Togetter/min.tを安心してお使い頂くためのガイドラインを公開しました。

国旗を掲げる海自に文句をつける人がいる話

不審船扱いは困るよね
11
theremania @theremania

@tamami9221 @morihachitoraya 災害派遣に旭日旗は降ろした方がいいのでは。 不快に思う人だっているのだから。

2018-09-07 14:03:19
zabara【じゃばら】 @hametarouadosen

北海道に救援に向かった海上自衛隊の艦艇に対して「国旗を揚げるのは止めてください。それを見るのが嫌な人もいるんですよ」っていうツィートを見て「16世紀からこの方、国旗を掲揚しない軍艦は海賊とみなされ、無条件で攻撃される」という国際ルールを知らない人がいて震える。

2018-09-09 22:07:59
小鳥遊シン(´ε` ) @Takanashi_shin

@zabarann 「海賊とみなされ、無条件で攻撃される」とはどういう事でしょうか?

2018-09-10 18:54:06
zabara【じゃばら】 @hametarouadosen

@Miko_bbsehuj そもそも船旗を掲げるのがルール化されたのが「所属不明で襲撃をしかける敵国の軍艦や海賊行為を禁止するため」なんです 当たり前ですが攻撃を受けたら頭にきますよね? でも敵は誰かわからない。では復讐できません。それはズルイ卑怯! なので所属不明=敵意をもった船=海賊船と同類となったのです

2018-09-10 19:08:36
小鳥遊シン(´ε` ) @Takanashi_shin

@zabarann 国旗を掲揚していないからといって、無条件で攻撃していいってことにはならなくないですか?ソマリアなど海賊が多い場所なら分かりますけど、波風で国旗が飛んだり忘れていたりなどもありえますよね?元ツイートだとどんな船でも国旗を掲揚してなければ即攻撃してOK、という風に読み取れるのですが

2018-09-10 19:18:01
zabara【じゃばら】 @hametarouadosen

@negihatate さすがに戦争中でなければ商船レベルではいきなりドカンは無いと思います (軍艦でも多分無いとは思いますが) というか北の朝鮮の不審船のように、むしろ国旗や船旗を掲げない船がドカンと撃ってくる場合の方が多いかと… だからこそ「国旗や船旗をあげようね!」 っていう話にもなるんですよね

2018-09-10 19:36:28
🐯🦉山崎弘樹 H.Yamazaki🦉🌎 @puremalt2010

@zabarann 良く出来た話だとは思うが、掲揚を止めよという人は日の丸と書くのが普通鴨。

2018-09-10 16:24:43
zabara【じゃばら】 @hametarouadosen

@puremalt2010 国旗の部分は、さすがにネタで書いているんだと思いたいですが、船の所属をわからなくするように降ろすってのはさすがにイカレてます せめて「国旗は嫌がる人もいるので、自衛隊旗にしたほうが良いと思います」ならまだわかるんですが…

2018-09-10 18:39:58
@5gF1lM2QI1Vvbu9

@zabarann @puremalt2010 自衛隊旗の方がもっと嫌がる人居ますし…(;・ω・) まぁどっちも無視で良いですが

2018-09-10 20:09:49
生き物係@🦴とってこい🐕担当 @Pangaea_lake

@5gF1lM2QI1Vvbu9 @zabarann @puremalt2010 そうですね、自衛隊旗のことなのか国旗なのかそれによって意見が違うので書いてもらえてたら良かった。自衛隊旗は過去の戦争を体験した人は嫌うでしょうね。旭日旗をあのまま使っている事に疑問。国旗を上げるなならば、やはり日本人では無いんだろうな。日本を嫌うように教育されてる人。

2018-09-11 02:20:43
さちみりほ@9/4新作発売 @sachimiriho

@Pangaea_lake 旭日旗に不満を言い始めたのは数年前、日本人を猿呼ばわりした某サッカー選手の言い訳からで戦争体験者何の関係も無いですよ。日韓W杯時代は何の問題も苦情も無かった。どちらも堂々と揚げるべきです。

2018-09-11 07:30:41
はーまいおにー よちろ @WGPP52r6lloWEV0

@sachimiriho @Pangaea_lake そうそう。選手の名前は忘れたけど..。 あれが、言いがかりの始まり。

2018-09-11 09:56:53

Yasu @Yasu4715

申し訳ないけど、ズワイガニが旭日旗に似てるからと叩かれてるの、ちょっとおもしろい。 止まらない韓国の「こじつけ非難」 バーガーキングの包装、米人気女性歌手の靴は「旭日旗」 - SankeiBiz(サンケイビズ) sankeibiz.jp/macro/news/170… @SankeiBiz_jpさんから

