雑誌『新潮45』をめぐる一連の騒動について

表題に関連するツイートをまとめました。『新潮45』という雑誌の事実上の廃刊とそこに至る経緯は、現在の日本における一部出版業界のグロテスクな変質について、さまざまな問題を提起した出来事だったように思います。諸々の問題を考える材料にしていただければ幸いです。
杉田水脈 新潮社 小川榮太郞 安倍晋三 LGBT 新潮45
3
山崎 雅弘 @mas__yamazaki
『新潮45』、前は落ち着いた感じの誌面でたまに買ってたけど、今ではすっかり。『週刊新潮』の方は「捏造」「でっちあげ」「謀略」「反日」「売国」という一部日本人の劣情を刺激するワードが見出しにずらりと並ぶ。死人が出るまでこれを続けるのか? pic.twitter.com/jgARM7Sjo5
 拡大
山崎 雅弘 @mas__yamazaki
櫻井よしこ、阿比留瑠比、朝日叩き、沖縄県知事叩き。まさに『正論』『WiLL』路線としか言いようがない。『新潮45』という雑誌は、昔は内田樹さんの論考をトップに掲載することもある雑誌だったが、数年前から『正論』『WiLL』路線にシフトし、2018年に完成形に達した感あり。 twitter.com/SiamCat3/statu…
山崎 雅弘 @mas__yamazaki
今から9年前の『新潮45』2009年5月号。内田樹さんの「言葉なき政治の貧困」は、麻生太郎首相時代に書かれた論考だが、今の安倍政権と日本社会にもぴったり当てはまる。戦前の総合雑誌『中央公論』『文藝春秋』『改造』も、満洲事変後に小さな変化が、日中戦争勃発後の1937年後半に大きな変化があった。 pic.twitter.com/hkwKQgrkTY
 拡大
 拡大
 拡大
 拡大
山崎 雅弘 @mas__yamazaki
小田嶋隆「私がむしろ当惑を感じたのは、議員の文章に対してよりも、雑誌の編集姿勢についてだった」(日経ビジネス)business.nikkeibp.co.jp/atcl/opinion/1… 「具体的に申し上げるなら、当該の発売号をパラパラとめくりつつ『おいおい、『新潮45』は、ついにこのテの言論吐瀉物をノーチェックで載せる媒体になっち
山崎 雅弘 @mas__yamazaki
(続き)まったのか』と、少しく動揺せずにはおれなかった」「『新潮45』は、私自身が、2012年以来なんだかんだで7年にわたって連載陣に名を連ねている媒体で、言ってみれば慣れ親しんだ自分のホームグラウンドでもあるからだ」 昔は内田樹さんの論考が巻頭に載る雑誌だった。twitter.com/mas__yamazaki/…
山崎 雅弘 @mas__yamazaki
新潮社『新潮45』の件、一回目は上層部のチェック漏れという可能性もあるが、あれだけ倫理面で批判を浴びた上での「第二弾」だから、上層部の内容チェックは入っていると考えるのが当然。つまり今の新潮社という出版社の上層部は、あれを許容範囲内と見なしているということ。 twitter.com/hirunekobooks/…
山崎 雅弘 @mas__yamazaki
新潮45 杉田氏擁護特集で社長コメント「常識逸脱した」(毎日)mainichi.jp/articles/20180… 「あまりに常識を逸脱した偏見と認識不足に満ちた表現」とあるが、具体的に誰のどの文をどう問題と見なしているかには全く触れていない。編集部の責任も問わない。適当に幕引きしようという意図しか感じない。
山崎 雅弘 @mas__yamazaki
小川氏は『新潮45』をめぐる騒動に関し、「バカバカしい」と語り、今回の寄稿について「論文に書いた通り、"パンツぐらい履いとけ"ということだ」(ライブドアニュース)news.livedoor.com/article/detail… 性別に関わる概念を「エロ」と混同して「居酒屋で話すのはいいが社会で議論すべきことではない」と言う。
