編集部イチオシ

【勝ち組】なぜトランプ氏は大統領を目指したのか?【負け組】

まとめました、よろしくお願いします。
99

はじめに

2017年1月に、国際基督教大学教授・学務副学長の森本あんりさんが、「なぜトランプ氏は大統領を目指したか」をキリスト教の信仰面から考察した記事を発表されました。
↓(現代ビジネス:トランプが心酔した「自己啓発の元祖」そのあまりに単純な思想)
http://gendai.ismedia.jp/articles/-/50698

この記事が非常に面白かったため、自分の思う所をツイートし、記録として残すことにしました。

私のキリスト教に関する知識は、Wikipediaベースの浅いもので、キリスト教徒の方は怒られるかも知れませんが、素人の妄言と思って笑っていただけるとありがたいです。

キム・カッファンすき @Kim_Kaphwan11

リンク先は、国際キリスト教大学副学長の森本あんりさんによる、「なぜトランプ氏は大統領を目指したのか」を信仰面から考察した記事です。 非常に読み応えがありました。 トランプが心酔した「自己啓発の元祖」そのあまりに単純な思想 gendai.ismedia.jp/articles/-/506… #現代ビジネス

2018-09-24 07:47:17
キム・カッファンすき @Kim_Kaphwan11

日本で、他にこの視点による考察はなかったと思われます。 少し前の記事ですが、興味深かったので、いくつか思う所をツイートします。 私に森本あんりさんのような知性や知識はありませんので、稚拙な所も多々ありますが、よろしかったらお付き合い下さい。

2018-09-24 07:51:10
キム・カッファンすき @Kim_Kaphwan11

記事では、まずトランプ氏の「師匠」とも言えるノーマン・ピール牧師を紹介しています。 ピール牧師といえば「ポジティブ・シンキング(積極的思考)」。 1952年に出版した『積極的考え方の力』はベストセラーとなり、世界中に影響を与えました。 ↓(積極思考) ux.nu/SPe7i

2018-09-24 07:51:10
キム・カッファンすき @Kim_Kaphwan11

このピール牧師に青年時代のトランプ氏が心酔し、『「積極的思考」の生ける伝道者となった』と続けます。 ピール牧師も、トランプ氏を『最高の弟子』と言って褒めていたようです。 しかし、トランプ氏はピール牧師の教えを忠実に守っていたわけではないようです。

2018-09-24 07:51:10
キム・カッファンすき @Kim_Kaphwan11

『ピールは他にも「謙遜であること」「怒りに身を任せないこと」「口を慎むこと」「人を憎まないこと」などを教えたが、これらはトランプの耳には届かなかったらしい』 トランプ氏の思想の原点となったのは、ピール牧師の教えと、不動産業者だったトランプ氏の父の姿勢だったようです。

2018-09-24 07:51:11
キム・カッファンすき @Kim_Kaphwan11

『ドナルドはこうした不動産業の修羅場を体験しつつ、仕事に対する父の真剣で勤勉な態度を学んでいった』 『父は年に365日働いたという、働くのが心底楽しかったからである』 『父が息子に教えた最大の教訓は、一生懸命に働けば必ず報われる、という信念であった』

2018-09-24 07:51:11
キム・カッファンすき @Kim_Kaphwan11

トランプ氏やトランプ氏のお父さんの思想には、「アメリカのキリスト教」の影響があるそうです。 記事では、『日本ではキリスト教の「本場」であるかのように思われているアメリカだが、そのキリスト教は大きく様変わりした亜種の一つである』と書かれています。

2018-09-24 07:51:11
キム・カッファンすき @Kim_Kaphwan11

アメリカのキリスト教とは、概ねプロテスタント(新教)のことですが、確かにプロテスタントには勤勉に働くことを美徳とする傾向があります。 まあ「勤勉」自体は、洋の東西を問わず、さまざまな時代や場所で美徳とされています。

