2018年7月29日

アソボット戦記五九感想

アソボット戦記五九全52話の視聴感想となります。過去に見ていた記憶はあります。原作漫画版は一応漠然と立ち読みした記憶です
2
名無し・ボーガー・一郎(ネイティブ・カブトボーグ) @nanashiborger

さて、アクエリオンロゴスから変わりまして今回よりアソボット戦記五九の視聴感想をはじめます。大体4~6話ずつの全10回ほどの予定で……この作品、当時見ていました、懐かしい。 #アソボット戦記五九 pic.twitter.com/2zwZ0WvNcJ

2018-07-28 22:41:40
拡大
名無し・ボーガー・一郎(ネイティブ・カブトボーグ) @nanashiborger

とまぁ、この作品については何というかその……エイベックスが100億円売り上げを目指すとの意気込みで発動させたメディアミックス企画だが、見事大コケしたことの方が今となっては有名かもしれない。その為かアニメのDVDは全52話中20話までしか発売されないまま打ち切られ #アソボット戦記五九

2018-07-28 22:43:19
名無し・ボーガー・一郎(ネイティブ・カブトボーグ) @nanashiborger

当時のエイベックススポンサードの作品では他にアニメ版カービィや探偵少年カゲマンなどが似た憂き目に遭っている。この作品も一応低年齢層向けにカウントされるわけで、VHSからDVDへの移行期の末期に放送されていたこともまた悲劇だったかもしれない。最もそれだけなら #アソボット戦記五九

2018-07-28 22:44:49
名無し・ボーガー・一郎(ネイティブ・カブトボーグ) @nanashiborger

まだ然程際立った問題にはならないが、元々100億円売り上げるつもりの企画との背景が問題である(汗)実際の所この他にも当時アニメ化に先立つメディアミックスで漫画版が週刊少年マガジンに連載されていたのだが、どうやら人気低迷してアニメ放送前に連載が打ち切られる憂き目に #アソボット戦記五九

2018-07-28 22:46:22
名無し・ボーガー・一郎(ネイティブ・カブトボーグ) @nanashiborger

危うく落ちかけたらしい……ちなみにアニメ放送時はマガシンSPECIALに連載雑誌を移行してどうにか完結したらしいが……。また100億円売り上げるとの意気込みのわりに関連商品もほとんど発売されず、タカラからの玩具はジョイスティックを再現したチープトイと、それぞれとも #アソボット戦記五九

2018-07-28 22:47:48
名無し・ボーガー・一郎(ネイティブ・カブトボーグ) @nanashiborger

第1弾で打ち止めになった文具ホビー・コロガッツ(バトコロのようなもの)、他社からの発売でドッカードというカードゲームが発売されたのみだったらいい……どうやら最終的にこの作品を題材にしたテーマパークを作ろうとかエイベックスの企画では考えられていたらしいが #アソボット戦記五九

2018-07-28 22:48:58
名無し・ボーガー・一郎(ネイティブ・カブトボーグ) @nanashiborger

何というかその……とにかく悉くメディアミックス失敗で悪い意味で有名になってしまったような作品かもしれない(汗)とりあえず大まかな粗筋を書いていくと西遊記を題材にした作品としてマシュランボーとスタージンガーを足して二で割ったような雰囲気はあるかもしれない #アソボット戦記五九

2018-07-28 22:50:10
名無し・ボーガー・一郎(ネイティブ・カブトボーグ) @nanashiborger

ちなみに、アソボットとはタイトルにある通りアソシエーション・ロボットの略称であり、主人公の五九達はそのアソボットになる。孫悟空ポジの五九は変身して戦い、猪八戒ポジのトンゴーは医療用アソボットながら怪力の持ち主、沙悟浄ポジのジョーは水中戦を得意とするメカニック #アソボット戦記五九 pic.twitter.com/6KBzEDjPlr

2018-07-28 22:52:58
拡大
拡大
拡大
拡大
名無し・ボーガー・一郎(ネイティブ・カブトボーグ) @nanashiborger

そして三蔵法師ポジになるのはサンゾウという1000年前の冬眠から目覚めた人間であり、彼がこの世界に迫るであろう破滅を阻止するために五九達とともに東の国ジパングを目指しての旅が始まるという。冬眠から目覚めた人間と、人為的に作られた人ではない存在の3人が御供の #アソボット戦記五九 pic.twitter.com/6E7JLnBumo

