2010年4月8日

ガーナ国籍のSURAJさんが強制送還中に死亡の件について

強制送還中に死亡したガーナ人SURAJさんを支援していた団体 http://apfs.jp/ による記者会見で配布された資料に基づくKJR2000000さんの発言をまとめました。 APFSの抗議文 http://j.mp/ay18lP #jinkennews
0
KJR2000000 @KJR2000000

先日、強制送還の最中に離陸前の飛行機内で亡くなったスラジさんの件。http://apfs-jp.blogspot.com/

2010-04-06 22:19:28
KJR2000000 @KJR2000000

速報 先日死亡したガーナ人のスラジュさんの追悼デモを12日午前に六本木で行います。詳細はまた後ほどアップします。

2010-04-07 20:03:58
KJR2000000 @KJR2000000

Surajさんは1988年に本人のパスポートを用いて入国。在留資格は短期滞在でした。2006年に超過滞在として摘発を受け、同年退去強制令書が発付されています。日本人の奥さんとは1989年に知り合い、1990年に同居を開始しています。

2010-04-08 14:33:56
KJR2000000 @KJR2000000

摘発時の2人の同居歴は16年と長く、退令が発付された後、2006年に入籍しています。法務省が2006年に公表し、2009年に改訂された「在留特別許可に係るガイドライン」によると、「日本人との婚姻」「日本への定着性」は在留特別許可を与える際の積極要素として挙げられています。

2010-04-08 14:34:19
KJR2000000 @KJR2000000

このような状況から2人は入国管理局に対し再審情願を行っていました。再審情願とは退去強制令書が発付された当時に比べて、状況の変化が起きたときなと、再度審査のやり直しを入管に求めるものです。

2010-04-08 14:38:11
KJR2000000 @KJR2000000

昨日Surajさんの遺族や、友人のガーナ人の人たちと会っていました。先ほどのつぶやきは、APFSが記者会見のときに用いた資料からです。

2010-04-08 14:40:55

コメント

コメントがまだありません。感想を最初に伝えてみませんか?