編集可能
2018年8月17日

専門性を認めない悪平等な日本の軍隊

10
kemofure @kemohure

近代史家達は、日本軍の脆弱なファクターの一つは、「海外では徴兵する場合、徴兵者の適用を考える。例えば運送会社の課長なら補給部門の現場の上位に付ける。日本は片っ端からただの兵隊にするのみ、優秀ではない職業軍人が優秀な兵を能力を活かせず消耗するという形になった」と指摘していますね。 twitter.com/sow_LIBRA11/st…

2018-08-16 18:01:18
kemofure @kemohure

中西輝政(近代の戦争において)「民活が重要なんです」 奏郁彦「ところが官僚組織型の日本軍では、不満たらたらの三流レベルの将校を補給部隊の指揮官に当て、運送会社の課長を二等兵でこき使う(略)(米軍が徴兵した民間人に)しかるべき階級を与えていたのとは対照的」 (二十世紀 日本の戦争)

2018-08-16 18:11:17
kemofure @kemohure

ガンダムのタムラ料理長は、地球連邦軍の補給部門の将校ではないかと思う。米国や欧州では徴兵する時、徴兵者の経歴にあった階級と役職に就ける為、地球連邦軍が米国や欧州のように経歴を重視するタイプの徴兵を行っていたら、名高いコックだったら補給部門の将校に抜擢されてもおかしくない。

2018-08-16 18:14:06
Ghostface melOn @Ghostface_melOn

@kemohure 映画「15時17分、パリ行き」の中に、アメリカ軍の兵士志願者が試験を受ける場面があって、合格者は試験結果に応じて何種類かの候補から、好きな職種を選べる仕組みになっていたけど、あれは昔からあったのかな。

2018-08-16 19:36:33
Dieng2618 @Dieng2618

@kemohure "とにかく、陸軍はひどかった。私の会社の研究所の技術者を、片っ端から招集してしまうのです。そして、この技術者に穴掘りをさせたのです" 戦時中(末期)、日本無線で軍用レーダー開発にあたっていた中島茂氏談(p.215「エレクトロニクスが戦いを制す」NHK取材班 から)の通りですね。

2018-08-17 04:12:10
山北篤 @Gheser

@kemohure 日本は、昔から、何の専門家でも無いあらゆる事に素人なラインオフィサーが偉そうにしていて、専門家の活用が下手くそですねえ。

2018-08-17 05:28:51

コメント

Destroyer Rock @hondapoint 2018年8月17日
石油化学者を徴用して南方に送り出したのはいいけど、連合軍の攻撃により石油そのものが無くて研究どころではなくなり、「本土での研究に復帰させて」との嘆願を「徴用して直ぐに帰したらメンツに関わる」と拘束した例がありましてね。
0
Ito Manabu (まなびぃ) @manaby76 2018年8月17日
戦争が終わっても、この風潮は現在まで続いてるような気がする。高度経済成長まではまあなんとかやっていけたけど、社会が成熟した現在はどうなんだろう?
0
mikumiku_aloha @mikumiku_aloha 2018年8月17日
官が民を主導するという開発途上国の発想のままだった日本と先進国の仲間入りをしていた米国を比べるのは酷という面もあるとは思います。 米軍は空母の応急修理のために民間人の修理工(プロ)に兵(素人)を指揮させたとか民間のプロの方が的確と指揮官が思えるぐらいの状況にあったようで。
0
TTE @TTE001 2018年8月17日
小卒でも大卒でも二等兵から始まるのが日本陸軍の良いところだ、という話があった。出典不明。
1
asada134 @asada1236 2018年8月17日
要は実力主義ってことだろ
0
mikumiku_aloha @mikumiku_aloha 2018年8月17日
大卒は士官候補だったような。司馬遼太郎は学徒出陣で少尉で終戦。
0
mikumiku_aloha @mikumiku_aloha 2018年8月17日
日本の陸軍は兵卒でも現場働きの評価で特務士官になれたという意味では実力主義だったのだけど、「特務」と付けて普通の士官とは差別化し続けたのは実力主義に徹しきれない面にも見える。
0
gaheki @gaheki 2018年8月17日
専門家よりゼネラリスト求めるのは日本企業でもよくある話だよね
0
斉御司 @saionji1942 2018年8月17日
熟練工が兵隊として引き抜かれ、学生がその穴埋めに……てのもあったな。アホすぎる。
1
mikumiku_aloha @mikumiku_aloha 2018年8月17日
米軍は大戦争する前にSeabeeと呼ばれる建設工兵隊を組織していて、初期のメンバーは民間から建設の熟練工を集めたそうで。 太平洋戦争で米軍の航空基地は爆撃してもすぐ直されるという力関係になったのも彼ら建設工兵隊の活躍があったからだとか。
0
九十九 @hakqq 2018年8月17日
問題はその課長様、往々にして「物流のプロ」じゃなく「1物流会社内のプロ」である点よ
0
Destroyer Rock @hondapoint 2018年8月17日
上記コメントをしといて何だけど。 ドイツ軍とイギリス軍にもその傾向があったからね。 ドイツにおいて、レーダー技手に着く兵士は前線に出られない三流兵士だと見做されていました。 イギリスにおいて、レーダー技手には陸軍の服さえも支給されませんでした。
0
聖夜 @say_ya 2018年8月17日
レーダー技師にライフル持たせて前線送るどころかそもそもそんな役職なかったのが旧軍なわけで。フランスは開戦初期においてはむしろドイツより戦車先進国だったにもかかわらず専任の車長と通信手を置いたドイツの紙装甲豆鉄砲の戦車に負けた訳で、ドイツ戦車が重装甲高火力(そして低機動)になるのはT-34ショック以降
0