2
timekagura @timekagura
『ラス・メニーナス』 スペイン語: Las Meninas 日本語: 女官たち の、wikiを、 秋葉原の自習室ソファにiPad 置いて、撮影した。 pic.twitter.com/QL3ozWxOgH
 拡大
 拡大
timekagura @timekagura
こっちは、スクリーンショット。 iPadのスクリーンショットだと、 カメラアイ位置が、日常の3次元空間内に存在しない。 pic.twitter.com/LMyTLVmfYV
 拡大
timekagura @timekagura
12.9インチ iPad Pro でも、 9.7インチ iPad でも関係ない。 スクリーンショットの場合、液晶表示装置の大きさ関係ない。 データが、スクリーンショット画像に変換されるだけ。 それに対し、カメラアイが捉えたタブレット液晶画面の大きさは、 カメラアイと被写体までの距離が関係する遠近法世界。
timekagura @timekagura
イメージを見たカメラアイと、 イメージを発生させた現場との 奥行き距離感、奥行き距離の脱落。 距離感の脱落が、 距離間そのものが意識されないスクリーンショットになったのが、 アインシュタイン氏の思考実験である。
timekagura @timekagura
俺は、非西洋人の特殊相対性理論信仰者を赦(ゆる)さないことだけは、宣言しとく。
timekagura @timekagura
これは俺の作業仮説だが、 西洋とは、 白人とは、 を、定義せず、俺のイメージとして、 西洋白人で、知的作業を言語能力で こなすものに、 3つの関係を同時処理できないものが存在する。
timekagura @timekagura
たぶん、ジャック・ラカンが指摘する鏡像段階に関係する。 俺の理解してる鏡像段階とは、 他人身体を殴った子供が、 殴られた他人身体がイメージとして視野内に見えて、 「殴った自分が殴られた。」と誤認する。というもの。
timekagura @timekagura
ちなみに、物理学は西洋白人のものであり、自意識が確立している、或いは、自意識という幻想が成立している西洋白人と違って怪しい、非西洋白人文化圏の、そこらのオツムは相手にしない。 西洋白人は先駆者であり、危険領域に飛び込んだ種族として、俺は一目置くし、西洋白人の失態には配慮する。
timekagura @timekagura
ジョジョの奇妙な冒険 スタープラチナ 承太郎は、承太郎以外は、時間停止した世界で、どうやって世界を把握したのだろう。 物体表面から光子が飛び立たない。発生も反射もできない止まった世界。 承太郎の網膜に光子が届かないのに、 承太郎は世界 内の物体位置。原子等の布置を知っている。 pic.twitter.com/3U1BnVWiYO
 拡大
timekagura @timekagura
承太郎は、数学者と同じで超越的把握。 だが、電磁現象世界の物理は、 SEGA アドバンスド大戦略で 索敵しないと敵陣敵駒の布陣がわからない世界。 上級モードでは。 pic.twitter.com/ynnzem5MiB
 拡大
timekagura @timekagura
俺は、ここに超上級モードをゲーム会社に提案する。 索敵した情報は、電波や光で、局所点前線司令部に届くまで、画面に表示されないモード。 表示された映像情報は、電波や光で届いたのだから過去のもの。
timekagura @timekagura
これって、空港管制官が見ている液晶画面。 表示されている航空機位置は、 航空機が電波を発して空港管制塔にとどいたか、 空港レーダーが発射した電子が飛行機にぶつかり、空港に戻って来た電子群からの情報。 すべて過去だ。
timekagura @timekagura
現実の空港管制官にとって、この程度の情報遅延は無視できる。 だが半導体デバイスを設計するものは、 同時刻の地図を必要とするハズである。 西日本が明治時代の地図で、 東日本が江戸時代の地図。 これを日本列島全景の地図と言われても役に立たない。
timekagura @timekagura
言葉で説明しても「必要性」。。。 実感できないだろう。 そこで 理科の実験観察して、 理論物理学者とやらが さぼってきたイメージの整合性。 検証確認する。
timekagura @timekagura
世界を俺が把握するのは、俺の2つの眼球ではない。 俺の脳だ。 小型電波望遠鏡群 複数並べて観測するときは、 トンボの複眼になり、 実験系を固定するときは、狙撃者 スナイパーになる。
timekagura @timekagura
座標で思考するな。 座標系を選択するものになれ。
timekagura @timekagura
三角形なら、3点が同時に存在したこと。 四角形なら4点が同時に存在すること。 形の存在とは、そういうこと。 だがイメージとして観察者に、点群が、三角形や四角形に見える必要はない。 自分という局所点に近いものから見えてくるだけ。
timekagura @timekagura
イメージを見るという体験を再構成して、過去のあちこちの出来事 同時状態を描くのが地図。 そして幻想として、地図の風景は、今も同じであろうと安心しきって利用するのが日常。 戦場じゃ。今の状況は わからなくなるが。不明として。
timekagura @timekagura
そして、統計を駆使する量子力学の世界も。 だが量子力学をやる前にしなきゃいけないことがある。 どこをどのように、同時としてイメージしていたのか。いるのか。 己の地図に対する精神分析が先だ。
timekagura @timekagura
ヒトは どのように幻想してイメージを描くのか。 遠近法に光速速度を導入してパラダイムシフトに入る。 具体例で、システムを構成する部品群を集めよう。
timekagura @timekagura
ミンコフスキー大先生は、時空図で指摘しているのだが、一部不備があり、 そこを補完するのが単純トリックである。 単純トリックの本質をいきなり見せびらかしても、 価値を理解してもらうことは不可能と思われるので、 徐々に、地図世界のことを経験していただこう。
timekagura @timekagura
同時刻地図を描く技法を、 遠回りしながら習得しよう。続く。
残りを読む(1)

コメント

ログインして広告を非表示にする
ログインして広告を非表示にする