10周年のSPコンテンツ!
43
ぐらぽ @gurapo
そういえば去年の防衛装備庁シンポジウム2018の「VR文字戦闘遂行時の脳波計測」で、1人称STGという名目でVBS3を部分的に導入していたね。当時ブースの担当者に話を聞いたら「FPSならなんでも良かったけれど、たまたまVBS3に決まった」って言ってた。 pic.twitter.com/WiEIlRLoN7
拡大
拡大
ぐらぽ @gurapo
防衛省がVBS3自体に興味を示しているのかなと思えるのが、今年5月に公開されたユニットや地形紹介映像で「屋久島」マップが映されていたりする部分。今後本格的に導入されて訓練に使われたら興味深いかも youtube.com/watch?v=cjCxDc…
拡大
おっくー @f35f15f3
中の人が久しぶりに浮上して、技術シンポの画像漁ってたら、早速面白いものが上がっていて嬉しい() pic.twitter.com/PmhKjWj4dH
拡大
粗撃手 @JFIFUDHDVHDJZUH
ウェポンベイ、やはりミーティアを6発か
おっくー @f35f15f3
中の人は浦島太郎状態だったので、ウェポンベイの分離特性はCTSによる解析で確認済みとは知らなかった() pic.twitter.com/HcU4QBIsjh
拡大
おっくー @f35f15f3
将来戦闘機ウェポンベイの画像見たら、BVRAAM(ミーティア?)6発は積める感じだね… pic.twitter.com/vHzK3SxFer
拡大
拡大
粗撃手 @JFIFUDHDVHDJZUH
スクラムジェットエンジン(デュアルモードエンジン)、大まかな予測はできても、実際どのようになっているのかということへの理解がまだ足りない模様
@raputan2016
開始二十分でぶっ壊したのは自分です 平謝りした🙇‍♂️ pic.twitter.com/JUjD7ZuWSy
拡大
粗撃手 @JFIFUDHDVHDJZUH
モジュール型FCR。 低雑音化と冷却効率向上、レーダーリソースの最適化による多数目標の迎撃を目的とするもの pic.twitter.com/sRtedeClJc
拡大
THA BOS @THABOS47747375
みりフレ氏による情報提供によると(ありがたい) 将来戦闘機のインテークがダイバータレスでは無いのはダイバータ付の方が技術蓄積があるからとの事 両者の性能の差異は少ないとか
おっくー @f35f15f3
将来射撃管制技術の画像見た感じだと、同時多数脅威対処の一環としてレーダーリソース最適化(非ステルス機への送信電力をステルス機へ配分+パルス数制御)でステルス機の探知距離を延伸するってのがあるのね… pic.twitter.com/EgDyS2UMFK
拡大
残りを読む(359)

コメント

にとりるゴム @liskaC48847 2019年11月14日
結局、途中から現れたパワード米空軍お兄さんは何者だったんですかね…
KarasawaYasushi@ #C97 4日目ち16a売り子 @ChatNoirPoirot 2019年11月14日
今年もまたスカしたポスターなの?(泣)
フルグラ美味しい @frugura 2019年11月14日
推力偏向ノズルの件で「水平尾翼を無くせるからステルスに有利」みたいな事を書いてるって事は、ATD-Xの飛行時に、水平尾翼を動かさない機動の試験をやったんだろうか?
ログインして広告を非表示にする
ログインして広告を非表示にする