10周年のSPコンテンツ!
174
SOW@11月新刊発売! @sow_LIBRA11

ラノべ作家のはしくれです。「グリムノーツ」「BRAVELY DEFAULT PB」(スクウェアエニックス)のシナリオ、ノベルも担当。「風銘係あやかし奇譚」「戦うパン屋と機械じかけの看板娘」10巻、11月発売予定!

SOW@11月新刊発売! @sow_LIBRA11
東芝がサザエさんのスポンサー撤退した最大の理由は、経済的事情も大きいが、白物家電・・・冷蔵庫や洗濯機、炊飯器などなどといった家庭用電化製品部門を中国企業に売却したため、宣伝効果がなくなったというのもあるようだなぁ。
SOW@11月新刊発売! @sow_LIBRA11
と、いう話を聞くと、「でもサザエさんの家の家電はずっと変わってねぇじゃねぇか」と思うかもしれない。実はちょっとずつ変化はしているものの、テレビは未だにブラウン管で一家に一台、エアコンどころかクーラーもない。一見すれば最新家電とは縁なきものに見えるだろう。 pic.twitter.com/QPEoscIrrl
拡大
拡大
SOW@11月新刊発売! @sow_LIBRA11
だがその話を論ずる前に、まず「サザエさん」の時代とはどんな物だったか、振り返る必要がある。サザエさんの連載スタートは1946年、終戦の翌年。ゆえに初期にエピソードには、戦後の混乱期の描写が多い、満州からの引き揚げ、闇市、ヒロポンにGHQなどなど・・・ pic.twitter.com/7lGRuM6nzg
拡大
拡大
拡大
拡大
SOW@11月新刊発売! @sow_LIBRA11
で、この時代における「サザエさん」は、今では「昭和のメモリアルボックス」「古き良き家族の姿」と捉えられているが、連載当時のキャラクターは、「戦後という新時代を生きる、破天荒な新しい女性」であった。 pic.twitter.com/1AiJWijlpu
拡大
SOW@11月新刊発売! @sow_LIBRA11
あの髪型にしても当時流行のもので、あの独特のカールは「前髪を切って額を出す」のがまだ抵抗のある時代だったためのもの。劇中でもサザエさんは積極的に社会に飛び出し、当時の様々な職業を体験し、婦人雑誌を読み、流行の支那そば(ラーメン)を食べ、時に男相手にも棍棒を振りかざす。
SOW@11月新刊発売! @sow_LIBRA11
波平とフネの夫婦はそれと対象的な「昔の夫婦像」で、サザエさんはしょちゅう起こられるというのがパターンだった。そもそもマスオさんという夫像も、当時からすれば意外なキャラクター。「妻の実家に同居」というのも当時はかなり珍しいシチュエーションだっただろう。 pic.twitter.com/AvToql8g5e
拡大
SOW@11月新刊発売! @sow_LIBRA11
つまり「サザエさん」という物語は、終戦後、様々な価値観がぐるっとひっくり返った時代を生きる、それまでいなかった「新しい女性」の物語であり、だからこそその姿が受け、笑いを生み、人気となった。まだ戦後の影響色濃い1948年には早くも映画化。十本以上続く人気シリーズとなる。 pic.twitter.com/wMWr4mf7cI
拡大
SOW@11月新刊発売! @sow_LIBRA11
「サザエさん」の人気は凄まじく、その後ラジオドラマ化する。1955年のことである。放送局はニッポン放送・・・ここでポイントなのは、ニッポン放送の開局は1954年7月、ラジオドラマ「サザエさん」放送は55年1月、開局半年も経っていない時代なのだ。 pic.twitter.com/pNLlSScB8c
