10周年のSPコンテンツ!

【これだけ】5分でわかる低線量被曝リスク

日本で原発事故が起きました。  土地や食品、飲料水の汚染も起きていますが、ではどの程度の被曝から病気になる危険性が増すのでしょうか?  ものすごく難しい問題なのでなかなか自分ではわかりませんが、最強の疫学統計をまとめたこの動画を見るだけで、5分あればわかります。
放射能 被曝 ガン lnt トリチウム 白血病 低線量被曝リスク 原発 武田邦彦
0
ホルミシス効果村排斥委員会 @untinukeplant
最強の疫学統計結果とホルミシスモデルを比較してしまった結果www youtube.com/watch?v=5xYRvn…
拡大
原発ムラ排斥委員会 @antinukeplant
#原発 #放射能 #被曝 #放射能 #小児がん そうだこの論文を忘れていた 「積算被曝線量がわずか49.4mSvで小児がん増加」 ncbi.nlm.nih.gov/pubmed/25707026
ホルミシス効果村排斥委員会 @untinukeplant
@ryoFC やはり読めてなかったか 元ABCCで現在放影研が出したデータをLNTに合致すると考えるのが主流なんでw 口数だけ増やしても電中研のサイトの文章だけ出してドヤ顔したらその時点で終了 thelancet.com/journals/lanha… f.kpu-m.ac.jp/k/jkpum/pdf/12…

コメント

akiteru @akiteru000 2019年10月7日
ダウト。それじゃガンや白血病の増加の説明にはならんよ。第一、事故発生直後から現在に至るまで「有意な増加」の報告がないし、今現在国内でがん患者が増加している理由が、それでは話にならんよ
原発ムラ排斥委員会 @antinukeplant 2019年10月7日
akiteru000 残念でした。とても長い時間が経ってからの影響も踏まえた統計なので、今の日本の状況からではなんもわかりません。その代わりと言ってはなんですが、放射線影響の疫学統計に於いては、広島と長崎の原爆投下後に「長期低線量被曝」を受けた人たちの追跡調査結果を用いることが慣例となっており、その統計にはLNTが整合するとされています。
原発ムラ排斥委員会 @antinukeplant 2019年10月7日
akiteru000 ちなみに、大規模疫学統計以外の有効な計測方法はありません
とっとこハムサンド @orz_1442 2019年10月7日
福島原発の事故由来の放射能被曝で有意に健康影響があったなかったかわかるのは我々が寿命で死んだ後ってこと 逆説的にそのレベルでしか被害が出ないとも言える 将来の放射能リスク管理のための貴重なケースになるんでしょうね
原発ムラ排斥委員会 @antinukeplant 2019年10月7日
orz_1442 この疫学統計では、防護規定に従った大人だけがサンプルですが、原発事故の実害は、汚染中心地周辺住人全てに及びます。また、防護規定に沿って作業していたのに数十万人の中から数百人が白血病になるという結果になっています。これは、「そのレベルでしか被害が出ない」と呼べるものではありません。
原発ムラ排斥委員会 @antinukeplant 2019年10月7日
orz_1442 しかもこの疫学統計では、影響をトレースする期間が長期に渡るため、それを福島のケースに当てはめるとすれば、胎児から老人まで、数十万人中数百人はいつどこでどうなるかわからんということです。この実害を軽視し、原発ムラを甘やかすものは間違いなく売国奴と呼んで良いでしょう。
原発ムラ排斥委員会 @antinukeplant 2019年10月7日
antinukeplant この統計では大人だけ、と書きましたが、スイスの小児がんをターゲットにした統計は別です
とっとこハムサンド @orz_1442 2019年10月7日
antinukeplant 「大規模疫学統計以外の有効な計測方法はありません」だから、数十万人中数百人が影響があったとしても、その数十万人の結果が出るのは、寿命を迎えた後という事です。 健康影響の有無の答え合わせは次世代にしてもらうことになります。 それが大規模疫学統計というものです。
原発ムラ排斥委員会 @antinukeplant 2019年10月7日
orz_1442 いえ、違います。INWORKSの結果は、すでに死亡した人等の病歴がデータなので、未来の予測ではありません。