2019年9月28日

Les Enfants Terribles

耽美 倒錯 幻想 蠱惑 悪夢の映画たち
2
和泉萌香(Moeka IZUMI) @moeluvxxx

“家族の肖像” 俗世の奔流から目を背け彼は芸術を盾に閉じこもり、人生を懐古して散ってゆく。絵画の中の家族は麗しく微笑むが真にひとを愛せば哀しみも募るだけ... ヴィスコンティが自身を描いた本作は貴族として生まれ社会を見つめ、外界との摩擦に葛藤しながら芸術家として生きた証が刻まれている。 pic.twitter.com/tQaLofcXxP

2019-09-27 10:16:11
拡大
拡大
拡大
拡大
和泉萌香(Moeka IZUMI) @moeluvxxx

“マルキ(1989)” バスティーユ牢獄に収監され執筆に尽力する犬の容貌をしたマルキ・ド・サドが己の喋る巨大な性器と性愛や悪徳に哲学を語り合うクレイアニメを用いた衝撃的なベルギー/フランス映画。醜悪の極み、グロテスクな絵画をまくる様だが異形の魅力は抗い難く妙な愛おしさが残る怪作。 pic.twitter.com/muKkFAeH2P

2019-09-26 21:58:34
拡大
拡大
拡大
拡大
和泉萌香(Moeka IZUMI) @moeluvxxx

“乙女の祈り” 「最高の人間が骨や肺を病むのよ!」少女二人が逃避する荘厳で幻想的な世界は誰も入って来れやしまい...女同士の物狂おしい傷と救いよう無い歪みや猟奇的に飛躍するあの頃の魔睡、既視感ある残酷な救済 それらが意味する結末を知っているから哀しくて笑ってしまう。#1日1本オススメ映画 pic.twitter.com/7DUKBG3WCr

2019-09-25 20:26:37
拡大
拡大
拡大
拡大
和泉萌香(Moeka IZUMI) @moeluvxxx

“クイルズ” 恍惚と思しき表情から一転断頭に処される乙女の衝撃シーンから始まり、羽ペンを人間の悪徳に浸し言葉で世間を引っ掻きまわしたマルキ・ド・サド侯爵の姿を描く。地獄の底から命の悍ましさを露呈するサドは狂気の言葉では括れまい。信仰との間で苦悩するホアキン神父の色っぽさに悶絶。 pic.twitter.com/rWwsStuUB8

2019-09-23 13:29:09
拡大
拡大
拡大
拡大
和泉萌香(Moeka IZUMI) @moeluvxxx

“オトラントの城” ゴシック小説の原点をシュヴァンクマイエルが戯画的なアニメーションと現実の語りを用いて描く。淡々と幻想譚は綴られる中ふとした歪に見える真の不可思議の所以は語り部の含笑いを感じるからか。「惑わしに基づいて自らの実在を構築した全ての研究者に捧げる」#1日1本オススメ映画 pic.twitter.com/X1uUxhFUeE

2019-09-21 20:25:09
拡大
拡大
拡大
拡大
和泉萌香(Moeka IZUMI) @moeluvxxx

“華やかな魔女たち” 洒落た色彩の奔流にのせて始まり ヴィスコンティにパゾリーニ含む5人の欧州の名匠たちがそれぞれの特徴溢れる世界観でシルヴァーナ・マンガーノ演じる魔女の媚態や倦怠に鬱憤を描くオムニバス・コメディ。翻弄ボーイ役で出演する初々しいヘルムート・バーガーは本作がデビュー作。 pic.twitter.com/GRosBikaLt

2019-09-21 10:11:17
拡大
拡大
拡大
拡大
和泉萌香(Moeka IZUMI) @moeluvxxx

“キル・ユア・ダーリン” 異彩を放ったビート文学の申し子達は自由奔放、奇妙な情熱に満ちた青年達か それとも永遠の放浪者、異端者となり得るか... 倒錯した情動や共依存に塗れるなかで飄々と雲上の佇まいを見せるバロウズの存在感が好き。反抗心を燃やしてどこぞやを渡り歩く詩人の姿は眩い。 pic.twitter.com/AYBc9XDOKW

2019-09-20 10:27:58
拡大
拡大
拡大
拡大
和泉萌香(Moeka IZUMI) @moeluvxxx

少女2人の危うく脆い楽園への逃避、創作が生む狂気じみた魔睡、訪れてしまう夢の終わりまで母を殺した彼女の手記に忠実に描いた”乙女の祈り”。悪魔の僕となって奔放に残酷なことをしてまわり悪の完全勝利で幕を閉じる”小さな悪の華”。同じ実際の事件を基にした二作、どちらも大好き🖤 pic.twitter.com/5GjsSkNbJy

