10周年のSPコンテンツ!
0
timekagura @timekagura
30cm 定規 イメージ を 輪郭線で描いた。 Goodnote 5 で。 pic.twitter.com/2RuBHsji4i
拡大
拡大
timekagura @timekagura
数年前 ダイソーで買った 小型定規 竹製。15cmくらいの 本物30cm定規の体積にして 8分の1の大きさの。 どっかにあるんだろうけど 見つからないので、 撮影じゃなく、ノートに描いた。 手で触れることができる商品は 体積比だから、3乗の世界。 大きさ。
timekagura @timekagura
Goodnote 5 は、アプリだから 2次元の世界。ノートだけど、 Intangible ejje.weblio.jp/content/intang… 手で触れること できないけど 目を開いて 網膜スクリーン使っての 2乗の世界。 長さ半分なら、 面積4分の1になる世界。
timekagura @timekagura
100円ショップ ダイソーの 小さな竹製定規は 商品ビニール包装に入れたまま どっかにちゃんと しまった。 たぶん、深夜場所として借りた コワークのロッカーの、 そのまた、プラスチック箱容器の中だ。 竹製定規は 3次元商品。 テーブルの上に置いたら 使用時には 2次元大きさだけ 意識する。
timekagura @timekagura
頭の中で、言葉に誘導されて 日常の光景を意識しよう。 本を読むときのように。 SF小説や 推理小説。 推理小説は 趣味じゃないんで 私は読まないけど、 小説 読みながら 文字から ゆっくりと 光景を再現するなんて 読み方も してないんだけど、
timekagura @timekagura
テーブルの上に置いた 竹製定規。 テーブルの白色と 乾燥した竹の色で 境界が あるから、 テーブル表面と竹表面の 区別ができる。 日常世界で 境界って、 幅もなきゃ、 厚みもない。 抽象的な線。 直線だったり 曲線の。
timekagura @timekagura
竹製定規は 厚みがあるから 真っ平らなテーブルに置いても 影ができる。 竹製定規と テーブル表面の色が同じでも 厚みで 影ができる。 もちろん影ができるには どっかに光源があって 照らされてる。
timekagura @timekagura
そして、影を認識するのも 貴殿の網膜スクリーン。 影の位置を厳密に 認識できるのも 目蓋(まぶた)を開いてるから。 目蓋、閉じたままだと 強烈な光なら 強烈な光を遮(さえぎ)った なにかの 存在方向だけは わかるけど。
timekagura @timekagura
映画館。 光源のある映写室は 客席後方。 映写室の光源から 客席前方のスクリーンに 光線が走り スクリーンで 反射する。 反射した光線が 貴殿の網膜スクリーンに到達する。 到達して、はじめて 光景を認識する。
timekagura @timekagura
殺気とか 背中の殺気。 直接 光線が 頸(うなじ)に 当(あた)ったとか、 それを感じたとか、 それとは別な なんかの 気功の科学とかは 私の話の範囲外。
timekagura @timekagura
光学観測、光学観察の話で、 幾何座標を地図化するって 話が、 私の話のメインであり、 それが 時間と空間と存在の関係で パラダイムシフトとなる 御話。
timekagura @timekagura
作戦参謀、理論家である アインシュタイン氏が注目した 速度 x 時間 = 距離 の 3つの要素と 等号と関数 じゃなく、 数学者である ミンコフスキー大先生の 時間軸 1単位と 空間軸 1単位を 座標上で 同じ長さに描くじゃなく、 もっと広い世界。 光学観察「行為」に注目すると
timekagura @timekagura
古典物理学 ガリレオ先輩の世界と 量子力学の世界を 分けるものが、 ニュートンの 万有引力の中心概念、 重心の扱い方。であり、
timekagura @timekagura
アインシュタイン氏のズッコケ。 しかし、実数空間では不可能なことが 複素数空間で可能になる 御話。 光子誕生痕跡慣性系であり、 長さの定義を 1秒間で 1単位長さ に、した、 どの慣性系でも。このアインシュタイン氏の 天才定義。
timekagura @timekagura
境界って幅を持たないから 色がない。 色ってのは ある程度の 物体表面大きさに 注目して 成立する。 錯視とかで、周辺色に作用され 別の色に見えたり。
timekagura @timekagura
機械の眼。カメラアイでも 視野狭窄して、 その色の部分だけから 光の波長を収集しなきゃ、 カメラアイだって ヒトの眼のように 周辺の光波長に干渉されて、 同じ色を 見ないだろう。
timekagura @timekagura
望遠鏡や 双眼鏡や 顕微鏡の筒(つつ)が 視野狭窄で、 範囲大きさに応じて 色を見る感じで、 ミンコフスキー時空図で 存在の過去度合いを 複素数空間に求めると、
timekagura @timekagura
日常の光景では 光源 竹製定規と テーブル表面 観察者の網膜スクリーン。 の、順番。事象の順番。 映画館での光線経路を 日常世界に重ねて おぼろげな 光の世界の構図とする。
timekagura @timekagura
日常の光景と 地図。 そして索敵して獲(え)た情報から 戦争ゲーム。 恋愛ゲーム。 そして、都市を求める 裏切りありの合従連衡。 でも、そのすべては 単純トリックに 気付くことで 始まる。
timekagura @timekagura
こっから先は 1つ 1つ 部品を作り出し、 部品群にし、部品群を複数集めて 「ひとかたまり」に組み立てる。 なん為に やってるかは、 言葉では説明したから 写真映像、 動画で 途中、部品 できたら 組み立て度合いを確認しながら 仕組み、システム。運用。
timekagura @timekagura
部品 理解のとこだけは 最初 意味不明 だろうけど で、孫悟空と 西遊記の釈迦 に、戻って 続き。 如意棒が アインシュタイン氏の 光軌跡 線分痕跡。 如意棒 複数で 作りあげる 「形イメージ」の 話へ。
timekagura @timekagura
口語文章 書きながら 絵図も 用意できそうなんで Goodnote 5 で。 思考の中断、構えが発生しないで 小分けで、話を だらだら 書き出せそう。では、続く。 頭の中に イメージ 説明すべきイメージ渋滞して 書き出せくなる状態、回避できそう。
zionadchat @zionadchat
市ヶ谷駅。 停まってる総武線 黄色。 走ってる総武線 黄色。 濠(ほり)の緑の水面(網膜)に 総武線イメージが 近接作用で遅れて 反映される。 停止中も 加速中も 等速運動中も 同じ。 カメラアイは 総武線表面と 濠(ほり)水面表面を 100メートル離れた地点で 同時に捉えている。 pic.twitter.com/TzTB8MnZhm
拡大
拡大
拡大
zionadchat @zionadchat
カメラアイを 接眼レンズ 濠(ほり)水面を 対物レンズ 総武線黄色 列車側面ラインを 観察対象表面として 考えよう。さらに、 総武線黄色 列車側面が、 リアプロジェクターで後ろから投影された スクリーンでの相互作用 影絵の点光源からの投影へ ミンコフスキー大先生の手本を 発展させる pic.twitter.com/vQ7tProbgc
拡大
zionadchat @zionadchat
非局所性の量子力学をモナド。 ライプニッツの点概念を 単純トリックが公知になったら 目指すことになるんだろうが、 私はライプニッツ 読んだことない。 私≠ライプニッツ 口語、会話中なら 私をライプニッツと 誤認しないと思うが、。。。 私の西洋哲学知識は、
残りを読む(24)

コメント

timekagura @timekagura 2019年6月29日
見分け の、漢字変換修正 気付かづの。 で、修正、1つ追加。
ログインして広告を非表示にする
ログインして広告を非表示にする