「科学への信頼」と「科学者への信頼」

3月11日東日本大地震から4週間後、心理学者と物理学者が科学者の社会的役割について対話した。
科学者 科学コミュニケーション 信頼 情報学 早川由紀夫 科学 メディア
HayakawaYukio 5444view 11コメント
44
ログインして広告を非表示にする
  • 渡邊芳之 @ynabe39 2011-04-09 08:29:39
    ここしばらく問題になったことは「自然科学の知識」ではなくて「自然科学者がいつどこで何を言うか」という「自然科学がその知識の内部では解決できない問題」であったと思う。それについて専門的な意見を言えるのは誰か。
  • 渡邊芳之 @ynabe39 2011-04-09 08:33:43
    科学を目指してきた心理学を生業とするものとしての私は「自然科学者が科学の手法に基づいて蓄積してきた知識」自体に対しては最大限の敬意を払う。しかしそのことと「科学者の行動や発言に敬意を払うこと」はまったく別であると思う。
  • 渡邊芳之 @ynabe39 2011-04-09 08:37:21
    この1ヶ月の出来事を通じても,私を含めた人々の「科学的知識への信頼」はほとんど失われていないと思う。失われたのは主に「科学者の発言や行動への信頼」だし「科学者によって構成される組織や科学者社会に対する信頼」だと思う。
  • 渡邊芳之 @ynabe39 2011-04-09 08:40:44
    この「科学者の発言や行動を疑う」「科学者によって構成される組織や科学者社会を疑う」ということは,まさに「科学」を研究テーマにした人文社会科学的研究が前世紀後半からやってきたことではないか。
  • みほちゃん(54) @Mihoko_Nojiri 2011-04-09 08:42:53
    「科学も人間が担ってる」、ってだけのこでしょう。社会、経済学者とか実はさらにフリーダムなわけで。RT @ynabe39: この「科学者の発言や行動を疑う」「科学者によって構成される組織や科学者社会を疑う」ということは,
  • みほちゃん(54) @Mihoko_Nojiri 2011-04-09 08:43:36
    そこに科学者ってつけるのが微妙に問題を矮小化してると思うな。@ynabe39
  • 渡邊芳之 @ynabe39 2011-04-09 08:44:32
    「科学も人間が担っている」ことを自ら担保する仕組みは自然科学は持ってないですよね。 RT @Mihoko_Nojiri: 「科学も人間が担ってる」、ってだけのこでしょう。社会、経済学者とか実はさらにフリーダムなわけで。
  • みほちゃん(54) @Mihoko_Nojiri 2011-04-09 08:45:32
    そんな概念ないと思います。RT @ynabe39: 「科学も人間が担っている」ことを自ら担保する仕組みは自然科学は持ってないですよね。 RT @Mihoko_Nojiri: 「科学も人間が担ってる」、ってだけのこでしょう。社会、経済学者とか実はさらにフリーダムなわけで。
  • 渡邊芳之 @ynabe39 2011-04-09 08:46:29
    それはそうではないです。「社会科学」がやや特殊なだけで,いわゆる文系の学問の多くは「自らの発言や行動を疑う」「みずからの組織や社会を疑う」ことを学問自体の重要な要素にしている。RT @Mihoko_Nojiri: そこに科学者ってつけるのが微妙に問題を矮小化してると思うな。
  • みほちゃん(54) @Mihoko_Nojiri 2011-04-09 08:46:50
    概念ない、っていうか、それは科学の範疇でないから。@ynabe39
  • 渡邊芳之 @ynabe39 2011-04-09 08:48:02
    それを持たないのがまさに自然科学なんです。前にも書いたように人間が担っていることの担保」を実験や統計という方法によって「外部化」したのが自然科学ですから。 RT @Mihoko_Nojiri: そんな概念ないと思います。
  • みほちゃん(54) @Mihoko_Nojiri 2011-04-09 08:48:15
    しかし、起こってる問題の大半は専門以外のコミュニティに向けて語る時の訓練不足だとはおもいますけどね。学術論文かいてる分にある程度チェックされるからそういう意味では担保する仕組みはある。
  • 渡邊芳之 @ynabe39 2011-04-09 08:49:17
    それならまさにそう。そのことを問題にしている。 RT @Mihoko_Nojiri: 概念ない、っていうか、それは科学の範疇でないから。
  • 萩原 佐知子 @hugujo 2011-04-09 08:49:38
    一般ピープルにとって興味深い対談になってる。
  • みほちゃん(54) @Mihoko_Nojiri 2011-04-09 08:51:42
    だから専門家の間でのそれに「科学を担保するもの」はあるとは思うけど、一旦社会に向けて発信するときにどうしても専門の幅を越え、前提条件を理解してもらえず、相手の興味の幅にはいるようにとかやっていくうちに、そういう風にみえるんだとおもうけど、そこを科学に含めるのはなんか変だと思う。
  • 渡邊芳之 @ynabe39 2011-04-09 08:51:52
    「専門以外のコミュニティにむけて語る時の訓練」はすでに自然科学そのものの範疇は超えていて「科学者社会」が「社会の機能」として提供するものになっていますよね。 RT @Mihoko_Nojiri: しかし、起こってる問題の大半は専門以外のコミュニティに向けて語る時の訓練不足
  • みほちゃん(54) @Mihoko_Nojiri 2011-04-09 08:53:30
    だから「社会学」は当然社会に発信するから混乱もおこるし、この状況で発信せざる得ない科学者ってのも本来の科学者社会からはみだして、リスクを背負わざるおえなくなってるわけですな。RT @ynabe39 
  • 渡邊芳之 @ynabe39 2011-04-09 08:54:07
    これは野尻先生の言う通りで,つまり「科学者のやっていること」のかなりの部分は「科学ではない」んですよ。その「科学ではない」部分の妥当性や信頼性まで「科学的方法論の妥当性や信頼性」によって担保されているように思い込む,あるいは思わせることが問題なのだと思います。
  • 渡邊芳之 @ynabe39 2011-04-09 08:55:01
    で,社会学にとってはその混乱自体も重要な研究テーマであるわけです。 RT @Mihoko_Nojiri: だから「社会学」は当然社会に発信するから混乱もおこるし、この状況で発信せざる得ない科学者ってのも本来の科学者社会からはみだして、リスクを背負わざるおえなくなってるわけですな。
  • 渡邊芳之 @ynabe39 2011-04-09 08:59:10
    「科学者の発言なんだから科学的である」「科学者の行動なんだから科学的である」なんてことはない,ということです。科学者の発言や行動そのものは「科学」とは別のものだ。その「あたりまえのこと」をみんなが実感した1ヶ月でした。
  • 渡邊芳之 @ynabe39 2011-04-09 09:01:56
    ですです。 RT @sarkeeeee: 「科学者の発言」は「科学的知見」を基にした「社会的行為」ということですかね
  • 萩原 佐知子 @hugujo 2011-04-09 09:02:27
    完璧なる自然を相手にするホントの意味での「科学」と、一般ピープル社会が科学者に対して期待している種類の「科学」とは違うのだこれが。
  • 渡邊芳之 @ynabe39 2011-04-09 09:03:27
    科学者とその組織や科学者社会が少なからず「みっともないところを見せた」こと。 RT @gnsi_ismr: 大意賛同しますが、後者の信頼が、どのような具体的な事柄によってなぜ失われたたかとお考えですか?
  • 渡邊芳之 @ynabe39 2011-04-09 09:05:10
    そのてん人文学者はもともと「みっともないところを見せる」のが仕事だからその地位は揺らがないですね。もちろん「低い地位」ですがw
  • 萩原 佐知子 @hugujo 2011-04-09 09:06:48
    前者の意味での「科学」を後者の意味での「科学」に通訳するのは、いろいろな意味でリスキーな作業だな。