2018-09-24 07:51:12
キム・カッファンすき @Kim_Kaphwan11

プロテスタントでは、さらに「自分に与えられた仕事(天職)を、一心不乱に全うすることが神の意思に適う」そして「神の意思に適う人には、神が祝福を与え成功し、救われる」という思想が生まれます。 ここに至る経緯は複雑なのですが、頑張って要約すると、以下のようになると思います。

2018-09-24 07:51:12
キム・カッファンすき @Kim_Kaphwan11

①プロテスタント以前 カトリックでは「教会の言う事に従って善行を行う」→「神の意思に適う」→「救われる」でした。 教会は「神の言葉」や「神の意思」を独占し、教会に従わない者を「異端」として弾圧しました。 しかし教会はしだいに腐敗し、免罪符の販売等で信用を失っていきました。

2018-09-24 07:54:53
キム・カッファンすき @Kim_Kaphwan11

②宗教改革 そんな中、ドイツの神学者マルティン・ルターが「信仰によってのみ人は救われる(信仰義認)」という思想を表し、宗教改革が起こります。 そしてルターの思想に共鳴した人達が「プロテスタント」と呼ばれるようになります。

2018-09-24 07:54:54
キム・カッファンすき @Kim_Kaphwan11

つまり「神を信仰する(心から神を信じ、神に依り頼む)」→「神の意思に適う」→「救われる」という思想が生まれました。 今までのカトリックの救いに至るプロセスから「教会」と「善行」を抜くことに成功したわけですね。

2018-09-24 07:54:54
キム・カッファンすき @Kim_Kaphwan11

③予定説 ルターと並ぶ宗教改革の旗手、フランスの神学者ジャン・カルヴァンは、ルターの思想を更に進め、「予定説」という思想を表します。 これは、「人が神に救済されるかはあらかじめ決定されており、この世で善行を積んだかどうかは関係ない」という思想です。

2018-09-24 07:54:55
キム・カッファンすき @Kim_Kaphwan11

つまり、「誰を救うかは全て神が決める、人間には神の決定(神の意思)をどうすることもできない」という思想なのですが、ここでプロテスタントの人達は困ってしまいます。 多くの人は「自分は救われる」という確信を持てなくなってしまったのです。

2018-09-24 07:54:55
キム・カッファンすき @Kim_Kaphwan11

「信仰によってのみ人は救われる」と言われてみても、24時間365日神の事を考え、神に祈っている人など稀です。 さらに信仰を行動(善行)で表すことも否定されてしまいました。 こうなると、多くの人は「救われるにはどうしたらよいか」わからなくなってしまいます。

2018-09-24 07:54:55
キム・カッファンすき @Kim_Kaphwan11

④天職の誕生 困ったプロテスタントの人達は、ある意味「斜め上」の発想でこの問題を解決します。 「人にはそれぞれ神に与えられた使命がある(召命)」という考えは宗教改革以前からありましたが、プロテスタントの人達はこの使命を「仕事」と解釈しました。

2018-09-24 07:54:55
キム・カッファンすき @Kim_Kaphwan11

「仕事」+「使命」=「天職」という概念の誕生です。 これで「神から与えられた使命を果たす」→「自分の仕事(天職)を頑張る」→「神の意思に適う」→「救われる」というプロセスが出来ました。 再び行動で信仰を表せるようになったわけです。

2018-09-24 07:54:56
キム・カッファンすき @Kim_Kaphwan11

こうなると仕事することは「神から与えられた使命を果たす」ことになり、ひたすら真面目に、手を抜かないことが求められるようになります。 こうしてプロテスタントの人達は、禁欲的に仕事に打ち込むことで、救われるという確信を取り戻し、再び心の平穏を手に入れたのでした・・・。

2018-09-24 07:54:56
キム・カッファンすき @Kim_Kaphwan11

⑤資本主義の発生 これで「めでたし、めでたし」とならないのが人間のメンドクサイところですね。 禁欲的に仕事に打ち込めば、少なくない人が「成功」します。 つまり頑張った結果、お金を儲けてしまったわけです。 これまでは「お金儲け」は「卑しいこと」とされていました。

