10周年のSPコンテンツ!

信頼関係を築くことは、相手に面して自分が自分のありかたを見つめ直して悩むことと切り離しえない

私たちはついつい相手に何かを期待してしまいがちで、その期待に相手が応えてくれない時には見放しがちでもありますが、本当に人と信頼関係を結ぼうと思うのであれば、相手に何かを期待したり要求したりすることよりも、「相手に対して自分はどうあるべきなのか」と、自分自身に問うて悩むことが優先されるべきなのであろうと思うのです(とっっっても難しいですけれども)。
信じる 信頼関係 敬意 問う 他者 自己否定 自己反省 悩む
7
大角 康(宗純) @koukaku0811
自己啓発セミナーなどにおいて、相手の気持ちやペースにかかわりなくとにかく相手を問い詰めてゆき、本人が言う気がなかったことまでいつの間にか曝け出させ、それを「心を開いた」などと称して信頼関係のできた証かのように扱うという手法が取られるようですが、それは相手が心を開いてくれたのでは twitter.com/kazeto_bot/sta…
大角 康(宗純) @koukaku0811
なく、圧力で相手を屈服させたにすぎないのであり、そのような問答において主人公はどこまでも問い詰める側の者であって、問われる側はその客体としてあくまでも脇役に追いやられます。 相手が自分を信頼してくれること、相手が自分に心を開いてくれることは、相手に圧力を掛けた末に生まれるものでは
大角 康(宗純) @koukaku0811
ないはずで、相手に圧力を掛けたその時点で、少なくとも自分の側は相手を尊重しておりません。 尊重の念のない信頼関係とは何なのでしょう。上のような事態をもしも信頼関係とみなすのなら、相手が自分に屈服することを信頼関係と呼ばねばならず、信頼関係は相互的に構築されるはずであるにも
大角 康(宗純) @koukaku0811
かかわらず、自分の側の相手に対する配慮はこの時全然問題とされていません。 信頼関係を築こうと思うのであれば、相手に何かを要求してしまうその前に、まずは自分の側が自分に対し「相手に対して自分はどうあるべきか」を問うて悩むのでなければならないでしょう。自分が悩むことを抜きにして、
大角 康(宗純) @koukaku0811
相手との信頼関係を築くことはできないように思われます。 信頼関係を築くことは、相手に面して自分が自分のありかたを見つめ直して悩むことと切り離しえないと思うのです。

コメント

nob_asahi @nob_asahi 2018年12月24日
自己啓発として強圧的な自己開示を迫るのは、本来はその後の信頼関係を築くべき相手とのコミュニケーションに於いて先に自己開示をすることにより信頼関係を構築しやすくためであり、自己開示へのハードルを下げると共に開示できる自己の範囲を広げておく準備作業です。そこを理解せずに強圧的な自己開示を迫る指導は無意味であり、ましてやそれで信頼関係が築けた等とは笑止の沙汰ですね。
marumushi @marumushi2 2018年12月24日
開腹手術をして、ほら君の腹の中は全部お見通しだって言うようなものか
ログインして広告を非表示にする
ログインして広告を非表示にする