まとめの限定公開に「リンク限定」が追加されました。URLを伝えてまとめを共有しよう!
このまとめをお気に入りにして応援しよう!
0
KUMI_Kaoru @KaoruKumi
この二つの画像は、あるところで同じです。なんでせう。 pic.twitter.com/KLJG9gHlkn
 拡大
 拡大
KUMI_Kaoru @KaoruKumi
答えは「どちらも数えると3になる」です。
KUMI_Kaoru @KaoruKumi
んなもんあったりまいやんけーと思うのは、私たちがすでにそういう思考に慣れきっているから。 小さいお子さんに同じクイズを投げかけてみてください。どんな反応をするか。
KUMI_Kaoru @KaoruKumi
ここから始まる算数の教え方って、開発できないか。
KUMI_Kaoru @KaoruKumi
カエル三匹と子猫三匹が同じ「3」と気づいたとき、文明は生まれた…は大げさかな。
KUMI_Kaoru @KaoruKumi
あるときある瞬間に生まれたものではないのだろうけど、このくらいの知性にとどまっていた生き物が pic.twitter.com/DlGWIMSBxS
 拡大
KUMI_Kaoru @KaoruKumi
一気にここまで跳躍した…と語ると物語になる。 pic.twitter.com/JmGQbS6qYz
 拡大
KUMI_Kaoru @KaoruKumi
ここで泥だんごさんが登場。 pic.twitter.com/nGLbKMWGB6
 拡大
KUMI_Kaoru @KaoruKumi
くっつけると大きな泥だんごに。 pic.twitter.com/oQLdgmuaDS
 拡大
KUMI_Kaoru @KaoruKumi
かのエディソンは、小学一年生のとき「1+1=2」が理解できなかった。泥だんごを持ち出して、ふたつの泥だんごをくっつけたらひとつだから「1+1=1」ではないのか、と質問してきた。 その後、小学校を追い出された。 pic.twitter.com/v5JAgPDJZL
 拡大
KUMI_Kaoru @KaoruKumi
泥だんごは無数の砂粒でできているわけだから、それを厳密に数え上げて「3万1344つぶ+4万4533つぶ=7万5877つぶ」だから「31,344+44,533=75,877」が成り立つ、つまり「1+1=1」ではないぞ――と言い返すことはできる。エディソン君に理解してもらえるかは別として。
KUMI_Kaoru @KaoruKumi
しかし砂粒を熱で溶かしてしまえば、砂粒の数だっていじれるわけです。先の泥だんご理論がここで蘇ってしまう。
KUMI_Kaoru @KaoruKumi
こうやって議論は果てしなく微小なところへ向かっていく。 きりがないわけです。
KUMI_Kaoru @KaoruKumi
ここを逃げずに突っ切ろうとすれば、量子力学だの場の量子論だのエネルギー=質量だのネーターの定理だのと、物理学にまで話は広がっていく。
KUMI_Kaoru @KaoruKumi
これではカナワン、きりがない。 そこであるところでとりあえず手を打つしかない。 泥だんごをくっつけてひとつにするのは、とりあえずナシってことで頼むよ、と。 これが算数の第一歩。
KUMI_Kaoru @KaoruKumi
そして数学の第一歩。
KUMI_Kaoru @KaoruKumi
数学とは妥協の産物なのです。

コメント

ローストの肉 @ROM69787270 11月11日
そして何もないところにゼロが生まれた
KUMI_Kaoru @KaoruKumi 11月11日
ROM69787270 おお、そのフレーズいただきますね。
ローストの肉 @ROM69787270 11月11日
やはりインドは最高ですね。 バーフバリ!バーフバリ!
ログインして広告を非表示にする
ログインして広告を非表示にする