2018-09-24 07:58:29
キム・カッファンすき @Kim_Kaphwan11

しかし、ここでも発想の転換が起こります。 「禁欲的に仕事に打ち込んで成功し、その結果お金を儲ける」ことは「神の意思に適うことで、神が祝福を与えたからだ」と解釈されるようになります。 つまり、「利潤の追求」が正当化されてしまったわけです。

2018-09-24 07:58:30
キム・カッファンすき @Kim_Kaphwan11

しかも「禁欲的」であることが求められていたプロテスタントの人達は、儲けたお金を自分の快楽のために使いませんでした。 一部は公共の為に寄付され、社会福祉の礎となりましたが、大部分はもっと仕事に打ち込む為に使われました。 つまり、事業拡大の為に「投資」されたわけです。

2018-09-24 07:58:30
キム・カッファンすき @Kim_Kaphwan11

こうして資本の蓄積・集中が起こり、近代資本主義が発生したとドイツの社会学者マックス・ウェーバーは分析しました。 マックス・ウェーバーの理論については、こちらのサイトが良く纏まっており、参考にさせていただきました。 ↓ philosophyguides.org/decoding/decod…

2018-09-24 07:58:30
キム・カッファンすき @Kim_Kaphwan11

かなり回り道をしてしまいましたが、ようやく記事にも戻ります。 記事では、アメリカに伝わったキリスト教(プロテスタント)は、土着化して変容したとしています。 アメリカのキリスト教の特徴は「この世の成功に対する考え方である」とのことです。

2018-09-24 07:58:31
キム・カッファンすき @Kim_Kaphwan11

『アメリカでは、成功は神の祝福の徴(しるし)と考えられている』 『神が幸運を与えてくれなければ、どんなに努力しても、成功することはない』 『逆に、成功していれば、それは神が祝福してくれたことの証である』

2018-09-24 07:58:31
残りを読む(16)