2018-07-28 22:55:39
拡大
拡大
拡大
名無し・ボーガー・一郎(ネイティブ・カブトボーグ) @nanashiborger

点ではマシュランボーを彷彿させる(ただ三蔵法師ポジはこちらでは男であり、マトリクサーは人工生命体なのでロボットではない等違いはある)ちなみにこの作品、当時の目で見ても異様に声優陣が豪華で、五九役に山口勝平さんはハマリ役他ならない。サンゾウが関智一さんで #アソボット戦記五九 pic.twitter.com/ox6C4hCAIw

2018-07-28 22:57:36
拡大
拡大
名無し・ボーガー・一郎(ネイティブ・カブトボーグ) @nanashiborger

ジョーは佐々木望さん、そしてもう一人の三蔵法師ともいえるヒロインポジのスージィは飯塚雅弓さん(これが非常に可愛い)、またねずみ男ポジともいえる魅音は高山みなみさんでコギャルっぽいノリの少女役はなかなか珍しいのではないだろうか。その豪華な面々の中でトンゴー役が #アソボット戦記五九 pic.twitter.com/EXvEouWbT1

2018-07-28 23:00:26
拡大
拡大
拡大
名無し・ボーガー・一郎(ネイティブ・カブトボーグ) @nanashiborger

浪曲師の国本武春さんと本職の方ではないが、剛毅ながらどこか気の抜けたような演技は結構ハマリ役で、レギュラー陣の中でも決して見劣りしない。他の面々もレギュラーで三木眞一郎、榎本温子、大塚明夫各氏とゲストで田の中勇、飯塚昭三、納谷六朗各氏と大御所から #アソボット戦記五九 pic.twitter.com/FdC3DehGw0

2018-07-28 23:02:55
拡大
名無し・ボーガー・一郎(ネイティブ・カブトボーグ) @nanashiborger

今でも一線級の人気声優が連ねており、ラスボスのプロフェッサーDは野沢那智さんである。異様に豪華な声優陣は見るにあたっては楽しみの1つともいえる。本題に話を戻すと人間にアソボットが取って代わろうとする世界が、アソボット達に感染して凶暴化するという破滅ウイルスが #アソボット戦記五九 pic.twitter.com/IVNNS7OQBe

2018-07-28 23:04:47
拡大
拡大
拡大
名無し・ボーガー・一郎(ネイティブ・カブトボーグ) @nanashiborger

蔓延してアソボット達が暴走する危機を防がなければいけないらしい。タイムリミットは約1年。五九達3人は盗賊団として生計を立てていたが、ジパングには宝があることと、サンゾウが五九に対し女子供にはめっぽう弱くなるようなコマンドを入力してしまい #アソボット戦記五九 pic.twitter.com/8QqpEcppUS

2018-07-28 23:06:20
拡大
拡大
拡大
拡大
名無し・ボーガー・一郎(ネイティブ・カブトボーグ) @nanashiborger

まぁ、孫悟空のあのわっかのようなネタだろう。そのコマンドを解除するにもジパングへ向かわなければならないようで旅を始めることになったという。ちなみに最初から既に西遊記の3人が集っているわけだからか、3人は五九に突っ込みを入れることはあれど、最初から基本仲が良く #アソボット戦記五九 pic.twitter.com/7DhktYtVEO

2018-07-28 23:08:00
拡大
拡大
名無し・ボーガー・一郎(ネイティブ・カブトボーグ) @nanashiborger

3人のチームワークも既に良い。西遊記ものでは珍しい気がする。ただ第1話からして正直作画レベルはあまり良くない(汗)CG作画についても当時を考えるとぎこちないのは否めずアニメーションのクオリティはあまり高くない。なお第1話はそもそもキャラデザからして大分 #アソボット戦記五九 pic.twitter.com/3qn8AILDl9

2018-07-28 23:10:03
拡大
拡大
拡大
名無し・ボーガー・一郎(ネイティブ・カブトボーグ) @nanashiborger

異なっている感じもあり、第1話のみ変身や必殺技にテロップが挿入されている演出はやや方向性が定まってなかったかもしれない。なお、アニメ制作については実質ゾイドジェネシスと同じ元請不在で各アニメスタジオへローテーションをしていた体制なので、作画が不安定なのは #アソボット戦記五九 pic.twitter.com/P8Flqg5m3Y