コメント

  • 鞘次郎(sayajirao) @sayajir 2011-04-09 09:18:50
    "知性は方法や道具に対しては鋭い鑑識眼を持つが、目的や価値については盲目だ(アインシュタイン)。" そろそろ社会科学的、というか科学社会学的議論が必要。ただし後付けの枠組みに疑いの目を向ける事も忘れないでおきたい。
  • 早川由紀夫 @HayakawaYukio 2011-04-09 10:34:49
    タイトル変更しました。「科学への信頼」と「科学者への信頼」
  • 時計じかけのミカン @mkn_inv 2011-04-09 12:31:21
    この野尻って学者は典型的な「頭の良いバカ」だね。ミヒャエル・エンデの本でも読んでやり直したほうが良いと思うぞ。 …「科学への信頼」と「科学者への信頼」
  • 中原 伸一郎 @dotcom07 2011-04-09 13:46:36
    『 長崎被「爆」、冷戦時に大量被ばくされた方の放射線・福島原発に関する見解他 』:ちょっとまとめてみました。お読み頂けると有難いです。 http://bit.ly/i40mL9
  • saebou @Cristoforou 2011-04-09 18:59:27
    非常に興味深い。しかしながらこれは自然科学をやっている人にはなかなか理解されない論点である気がするのでそこが非常にむずがゆい。
  • やすかい/yasukai @uk_maniax 2011-04-09 23:24:59
    「語れないことは理解できていない」とするならば、科学者が行っていることは何なのか? といった疑問も出てくるわけで。このあたり詰めていくと、アウトプットする機会の少なさという社会的状況が原因でもあるのかなあ、とも。
  • Kazshige Maeyama @K_Maeyama 2011-04-10 01:55:34
    科学の知識は自然現象の成り立ちをモデル化したものである。知識には色はない。研究をすることそのものも社会行為であるという感覚を科学者はどういうふうに持っているのだろうか。
  • Kazshige Maeyama @K_Maeyama 2011-04-10 02:05:24
    いま日本の理科系の研究者で地位のある人々の平均年齢はどれぐらいだろうか。年齢が高い人たちの時代には進学率が低かったですね。いまの若い研究者たちが将来地位を築いたときには、外部からの有効な批判が増えそう。
  • Kazshige Maeyama @K_Maeyama 2011-04-10 02:06:40
    日本社会に高等教育を終了した人間の絶対数が増えれば、研究者にたいしての外部からの風当たりは間違いなく強くなる。学位を持ち科学の知識を保持した一般人が増えだすと状況は変わりそう。
  • kumouke @kumouke 2011-04-16 11:52:43
    森博嗣を読んでいたときに物理学者って仙人か何かなのだろうかと感じたのを思い出した。
  • まいる @mile2461 2011-04-30 08:21:15
    んー、自然科学者は一般人にはうまく説明できないってイメージが前提になりすぎてないか?科学者はみんなアインシュタインっぽい人だってイメージはいつ修正されるんだw 発言や行動において相当に正しい科学者は、自然と人文問わず干されていて、アウトプットの機会が与えられないってのが問題。説明してあげるとか余計なお世話だろう。

カテゴリーからまとめを探す

「国内」に関連するカテゴリー