2018-09-10 12:12:36

自衛艦旗

分かりやすい解説

コメント

せるりあん @kdkwshine 2018年9月11日
そもそも論で言えば、日の丸が日本の国旗として定められた理由が、幕末に西洋列強と対峙する中で船に掲揚する必要性に迫られたからって話なんだよな。
18
ゆーき @yuki073 2018年9月11日
まあ、軍艦のマストに旗を掲げた状態で他国の港に入る国もありますし、それに比べたらまだおとなしいですよ(ぐるぐる目)
1
緑川⋈だむ @Dam_midorikawa 2018年9月11日
国旗を見るのが嫌ならば日本人をやめてどこか別の国に行けばいいのでは。またはもともと日本国籍ではない某国の人間かもしれんが
20
B9hCgGcM75 @B9hCgGcM75 2018年9月11日
自衛隊の船が国旗を掲げるのは当たり前だし、掲げないとか想像するだけでも嫌なので、堂々と掲げ続けてください。 こうですか?
12
CVB @wws4734 2018年9月11日
日本の国旗を見るのが嫌なのに日本に住んでる意味不明な人が居るなんて驚きだぁ(棒読み)
14
せるりあん @kdkwshine 2018年9月11日
スパムアカウントからのデマを削除。ちなみに太政官布告第五十七号(国旗国歌法の制定により廃止)には国旗を掲揚しない船舶は国際的な慣習により海賊船とみなされるとはっきり書かれている。それと公海上でなく領海内の場合は、海賊は国際法ではなくその国の領海侵犯として無警告に撃沈されうる。
8
yamada tarou @onekuni 2018年9月12日
船舶法 第7条で「日本船舶ハ法令ノ定ムル所ニ従ヒ日本ノ国旗ヲ掲ケ」とあるので国旗掲揚は義務。
14
ローストの肉 @ROM69787270 2018年9月12日
そんな奴らも助けるのが自衛隊のお仕事です。 ホント気持ちよく働ける環境にしてあげて欲しい。
8
MctArticle @mctarticles 2018年9月12日
郵船商船規則が国際法に基づくものであるならば、それの法源となる国際法や慣習法を知りたい。そしてこのツイートは第一に、現在の海の憲法として機能する国連海洋法条約を無視して海のルールの出鱈目を語っており自分の無知を晒すようで非常に愚かだと思う。またこんな出鱈目の誤情報をばら撒くことの責任も重いのでは?
1
MctArticle @mctarticles 2018年9月12日
あと内水と領海を混同しているようなコメントがある。現代ではというかまず海のルールの基本は空のそれとは異なって航海の自由の尊重がまず原点にある。よって領空侵犯(制空権の維持のため)は法律用語だが領海侵犯という言葉は一般用語で法律用語としては存在しない。領海であれ船舶には無害航行権が保証され取締を受ける事があっても突然攻撃するというのは国際法違反である。これは海洋法の勉強の基礎中の基礎の知識。
1
MctArticle @mctarticles 2018年9月12日
良い機会だから皆さんには海洋法を基礎から勉強して欲しい。現状の世間の国際海洋法への無知は果てしなく悔やまれる。テキストを紹介します。島田征夫他(2005)『海洋法テキストブック』有信堂高文社。別にこれを使わなくても良いから基本的な教科書からしっかり勉強した上で議論して欲しい。あと国際法は国内法の上をいくので日本が国連海洋法条約に批准した時点で日本も領海における船舶の無害通航権を前提とした国内法を制定している事を指摘しておく。
0
MctArticle @mctarticles 2018年9月13日
[c5396584] ご説明致します。まず、掲げる必要という捉え方が現在の国連海洋法条約においては異なっています。船舶は旗国の国旗を掲げる権利を「与えられる」という考え方を取っています。これは国籍取得が国家の自由裁量に委ねられる概念に似ています。これは公海上で特に重要になります。旗国主義という概念はご存知でしょうか?…案の定文字数オーバーしました。本当にこのコメント欄不便ですね。せめて400文字くらい許して欲しいものです。とりあえず続きます。
0
MctArticle @mctarticles 2018年9月13日
[c5396584] (続き)公海においては船舶においては旗国の法を船舶上においては適用します。なので旗国と国旗の掲揚に関する条文は国際海洋法条約第8部の公海の箇所に90-96条にかけて関連する条文を集約しています。当該箇所を熟読して下さい。特に軍艦並びに非商業目的公船は旗国以外の管轄権から除外されます。これを軍艦特権と言いますが、旗国国旗掲揚は管轄権の明示を目的としていると考えるのが妥当でしょう。まあ例え軍艦が国旗掲揚をしていなくても何人にも臨検する権利はないのですがね。
0
MctArticle @mctarticles 2018年9月13日
