『井村隆介の防災をマナブ』の第3回噴火の規模の話

静止画しかない『井村隆介の防災をマナブ』(https://www.kts-tv.co.jp/blog/manabu/60655/)の第3回噴火の規模の話の第3回噴火の規模の話
井村隆介 火山 噴火 火山噴火 マナブ 防災 自然
514view 0コメント
2
KTSウェザーセンター 鹿児島テレビ @kts_weather
KTSプライムニュースで放送中の防災コーナー『井村隆介の防災をマナブ』 ◆ 特設ページができあがり過去の放送を見ることができるようになりました ◆ぜひ、ご覧ください kts-tv.co.jp/blog/manabu/ pic.twitter.com/xDIyb8weFY
 拡大
Ryusuke IMURA @tigers_1964
井村隆介の防災をマナブ(第3回)1 動画のない3回目(kts-tv.co.jp/blog/manabu/60…)は,噴火の規模についての話でした. 火山噴火の規模の大小は,被害の大きさ(たとえば死者数)ではなく,噴火で出た(固形)噴出物の総量によって求められます.
Ryusuke IMURA @tigers_1964
井村隆介の防災をマナブ(第3回)2 桜島は1年間に何100回と噴火します.1回分の噴出物量をパチンコ玉(径約1cm)とすると,桜島の1年分はソフトボール(径約10cm)くらいになります.死者・行方不明63人を出した御嶽山2014年噴火はゴルフボール(径約4.5cm)くらいになります.
Ryusuke IMURA @tigers_1964
井村隆介の防災をマナブ(第3回)3 新燃岳2018年3月噴火はハンドボール(径約18cm)くらい.新燃岳2011年噴火はサッカーボール(径約22cm)くらいになります.新燃岳の江戸時代の噴火(1716-17年)はビーチボール(径約36cm)くらいです.
Ryusuke IMURA @tigers_1964
井村隆介の防災をマナブ(第3回)4 近い将来に桜島大正噴火クラスの噴火の再来が言われていますが,1914年桜島大正噴火はバランスボール(径約1m)くらいになります.シラス台地を作った姶良カルデラの3万年前の噴火は,直径7mを超える球体になります.
Ryusuke IMURA @tigers_1964
井村隆介の防災をマナブ(第3回)5 1914年の桜島大正噴火は,20世紀に日本で起こった最大の噴火です.鹿児島県だけでなく,日本という国家がこの規模の噴火を過去100年以上経験していないのです.
ログインして広告を非表示にする
ログインして広告を非表示にする