NGT48暴行事件の最大の鍵「犯人が出て来た『向かいの部屋』は誰が借りて誰が住んでいたのか」

「マンションで、山口さんの部屋の向かいの部屋から犯人が出て来て、自室に入ろうとした山口真帆さんを玄関で襲った」事は、AKSの回答でも、第三者委員会報告書でも、様々な疑わしい週刊誌情報でも、一致する事実です。 ◆もし犯人が借りてたなら、なぜ犯人は向かいの部屋を都合よく借りれたのか?(元不動産会社社員の方が強く疑問を提起しておられます、本まとめ冒頭記事) ◆もしメンバーが借りてた部屋なら、なぜ犯人はそこから出て来たのか? ※5月の途中分までを取り敢えず本まとめに収録しました。また続きのまとめを作る予定です。 ※※当まとめ主はメンバーの名指しを原則避けています。また、常識的な安全保障のため、マンションの特定情報や、間取り図を使った考察は収録しません。
松村匠 AKB 今村悦朗 第三者委員会 AKS NGT48 向かいの部屋 NGT 吉成夏子 NGT48暴行事件
8
まとめ NGT48暴行事件:解説マンガ(基礎資料:第三者委員会報告書) 「そもそもNGT48暴行事件って何だっけ?」という方に。第三者委員会報告書に沿った、ひと @IMDIQpEgthBwTnK さんによる事件解説漫画です。 【2019年10月12日追記】これまで数回、新たに加えられたイラスト・漫画を追加してきています。既に本まとめを御覧の方も、後の方のイラスト・漫画は御覧になっていないかもしれませんので、ぜひチェックして見る事をお勧めします。 【2019年6月13日追記】2019年6月10日に作成された最新版解説画像を追加して更新しました。 【2019年11月9日追記】「基礎資料:第三者委員会報告書」としました。公開資料から分かって居た事による、2月までに描かれた漫画も多く収録していますが、冒頭の漫画は第三者委員会報告書に則っていること、その他の漫画も第三者委員会報告書と矛盾.. 92853 pv 577 19 users 7
リンク Sumai 日刊住まい 133 users 18 NGT48騒動について元・不動産会社社員が問題視する2つのこと | Sumai 日刊住まい 新潟の人気アイドルグループ「NGT48」のメンバーが自宅前で暴行を受けた事件は発覚から1か月近く経過しました。 にもかかわらず、事実関係に関する明確な説明がなく、一方で立場の異なる媒体により真贋入り混じった情報が垂れ流されており、混沌とした状況になっています。 この事件はメンバーの寮として、グループの運営会社が借り上げているマンションが舞台となっており、不動産取引において普通ありえないことが背後で…

↑「厄介」「暴力集団」が都合よく、目当てのアイドルの向かいの不動産を借りる事などできるのかについて、元不動産会社社員が疑問を投げかけた(優れた論考であり、今でも有効な前提です)↑

まとめ NGT48暴行事件で「向かいの部屋を加害者が借りていた」と、AKS幹部が新潟日報に認める【これまでの運営の説明と整合.. >(AKSの松村匠取締役は)山口さんの向かいの部屋を加害者の男が借りていたことを明らかにし、防犯体制の甘さを認めた。 …あれ?今までとの説明の間に矛盾が生じるような気が…?それに今まで何故それを明らかにしなかったのか…?そもそもその説明が本当なのかどうなのか… 新潟日報さん引き続き追及頑張って頂きたいです。 11413 pv 48 2 users 1

