47
にちょうめ太郎 @2chome_taro
フォロワーの皆さーん!!!!!!!! 身内や親戚が亡くなって火葬するときに、十円玉を入れて火葬して、後でその十円玉を親族で配布するっている風習ってありますか!!?? 良ければRTで母数を増やしていただけるとありがたいです
にちょうめ太郎 @2chome_taro
いや私の住んでいるところでは当たり前のようにあるんだけど、さっきこの十円玉の扱いについて調べてたら一部地域でしかやってないって聞いてびっくらこいたので…にちょうめ太郎気になります
リンク sooda.jp 火葬で死者と一緒に焼いたお金を持ち帰る風習の地域に住んでいる方にお聞きします。①焼いたお金を持ち帰りますか?②そのお金を...|質問・相談が会員登録不要のQ&AサイトSooda!(ソーダ) [冠婚葬祭>知識・教養・学問>葬儀]火葬で死者と一緒に焼いたお金を持ち帰る風習の地域に住んでいる方にお聞きします。①焼いたお金を持ち帰りますか?②そのお金をどこに保管していますか?③処分したことはありますか?参考までに教えて下さい。|グルメ・旅行の口コミから育児・恋愛等の相談に至るまでの、あらゆる疑問や悩みを質問・相談として投稿し、知識・経験を持った方から回答を得て解決する無料のQ&Aサイト。会員登録不要でPC、モバイル、携帯メールから簡単に質問・相談OK。回答が速く、お得なポイントも貯まります。
えのきは多忙 @En0king
@lh5587365 @mazumarinumazu 父方祖母(北海道、根室)の葬儀の際に入れました。焼いたあと配っていたようですが子供だったからか私は頂きませんでした。
HIRO @kurowiz_HIRO441
@lh5587365 FF外から失礼します。 道北地方ですがあります。 祖母が亡くなった時、納棺の時に近い身内(孫くらいまで)の人数分だけ10円玉を入れました。 そして収骨の時にティッシュなどに包んでそれぞれ分配されます。 少数かもですが、自分はそれを財布に入れて肌身離さず持ってます。
なゆか@生きてるよー @nayu_qaeda
@lh5587365 @hs_saho_kh 道央です。祖父母の時は入れていいですよって言われて数十円入れました。孫達で分けて持っていますね。袋とかはなかったので自分で和紙で包みました。
かおん☆(ฅ'ω'ฅ) @kaonFFFFF
@lh5587365 道東です 故人が三途の川渡る時に困らないように... と記憶してます 火葬後はお守りとして持ってましたね でも最近は 火葬場によるのかな? 入れない所もありました
おふとぅーん倶楽部 @clubxpink
@lh5587365 FF外からお邪魔します。自分の親が道南出身で、祖父の火葬で焼いた小銭が我が家にあり、お守りみたいにしていました。北海道や東北に多いのですね。また、葬儀の際に集合写真撮るのも北海道あたりではふつうだそうで、風習って興味深いです。
ぐるりの山 @gururinoyama
@lh5587365 北海道の胆振地方ですが、やりました! 専用の入れ物などは支給されず、黒焦げの10円玉をティッシュに包んで持ち帰りました。お守りです。 みなさんのリプを見てると、北海道と東北の一部の風習なのかな。実はかなりの少数派と知りビックリしてます😅
keme @keme13333631
@ota_shiori @lh5587365 旭川の火葬場では、職員の方が説明してくれます。 ちなみに、1円玉は溶けるから駄目だそうです。
未央@繁忙期 @mio_tkrb
@lh5587365 @kiyoxxx921 初めまして! 宮城県在住ですが、この風習あります!
まお茶 @mao_tea_ssk
@lh5587365 FF外から失礼します。 私の曽祖父が亡くなった時にまさにこの風習がありました……。 ちなみに曽祖父が住んでいたのは石巻で、葬儀も石巻で行いました。参考までに…。
手羽先片手にリーゼントを決めるきょご @kyogoemo
@lh5587365 ありました。福島県沿岸部です。 配られて紙に包んで持って帰り、自宅の仏壇に置いてました
nyaso*二児の母 @nyaso_bbj
@lh5587365 @mikaL0922 初めまして。福島県中通り北部出身ですが、弟がなくなった時10円玉入れて 火葬後に係りの人が"形見袋"と書いてあるお守り袋に入れて、親族に配っていました。私もいつも持ち歩いています
陸宮 @kugamiya1523j
@lh5587365 FF外から失礼します! 私は山形ですが、その風習あります。10円玉はティッシュにくるんでいつも財布にいれいてます。全国的な事かと思っていたのでびっくりしました…
ナツノ🔥🔥🔥🎴 @sirokuroneko10
@lh5587365 山形県出身ですが、20年以上前祖父母の火葬では正にその風習がありました。紙に包んで暫く財布に入れてましたね。近年は葬儀会社が厳しいのか数年前父の葬儀では行われませんでしたね。東日本特有なんでしょうか?こういう地域別の風習とか調べるの面白そうです。
華ねこ @yue_water
@lh5587365 私の地域(大阪)では聞いたことなかったのですが、彼が去年親族のお葬式でやったと聞いてそういう風習があることを知りました。ちなみに宮城に近い福島県です。東北より北側?に多い風習のようなのかなと思っていました。
太田紫織@文春新刊は陸別町が舞台!!発売中! @ota_shiori
@lh5587365 所謂『冥銭』ですね。 冥銭(六文銭)の風習自体は日本各地にあるはずなんですが、実際に小銭を使うのは、北海道東北の方だけみたいです その後お守りにするのも 不思議ですよね〜 最近は一緒に火葬出来る物の制限が厳しくなって来てますが、それでも10円は入れてました (1円は駄目と言われました)
山田 修司 🍣 Shuji Yamada @uzyexe
@lh5587365 どこの地方でもやるものだと思ってた! 北海道と東北地域だけなんですね・・・。
取引専用@燐音(りんね) @touken_trhk
@lh5587365 FF外から、また夜分に失礼致します。 関西ですが普通にありましたよ。そこまで大量には入れませんでしたが…確か5、6枚だったかと思います。祖父の葬儀だったのですが、今でも母が大切に持っています。宗教差かと思いましたが地域差なんですね…
にちょうめ太郎 @2chome_taro
火葬の前日に親戚みんなで十円玉を出し合うのやらないの!!!???火葬したら十円玉溶けてなくなることもあるから、結局20枚とか30枚とか集めて棺の中に敷き詰めるのやらない!!!!!!!?????????