山崎 雅弘 @mas__yamazaki
LGBTの問題を「エロ」に矮小化し「性というものの本質は"慎む"ことであって、その常識に立ち返りなさいよ、といういうことだ」などと語るのは、粗雑な論点すり替えでしかないが、これを番組に乗せてしまうアベマTVも、やっていることは実質的に新潮社と変わらない。差別や偏見をさらに助長している。 pic.twitter.com/mgGhPCccl8
 拡大
山崎 雅弘 @mas__yamazaki
小川榮太郞氏がこんな暴言を堂々と吐けるのは、自分のバックは安倍首相だという「権力側にいる全能感」があるからで、1930年代のドイツで活躍した反ユダヤ主義の論客とよく似ている。小川榮太郞氏や杉田水脈議員は、安倍陣営が共有する差別と偏見の思想を社会に広める拡声器として言論活動をしている。 pic.twitter.com/ab2qXkLgiB
 拡大
 拡大
 拡大
 拡大
山崎 雅弘 @mas__yamazaki
小田嶋隆「『新潮45』の編集長が、世間からの圧倒的な逆風をものともせずに真正面からの反論企画掲載に打って出た理由も、結局のところ、杉田論文が『総理案件』であることにある程度気づいていたから」(日経ビジネス)business.nikkeibp.co.jp/atcl/opinion/1…「要するに、編集長氏は、この反論企画が必ずや首相に気
山崎 雅弘 @mas__yamazaki
(続き)に入られることを知っていたはずなのだ」「特集の執筆陣も同様だ。小川榮太郎氏は、肩書こそ文芸評論家ということになっているが、ググるなりウィキペディアを閲覧すればわかる通り、そもそも安倍首相の関連書籍が仕事の大半を占める書き手だ」「つまりこのお話ははじめから最後まで総理案件」
山崎 雅弘 @mas__yamazaki
NHKの9時ニュースも新潮社社長のコメントを報じていたが、毎日新聞の記事が指摘している通り「明確に謝罪はしていない」。「弊社は今後とも、差別的な表現には十分に配慮する所存です」という曖昧模糊とした台詞は、安倍首相の「今後とも真摯に説明責任を果たしていく」という台詞と何が違うのか。 pic.twitter.com/VDngFEGisv
 拡大
 拡大
 拡大
山崎 雅弘 @mas__yamazaki
渦中の小川榮太郞氏を出演させ、『新潮45』と同趣旨の暴論暴言を社会に再拡散する機会を用意したアベマTVは、両論併記の体裁を作るために批判者も出演させたが、ツイッター公式アカウントで推しているのは小川氏だけ。小川氏が『新潮45』と同趣旨の暴論・暴言を吹聴するとわかっていながら出した。 pic.twitter.com/dX6dTsm7rQ
 拡大
山崎 雅弘 @mas__yamazaki
新潮45「右寄り」に活路 出版不況で「ヘイト路線」「炎上商法」? 批判噴出「なぜ差別に加担」(毎日)mainichi.jp/articles/20180… 「社名を冠した雑誌をなくすわけにはいかず、右派論客の寄稿を厚くすることに延命の活路を見いだしたのだ」 これが事実なら、救いがたい認識としか言いようがない。
山崎 雅弘 @mas__yamazaki
極論・暴論の「痛快な」出版物と、それが生む「憎悪」について(Togetter) 「売れるから」という理由で、極論・暴論特有の攻撃的な「痛快さ」を売りにする出版物を次々と刊行する「業者」は読者をどこに導くのか。業者の一時的な利益と引き換えに、社会に何を生み出すのか。 togetter.com/li/707872
山崎 雅弘 @mas__yamazaki