拡大
SOW@11月新刊発売! @sow_LIBRA11
さらにサザエさんは、同年10月に後のラジオ東京テレビ(後にTBS)で、漫画に声を当てた「テレビ漫画」として放送される。同局が開局したのは同年1月。開局年にすでに番組としてラインナップされていたのだ。ちなみにこの時代、民放はまだ二局、テレビ放送は一日四時間程度の時代である。
SOW@11月新刊発売! @sow_LIBRA11
そしてさらに1969年に、アニメ「サザエさん」が始まる。この頃にはテレビは東京オリンピックの影響もあり爆発的に不朽したのだが・・・下の画像を見てもらいたい。第一話「75点の天才」である。なにか気づかないだろうか? pic.twitter.com/9KUjcB95n7
拡大
SOW@11月新刊発売! @sow_LIBRA11
そう、カラーなのだ! 放送開始は1969年。カラー放送自体はそれ以前からもあったのだが、まだ番組はわずかだった。だがこの放送開始前年より、各種制度が改まり各局カラー放送を本格的にスタートさせ、各家電メーカーかカラーテレビを争って作り出す。そのさきがけの時代に始まったのだ。 pic.twitter.com/oYJsd8UD92
拡大
SOW@11月新刊発売! @sow_LIBRA11
「サザエさん」は、最初はその新しさが映画やラジオなど、当時最新のメディアに取り上げられ、時期に「サザエさん」が見れるメディアこそが最新という認識に変わった。現在で言えば、アマゾンプライムビデオやNetflix限定番組の位置にあるのが、「サザエさん」だったのだ。 pic.twitter.com/XNMVBqDpfq
拡大
拡大
SOW@11月新刊発売! @sow_LIBRA11
「サザエさん」の内容が問題なのではない。「サザエさん」を見ているあなたが最新の状態であり、その提供者こそが「最新のライフスタイルを提案」できている者である・・・これが「サザエさん」のスポンサーの意義だった。意義、だったのだ・・・ pic.twitter.com/1q19sf4kIP
拡大
SOW@11月新刊発売! @sow_LIBRA11
だが、「サザエさん」は伝統化してしまった。やはりそれは、作者である長谷川町子氏の死去(92年没)が大きいだろう。作者の死後も、その良さを守ろうとした結果、サザエさんはあの世界から一歩も動かないことが求められるようになった。 pic.twitter.com/DPMLoeuT9P
拡大
SOW@11月新刊発売! @sow_LIBRA11
そして今では「古き良き家族の姿」と持ち上げられ、逆に「女性を家庭に縛る悪しき象徴」という者さえいる。「サザエさん」は何よりもそこから離れていたものだったのに・・・今回のスポンサー降板はまるで、変わらない「サザエさん時空」と現代との、時空の歪みのようなもの、なのかもしれない・・・ pic.twitter.com/TpvhUbupFt
拡大
さお坊@着物でヒジャブ作ってます @sasasasaobo
@sow_LIBRA11 @ShinHori1 素晴らしいツイートの数々😂👏 ササミは公害問題の時期の話ですね😃港にヘドロが…と思わず書いてしまう作詞家の回もあった気がw 漫画では共働き家庭に核家族、通勤、介護問題、煙草の害等時事問題が沢山。そして作者自身も当時は珍しい独身を貫いた女性。素晴らしい昭和史の史料ですよね…!