[c5396584] ご理解頂けましたか?分からなかった場合はやはり教科書の勉強をオススメします。ネットで曖昧な情報を得るよりしっかりと名の通った学者さんによる執筆監修がなされた教科書での基礎固めが最も重要です。発展学習として論文を読むのが良いと海洋法のカリスマの方が仰っておられました。私の海洋法研究などちょっとした日曜大工程度のようなものなのでまだまだです。それでも基本の教科書による知識固めは大切ですので疎かになさらないようにお勧め致します。
1
MctArticle @mctarticles 2018年9月13日
[c5396584] また言い忘れたのでもう一つ。軍艦特権に関してですが、これは大使館や公使大使領事の車両が治外法権となるのに類似した概念が元になっています。即ち、軍艦や非商業目的公船は国家の代表である為旗国以外の管轄権から免除を受けるという事です。これは公海に限らず他国領海内でも認められます。また文字数制限。なんなんだもう。続きます。
1
MctArticle @mctarticles 2018年9月13日
[c5396584] (続き)また因みに領海の無害通航権は(国連海洋法条約批准国であれば)全船舶に基本認められます。そして排他的経済水域について、その水域航行は公海と全く同様の航海の自由が認められます。排他的経済水域において沿岸国が主張できる排他的主権は経済的資源のみでありその水域自体ではありません。兎に角突然無警告に他船舶へ攻撃を行うのは完全に国際法に違反しそれこそ「海賊」呼ばわりされかねない行為です。日本は徹底した法治国家ですしそれが誇りであるので国際法遵守は国是です。まあ以上補足でした。
1
MctArticle @mctarticles 2018年9月13日
なんでもいいからみんな海洋法勉強して欲しい。休みの日にふらっと地元の図書館へ行けば一冊くらいは海洋法の教科書あるはずだし、海洋法勉強しておいてもぜっったいに無駄にはならない。だからデマに惑わされず1人でも多くの人に海洋法の知識をつけてもらいたい。そうした上で議論して一緒に新しい概念を作っていきましょう!
1
せるりあん @kdkwshine 2018年9月13日
軍艦が軍艦としての権利を享受するには国旗もしくは代替としての軍艦旗の掲揚は必要不可欠なのだがそんなこともわからないらしい。そしてケチ付けてる人は案の定反安倍。わかりやすいこって
5
せるりあん @kdkwshine 2018年9月13日
海洋法に関する国際連合条約 第29条 軍艦の定義 この条約の適用上、「軍艦」とは、一の国の軍隊に属する船舶であって、当該国の国籍を有するそのような船舶であることを示す外部標識を掲げ、当該国の政府によって正式に任命されてその氏名が軍務に従事する者の適当な名簿又はこれに相当するものに記載されている士官の指揮の下にあり、かつ、正規の軍隊の規律に服する乗組員が配置されているものをいう。
6
せるりあん @kdkwshine 2018年9月13日
「当該国の国籍を有するそのような船舶であることを示す外部標識を掲げ」ない武装船舶は19条の何れかに抵触するとみなされて無害通航権を有しない。これはちょっと考えれば当たり前のことで、そんなことが許されれば奇襲攻撃を受ける可能性があるからな。
4
せるりあん @kdkwshine 2018年9月13日
で、ここから先は海洋法とは全く別の領域になる。日本では海上警備行動が発令されない限り海上自衛隊が軍事力を行使するのは無理だが、一般的には無害でもなく国籍も不明の武装船舶が領海に侵入した場合、個別的自衛権の発露として撃沈されうるしそれを阻害する国際法などは特にない。軍艦としての庇護を受けないからな。
4
せるりあん @kdkwshine 2018年9月13日
当該国の国籍を有するそのような船舶であることを示す外部標識とは、一般的には国旗であり、また軍艦旗を代替として使うこともできる。「掲げ」と書いてあるように旗であることを想定してるわけだ。旗が使えない場合、たとえばホバークラフトなんかは吸い込まれたりする危険があるので船体にペイントしてあったりもする。
3
せるりあん @kdkwshine 2018年9月13日
なんでこんな規定があるかっつーと、元ツイ主が16世紀以来と言うように当時は私掠船っていう存在があったから。近代に入ると仮装巡洋艦なんてのもあって、こういう存在に対しても国際法が定められてる。
3
M. I. N. E., which might explode beneath your feet @OhKicked 2018年9月13日
kdkwshine 議論反論できないようにブロックするのは如何なものでしょうか?中◯やシンガ◯ールや北◯鮮でもあるまいし議論の場を主催されたならされたでオープンな議論を促すべきではないでしょうか?自分に都合が悪いからといって相手を封殺するのは稚拙では?というわけで戻って参りました。昼休憩なのでお話しましょう。まず私の知識の欠如を謝罪します。
0
M. I. N. E., which might explode beneath your feet @OhKicked 2018年9月13日
