10周年のSPコンテンツ!
0

ツイートまとめ 焼け跡のエレン先生——中学英語はこうやって始まった 中学英語教科書の戦後第一号『Let's Learn English』を分析していこう 1888 pv 16 2

これの続きです

KUMI_Kaoru @KaoruKumi
こういうのは、何度も力説するように、嫌でもなんちゃって多民族国家になっていかざるをえない日本を反映したものではなく、敗戦日本が仰いだミンシュシュギの理想がエーゴ科のなかで(のみ)生息を続け奇形進化を続けた末の妖怪生物であります。 pic.twitter.com/gnR1fbHalT
拡大
KUMI_Kaoru @KaoruKumi
うちの姫様を一日入学させてみるというのはどうかな。
KUMI_Kaoru @KaoruKumi
敗戦の衝撃を乗り越えるためにニホンジンたちが過熱した。 そして子どもたちにもろもろをなすりつけた。 pic.twitter.com/NbsaYs11ZC
拡大
KUMI_Kaoru @KaoruKumi
当時の混乱がどのくらい根深いものだったのか、この教科書を分析していくと本当によくわかります。 pic.twitter.com/afnXpcJiwk
拡大
KUMI_Kaoru @KaoruKumi
1)『Let's Learn English』の中二編を開けてみて驚いた。 中一編はトム・ブラウンくんの(一人称語りによる)青春ストーリーの体裁だったのが pic.twitter.com/QCqLKDhlhi
拡大
KUMI_Kaoru @KaoruKumi
2)中二編は、延々と読み物(リーダー)が続いていくのです。 pic.twitter.com/UTTuHB7PDQ
拡大
KUMI_Kaoru @KaoruKumi
3)会話(というか台本もどき)の章もあることはあるのだけど、こういうのは巻末に押し込まれていて、授業では実際には習っていなかったのではないかな、時間切れで。 pic.twitter.com/9DAdUdy4FC
拡大
KUMI_Kaoru @KaoruKumi
4)このなかに「トム」の名がありますが中一編のトム・ブラウンくんとは違う、記号としての名前のようです。
KUMI_Kaoru @KaoruKumi
5)中学の三年間を通して同一キャラクターが出演するようになるのは、この『Let's Learn English』より二年後に教壇デビューする『Jack & Betty』(昭和24年)からですね。(画像はもっと後の改訂版のですが) pic.twitter.com/KE1jXm1ZMl
拡大
KUMI_Kaoru @KaoruKumi
6)後世になってここから(いっときのブームに終わったとはいえ)スーパースターが現れるのだから、歴史って面白い。 pic.twitter.com/RugWL3tNbd
拡大
KUMI_Kaoru @KaoruKumi
7)…と話のまくらはここまで。分析を始めましょう。
KUMI_Kaoru @KaoruKumi
8)英文への赤入れは基本的に省略していくつもりです。(理由は後で説明) pic.twitter.com/u9yrNRimRj
拡大
KUMI_Kaoru @KaoruKumi
9)このイラストでぴんとくる方も多いのではないでしょうか。 pic.twitter.com/6RCxdYnMxc
拡大
KUMI_Kaoru @KaoruKumi
10)水瓶に入った水を飲むために賢いカラスがとった行動は…あのお話ですよ。 右ページ下に穴埋め問題があるのが新鮮。中一編では見かけなかったから。 pic.twitter.com/yKdlkhDINn
拡大
KUMI_Kaoru @KaoruKumi
11)次のお話がこれ。ある有名な英国小説です。 pic.twitter.com/5LyOx9LTGs
拡大
KUMI_Kaoru @KaoruKumi
12)中二冒頭でもうこのレベルの英文を読まされる…戦前の(つまり旧制の)中学英語教科書もやはりこのくらいの難度でした。 今だったらどの学校でも使ってもらえない。授業が成り立たないといわれるのがオチ。 pic.twitter.com/f83xaG4Wew
拡大
KUMI_Kaoru @KaoruKumi
13)思うにこういう(今の中学生の目で眺めると)ハイレベルな読み物がばんばん教科書で繰り出されてくるのは、訳読主義に支えられてのものです。想像ですが。
KUMI_Kaoru @KaoruKumi
14)「和訳できる=英語がわかる」主義とでもいうのかな。今の私たちはむしろ文型を学校で教わるわけですよ。空手でいう形(かた)。やさしい形からだんだんと難しい形に進んでいく、そういう工夫が後世の(つまり私たちが使ってきた)教科書ではなされている。
KUMI_Kaoru @KaoruKumi
15)しかし旧制中学の英語教科書は、割と乱取り(検索セヨ)っぽい。お前ら辞書を使ってとにかく和訳してみろ、使われている形については、授業で教師が黒板に図解で教えてくれるから、みたいな。
KUMI_Kaoru @KaoruKumi
16)訳読主体の授業(や教材)は批判されることが昔から多いのだけど、形(かた)をていねいに順に習っていく今のやり方に比べて、教科書に載せる英文にあれこれ縛りが少なくなるぶん、おかしな英文を(泣く泣く)掲載する愚に陥らずに済むのは強いセールスポイントではある。
KUMI_Kaoru @KaoruKumi
17)ところで穴埋め問題がやはりこの章でも出てきます。よく見ると、本文中に現れるのと同一の文ですどれも。だから本文を探せば穴埋めは機械的にできてしまうわけですが…今でいうチェックシートを使っての学習法の元祖っぽい。 pic.twitter.com/HoxrCbA07k
拡大
KUMI_Kaoru @KaoruKumi
18)チェックシートというのは、ほら、これですよこれ。 pic.twitter.com/vqEUOIPCqW
拡大
残りを読む(67)

コメント

斉御司 @saionji1942 2019年3月8日
この人はいつまでイタコ芸やってるんだろう……?
フローライト @FluoRiteTW 2019年3月8日
この手の人ってなんでカタカナにしたがるのかね?漢字を書けない?
KUMI_Kaoru @KaoruKumi 2019年3月8日
まとめを更新しました。
KUMI_Kaoru @KaoruKumi 2019年3月8日
まとめを更新しました。