SOW@11月新刊発売! @sow_LIBRA11
@ShinHori1 確か、鳥のささ身を魚の形にして食べさせ、カツオたちが気を使い「小骨が刺さった」という話ですね。同作者の「いじわるばあさん」もそうですが、社会風刺ネタが実はすごく多いんですよね。
仲根 多鎖@はぐれTSF読み専 @nakane_tasa
@sow_LIBRA11 テンプレ破りが何時しかテンプレそのものになる……その典型例ではあります。
SOW@11月新刊発売! @sow_LIBRA11
@nakane_tasa 変わり続ける世界で、変わらないでいようとすれば、それはそれで、元の有り様とは変わってしまう、のでしょうかね。
その他の関連ツイート
くぼたやさん @kubotayasan
サザエさん東芝CM終了の理由は何?次のスポンサーについても kubotayasan.com/scmtoriyu/
み ん ☆* @lollipop__8749
今日のサザエさんは歴史的な回になるだろう。なぜなら、東芝最後のスポンサー回だからである。ちなみに私が東芝のパソコンを選んだ理由は架純ちゃんである。
りさ@京アニ全力で応援したい @piyohaya
東芝提供の、サザエさんの最後の日。 家庭向き製品のCMには意味が無いのが今の東芝だから…って理由が書いてあったけど、 家族向けの人をターゲットにしないで、何を作って食べていきたいのか? 創業者はどう思ってるのかなぁと思った、オープニング。
まとめは以上です
残りを読む(14)

コメント

安庭やよい⋈ @yayoy_amber 2018年3月26日
サザエさんがAmazonを使いこなすのは必然なのかもだ
正直者は夢を見る @image_initium 2018年3月26日
そういえば、「波平達はよく飲みに行くのに、サザエさんが屋台のラーメンを食べに行ったところを波平に見られ叱られている、何で叱られるの?」というようなツイート見かけました。なるほどこういう事なのですねぇ…現代の女性を象徴するサザエさんも見て見たいところ。
さとうあきひろ @akihirosato1975 2018年3月26日
作者が亡くなっても時代の趨勢に合わせて変化し続ける作品が良いのか、はたまた作者が亡くなった時点で進化を止めて当時の伝統を守る作品が良いのか。ただ著作権の同一性保持権とかのことを考えると、作者が亡くなった時点であまりにも原作を無視した改変は難しいだろうし(遺族の許可が得られない可能性が高い)。アメコミみたいに出版社が著作権持ってるならともかく、個人クレジットの作品だと「作者が亡くなっても変化し続ける作品」は作りにくいんだろうなぁ。
タツコマはネコ科猛獣に襲われてしまった @TATukoma1987 2018年3月26日
akihirosato1975 特に長谷川町子はサザエさんバス事件などのせいで日本のディズニーと言われるほどには著作権厳しいですからね。
小山内 @hattifnat 2018年3月26日
ぶくぶ先生かちょぼ先生が現代のサザエさんを描いたらどうなるだろうかとふと思いました。
九銀@半bot @kuginnya 2018年3月26日
[c4789119] それは酸っぱい葡萄だと思う
窓辺 @madopen 2018年3月26日
サザエさんで良く分からないのは波平やマスオが飲んで帰ると怒られる事。サザエ達はさっさと飯食って寝てれば良いのに何故か頑なに起きて待ってて怒るというのが良く分からん。それも突き詰めれば時代のせいなんだろうけど。
manimani @manimanifunny 2018年3月27日
現実がサザエさんを追い越したんだ。いいことじゃないか。
Chariot @BLACK_RX_24 2018年3月27日
yayoy_amber アカン、サブちゃんが職を失う…
ヘボピー @hebop_ 2018年3月27日
エアコン・クーラーに関しては東芝から要請があったがアニメ側で抵抗したとかなんとか藤川桂介氏がどこかに書いてた記憶が。あと、掃除機と炊飯器は90年代以降も最新型にアップデートしてたはず。
かつ丸 @katumaru8000 2018年3月27日
サザエさんが戦後から昭和40年代までの約30年の世相を映したマンガで、こち亀が昭和50年代から平成の約40年を映したマンガ。こういう長期連載でその時々の社会の様子を見せてくれるメジャーなマンガが、次の世代でもでてくればいいね。
すき!いいね!元気もりもりご飯パワー!! @KANOEYuu 2019年10月27日
2019/10/24"8歳娘を「男はこう」「女はこう」みたいな事は一切言わずに育ててきたわけなんですが、ここ最近彼女がサザエさんにハマった結果、その努力が一気に水の泡となって泣いてる。"から始まる性差観まとめから読んだけど、戦後すぐ始まって元号が二回変わってもなおあなたとおなじ中流家庭に寄り添うサザエさんっていうイメージ持ってるのが悪い気がしてきた。もっと昭和に徹してほしい。横文字を右から左に書いたり。電車で煙草吸ったり。変に現代にアップデートしてるからそうでないところの齟齬がアレ
ログインして広告を非表示にする
ログインして広告を非表示にする