コメント

やまだ @sakusakutoux 2018年9月24日
プロテスタントと労働って意外と日本人知らないんだよな よく欧米人は休みをたくさん取るとかシエスタだ仕事しないだ言われるけどこれはカトリック教国の話 まとめで指摘されてるけどプロテスタントの連中は日本人並みに働く何故かと言えばそれが信仰だから 因みに同じ国や街でもプロテスタントとカトリックの居住地域で平均収入もハッキリ違うそれくらい欧米と言えど違う 意外と日本人は知らないんだよな
16
LCO @f_lco 2018年9月24日
前半の「かなり回り道」の部分の時点で、やっぱ日本と違う文化なんだなーって感じで面白い
12
(あ)@お気持ちヤクザ @MutsuniNaruBeam 2018年9月24日
モルモン教になったりKKKになったり、インテリジェントデザインを強要したり否定したり。アメリカのキリスト教事情はほんと複雑よね。
13
原酒 @shimekirigenshu 2018年9月24日
面白い記事でした。成る程、トランプは王道でヒラリーが覇道と見る事も出来るのですね。
6
エリ・エリ・レマ・サンバディトゥナイ @mtoaki 2018年9月24日
ライオンズクラブやロータリークラブはこういう思想の上で出来たんだろか
2
だし @dashishidashi 2018年9月24日
面白いなぁ。アメリカ的なプロテスタントのキリスト教徒になりたくなってきた。どういうわけか日本から出たこともない自分と価値観が近くてびっくりしてる
1
ナニコロ @nanikoro 2018年9月24日
面白い記事です。特に前半のキリスト教圏の幸せの考え方の部分がためになります。やはり日本の全く違う文化なんだなーと。
3
海軍幕僚🔞🈲🧀 @kaigunmilk 2018年9月24日
分かりやすい説明で面白い記事です。あとチャン・コーハンとチョイ・ボンゲもすこれ。
4
Cooler @CoolerNobunyaga 2018年9月24日
dashishidashi 日本にも江戸時代から、経済と道徳の一致を目指した石門心学などの町人倫理がありまして、R・Nベラー著 堀一郎訳 『日本近代化と宗教倫理 日本近世宗教論』など、プロテスタンティズムと比較して、勤労や倫理に裏打ちされた商業を美徳とする倫理感について語られたりしています。「何故日本が近代化できたのか」というのは結構大きなテーマだったりしますので。
5
フローライト @FluoRiteTW 2018年9月24日
選挙は勝負で、相手であるヒラリーとその応援者が全米震撼するほど凶悪だった・・・・という軸が入ってないのはどうなのか。トランプが大統領選に打って出た理由は説明できるが、勝った理由を「アメリカンドリームの体現者で神に選ばれし者だからステイツを導いてほしかった」にするのは雑なのでは。
14
トゥギャッター編集部 @tg_editor 2018年9月24日
本日の編集部イチオシに選ばせていただきました!考えさせられるまとめですね! 特集ページでも紹介しています。https://togetter.com/recommend みてね!
0
ぷりん @printai100 2018年9月24日
ヒラリーの闇については、実際のところどうなのかは興味がありますね。
3
おぐちゃん @kyokuu0928 2018年9月24日
ヒラリー氏とかオバマ元大統領って正直偽善者っぽかったよな。あれだったら「なんと批判されようと、とにかくリーダーとしてアメリカのみを守る!」って開き直るトランプ大統領の方が(主張が単純な分)信用できる。
12
Nanamy@ZEN @Nanamy773p 2018年9月24日
最近欧米でikigai(生きがい)が流行りつつあるのも、こういう宗教的な下地があるからなんだなあ。そういえば、生きがいの説明図にはVocation(天職)も含まれてたし。 -海外で「ikigai」が流行っていた https://togetter.com/li/1268332
3
ARATA@魔法の心理カード @arata0914 2018年9月25日
これはかなり説得力ある。アメリカ式成功哲学の危うさ。
3
ブラキストン線の向こう側 @cupsoup2 2018年9月25日
トランプ大統領は、選挙当初から「他国民はともかく、アメリカ人のことは絶対に守る」で終始一貫しており、考えは非常にシンプルですね。
19
haribo @haribon5 2018年9月25日
まとめの説明では予定説と天職の関係がややあやふやな気がする。
1
ketsuro @ketsuro 2018年9月25日
プロ倫の考え方自体が胡散臭いですからね。トランプもプロテスタントらしいけど正直ただの無宗教じゃな気がするよ。
2
きゃとらん @sp284 2018年9月25日
からくりサーカスのフェイスレスが例に挙げられているのがわかりやすい。 自分はジョジョのファニー・ヴァレンタイン大統領を思い出した。 権力者が自分が完全なる正義だという考え方を持つ恐ろしさを描く藤田和日郎や荒木飛呂彦はやっぱり凄い。
1
ろんどん @lawtomol 2018年9月25日
「自分が完全なる正義だという考え方を持つ」権力者で印象的だったのが「アドルフに告ぐ」のヒトラー。敗北必至の情勢を悟り、正しい事をしている自分がなぜ!と荒れ狂うシーンが強烈でした