kdkwshine 貴方の仰る通りです。国連海洋法条約19条の規定通り確かに軍艦特権を受ける為には旗国国旗の掲揚が必要である事はまさしくその通りです。そこが完全に私の理路からは完全に抜けておりました。その点訂正いたします。すみませんでした。但し、無掲揚であった場合も掲揚の要請を受け掲揚すればこの場合軍艦特権を受ける事ができます。
1
M. I. N. E., which might explode beneath your feet @OhKicked 2018年9月13日
kdkwshine 無掲揚船舶が即海賊認定をされるわけでは公海上でも領海上でも決してありません(多分貴方は識者と見えるのでご存知と思いますが日本船籍の船舶は船舶法によりどんな場合であっても国旗の掲揚が義務化されています。ここでは国家を限定せず一般的な船舶の話をします)。
0
M. I. N. E., which might explode beneath your feet @OhKicked 2018年9月13日
kdkwshine あと19条に関してですが単に武装船舶であったからといって無害通航権の阻害理由にはなりません。これは19条が他条項に比べ具体的に規定されていることから分かるように19条に関しては19条の具体的規定に反した船舶に対して「無害でない通航」と判断されます。我が国の国内法(領海外国船舶航行法等)もそれに準拠して「無害でない通航」の規定をしており、その中には単に武装しているという点は含まれません。
0
M. I. N. E., which might explode beneath your feet @OhKicked 2018年9月13日
kdkwshine ここで非常に重要なのはそれが領海内ではなく内水内であった場合は1発アウトです。内水内で自衛隊でも海保船舶でも警察船舶でもない船が武装していた場合、国内法(刑法詳しくないので定かじゃないのですが多分まず銃刀法違反)で検挙され逮捕されます。しかしこの場合も単に武器を持っていたからといって攻撃の対象にはなりません。ヤクザが日本刀を持っていたからといって突然警官に撃たれないのと同様です。
0
M. I. N. E., which might explode beneath your feet @OhKicked 2018年9月13日
kdkwshine そもそも武器を持って内水に侵入するような船はおおよそ入国管理法にも抵触するとも考えられます。ちなみに内水であっても大使館の治外法権同様に軍艦並びに非商業目的公船の武装は軍艦特権の適用が認められ問題とはなりません。
0
M. I. N. E., which might explode beneath your feet @OhKicked 2018年9月13日
kdkwshine さて続いて武力紛争に関する問題ですが、領海内で武装した旗国国旗無掲揚船舶があった場合まず旗国の確認が行われ従わない場合は勿論取締の対象となりますが、旗国国旗の無掲揚は武装船舶であっても即座には戦闘行為とは決して見なされません。これは強く否定します。国連憲章54条の定めに従いしっかりとした法治国家であれば武力行使を受けない限りこれを個別的自衛権の下で対処することはできません。
0
M. I. N. E., which might explode beneath your feet @OhKicked 2018年9月13日
kdkwshine これは国連憲章が定めていることから分かるように大原則です(但しこれを破っている国も実際往々にしてあります、例えばロ◯アとか中◯とか韓◯とか北朝◯とか時に米◯とか国連加盟国でも法的に品のない国は平気で法治主義の根本を崩すような真似します。我が国日本はそんな国ではありません。次いで紳士的な欧州も基本的にそれを破るような真似はしません)。
0
M. I. N. E., which might explode beneath your feet @OhKicked 2018年9月13日
kdkwshine 従って、個別的自衛権の使用の制限が無いという見方は誤りです。しかも法治主義を徹底すれば国連憲章の下ではこの個別的自衛権も集団的安全保障の措置がとられるまでの暫定的な自衛権行使です。また無国籍船舶が常に領海内であれ公海上であれ攻撃対象になり得るというのも大いなる誤りです。
0
M. I. N. E., which might explode beneath your feet @OhKicked 2018年9月13日
kdkwshine 法治主義の下では武力行使というものは皆さんが考えているほど簡単に行えるものではありません。あくまで相手が攻撃してきた場合自分もしくは自分の周りの安全を確保する為の緊急回避措置として行われるものか、仰られた通り海上警備行動や海保の任務の中で海保法や警察官職務執行法に定めてとられるものに限ります。
0
M. I. N. E., which might explode beneath your feet @OhKicked 2018年9月13日