↑1月23日にAKSが「向かいの部屋は犯人が借りていた」とした事で、「バスを追いかけた云々の話はどうなった!?」と大騒ぎになりました。↑

まとめ NGT事件、第三者委員会報告書批判(再説) 3月21日に公表された、山口真帆さんの暴行事件についての、第三者委員会の報告書に対する疑問点のツイートです。22日の説明会を踏まえたツイートを追加しました。(セルフまとめです) 15077 pv 112 3 users 1
2019年3月の考察
まりーむ, 山原◎ @MariYamahara
>山口さんの向かいの部屋を加害者の男が借りていた(新潟日報 2019.01.23) >メンバーの1名が、男から道で声をかけられ、山口真帆の自宅は知らないものの、推測出来るような帰宅時間を伝えてしまった(NGT48 official site 2019.01.14) こんなに計画的犯行なのに不起訴になるなんて絶望しかない
まりーむ, 山原◎ @MariYamahara
>安全管理のため、山口さんが被害に遭ったマンションに入居しているメンバーは全員が引越しするべく準備を始め、山口さんは既に転居していることも明らかにした(新潟日報 2019.01.23) 加害者らが野に放たれているというのに事件から一か月半経過でやっと引っ越し準備。 →
まりーむ, 山原◎ @MariYamahara
他のメンバーは被害に合わないという確証が運営にはあったのか。山口真帆さん固有の事件だという認識だったのか。そうだとしたらなぜそう思ったのか、疑問でならない
まりーむ, 山原◎ @MariYamahara
このツイートに沿ってもう一度資料を読み直してるけど、AKSの発言だけ見ても変なことだらけ twitter.com/MariYamahara/s…
グラチェ @AQq6xc
報告書をもう1回読んで、その後文春の初期報道を見ると、報告書で断定している所は多くが文春で報道されてる所ですね。 犯人が向かいの部屋を借りていた、寮は一人暮らし用ワンルームで誰でも借りれる、マイクロバスの送迎があり降車ポイントがある、バスに乗っているかの確認を犯人の1人がしていた、
グラチェ @AQq6xc
公園に移動、事件発生から警察が来るまで1時間以上。 メンバー関与は報告書自体が分からないので省きます。 文春と報告書が違うまたは正確にかかれていないのは、向かいの部屋の犯人が契約した前の契約者が報告書には記載なし、被疑メンバーの引っ越しの時期が1年半前→数ヶ月前くらい。
グラチェ @AQq6xc
そして報告書の発生原因と対処には、山口さんの自宅が特定されていた事の問題は指摘されてるのに、もっと危険な向かいの部屋に住まれていた問題の指摘もないし、対処も居住先の管理と少し書いているだけ。 向かいに住まれていたのに送迎時の危険配慮が長々書かれてる。
グラチェ @AQq6xc
犯人に関する事以外で文春が書いていたのに避けている所が触れられて欲しくないんじゃと読み返してみましたが、結局向かいの部屋でした。 あと、文春は1月12日に加害者サイド、NGTサイド、またはメディアとそれぞれ丹念に取材をしています。 と言っており、その時は被害者サイドは含まれてません。
2019年5月(17日まで)の考察
まとめ 火消しに必死なデイリー新潮とAKS、かえって「向かいの部屋問題」を再燃させる ※「向かいの部屋」問題とは、山口真帆さんを襲った男2人が「同じマンションの向かいの部屋から出て来た」ことにつき、 ◆運営が責任ある管理を求められるマンションで、何故犯人がタイミングよく狙いの部屋を借りることができたのか? ◆「向かいの部屋」は、実は別メンバーの部屋? ◆運営はその賃貸の実態を知っていたのでは? に集約される疑惑である。 23464 pv 249 2 users 7
のりお @gHf0uhzmhu65RDK
何が問題かというと報告書の書き方がフェアではないという事です。報告書は犯人が山口さんの部屋の場所を知るに至った経緯として後をつけたり、郵便受けの中を覗いたりなどの可能性を挙げています。#山口真帆 twitter.com/gHf0uhzmhu65RD…
のりお @gHf0uhzmhu65RDK
しかし、犯人が山口さんの向かいの部屋に住んでいたメンバーから「退去日」「向かいの部屋は山口さんの部屋」という情報等を聞いていて、そのメンバーが退去したすぐ後にその部屋を借りた、という有り得そうな可能性は書いていないのです。#山口真帆
のりお @gHf0uhzmhu65RDK
ネット上にさえ挨拶程度ではない「犯人グループとの繋がり」を示唆している情報(SR動画)があります。報告書に犯人が向かいの部屋に住んでいたメンバーから退去日等の情報を得た可能性が書かれていないのはある方向へと導くための印象操作を疑われても仕方がありません#山口真帆
のりお @gHf0uhzmhu65RDK
Bがマンションを退去した時期を数は出さずに“数ヶ月前”と記述し、「Bの部屋はどこだったのか」「向かいの部屋に住んでいた違うメンバーとは誰だったのか」を書かずに省いたのは、そちらの方向から犯人が情報を得た可能性を示したくなかったからなのか?そうだとしたら全くフェアではないですよね。
のり🐮日本FTA危機🍙🇯🇵🗻🗼🏯🌸 @x_airafrom
ご存知の方いたら教えてください。 山口さん告発文の「違うメンバーの部屋でした」の「違う」はどこにかかっていますか? 「自分(山口)とは違う」でしょうか。 僕は関与メンバーにかかってると思ったのです、つまり向かいの部屋は「関与メンバーとは違うメンバーの部屋」かと。 #NGT pic.twitter.com/ymqxfJ0vmF
拡大
CK @ck04400
【AKSが事件発生から現在までの対応で説明する必要があるもの】 ・山口さんの向かいの部屋(犯人が出てきた部屋)は誰の名義で借りられた部屋なのか。本当に犯人名義で借りられている部屋なのか。第三者委員会の報告書ではその部分がぼかしてある。
CK @ck04400
・犯人グループがなぜメンバーの寮となっているマンションや山口さんの部屋を知っていたのか(又は、どのメンバーが教えたのか・招き入れたのか)。
残りを読む(21)

コメント

コメントがまだありません。感想を最初に伝えてみませんか?