4
ろんどん @lawtomol 2018年9月25日
予定説と天職の関係については、「私がこのように仕事に励んでいるのは、神様が私を救うことを決めた証なのだ」という説明をどこかで読みました(うろ覚えですみません)
1
カトウベニ@ウサヅケ @usdk 2018年9月25日
プロテスタント全体というより、その中の福音派のご機嫌取りをして勝った部分が大きいと思うんですけどね。 中絶反対の福音派のために、最高裁や連邦判事に保守派を選ぶと公約し、イスラエル寄りの福音派のために、イスラエルのアメリカ大使館をエルサレムに移転し、宗教団体による政治参加を広げるために法律を修正しようとしています。
3
閣☆下 @kyougakunokakka 2018年9月25日
お天道様が見てるから真面目に(仕事)頑張りなさい、神に救われるために真面目に(仕事)頑張りなさい
1
nekodaisuke @nekodaisuke1 2018年9月25日
プロテスタントの国(北欧、オランダ、北ドイツ、イギリスとその植民地だったところ)が発展してカトリックの国(南欧とその植民地)が経済的にグダグダしてるのすごいよね。
3
usisi @usisi00 2018年9月25日
kyokuu0928 偽善というよりも持っている者が恵まれた立場から放つ綺麗事に辟易した気分
9
キム @Kim_Kaphwan11 2018年9月25日
FluoRiteTW そうですね、元記事はトランプ氏が大統領を目指した理由の考察が主で、トランプ氏の勝因にはあまり触れていません。 トランプ氏の勝因分析(リベラルの欺瞞性等々)は、他にも様々な人が行っていました。 しかしトランプ氏が大統領を目指した理由を、キリスト教の信仰面から考察した記事は珍しかったので、紹介させてもらいました。
1
キム @Kim_Kaphwan11 2018年9月25日
haribon5 そうですね、その辺りは私の力不足です。 もっと複雑なのですが、わかりやすさを優先させてもらいました。 関連性は元ネタのサイトで補完していただけるとありがたいです。 ↓(ヴェーバー『プロテスタンティズムの倫理と資本主義の精神』を解読する) https://www.philosophyguides.org/decoding/decoding-of-weber-geist/
0
キム @Kim_Kaphwan11 2018年9月25日
ketsuro 確かに。 私には、トランプ氏は「クリスチャン」というよりは「自己啓発セミナーに変にハマっちゃた人」に見えます。 そして、その「変にハマってしまった」ことの下地には、「成功」を尊ぶアメリカのキリスト教があったのでは?という考察でした。
0
キム @Kim_Kaphwan11 2018年9月25日
lawtomol おそらく権力者だけでなく、近年アメリカで「負け組」とされてる人達も、同じような感情を抱いていたと思われます。 「一生懸命、まっとうに生きてきたのに、なぜ報われないのか・・・」という感情を、リベラルな人達(しかも成功者)が全く理解してくれなかったことがトランプ氏の勝因の一つでしょうね。
1
キム @Kim_Kaphwan11 2018年9月25日
Kim_Kaphwan11 森本あんりさんの別の記事では、アメリカで流行っている「陰謀論」にハマる人達の心理を以下のように分析しています。 「彼らが求めているのは、首尾一貫した世界観である。」 「自分の周囲で起きている不条理や矛盾に、心から納得のゆく説明を与えてくれる圧倒的な説明原理である。」 「とりわけ、苦しい現実に何度も打ちのめされた人びとは、事実ではなく虚構を信じやすくなる。」 ↓ https://gendai.ismedia.jp/articles/-/57368
0
ketsuro @ketsuro 2018年9月28日
Kim_Kaphwan11 僕自身プロ倫には否定的というバイアスを抜きにしてもちょっと強引な気がします。 その例えで行くと勤勉かつ競争と勝利を美徳とする親を持った中国人や日本人の成功者も該当しちゃいませんか?寧ろ娘のイバンカさんの方が宗教の匂いを感じますね。 ユダヤなのかキリスト教なのかは知りませんが。
1
キム @Kim_Kaphwan11 2018年9月28日
ketsuro 仰る通り、中国や日本でも成功にこだわり、ひたすら上を目指す人はたくさんいると思います。 しかし、一神教の国と多神教の国(または無宗教の国)では、また感じ方も違うのかもしれません。 キリスト教という一神教と、アメリカと言う歴史が浅く挫折(他国に侵略された等)が少ない国の特殊事情が、トランプ氏に大統領を目指させたとい説明に、私は面白さを感じました。
0
キム @Kim_Kaphwan11 2018年9月28日
ketsuro 因みにイヴァンカさんはユダヤ教のようです。 ユダヤ教徒の夫と結婚する際に、キリスト教から改宗したそうです。 ↓(Wikipedia:イヴァンカ・トランプ) http://ux.nu/uMwd2
0
名無しさん@お腹いっぱい @vicy 2018年9月29日
あのジジイが宗教に影響を受けるとは思わないけど
0