kdkwshine そして海賊という認定に関してもこれは何度もいろんな方が仰っておられますが現代においては國連海洋法條約101條にしっかりと定義がなされており、ちなみに公海上ではなく領海內で同様行為があった場合は海上武裝強盜という扱いになります。ここでさっと読めて海賊に関し知識の付く書籍を紹介します。竹田いさみ(2011)『世界史をつくった海賊』築摩書房。
0
M. I. N. E., which might explode beneath your feet @OhKicked 2018年9月13日
kdkwshine 遠洋船舶の船員であれば海洋法の知識なくとも経験上明らかに海賊船とその出現水域の把握ができるでしょう。言っておきますが、日本の海保は大変優秀です。愛知県警程度の規模でこの広大な日本周辺海域の治安を維持しています。徹底した法治主義の(それどころか外国船舶にお目溢しの余地すら与えてあげている)海保の警備下の水域に海賊船は皆無です。
0
M. I. N. E., which might explode beneath your feet @OhKicked 2018年9月13日
kdkwshine それははっきりと主張しておきます。世間の海洋法の無知が海保の適切な評価を阻害しているのでは無いかと思い甚だ口惜しく思います。もっと予算をかけても良いし人員や航空機船舶等の装備も増強して良いと思います。話が逸れました。すみません。
0
M. I. N. E., which might explode beneath your feet @OhKicked 2018年9月13日
kdkwshine 逸れたついでに言いますが、私はご指摘通り反安倍、親石破氏の(一応でも無党派に近いかもしれない)自民党支持者で日本国の愛国者です。右派からはパヨクと言われ左派からはネトウヨ呼ばわりされる毎日で孤独ですが主なフィールドが日本では無いのであんまり評価は気にしてません。以上です。
0
M. I. N. E., which might explode beneath your feet @OhKicked 2018年9月13日
kdkwshine あらまたやらかしました。申し訳ありません。今友人から指摘を受けたのですが、個別的自衛権の規定は国連憲章54条ではなく51条では?とのことです。確認とらず記憶だけで発言してしまいました。すみません。今手元に条約集が無いので(基本ネットの情報は私は公式であってもあまり信用していないので)すぐは確認できませんが、指摘した友人は武力紛争法の方に強いので51条の可能性が高いです。
0
M. I. N. E., which might explode beneath your feet @OhKicked 2018年9月13日
kdkwshine あらもう一つミスを見つけてしまいましたわ。軍艦特権は29条ですね、19条は無害通航権。重ねてお詫び申し上げます。言い訳がましいのですが急いで打っているので誤字脱字も他にあるかもしれません。もう仕事へ戻ります!失礼。
0
せるりあん @kdkwshine 2018年9月13日
ヤクザが日本刀を持ってるってのは結構笑えるたとえ話だな。北朝鮮の工作船ですら、戦力比で言えばポン刀どころの話じゃねぇよ。まぁそれは置いといて、国連憲章とは別の法理のウェブスター見解によれば「即座に、圧倒的で、手段選択の余地がない」時自衛権が正当化されうるわけだ。(法理の問題ではなく)近代的な軍艦、それも旗も掲揚してない艦が領海に侵入してくるというのは十分正当化されうる。
0
M. I. N. E., which might explode beneath your feet @OhKicked 2018年9月13日
kdkwshine あの…ウェブスターというのは米国国務長官のウェブスターですか?だとすれば18世紀の話ですよね?国際連合どころか国際連盟もなくさらに言えば戦争が違法のものとして扱われる前の法理と国連憲章の法理とを同列に並べて語るのは論理的に主張が破綻していますよ。
0
M. I. N. E., which might explode beneath your feet @OhKicked 2018年9月13日
kdkwshine 加えて戦力云々の話ですが、海賊船に話を戻して実際の現代の例を見ると、悪名高いソマリア型の海賊の装備は基本AKとRPGです。船舶に機関銃を備えているわけでもありません。東南アジア近海のアジア型の海賊の場合長刀やナイフが基本装備である事が多いのです。これも勿論船舶自体の機関銃の装備などありません。
0
M. I. N. E., which might explode beneath your feet @OhKicked 2018年9月13日
kdkwshine 法理の問題でなく、と仰っておられますが、日本が法治国家である以上は法理の問題です。これを破れば国際関係上の大きな問題となり旗国と我が国間で国交の問題が発生してしまいますし、法治国家が法を守らないという事は大問題です。長崎沖能登半島沖の不審船問題への対処の経過について調べてみて下さい。日本はしっかりと法の下で対処しています。
0
