専門家が集まって亀の甲羅を焼いて卜占する実験したら「古代日本では近畿と東峰区で交易があった」とわかった→「学問って凄い」「交流学問大事」という声

やってみないとわからないですねー
卜占 亀卜
178
DISK @diskdisk61
考古学者「亀の甲羅焼いて卜占しようぜ」 生物学者「当時この辺(近畿)に生息してた亀はこれな」 考古学者「焼いても甲羅割れねえ!」 生物学者「調べてみたら、当時使われてた甲羅は東北産の亀だわ」 考古学者「その甲羅焼いたら割れたわ」 人類学者「マジ?ってことは当時交易してたってことじゃん!?」
DISK @diskdisk61
考古学者はその他の学問と複合的に調べると新しい発見がある と言う話を東アジア恠異学会の本だか講演だかで聞いたことがある >RT
DISK @diskdisk61
なお、産地とかはうろ覚えなのでまちがっていたらごめんなさい ニュアンスはこんな感じだったはず
ひゆう @IcbRh8gtgIk8deG
@diskdisk61 初めまして 商代の話でしょうか・・・?
DISK @diskdisk61
@IcbRh8gtgIk8deG 初めまして。 上記は、以前、研究者の方が講演で話されていた内容です。 時代や地域はうろ覚えになりますが、日本国内で、王権が成立した以降の時代だったと記憶しています。 誤りがあった場合は、申し訳ありません。
DISK @diskdisk61
@IcbRh8gtgIk8deG 補足説明をすると、東アジア恠異学会という「怪異」をテーマに各分野の研究者が集まった研究会があるのですが、 「亀卜は誰でも知ってるが、実際亀の甲羅を焼いて亀卜試した研究者がいない」 と言う話が出て、ならば試してみよう…という流れで、上のようなことになったという話だと記憶しています。
ク◯ワロタTVショー @warotatvshow
@diskdisk61 面白い話になってきましたね。「殷」とか「商」の時代ですかね。そう言えば貝塚は貝工場の跡でしょうね。 証拠不十分な古代史は説が跋扈してるので是非実証をもって駆逐してくだせぇお代官様w。
DISK @diskdisk61
@warotatvshow 以前、研究者の方の講演で聴いた内容なのですが、王権樹立後の日本だったかと記憶しています。 なにぶんうろ覚えですので、場所等に誤りがあった場合はごめんなさい。
ク◯ワロタTVショー @warotatvshow
@diskdisk61 こっちもド素人なのでうろ覚えで十分です😊 楽しい情報提供ありがとうですぅ☺️
学問すごい
【喪中】煉化石@近現代考古学 @RengaKouko
実験考古学はこの流れにありますな。 うーむ…やはり煉瓦焼くか…? twitter.com/diskdisk61/sta…
結構ネットワークはあったよう
raven @raven2020
縄文時代の特定の産地の黒曜石が離れたところで出土したりと、意外と交易してたのは間違いない。ただ実証してみるのは重要<RT
みさご@アタシってほんと○○ @misagoya
埼玉の遺跡で出土した黒曜石が長野のやつだったんで弥生時代にすでに交易ネットワークがあったという話も面白かった
どんな亀なんだろう?
おてつ @guruado
亀の種類が気になる… ニホンイシガメのクサガメやろか? twitter.com/diskdisk61/sta…
nchaka @nchaka
焼いて割れる甲羅と割れない甲羅は何が違うんだろ
違う分野のプロ同士の話好き
wolt@がんばらない世界一周中 @wolt556
違うジャンルのプロが集まって新しい発見に至るの好き。 twitter.com/diskdisk61/sta…
海豚@冬コミお疲れ様でした @d0lphin_s0ng
考古学っつーか、人文科学系は大体そうだよね(他の学問と組み合わせ)
ふみすむ @Fumisme
>RT ある問題〇〇は〇〇学の専門家に任せればいいという「餅は餅屋」的な発想の限界をよく示している
残りを読む(2)

