上海 元気造物 訪問記

備忘録です。根付作家の作品や所感を収録。初めてまとめを作ったので不慣れです。
鹿角 日本 妖怪 企画展 ものづくり 根付 中国 ハンドメイド 上海
10

元気造物 in 上海における根付の紹介まとめ。

カタクラ ケンタ, Kenta Katakura @moyamoyakurakur
緒締諸々、全体的にモチーフの選び方がポップな感じもしました。かわヨ( ˘ω˘ ) pic.twitter.com/HI3rnIPZRn
 拡大
 拡大
カタクラ ケンタ, Kenta Katakura @moyamoyakurakur
花影抄の面々もちらほら( ˘ω˘ ) pic.twitter.com/QGfsw4LWVs
 拡大
 拡大
 拡大
カタクラ ケンタ, Kenta Katakura @moyamoyakurakur
パッと見気になった作家さん、明日以降もう少し詳しくお伝え出来れば、、、( ˘ω˘ ) pic.twitter.com/K7RgrtOJXq
 拡大
 拡大
 拡大
 拡大
カタクラ ケンタ, Kenta Katakura @moyamoyakurakur
現状カルチャーとして中国における現代根付はやはり黎明期なんだそう。上海が経済的に元気な部分ではあるけれど、北京のほうが美大や文化圏が集まっている。 根付の転売文化もまだ残っているそうだけれど確かにオリジナルを生み出そう、単純なコレクションではなく中国においての根付の文脈を新たに
カタクラ ケンタ, Kenta Katakura @moyamoyakurakur
構築しようという気概が感じられました。個人的に怖いなと感じたのは「作家に対しては常に持てる技術やセンスの限り全てでの最高を求める。でもそれでも我々の作家は日本の作家のクオリティに比べるとまだ敵わない」と言われたこと。この後も作品写真をツイートしていきますが、現状既に中国作家のハイ
カタクラ ケンタ, Kenta Katakura @moyamoyakurakur
クオリティーな作品も多かったと個人的に感じたのにまだ全然上を見ている。強大なライバルになりそうな雰囲気を感じました。お互いが根付カルチャーを自国で盛り上げていくためにも現代根付アジアカップの開催も必要なのかも、、、。 引き続きリポート致します〜( ˘ω˘ )
カタクラ ケンタ, Kenta Katakura @moyamoyakurakur
マンモスの牙の作品。達磨の手足の取り方、構図が独特。中国はロシアから流れてくるマンモス牙のパイプが有るので手に入りやすいとか。 pic.twitter.com/amVOshCWi6
 拡大
カタクラ ケンタ, Kenta Katakura @moyamoyakurakur
ダンゴムシちゃん。目は黒檀だそう。 pic.twitter.com/dxeYxGGeG2
 拡大
 拡大
 拡大
カタクラ ケンタ, Kenta Katakura @moyamoyakurakur
石彫もあるのですな。ずっしりとした重みは確かにあるのですが、素材としてはやわらく扱いやすいそう。 pic.twitter.com/PR0HseQsSV
 拡大
 拡大
 拡大
カタクラ ケンタ, Kenta Katakura @moyamoyakurakur
気になっていたキリンの根付とサボテンの緒締。キリンの模様は茶色い部分だけ点描、白い部分は磨いてある。仕事細やか、、、サボテンが組み合わさってるのは何かのテーマ何だろうか、、、 pic.twitter.com/pwhZ9vqR4I
 拡大
 拡大
カタクラ ケンタ, Kenta Katakura @moyamoyakurakur
カエルかわいいですなぁ。左は根付穴があり、右は置き物。表面の照りが両生類の瑞々しさ。 pic.twitter.com/Uk6aLixiVW
 拡大
カタクラ ケンタ, Kenta Katakura @moyamoyakurakur
綺麗な蟹してるだろ、、、ウソみたいだろ、、削り出しなんだぜ、それで pic.twitter.com/vyDMqgvJX3
 拡大
 拡大
 拡大
カタクラ ケンタ, Kenta Katakura @moyamoyakurakur
妖怪系。浅学で恐縮ですが中国の妖怪なのかな?腸が舌になってるのも面白いけれど、歯の部分をキープしながらくり抜いた中の肋骨まで作ってあるのすごひ、、、、 pic.twitter.com/PhMptyiMCA
 拡大
 拡大
 拡大
 拡大
カタクラ ケンタ, Kenta Katakura @moyamoyakurakur
こちらも石彫の亀。表面のテクスチャも素晴らしいけれど、手ビレ攻めてる pic.twitter.com/xYKmpQRBgk
 拡大
 拡大
カタクラ ケンタ, Kenta Katakura @moyamoyakurakur
中にミイラまで入っちゃってる遊び心。一粒で二度美味しい的な pic.twitter.com/G38R3FVZ0C
 拡大
 拡大
カタクラ ケンタ, Kenta Katakura @moyamoyakurakur
提げ系アイテムズ。手に取りやすさを意識されてそう。こうゆうのも大事なんですよね、、、 pic.twitter.com/L2QyS7vwG0
 拡大
カタクラ ケンタ, Kenta Katakura @moyamoyakurakur
こちらも気になった猪。構図としてはいわゆる脚を折りたたんだ構図だけど、目が気になる。多分琥珀の裏側から黒檀を入れてるぽくて角度によって微妙に目線が変わる。黒目の前にちゃんと膜が張ってる感じ、、、 pic.twitter.com/ocoKxYl7VU
 拡大
 拡大
 拡大
 拡大
カタクラ ケンタ, Kenta Katakura @moyamoyakurakur
中国作家作品を紹介して自戒も含め日本に警鐘を鳴らしていくスタイル( ˘ω˘ )
カタクラ ケンタ, Kenta Katakura @moyamoyakurakur
バトルの躍動感、、、黄楊でこの筋肉感、、、 pic.twitter.com/8Tf4vD2r87
 拡大
 拡大
 拡大
カタクラ ケンタ, Kenta Katakura @moyamoyakurakur
緒締一つとってもそれだけで主役になれそうな密度、、、、 pic.twitter.com/1J9oZIpHQx
 拡大
 拡大
カタクラ ケンタ, Kenta Katakura @moyamoyakurakur
亀はやっぱり中国でも縁起物なのかしら。密度高くてこの可愛さ。 pic.twitter.com/pEKB1kU3b7
 拡大
 拡大
カタクラ ケンタ, Kenta Katakura @moyamoyakurakur
植物×ドクロ。構図テクスチャのメリハリ共に良き。花影抄橋本氏も「上手い!」の一言。 pic.twitter.com/ozx5zNsn0T
 拡大
 拡大
 拡大
 拡大
カタクラ ケンタ, Kenta Katakura @moyamoyakurakur
思わず美味しそうと思ってしまった蟹爪。大きさもちょうどよく甲殻類特有のゴツゴツしたフォルムにザラザラ×ツルリな肌触りが心地よい、、、 pic.twitter.com/onRWT2veFL
 拡大
 拡大
 拡大
 拡大
残りを読む(47)

コメント

ログインして広告を非表示にする
ログインして広告を非表示にする