M. I. N. E., which might explode beneath your feet @OhKicked 2018年9月13日
kdkwshine 船舶に対して攻撃を行うというのは日本国の話であれば海保法と警察官職務執行法に基づいた対処という事になります。また個別的自衛権としての行動であれば、何度も言いますが、武装が理由になるのではなく日本国とその財産に対する武力行使があった場合に限られます。貴方は一体何に基づいて主張されているんですか?まさかWikipediaの情報を基に主張されているわけではないですよね?
0
M. I. N. E., which might explode beneath your feet @OhKicked 2018年9月13日
kdkwshine で、領海に侵入という表現も大手のお馬鹿なマスメディアは煽情的頻繁に使いますが、海洋法の世界では厳密ではありません。領海は通航するものです。領海の無害通航権が原則として存在する為です。これも説明するのは何度目でしょうか…。国際法をどのように勉強されたんですか?体系的歴史的に習えば有り得ないような理路の展開ですね。
0
せるりあん @kdkwshine 2018年9月13日
自衛権が武力行使された場合にしか行使できないとか9条教っぽい解説ありがとう。実際にはそんな事は全くないし、日本の法体系の話も別にしていない。というか、無害通行権本当に分かってるのかな?
1
せるりあん @kdkwshine 2018年9月13日
艦船の航行中は国籍を識別する旗を掲揚するのは慣習法として成立してることに疑問を挟む人はいないだろう(慣習法の意義そのものを否定する人を除けば)。それを踏まえたうえで、そもそも論として無掲揚の戦闘艦艇が領海に侵入した場合、「a.武力による威嚇又は武力の行使であって、沿岸国の主権、領土保全若しくは政治的独立に対するもの又はその他の国際連合憲章に規定する国際法の諸原則に違反する方法によるもの」に該当しない場合があり得るか?
1
M. I. N. E., which might explode beneath your feet @OhKicked 2018年9月13日
kdkwshine 個別的自衛権の国際法上のことを述べられているなら尚更ですよ。9条教だかなんだか知りませんが日本の憲法には今は置いておいて、国際法であり広く批准されている国連憲章の51条上の事に関して言えば武装しているだけを理由に攻撃を行うのは明らかに国際法違反です。しかもその船舶が武装しているか否か果たしてどうやって臨検せずに確認するのでしょうか?ソマリア型海賊であればAKやRPGを船底に隠す事だって可能なわけです。
0
M. I. N. E., which might explode beneath your feet @OhKicked 2018年9月13日
kdkwshine 旗国国旗掲揚の権利は間違いなく慣習法として認められています。旗国国旗を掲揚しない事は非常識であるのは間違いありません。が、例え無掲揚の武装船であったからと言って攻撃は行えません。何度も言いますが、まず領海内では旗国国旗掲揚を要求し従わない場合司法警察権の行使、即ち取締を行い、それで武力行使を用いた抵抗、若しくはその可能性が非常に高い場合、威嚇射撃を含め警告した上で攻撃を行う(しかも命を奪う事を目的にせず動力停止させる事を大前提にする)という細かなステップがあります。
0
M. I. N. E., which might explode beneath your feet @OhKicked 2018年9月13日
kdkwshine あと「無掲揚の戦闘艦艇が領海に侵入した場合……に該当しない場合があり得るか?」という問題提起がありますが、まずそういった船舶が領海を通航した場合、繰り返しになりますが、まず旗国国旗掲揚の要請が沿岸国によって行われます。
0
M. I. N. E., which might explode beneath your feet @OhKicked 2018年9月13日
kdkwshine それに従わない場合取締の対象として内部の検査が行われるわけです。もしもそれにも応えず武力行使を仄めかした場合即座に「無害でない通航」となりますし、他国から(この場合当該船舶旗国)の明らかな沿岸国の主権を脅かす攻撃が行われれば個別自衛権の発動対象となりますし、そこまでいかず私人による武力行使を行なった場合は警察力による制圧の対象になります。
0
せるりあん @kdkwshine 2018年9月13日
オーケー、国旗の掲揚が慣習法として存在するのは分かってるな?では、ウェブスター見解がどのように扱われてるかだが、これも今現在慣習法として成立している法理だよ。だからこそ自衛権の範疇で先制攻撃の余地のあるなしが議論されうるわけで、18世紀に成立した法理であるかどうかは特に関係がない。割と頻繁にあっちこっちの国際紛争で持ち出されるのには当然理由がある。
1