ちょっと違うけど似た風習はあるという人。
大粒ザクロ🐹❁ @ootubunako
@lh5587365 うちは100円でした。穴空きはダメでした。ティッシュに包んで持ってます。 でも、祖母は宮城から北海道に行ったのでどこの風習かはわかりません。 祖父は釜が壊れるのか入れなかった気がします。
敷野@あんステロス @10Lila08
@lh5587365 宮城県仙南と山形県置賜の育ちの者です。 火葬する際に、棺の中に硬貨(10円や100円、穴の空いている5円50円はNG)を入れる風習はありますが、あとで配布するというのは初めて聞きました…。 硬貨が重ならないように、足元に散らすようにして入れていました。
残りを読む(23)

コメント

点面悪鬼百之助 @x743 2018年11月16日
お小遣いがどうのとか説明されたけど、なら一万円札とかのほうがいいんじゃない?って思ってしまった。天国にお金を持ち込んだら地獄になりそう
うす曇り/N.S @usugumori 2018年11月16日
禁止なのに仮に遺族が黙って棺に硬貨を入れたりしたら、それは一義的には葬儀屋さんの責任になって最悪業者が火葬場に出禁とかになりかねないので、それでも責任取れる、もしくは違法性問われても問題ない方はどうぞって感じですかね。
Yuuichi Hosono @yHOS 2018年11月16日
山形に近い新潟県北部が実家です。こちらでは模造品の一文銭を6枚入れてますが、燃え尽きます。 模造品を使う以前でも、硬貨を焼いてから配る風習はなかったと思います。
kartis56 @kartis56 2018年11月16日
模造を焼くまでなら聞いたことあるけど、配布は初耳
ぽこ@猫の画像ください @igashiga 2018年11月16日
去年じっちゃんの火葬の時にやったなー。母親がお守り袋みたいなの作ってくれたから、それに入れて、いつも持ち歩くバッグに入れてる。10円か5円だったかな、一度も袋から出してないから覚えてない
ぽこ@猫の画像ください @igashiga 2018年11月16日
igashiga あと、たぶん葬儀屋さん主導で火葬場でやったよ。たぶん喪主である父親も知らない風習だったと思うから。
ローストの肉 @ROM69787270 2018年11月16日
故意な通貨の毀損て死刑レベルの罪だったはず
okwae @okwae858 2018年11月16日
中国の歴史系ドラマだと紙製の穴あき銭を燃やすのよく見る
kyk @0_kyk 2018年11月16日
黄泉路の路銀として札サイズの紙に適当な金額書いてそれを一緒に燃やすって風習は地元にありますけど、本物の硬貨を燃やすなんて聞いた事も無いですねぇ
白墨 @amanilo_ 2018年11月16日
昔父方の祖父が亡くなった時は葬儀屋が用意してくれた模造のお金(昔の五銭とか小判が書かれている)なら入れたな。でも数年前に行った母方の祖母のときはなかったし誰も気にしてなかった。同じ市内で火葬場も一緒だったけど。
まこす @sayonarain 2018年11月16日
祖父のときは孫みんなで紙のお金作った記憶ある、四角い紙っぺらに百万円とか書いて何枚も棺に入れたので祖父めっちゃ金持ちになってあの世に行ったはず。
らくだケイム @rakudacame 2018年11月16日
三途の川の渡り賃とは違うのか
しわ(師走くらげ)@寝貯めしたい @shiwasu_hrpy 2018年11月16日
rakudacame ほぼ同じものだと思うけど、恐らく形見分けとか御守とかそういう尾鰭がついた土着風習の一種だと思う。岩手県南側で見たことはあったので、恐らく伊達藩辺りの土着風習で、北海道開拓時代に行ったであろう伊達藩圏内の人々から広まったのではないかなと。
ユッキー @iceflower01 2018年11月16日
冥銭とは真逆ですが 東海地方のものすごく小さな村ですが、土葬で墓場まで移動させる際に小銭をばらまく風習ならありましたね
ととっと @xyrLuoihI9vhuex 2018年11月16日
ROM69787270 そこまで重くはない。1年以下の懲役または20万以下の罰金。実際のとここの手の風習のように悪意が無ければ不起訴か執行猶予が付くだろうけどね。ほんとに重いのは偽造でこっちは国によっては普通に死刑あり。
ほかほかごはん @hokahoka 2018年11月16日