2019-09-19 12:30:56
拡大
拡大
拡大
拡大
和泉萌香(Moeka IZUMI) @moeluvxxx

“小さな悪の華” ボードレールやサド ロートレアモンに恋して 柔い肢体も純な心も悪魔の元に投げ打って 花咲く様に笑いながら極悪非道の限りを尽くす少女2人の世界は勝利して絶えた。「悪の楽しさに痺れ罪を生きがいに」偽善塗れの世で真に自由になる彼女たちの凶行は肉食の蝶を錬金する如く悦ばしい! pic.twitter.com/XM8pnFp2Lb

2019-09-19 10:26:20
拡大
拡大
拡大
拡大
和泉萌香(Moeka IZUMI) @moeluvxxx

“笑う男(1928)” 本作の主人公、永遠の笑いを刻み付けられサーカス団の一員となったギンプレーンはジョーカーのモデル。甘美な幸福の抱擁の最中も醜悪に映されるその笑顔... 怪物として生きる宿命を背負った男の物語は美しい怪奇趣味に満ち満ちて絶望も悲哀も繊細に描かれる。原作はヴィクトル・ユゴー pic.twitter.com/VG8RR51VFU

2019-09-18 09:54:16
拡大
拡大
拡大
拡大
和泉萌香(Moeka IZUMI) @moeluvxxx

“ヴァージン・スーサイズ” 「ヘビトンボの季節に自殺した五人姉妹」レースに染みた血痕や夜明けの欠乏感 物狂おしくも曖昧な畏怖、煙とスパンコールで揉み消すこともできる抑圧 耐え難く肥え太った消耗と倦怠... だがその決断もいずれは誰もが忘れてひまう微睡みにおいての悲劇。#1日1本オススメ映画 pic.twitter.com/GgZYC18rVM

2019-09-16 21:25:48
拡大
拡大
拡大
拡大
和泉萌香(Moeka IZUMI) @moeluvxxx

“バロン” ミュンヒハウゼン男爵を主人公にしたお伽話”ほら吹き男爵の冒険”を軸にテリー・ギリアムが描く豪華絢爛、滑稽で奇天烈な絵巻。俊足の小人や死神と理論と理屈ばかりが蔓延る時代に広がる目まぐるしい世界に笑い夢を見て涯を思う。ヴィーナスの誕生の幻想的美にうっとり。#1日1本オススメ映画 pic.twitter.com/38O3gqH02F

2019-09-13 21:01:16
拡大
拡大
拡大
拡大
和泉萌香(Moeka IZUMI) @moeluvxxx

“バットマン リターンズ” ティムバが育った太陽燦々ハリウッドは近いけれど何だか奇妙で辺鄙な街に住んでいるので映画館学校家に籠る私はキモ可愛ペンギンが奮闘する怖くて哀しいこの映画を貪るように見てしまうw ドイツ表現主義の影響たっぷりのフェティッシュな世界とペンペン部隊の活躍が大好き。 pic.twitter.com/RFQCQPnE8I

2019-09-13 10:21:10
拡大
拡大
拡大
拡大
和泉萌香(Moeka IZUMI) @moeluvxxx

“ハンガー” 蒼然の闇に紛れて煙混じりの吐息を交わし、愛を渇望し官能に酔いしれる者たちは何と気高く美しい事だろう。吸血鬼を演じるボウイ、ドヌーヴは頽廃のエロスと獣性を身にまとい燦然と輝く。鮮烈な映像で楽しむトニー・スコット作品 無名時代のウィレム・デフォーも参加。#1日1本オススメ映画 pic.twitter.com/rS0XqCOrz5

2019-09-12 21:36:10
拡大
拡大
拡大
拡大
和泉萌香(Moeka IZUMI) @moeluvxxx

“Neomorphus” ブラジルのアニメーターによるクエイ兄弟系譜のストップモーション短編作品。赤ん坊と思しき大きな頭と鳥の体、鳥の頭部に蠢く蜘蛛の足...黴臭い陰気な部屋で病的なイメージの奔流により奇妙な生態の変化をとげる動物たちの姿は不可思議で美しく、ロマンチックだ。 pic.twitter.com/kXMBkcGiSe

2019-09-12 10:33:31
拡大
拡大
拡大
拡大
和泉萌香(Moeka IZUMI) @moeluvxxx

“ヴァージン・スーサイズ” 虚飾と言うくらいに洒落て夢想的 実体の無い砂糖菓子のような世界に心惹かれたのは、その甘美を巣作るのは共存する聖域を守らんとする純な願いと爆発寸前の鬱屈で だけれどそれ自体も曖昧で半端なものだから、その事実が哀しくも浮かび上がっていたからだと思う。 pic.twitter.com/1ipB9hVN47

2019-09-11 10:09:33
拡大
拡大
拡大
拡大
和泉萌香(Moeka IZUMI) @moeluvxxx

#あなたの泉鏡花はどこから “草迷宮” 寺山修司監督作品を先に鑑賞してから原作に。母親の異常な愛情が身体に刻み込まれた少年がたどる血生臭く物狂おしい官能が立ち込める迷宮。妖怪達の饗宴やら狂気の美学が40分にぎゅっと詰め込まれているので放心状態になるもふとノスタルジーに包まれる一本。 pic.twitter.com/tyGlyuLaHl

