられにくい)といった点です。
sukebenayaroudana @Sukebenayarouda 2018年2月2日
fumiotomita もう一点、もっとも重要なことですがキャリア官僚の能力はおそらくノンキャリアなどのサポートスタッフが充実していてはじめて発揮されるものと思われます。たとえるならキャリア官僚は職務が細分化されている大企業のエリート、大学教授は営業も技術開発も一人でやる中小企業の社長のようなものなので、研究教育を除いた学内行政においても大学教授としての彼らの能力は非常にプアです。
sukebenayaroudana @Sukebenayarouda 2018年2月2日
fumiotomita あなたは相撲協会の第三者機関が報告したものならば信頼できる、と思ってしまう素直な方なんですね。前も書いたとおり金額が少額な競争的資金(科研費の基盤とか若手など)であればピアレビューの効いた比較的透明な審査が行われている、という意見に同意します。
sukebenayaroudana @Sukebenayarouda 2018年2月2日
fumiotomita しかし、省庁の外郭団体が助成するような(得てして億単位の巨額な)競争的資金の審査は非常に不透明であるというのが実情です。形式上は審査が行われていますが、はっきりいって「八百長」が行われています。当て馬の応募と本命の応募が分かれていて、「審査」が行われ、「優れた」方に配分が行われ、当て馬の公募の方が数年後に本命となって配分が行われる、といったことが行われているのです。
sukebenayaroudana @Sukebenayarouda 2018年2月2日
fumiotomita 特に外郭団体の資金の場合、これまでの業績よりもその団体の求めているものに合致したものが採用されやすい、また第三者の審査が行われるのは最終選考段階であり、その前の審査ではその団体が審査している(文学賞において「下読み」は出版社社員が行い、「最終選考」を大家の作家が行う)ため、透明性には疑問がかなりあります。
sukebenayaroudana @Sukebenayarouda 2018年2月2日
fumiotomita こうした外郭団体の競争的資金の獲得の際、活躍するのが現役出向の教授です。とある外郭団体の競争的資金に応募した際のこと、事務方から「○○先生が先生の研究に関心があるので見学させて欲しいといっている」といわれ、日頃関係があまりない人だったので不思議に思ったが見学してもらいました。
sukebenayaroudana @Sukebenayarouda 2018年2月2日
fumiotomita 件の○○先生は「大変興味深い研究ですね。ところで先生は××の競争的資金に応募されるそうですね。偶然ですが私の同僚で××に出向している者が偶然来客でくることになっていて、研究の現場を知る、という意味で彼にも見学させてやってもらえませんか?」といってきました。
sukebenayaroudana @Sukebenayarouda 2018年2月2日
fumiotomita後日 ××に出向している方も見学し、「うちの資金に応募されているようですね。私は審査に関わっているわけではありませんが、後学のために応募書類を見せていただけませんか?」というので大変不審に思いましたが、大学の事務の人が「お渡ししてください」というので渡しました。
sukebenayaroudana @Sukebenayarouda 2018年2月2日
fumiotomita 後日、朱を入れられたものがなぜか大学事務経由で渡され、「今までの経緯でお察しと思いますが、そのとおり修正して提出されれば先生のご希望が通る可能性がとても高いと思いますよ。」というのでそのとおりにしたところ、確かにパスしました。
sukebenayaroudana @Sukebenayarouda 2018年2月2日
fumiotomita すべて匿名で書いているし、ソース皆無ですので、あくまで「第三者機関が審査しているんだーー」と主張されても全然構いませんが、現場にいる人たちはこうした事情を知った上でいっていますので。ご判断は読んだ方におまかせするしかありませんが、ご参考までに。
トミー @fumiotomita 2018年2月2日
Sukebenayarouda 後者は研究者同士が馴れ合い、もたれあいしているだけで、役所は関係ないですよね。
トミー @fumiotomita 2018年2月2日
Sukebenayarouda また、キャリア官僚は個人としても非常に優秀です。研鑽を積んだ研究者と遜色ありません。
sukebenayaroudana @Sukebenayarouda 2018年2月2日
fumiotomita 配分する側がそのようにしている疑いが濃厚なのであって、研究者同士のもたれあいではまったくありません。
sukebenayaroudana @Sukebenayarouda 2018年2月2日
fumiotomita そう思い込んでいる官僚がいるとすれば夜郎自大にもほどがあります。チームプレーで能力を発揮してきた人がシングルプレイヤーとしては優秀とは限りません。大企業で優秀だった人が独立してみたらさっぱり、などということは枚挙にいとまがないですよ。繰り返しますが、大学は中小企業の社長の組合的な色合いが強いのです。
sukebenayaroudana @Sukebenayarouda 2018年2月2日
fumiotomita 抜けていましたが○○先生は現役出向してこられた現役官僚です。××に出向している人は省庁時代の同僚です。
トミー @fumiotomita 2018年2月2日
Sukebenayarouda それこそ勘違いも甚だしい。研究室は事務局のサポートがあって初めて機能するのです。中小企業のような独立した存在ではありません。法人化した国立大学は経営の合理化・収入の増加に全学を挙げて取り組んでいます。その中で学長を中心にリソースを集中して経営の合理化を図っているというのに、何を昔のような事を言っているのでしょうか。
トミー @fumiotomita 2018年2月2日
fumiotomita また、キャリア官僚は組織のリーダーとなるべく若いうちから様々な教育を叩き込まれています。20台のうちから係長になって部下を持つ身となり、30代前半で地方に出向して何十人もの部下を持つ訓練をしています。大学教授として出向する立場になれば40台中盤ですから、さらにリーダーとしての経験を積んでいることになります。研究者としての実績では劣るかもしれませんが、リーダーとしての能力で劣る事はありえません。あなたが大学教授>官僚という色眼鏡で見ているからそういう結論になるだけです。
ログインして広告を非表示にする
ログインして広告を非表示にする