カテゴリー機能は終了いたしました。まとめ作成時にはタグをご活用ください。
2

ツイートまとめ 焼け跡のエレン先生——中学英語はこうやって始まった(中2) 中学英語教科書の戦後第一号『Let's Learn English』を分析していこう 894 pv 7

これの続きです

KUMI_Kaoru @KaoruKumi
葛藤は回転によって均衡を保ち、回転の運動エネルギーから思わぬものがとびだしてくる。なんちゃってインターナショナルスクールしかり、エレン・ベーカーしかり。 pic.twitter.com/oqrYYwXWUd
 拡大
KUMI_Kaoru @KaoruKumi
1)『Let's Learn English』中三編の分析へ。
KUMI_Kaoru @KaoruKumi
2)表紙は中1~3とおして同じ。 もっとも「Book 3」とあるのは中三用の表示。 pic.twitter.com/u0Llr74Yt2
 拡大
KUMI_Kaoru @KaoruKumi
4)左ページに本書の基本構成が。PARTⅠとPARTⅡに分かれていて、2が口語英語つまり英会話の章。 右ページよりPARTⅠが開幕。 pic.twitter.com/ulOIYjEMjd
 拡大
KUMI_Kaoru @KaoruKumi
5)左ページは、PARTⅠのもくじ。 April、May、June、July…と縦に並んでいるのがわかるでしょうか。4月、5月、6月、7月…と月単位で章が組み立てられています。 pic.twitter.com/QwcPtZWlVh
 拡大
KUMI_Kaoru @KaoruKumi
6)事実、右ページは4月の章。
KUMI_Kaoru @KaoruKumi
7)4月を舞台にした、トムとメアリ兄弟の朝の様子。ちょっとした短編小説。 中二編がイソップ童話とかガリバー旅行記とかの読み物だったのに対して、今度のはぐっと親しみやすいお話でスタート。 pic.twitter.com/3PjSsRmDtj
 拡大
KUMI_Kaoru @KaoruKumi
8)この落差の大きさは、中二と中三で編纂者が異なることに由来しています。 中二掲載のものは、どうやら明治以来ずっといろんな教科書で使われてきた長文の再利用のようです。 一方でこの中三のものは、アメリカの小学校に通っていた帰国子女の女性によるものでした。
KUMI_Kaoru @KaoruKumi
9)当時の文部大臣の秘書さんです。バイリンギャル(死語)。ですので英文がとても生き生きしています。
KUMI_Kaoru @KaoruKumi
10)それにしても奇妙なことです。 中三編のほうが中二編よりくだけていて読みやすいのだから。 中一、中二、中三の教科書がそれぞれ独立していて、今のようなステップアップの工夫がなされていないのです。 よくこんな代物を堂々と全国の新制中学校に配ったものだと思いますね。
KUMI_Kaoru @KaoruKumi
11)ただ当時の裏事情を鑑みるに、頭ごなしにけなすのはためらわれる。 このシリーズは昭和22年4月の新制スタートと同時にデビューしたわけですが、実は新制への切り替えをCIE(占領軍の教育部門)が宣言したのが前年の9月でした。
KUMI_Kaoru @KaoruKumi
12)つまり半年で各教科の教科書を文部省はこしらえなければいけなかった。
KUMI_Kaoru @KaoruKumi
13)上からの命令で嫌々やっていた…と思った方は零点。むしろミンシュシュギの理想に燃えて、各教科の教科書が、文部省の職員たちによって開発された。
KUMI_Kaoru @KaoruKumi
14)理想に燃える(=敗戦を受けての生まれ変わり願望=過去の自分を切り捨てたい願望=生き残ってしまったことへの罪悪感)開発チームの志はいいとして、実際に使うことになる新制中学生たちの便宜が置いてきぼりになってしまった。 少なくとも英語教科書についてはそういわざるをえないでき。
KUMI_Kaoru @KaoruKumi
15)要するにメソッドが確立されていなかったのです。
KUMI_Kaoru @KaoruKumi
16)今の私たちが中学で使った英語教科書は、メソッド開発後のものです。 be動詞から始まって一般動詞が登場して[中略]接続詞が順にデビューして現在完了形が現れて関係代名詞の説明があって…というステップアップの組み立て。 これは戦後開発のものなのですよ。
KUMI_Kaoru @KaoruKumi
17)この『Let's Learn English』(文部省)はそういうメソッドの確立前に作られたものです。分析していくとそれがよくわかる。 この二年後に教壇デビューすることになる『Jack & Betty』(開隆堂)からですねこのメソッドが現れるのは。
KUMI_Kaoru @KaoruKumi
18)この話は後にまわすとして、分析を続けます。
KUMI_Kaoru @KaoruKumi
19)EXERCISEが興味深い。これも生き生きとした問いが続くのです。 pic.twitter.com/CiFUOkDQs1
 拡大
KUMI_Kaoru @KaoruKumi
20)たとえばこれ。各文に「”」を入れろという課題。日本語でいうカギカッコです。 pic.twitter.com/lxPshPBlTY
 拡大
KUMI_Kaoru @KaoruKumi
21)これがよくわからない。各文を含んだ英文をこしらえてみろとあるのですが、二つ目のはすぐわかるとして(「…」の部分に何か文を入れてみろ、だから)ほかのはどうすればいいのか。 pic.twitter.com/YBrGDPognV
 拡大
KUMI_Kaoru @KaoruKumi
22)たとえば一つ目の  It took a long time to wake him up. (彼を起こすのにはずいぶん時間がかかった) これを含んだ英文を作ってみろといわれても…どうしたらいいんでしょうね。
KUMI_Kaoru @KaoruKumi
23)和訳してみましょうという問い。面白いですね中一中二ではこういう問いは見かけなかったから。 pic.twitter.com/ImSg9wsJ54
 拡大
残りを読む(54)

コメント

KUMI_Kaoru @KaoruKumi 2019年3月9日
まとめを更新しました。

「エレン先生」タグのおすすめまとめ

ログインして広告を非表示にする
ログインして広告を非表示にする