2019年2月10日

世界の艦船 #422 特集 艦隊旗艦物語

5
ふゅ〜りあす @tebasaki_s

護衛艦隊の旗艦設備 初期の船隊群、護衛隊群、警戒隊群旗艦として使われたPFうめ、もみ 艦橋後部に甲板室を増設して司令部施設に。 それでは貧弱すぎるので、旧自衛艦隊旗艦となったけやきでは、後部3番砲を撤去のうえ司令部用通信施設を収めた甲板室を新設。かえでも同様の改装を受ける。

2019-02-09 18:40:28
ふゅ〜りあす @tebasaki_s

28DDはるかぜ型 当初は司令部設備を設けない方針だったが方針変更、主として士官居住区よりスペースを捻出。 はるかぜ 群旗艦 司令部区画52.0平米 士官居住区76.9平米 ゆきかぜ 自衛艦隊旗艦 司令部区画62.3平米 士官居住区66.9平米 なお海曹海士の区画は345.1平米と345.7平米でほぼ同じ。

2019-02-09 18:40:28
ふゅ〜りあす @tebasaki_s

32DDあきづき型 米海軍の域外調達OSP 本格的な艦隊旗艦施設を設ける事になり、司令部区画の床面積は118平米に。 司令公室、司令室(浴室付き)、司令部CIC、幕僚事務室、司令部庶務室、幕僚長室、幕僚寝室が設けられた。 旗艦設備として8.5m将官艇1隻、各種通信機を数十台。

2019-02-09 18:40:28
ふゅ〜りあす @tebasaki_s

S36.09.01の自衛艦隊大改編により従来の自衛艦隊が護衛艦隊になり、あきづきが自衛艦隊、てるづきが護衛艦隊に編入されそれぞれの旗艦となる。

2019-02-09 18:40:28
ふゅ〜りあす @tebasaki_s

PFしい 特別修理で艦橋後部に甲板室を設ける形で司令部設備を備えており、S35に第3護衛隊群の旗艦となる。その設備を活かす形であきづき不在(護衛艦不足による遠洋航海参加)のおりに臨時旗艦を務める。

2019-02-09 18:40:28
ふゅ〜りあす @tebasaki_s

DDむらくも S50の特定修理でFCS2、S53の特別修理でOTO 76/62に換装していたためか護衛艦隊旗艦に選ばれ、S59に特別改装を受ける。 ただし甲板室の増設もなく、外見で確認できるのは通信関係のアンテナが増大した程度。具体的な内容が公表されていないのもあって、小規模な改装と推測されている。

2019-02-09 18:40:29
ふゅ〜りあす @tebasaki_s

PFしいを臨時旗艦とした永井司令官の言葉と伝えられる「護衛艦隊の旗艦はPFでよいのだよ」 これには護衛艦隊司令官の2つの任務、水上作戦部隊の指揮官としての任務と、護衛艦部隊の管理整備訓練を統べるタイプコマンダーとしての任務のうち、徐々に後者の比重が大きくなった変化が現れている。

2019-02-09 19:25:48
ふゅ〜りあす @tebasaki_s

とはいえむらくもでは能力不足という認識はされており、十分な能力を持った旗艦が求められている。 ただしどういうタイプにすべきかは意見が分かれており、指揮通信機能が充実していれば護衛艦でなく大型特務艦でもよいという声、作戦の大規模化により陣頭指揮の重要性が大きくなるとの声に大別される

2019-02-09 19:25:48
ふゅ〜りあす @tebasaki_s

十分な能力を持った旗艦を整備しようにも護衛艦の数自体が防衛大綱の別表に縛られる現状に触れ、イージス艦建造のための方便としてのDDGたちかぜのEF旗艦転用案(のちに実現する)で記事は締められている。 ここまで #世艦 #422

2019-02-09 19:25:49

コメント

コメントがまだありません。感想を最初に伝えてみませんか?