コメント

ろんどん @lawtomol 2019年1月6日
亀(の甲羅)を得るために、近畿からは何を東北に「輸出」してたのかな…?
タム @inthe7thheaven 2019年1月6日
こういう広い知見と豊富な経験と実践に移す意欲があって、いろいろ実績を残してきた農家さんを知ってる。TOKIOっていうんだけど。
み(Togetter) @Togetter11 2019年1月6日
考えたら大事な大事な占いするのにそこいらにいる自分たちにとってフツーの亀の甲羅使うのはおかしいわな確かに
Love Shinto @revolteaware 2019年1月6日
やはり実験・実習は大事ね。
おろろ @fYe39CoQsPrbZVK 2019年1月6日
割れない甲羅を特殊な焼き方で焼いたり、軽く傷つけてから焼いたかもしれないし、入手手段は交易では無く奪ったり貢ぎ物かもしれない。大半を仮定の積み重ねにせんとならんのはきっついわな
九十九 @hakqq 2019年1月6日
十字路かな<東峰区
tubu8kiya @tubu8kiya 2019年1月6日
最初に焼いた亀はミドリガメだったというオチじゃなかったのね。
okwae @okwae858 2019年1月6日
考古学はモノならなんでも科学できるから、かなり多様なジャンルと複合できるのが強い
よーぐる @Seto_yasu1987 2019年1月6日
伊万里の腰岳の黒曜石が広く流通したとも聞くし、昔の人も広く交易してたらしいというのはなんか浪漫がある。縄文ファンタジーとか狙えるのでは
いくら @YamadaIkra 2019年1月6日
これかなあ シンポジウム「亀卜 -未来を語る〈技〉-」 http://21coe.kokugakuin.ac.jp/modules/wfsection/article.php?articleid=169
Ukat.U @t_UJ 2019年1月6日
考古学者もこれまでどこの黒曜石が流通してるか調べたりどこの玉が流通してたりするかやってきてるので、遅かれ早かれ自発的にこの亀どこに棲息してたのかな?って疑問持ったと思いますよ。確かに学問に専門領域はありますけどそこまでタコツボではないと思います。
yuki🌾㊗️5さい🎉⚔ @yuki_obana 2019年1月6日
そもそも史料の解析は非破壊検査による同定水準をどうあげられるかの課題が長いからね。今でも十分とは言い切れないからの。生物学的分類も破壊して調べた方がはるかに安心確実な訳で(まぁ完全に残ってないこともまた課題だけど)(´・ω・`)再現しようとして失敗して差分情報からなんかわかることはしばしば。
alan smithy @alansmithy2010 2019年1月7日
子供電話相談室のバード川上せんせいとダイナソー小林せんせいのマウンティングじゃれあいは好きだな
cocoon @cocoonP 2019年1月7日
宇宙船ビーグル号かな
みさご@アタシってほんと○○ @misagoya 2019年1月7日
わー弥生と縄文勘違いしたまままとめに入ってる恥ずか死
nekosencho @Neko_Sencho 2019年1月7日
割れる亀と割れない亀があるんだな
やし○ @kkr8612 2019年1月7日
姫島産の黒曜石は素人でも一目で判別可能なので交易の範囲がすぐわかるという
着る毛布を着込むみどり @verdi_horimoto 2019年1月7日
糸魚川のヒスイは北海道でも出土してるし、逆に道東の白滝産の黒曜石が本州で出土した例もあったような。古代人ヤバい。
kimuraお兄さん@小豆島 @nobuo_kimura 2019年1月7日
( ×H×)y-~~サヌカイトも流通してたらしい
@Q_fever 2019年1月7日
車での移動でも大変なのに古代の人はよくあんな距離を行き来したなあと思う。地図すらないのに。
山吹色のかすてーら @sir_manmos 2019年1月7日
lawtomol 一つの可能性として「文化」や「権威」。卜占をやっていたということは中国からの文化をより近い形で受けていたわけで、その中国を背景とした権威を示すことでエリアの支配者の支配力のバックボーンになるという事が出来る。「うち、中国産の鏡持ってんだぜ」みないな。
ea @toatile 2019年1月7日
節子、東峰区だと千葉や
Ukat.U @t_UJ 2019年1月8日
Q_fever 交換を繰り返したのかも。江戸時代の蝦夷錦なんかも、中国の絹服が、清朝←→ツングース系民族←→アイヌ←→松前藩→幕府に献上っていう風に交易を繰り返して江戸まで伝わってる。
いちむら @04hisui20 2019年8月26日
これだから考古学は面白い☺
ログインして広告を非表示にする
ログインして広告を非表示にする