新潮社社長の曖昧なコメントは、9月21日のNHK9時ニュースとテレ朝「報ステ」で伝えていたが、TBS「ニュース23」は前日の9月20日に『新潮45』に掲載された小川榮太郞氏のグロテスクな暴論と共に、『新潮45』編集部のコメントを伝えていた。「誌面の内容が全て」。まったく何の反省もしていない。 pic.twitter.com/BakAhZy29F
 拡大
山崎 雅弘 @mas__yamazaki
『新潮45』に掲載された小川榮太郞氏のグロテスクな暴論の中でも、痴漢という犯罪を生理現象のように論じて犯罪性を消し、LGBTの市民と犯罪者を同列に並べて相対化する手法は、杉田水脈議員の暴論に匹敵する悪質さだろう。多くの女性が苦痛に思う痴漢の被害を矮小化し、痴漢加害者を免責している。 pic.twitter.com/4gkqkEdBRR
 拡大
山崎 雅弘 @mas__yamazaki
元妻や女性の友人から、電車での痴漢や「スカート切り」の被害に遭ってどれほど怖かったかという話を聞いたことがある。男側は、痴漢の被害とは「触られている間だけの身体的苦痛」だと勘違いするが、そうではない。不安や恐怖、理不尽な暴力に我慢を強いられる屈辱感は、混んだ電車に乗るたびに蘇る。 pic.twitter.com/fVNmUrEki2
 拡大
山崎 雅弘 @mas__yamazaki
「人間は品格だ」。これは何と「新潮45」刷新当時に斎藤が力説した言葉だという(毎日)mainichi.jp/articles/20180… 品格や良識が備わっていないだけでなく、品格や良識という価値判断基準そのものを敵視し、偏見や差別という対極の価値判断基準を半笑いで社会に広める人間が、社会の表舞台で激増した。
山崎 雅弘 @mas__yamazaki
杉田水脈議員や小川榮太郎氏が、安倍晋三という権力者との繋がりを持たないなら、新潮社の社長も『新潮45』編集部も、とっくに非を認めて謝罪し、記事を撤回しているだろう。安倍晋三という権力者との繋がりで、物事の正邪や是非が変わる。とんでもない腐敗国家になっている。 twitter.com/ISOKO_MOCHIZUK…
山崎 雅弘 @mas__yamazaki
「新潮45」休刊のお知らせ(新潮社)shinchosha.co.jp/news/20180925.… これ以上、のらりくらりと逃げるのは無理だという判断だろうが、この声明文でも結局、誰のどの文章がなぜ問題と判断したのかという説明や傷つけた相手への謝罪はなし。それを具体的に説明すれば、二人の後見人である安倍晋三氏に累が及ぶ。
山崎 雅弘 @mas__yamazaki
杉田水脈議員の寄稿内容は間違いでしたと非を認めて反省する選択肢もあったはずだが、それをすれば杉田水脈氏は議員辞職を要求され、後見人である安倍晋三氏の責任も問われる。安倍政権のイメージが悪化する。それで「何が悪いのか」と居直り、正面突破を図った。社会の良識を甘く見たのだろう。 pic.twitter.com/dtL7GicMbN
 拡大
山崎 雅弘 @mas__yamazaki
私が気になっているのもこれ。具体的に「誰のどの記事のどの文」が「どう問題だったのか」を明確にしないまま、逃亡のような形で雑誌自体を無くせば、この雑誌が媒体として社会にばらまいた諸々のゴミや毒物がそのまま社会に残る。圧力に負けたという解釈の余地を残している。 twitter.com/hakuo416/statu…
残りを読む(8)

コメント

BUNTEN @bunten 2018年9月26日
「言論吐瀉物」ゲロ言論か。言い得て妙すぐる。orz
八代泰太 @clockrock4193 2018年9月26日
「バックに政治家がいる万能感」ねえ。じゃあ、週刊金曜日とかで放言してる奴らのバックにゃ誰がいるのかな?
ゆき@頭弱 @fe_yuki 2018年9月27日
バックに政治家がいる全能感とか言ってるやつが、よっぽど常日頃頭おかしい理論振りかざしてるの草