M. I. N. E., which might explode beneath your feet @OhKicked 2018年9月13日
kdkwshine 自衛権自衛権と何度も仰っておられますが、実はこれも非常に曖昧な言葉の使い方しておられます。まず一般的に自衛権というのは国際法上国家間の武力紛争に関して行われる攻撃・敵対行為に対する防衛の為の武力行使の権限のことを言います。
0
M. I. N. E., which might explode beneath your feet @OhKicked 2018年9月13日
kdkwshine 例え船舶が武装していて攻撃を行ってきた場合であってもそれが国家の代表による、つまり軍艦による攻撃でない場合は、相手国旗国も自国による攻撃であるとは説明せず旗国籍を持つ私人による他国での暴力行為という風に捉えられ自衛権の話ではなく治安当局警察の管轄という事になるでしょう。
0
M. I. N. E., which might explode beneath your feet @OhKicked 2018年9月13日
kdkwshine そしてウェブスターの話ですがこれを国際慣習法とするのには大きな疑問符が付きます。18世紀云々関係ないという事はありません。このウェブスターの見方を踏まえ、二度の大戦を経た世界の国際法の流れの中で戦争の不法化も踏まえ自衛権とは何か最終的に示したのが国連憲章です。
0
M. I. N. E., which might explode beneath your feet @OhKicked 2018年9月13日
kdkwshine 但し、貴方の言いたい事も実際分かります。ウェブスターの考え方から派生したと言って良いようなpreventiveという概念を用いて政治的に国際法を解釈してWW2後も「戦争」行為を行なっているのは事実です。私は政治的立場は取らず法を重視する法治主義の立場を尊重します。
0
M. I. N. E., which might explode beneath your feet @OhKicked 2018年9月13日
kdkwshine 貴方は政治的解釈の下で国際法を利用すべきという立場に近いのではないでしょうか?そんな事はありませんか?
0
せるりあん @kdkwshine 2018年9月13日
OhKicked すべきかどうかじゃなくて事実としてそんな国がごまんといるんだから。ここまで話が来れば「無掲揚の艦船が領海に侵入した場合無警告での撃沈はあり得る」って結論は十分出せるだろ。実際問題として近代的な戦闘艦艇に沿岸警備隊程度の能力で対抗するのは難しいしな。
1
せるりあん @kdkwshine 2018年9月13日
日本を含む西側の先進国みたいにお行儀のいい国みたいにちゃんと警告してくるとは限らんぞって話してるの。更にいえば、それを正当化することも別に不可能ではないってこともな。
1
M. I. N. E., which might explode beneath your feet @OhKicked 2018年9月13日
kdkwshine 可能(can)と許可(may)の問題になっていますね。勿論どんな事だって不可能ではないですよ。可能性といえば公海上で突然他船舶に向かって撃ちまくる事だってできます。ただそれが許可の範疇にあるとは言えません。法というモラルを考えなければいくらでも撃沈は出来ますし国際法は究極の突き詰めるとその拘束性は極めて低い。全ては国家間の連帯にかかっています。
0
せるりあん @kdkwshine 2018年9月13日
OhKicked もっと現実的な話をしたいが、無掲揚の戦闘艦艇が軍艦という扱いにならないって話はしたな?「第30条 軍艦による沿岸国の法令の違反 軍艦が領海の通航に係る沿岸国の法令を遵守せず、かつ、その軍艦に対して行われた当該法令の遵守の要請を無視した場合には、当該沿岸国は、その軍艦に対し当該領海から直ちに退去することを要求することができる。」
0
M. I. N. E., which might explode beneath your feet @OhKicked 2018年9月13日
kdkwshine 国際法という法治主義の下で正統である事と結果的に正当である事は全く違いますよ。少なくとも今まで話してきた無警告攻撃は法的に正統ではなく法的には認められるものではありません。事実として起きる事があり得るというだけでそれが正しいとは決して限りません。
0
M. I. N. E., which might explode beneath your feet @OhKicked 2018年9月13日
kdkwshine 軍艦の話ですが、はい29条の定める通りです。但し、旗国国旗掲揚の要請をして掲揚してくれればその瞬間から軍艦認定され軍艦特権の適用範囲となりますし、平時に他国軍艦を領海から追い出す事は出来ません。あくまで退去の要請が可能なだけでそれを拒否されても沿岸国は指を咥えているしかないのが現状の国際海洋法です。因みにこの特権は非商業目的公船にも適用されます。
0