三途の川の渡り賃や小遣い銭と言われてますね。宮城県では火葬の際に一般的に硬貨数枚を棺桶に入れますが、葬儀屋さんの仕切りで親族が入れているので、この地域の火葬場では禁止されてはいないはずです。
@maryallyman 2018年11月16日
三途の川の渡し賃として昔(昭和)は入れてたけど最近は火葬場から御遺体以外は入れないで下さいって言われてここ数年は入れた記憶がないです(北海道)
みどりこ @RealmQed 2018年11月16日
つい先日祖母が亡くなり、まさにこれをやった。六文銭は葬儀社が用意して棺に納めたけれど、それとは別に「熔けにくい」10円玉を入れた。焼き上がってから葬儀社によって既に集められていた10円玉をお守りにしてくれと渡されていたようだけど、叔母から配布はされなかった。因みに父方の祖父の時はしなかった。地域差よりも葬儀社や各家庭の考え方ではないかと思うな
山吹色のかすてーら @sir_manmos 2018年11月16日
私が知ってる限り(大阪、奈良)は六文銭の印刷物。渡し賃。金属は絶対に入れないでくれって言われた。
akiran @akiran32748624 2018年11月16日
爺さんの火葬の時に葬儀屋が入れて、最終的にお守りみたいな形式にして配ってたわ@北海道
Zephyr @Zephyr0d22 2018年11月16日
冥銭の風習は知ってたけど親族に配るのか・・・趣旨的に故人に持たせたもののはずなのに
kartis56 @kartis56 2018年11月16日
紙銭、神式だと三途の川自体が無いので入れない。父方の祖父はそうだった。あと宗派によって違うと思う。妙法蓮華経の方は入れなかったけど、般若波羅蜜多の方は入れた
kartis56 @kartis56 2018年11月16日
ちなみに奥会津方面
ふーこ👾 @fukuchi0606 2018年11月16日
仏様と一緒にお墓に入れたいモノは、骨つぼに遺骨と一緒に入れるよね。 昔は一緒に焼いたんだろうか?
うす曇り/N.S @usugumori 2018年11月16日
実際は黙認されている場合が多いと思うので、こう言うまとめがバズったりすると何処かに影響が出る可能性も無きにしもあらず…
瑞樹 @mizuki_windlow 2018年11月16日
昔はあったらしいけど新しい焼き場になってからは副葬品への規制が厳しくなって、ほとんど何も入れられなくなったんだよね。お祖父さんが亡くなったときに愛用の杖を入れようとしたら「焼けずに中で引っかかって寝台が引っ張り出せなくなるかも知れないから」って言われて、家族が寂しそうにしてたよ。
子ぬこ @konukopet 2018年11月17日
前は入れてたけど去年のお葬式では火葬場の人に入れないでって言われた…
Kimi @Kimi92488620 2018年11月17日
うちも札幌のお葬式であったな、三途の川の渡し賃とお坊さんが言ってた
朝倉梗概 @asakura_outline 2018年11月17日
仙南出身だけど自販機からたまに出てくる事あったな
Garnet @01Garnet02 2018年11月17日
10円じゃないけど、三途の川の渡り賃として幾らか(忘れたけど3文とかだった気がする)を入れた(硬貨は燃やせないから代わりの紙)
すみっこ @sanjyoururu 2018年11月17日
山形、青森でもやってたな。 北海道東北の風習なのか、しらんかった。
すみっこ @sanjyoururu 2018年11月17日
函館もやってる。言葉、風習ともに津軽の影響が強い土地だからそちらから伝わったんだろうな。
ゆゆ @yuyu_news 2018年11月17日
やらなかったけど、火葬場の人が再三注意してきたし、それでも入れられていた焼けたお金をお守りにするって人は見かけたことあるので、すでにすたれているけど習慣自体はあったっぽい。
ゆゆ @yuyu_news 2018年11月17日
紙の六文銭は入れるんだけど、現世のお金を入れないと気が済まない人も多く、同時に硬貨を入れてはいけないという問題もあって、三途の河の渡し賃が紙幣までインフレしてた。
musyokunin @musyokunin 2018年11月17日
じいさんの時は手書きの紙のお金を一緒に燃やしたな。
こーりょー @nen_neko 2018年11月17日
模造六文銭は持たせるけどそれ以外は回を重ねる度に厳しくなってる郡山。先日はボタンも納棺前に取った
ログインして広告を非表示にする
ログインして広告を非表示にする