2018-07-28 23:11:22
拡大
拡大
名無し・ボーガー・一郎(ネイティブ・カブトボーグ) @nanashiborger

若干やむを得ない所もあるのかもしれない。ちなみにグロスでメインを担当していたはずのライフワークは本放送途中で倒産しており、その点も不安定なクオリティに拍車をかけているような。第2話がなかむらたかし氏のコンテ担当のせいか、キャラクターの表情が氏のタッチに似てる #アソボット戦記五九 pic.twitter.com/ZAV2K9vRvB

2018-07-28 23:13:59
拡大
拡大
拡大
拡大
名無し・ボーガー・一郎(ネイティブ・カブトボーグ) @nanashiborger

そして五九の故郷カカマウンテン村では、彼の育ての親のアソボットポマじいと再会するが、破滅ウイルスに感染していた為変貌して五九達に襲い掛かる。この話はスージィが病気の父を治すために薬草を探していることから旅に同行することと絡めて、アソボットの五九には #アソボット戦記五九 pic.twitter.com/jIgK7zqpq7

2018-07-28 23:15:47
拡大
拡大
拡大
拡大
名無し・ボーガー・一郎(ネイティブ・カブトボーグ) @nanashiborger

親という概念を知っているのだろうかと書く意図があったかもしれない。ポマじいに引導を渡す際もジョー達から急所を外してお前らしくもないと突っ込まれ、ポマじいにはそれくらいで十分だと五九は語る辺りも、育ての親をやむを得ず仕留めざるを得なかったことで親の概念を #アソボット戦記五九 pic.twitter.com/zkayV8p2EZ

2018-07-28 23:17:32
拡大
拡大
拡大
拡大
名無し・ボーガー・一郎(ネイティブ・カブトボーグ) @nanashiborger

漠然とながら覚えようとしている様子はあった。なおサイゾウのハモニカによってポマじいは息を吹き返すオチ。第3話はスージィの故郷ミロク村へ到着して、父テンジンに薬草が与えられる。ミロク村は人間とアソボットの共存を目指していた町だが #アソボット戦記五九 pic.twitter.com/QfeRRDPrZg

2018-07-28 23:19:14
拡大
拡大
拡大
拡大
名無し・ボーガー・一郎(ネイティブ・カブトボーグ) @nanashiborger

賞金稼ぎの殺し屋・マリオ兄弟に乗り込まれてしまう。そしてテンドウは人間ながらかつて五九と互角に戦った山賊のリーダーだったが、スージィとの出会いによって改心して村長になったとの過去があった。村長として自ら武装して村を守ろうとするが、やはり年には勝てず #アソボット戦記五九 pic.twitter.com/IB5brVuSUj

2018-07-28 23:21:16
拡大
拡大
拡大
拡大
名無し・ボーガー・一郎(ネイティブ・カブトボーグ) @nanashiborger

窮地に追いやられてしまう。そんな彼を救わんと五九達が駆けつけるもの第4話ではマリオ兄弟が早々に降伏……最もそれはマリオネットシールをトンゴーとジョーに貼って操る目論見があり、二人は本人の意志に反して五九を襲うように操られる。彼らから五九を守るために #アソボット戦記五九 pic.twitter.com/QHZbDdKklN

2018-07-28 23:23:37
拡大
拡大
拡大
拡大
名無し・ボーガー・一郎(ネイティブ・カブトボーグ) @nanashiborger

テンドウが二人を救うも、マリオ兄弟に後ろから切られて本当に深手を負ってしまう。これに五九がブチ切れて引導を渡す。最も孫悟空の宿命だからか、あくまでマリオ兄弟の体の装甲を全て剥ぐまでで、命を奪うようなことはしていない。ただマリオ兄弟が村で爆破テロを引き起こす #アソボット戦記五九 pic.twitter.com/fAUdQwlC3k

2018-07-28 23:25:54
拡大
拡大
拡大
拡大
名無し・ボーガー・一郎(ネイティブ・カブトボーグ) @nanashiborger

極悪な奴でやむを得ない事情も感じられない為、別に引導を渡しても良かったような気がする。ギャグっぽい退散の様子もあまり作中の空気には合ってなかった気がする。テンジンはジパングへ向かい破滅を救ってくれとスージィに後を託してこと切れる。なお原作漫画版だとテンジンは #アソボット戦記五九 pic.twitter.com/S5ozbjbnu7

2018-07-28 23:27:53
拡大
拡大
拡大
拡大
残りを読む(172)