せるりあん @kdkwshine 2018年9月13日
一方で刑事裁判権について述べられている27条の節は「B 商船及び商業的目的のために運航する政府船舶に適用される規則」となっている。「無掲揚の戦闘艦艇」ってのは扱いが宙ぶらりんで、無害でない商船や軍艦に比べると撃沈までに至る閾値は低いの。まぁなんでそうなのかは上で説明した通りなのだが
0
M. I. N. E., which might explode beneath your feet @OhKicked 2018年9月13日
kdkwshine いえいえいえ、待ってください。それは無茶苦茶ですよ。刑事裁判権と撃沈の正統性が一緒に語られる事はおかしいですよ。あくまでも取り締まる事が前提にあるわけで攻撃の意図のない、しかもここで更に条件を加えますが、逃走の意図もない船舶を例え武装しているからといって撃沈する事は認められません。攻撃と刑事裁判権をごっちゃにするのはやめて下さい。
0
せるりあん @kdkwshine 2018年9月13日
OhKicked 攻撃の意図のあるなしをどうやって判断するのかが問題なのだが。いるかいないか分からないのが基本の潜水艦と違って、水上艦艇が無掲揚で領海に侵入してくるのは攻撃の意図があるとみなされて当然です。
0
せるりあん @kdkwshine 2018年9月13日
潜航中の潜水艦も同条約では軍艦としての庇護を受けないが、潜水艦はその性質上探知された時点でまな板の鯉みたいなもんでそこから攻撃するのは難しい。水上艦艇はそうはならない
0
M. I. N. E., which might explode beneath your feet @OhKicked 2018年9月13日
kdkwshine しかも潜水艦は領海内では潜水航行は許されません。浮揚した上で旗国国旗を掲揚する事が定められています(通過通航制度の適用される国際海峡はその限りでない)。そうですね、攻撃の意図の判断は極めて難しいでしょう。日本に限って言えばあとから文句を世間からつけられないように寧ろ相手に1発撃たせてから攻撃に移るかもしれません。が、基本相手を殺害撃沈させるのを目的にはせず戦意を喪失させ動力を停止させて取締を行う為の攻撃と考えるべきです。
0
M. I. N. E., which might explode beneath your feet @OhKicked 2018年9月13日
kdkwshine 但し勿論これは平時の時である事、そして対処するのが治安当局もしくはその代行権を有する当局である事を前提としています。
0
M. I. N. E., which might explode beneath your feet @OhKicked 2018年9月13日
kdkwshine またやはり領海内へ武装船舶が入った事だけを武力行使として「無害でない通航」認定並びに無警告撃沈の正統性担保とするのは拡大解釈過ぎる、というか無茶苦茶だと思います。ちゃんと取締のステップを踏まえるべきでそれをしないのは国としてどうかと…まあ品のない国はするでしょうがそれは明らかに法治主義ではない。
0
せるりあん @kdkwshine 2018年9月13日
OhKicked その品のない国ってのが世の中にどれだけ存在するか考えてみるといいんじゃないか。一発撃たせてからというが、その一発に耐えられない国だって世の中にはたくさんあるんだし。首都が事実上国家のすべてな国とか、独裁者がいる国とか。まぁ、「個人の感想です」で終わる話になりかけてきたのでこの辺にしておくか。
1
M. I. N. E., which might explode beneath your feet @OhKicked 2018年9月13日
kdkwshine また旗国国旗掲揚についてですが、慣習法上間違いなく国旗掲揚は海の常識ではありますが、旗国国旗無掲揚の船舶の領海内通航を「無害でない通航」と見做す条項も存在しません。それもはっきりと述べておきます。あとご存知とは思いますが内水内はこの限りではありません。内水内は完全に国内法が秩序を形成している(それでも軍艦特権は否定されない)ので国によっては武装しているだけで射殺という事も十分あり得ます。
0
M. I. N. E., which might explode beneath your feet @OhKicked 2018年9月13日
kdkwshine もうやめにしますか?どちらでもどうぞ。正直何度も同じ事を説明するのも疲れてきましたし、兎に角このコメント欄の字数制限がうざい。運営に文句言います。文字数制限するならせめて字数カウンターくらい付けてくれればいいのに。
0
M. I. N. E., which might explode beneath your feet @OhKicked 2018年9月13日
kdkwshine 結構のびましたよねー。閲覧者数はどれくらいですか?Togetterよく知らないので分かりませんが結構多い方ですか?それとも我々だけがわちゃわちゃやってただけみたいな感じですか?
0