2019-09-09 10:29:34
拡大
拡大
拡大
拡大
和泉萌香(Moeka IZUMI) @moeluvxxx

“K-12” メラニー・マルティネス演じる”クライ・ベイビー”が魔法の力で恐るべき残酷な力が潜む学園と戦うファンタジー・ホラー。彼女ならではの可愛くて甘くも毒っ気あるピンク色の世界が最高にチャーミング。ガールズ達それぞれが身に纏うフリルやレースたっぷりのロリータ衣装にときめく! pic.twitter.com/qwGKm8DnSQ

2019-09-07 10:47:22
拡大
拡大
拡大
拡大
和泉萌香(Moeka IZUMI) @moeluvxxx

タルコフスキー映画は個人的に「ああ、もう此処にいなくてもいい どっかにいってしまいたいな」と救済や乞う気持ちで無への願望に引き寄せる魔力を持っているとも思う 映像が運ぶ人間の魂に心が彷徨う道が哀しく厳しくも美しすぎるから...絶望や達観の瞬間も恐ろしく暗い美を放っているから、かしら。 pic.twitter.com/9VRf4xOSHU

2019-09-06 12:06:18
拡大
拡大
拡大
拡大
和泉萌香(Moeka IZUMI) @moeluvxxx

どうしてもあの浮遊シーンが見たくて”惑星ソラリス”鑑賞したけれど心身不調なせいか大ダメージw 宇宙を舞台に普遍的で人類的な愛の話など展開されるのに主人公の彼が向かう道は心傷や欲求が絡み合ったあまりに内省的で痛々しい道だから漠然と怖くなってしまった... わたしのオールタイムベスト pic.twitter.com/eihF4j0w7l

2019-09-06 11:56:29
和泉萌香(Moeka IZUMI) @moeluvxxx

“アンジェリカの微笑み” 世界最高齢の映画監督マノエル・オリヴェイラ作品。美女の死体写真を撮影したことから始まる魂の容れ箱2人の幻想怪奇譚。逢魔が時か白昼か、絵画のような美しいひとときに閉じ込められ反復する死者の微笑み、愛の病魔、混在する世界... 夜空を舞う恋人達がただ忘れ難い。 pic.twitter.com/lucwdmCrAC

2019-09-06 10:42:47
拡大
拡大
拡大
拡大
和泉萌香(Moeka IZUMI) @moeluvxxx

“ウィッカーマン” スウェーデンの孤島を舞台にペイガニズムをテーマに展開される摩訶不思議なカルト映画。奔放な美少女達や性の儀式など突飛でありつつも動物マスクに制服姿などフェティッシュで奇妙に可愛らしいアイテムも多発。異常な熱気が立ち込めた結末の衝撃なこと... #1日1本オススメ映画 pic.twitter.com/mYueUV2MEC

2019-09-05 21:58:17
拡大
拡大
拡大
拡大
和泉萌香(Moeka IZUMI) @moeluvxxx

“Midsommar” 襲い来る不安と恐怖に毎日苛まれ、言葉無しに叫ぶ他なく、孤独や暗闇に怯えて魔睡に溺れる乙女の残酷なお伽話。ゴアな描写も勿論のこと彼女を苦しめる囁きに虚偽、抑えた泣き声に胸を締め付けられる。笑いと悲鳴を手玉にとるアリ・アスター作品 次がもう待ち遠しい。#1日1本オススメ映画 pic.twitter.com/zmrk058jLB

2019-09-03 21:20:14
拡大
拡大
拡大
拡大
和泉萌香(Moeka IZUMI) @moeluvxxx

“エンジェル 見えない恋人” 接触と不可視、可視と別離を結びつける愛という強力かつ複雑な概念を乞うことは何故こうも狂おしく官能的であらゆる感情の光芒に包まれているのか。温い視線で味わい尽くすフェティッシュな映像、生命の息吹を捉える季節と青春の詩情に瞳を委ねる一本。 pic.twitter.com/25hLDsJzDD

2019-09-03 10:41:51
拡大
拡大
拡大
拡大
和泉萌香(Moeka IZUMI) @moeluvxxx

“エンジェル 見えない恋人” 可視が作る存在の世界と不可視が手渡す存在の世界... 見えない恋人と触れ合い繊細な情熱で心と身体をゆっくりとなぞる甘美な官能。ある日突如として愛の存在を見失った女性から生まれた透明の彼と盲目の彼女が織りなすお伽話は温もりに見つめられて。#1日1本オススメ映画 pic.twitter.com/iHGFOTpULU

2019-09-01 20:03:42
拡大
拡大
拡大
拡大
残りを読む(393)

コメント

コメントがまだありません。感想を最初に伝えてみませんか?