2019年のStar Wars考

まとめました。
1
Katana Edge@中2超美少女 (cv: 広川太一郎) @amiga2500

『スターウォーズ』の同時代的な評価の一番のものって、石上三登志が公開当時のパンフレットに寄せた「スターウォーズは娯楽映画の復権だ」的な文章だと未だに思ってる。「何でこれが凄いのか分からん」って若い人はあれを嫁。 てか、石上三登志さんって2012年にお亡くなりになってたのか。 (´・ω・`)

2019-12-22 22:13:32
Katana Edge@中2超美少女 (cv: 広川太一郎) @amiga2500

このスチール写真を見た時の衝撃が分からない世代の人に「スターウォーズの凄さ」ってのは分からなくて当然だと思うのですよ。 R2-D2は撮影現場にキズ一つないピカピカな状態で届けられた時代だからね。地面で転がして汚すことを命じたルーカスを美術方は「気が狂ってる」と思って見てたんだ。 pic.twitter.com/4cwWwmBigG

2019-12-22 22:22:16
拡大
Katana Edge@中2超美少女 (cv: 広川太一郎) @amiga2500

サンドクローラーのセットも汚れの無い状態でチェックを受けて、錆や凹みや塗装の剥げを指示されたペインターたちは「何で未来の乗り物が錆びたりしてるのか」を理解出来ないまま作業をしていて、それが「当然の感覚」だった時代だったのよ。

2019-12-22 22:25:09
Katana Edge@中2超美少女 (cv: 広川太一郎) @amiga2500

「どれだけ浮き世離れしていて先進的であるか」を競っていた「SFのデザインワーク」は『スターウォーズ』一作で大きく変わったと思う。その後は「どれだけ自分達の現実に繋がる存在感があるか」が重要視されるようになった。衣装でも小道具でもセットでも、スターウォーズが与えた影響は大きいと思う。 pic.twitter.com/DnH87ick0G

2019-12-22 22:48:54
拡大
拡大
Tomoe @tomoe_0ct3

@amiga2500 逆説的に言えばレトロフューチャーのイメージを確定させたのがスターウォーズかもしれませんな

2019-12-22 22:57:23
Katana Edge@中2超美少女 (cv: 広川太一郎) @amiga2500

ジョージ・ルーカスがハードウェアのルックスに関して、アポロの再突入カプセルを引き合いに出して語っていた事があります。 「それは今までのSF映画のようにピカピカではなく、ガレージの車のように見慣れたルックスであった筈です。自分はこの映画のハードウェアがそういう風に見えて欲しかった」 pic.twitter.com/hQwA11q3DY

2019-12-23 04:14:07
拡大
Katana Edge@中2超美少女 (cv: 広川太一郎) @amiga2500

@tomoe_0ct3 もうそう言い切って良いと思います。あの一作で流線型のスペースクラフトは見られなくなりました。

2019-12-23 04:15:26
Katana Edge@中2超美少女 (cv: 広川太一郎) @amiga2500

石上三登志さんの文章に触れておくと、当時の「娯楽映画」ってあまり娯楽じゃなかったんですよ。 当時の流行のパニック映画に顕著だったんですけど「娯楽」に対して何か後ろめたい気持ちでもあったのか、必ず「人類はなんと愚かな存在か」みたいな副テーマが必ず付いて来たイメージがある。 pic.twitter.com/wBE5NECEoM

2019-12-23 04:19:32
拡大
Katana Edge@中2超美少女 (cv: 広川太一郎) @amiga2500

当時の娯楽大作と言えば、後は戦争映画が多かったんですけど、それも一方的に「敵をやっつけろ!」みたいな映画はもう下火になっていて、戦勝国が何かスッキリしない作戦失敗の映画を作るような時代で。 pic.twitter.com/BVjhpfF1Op

2019-12-23 04:23:07
拡大
Katana Edge@中2超美少女 (cv: 広川太一郎) @amiga2500

当時、色々な映画を観てましたけど、なんか「暗さを競ってる」ってイメージしか無かったです。無邪気に楽しめたのは007くらいかなぁ。 pic.twitter.com/Hhe9vBvRec

2019-12-23 04:25:16
拡大
Katana Edge@中2超美少女 (cv: 広川太一郎) @amiga2500

その中で「善と悪」がハッキリしていて、皆が「よし、やっつけろ!」って熱狂出来た『スターウォーズ』ってのは、その当時もう廃れていた「活劇」の復権であった故に、逆にベラボーに新しかったんです。 pic.twitter.com/HOi5eaQamS

2019-12-23 04:29:18
拡大
Katana Edge@中2超美少女 (cv: 広川太一郎) @amiga2500

石上三登志さんはパンフレットでそういう事を書いてた。「活劇」じゃなくて「好戦」って言葉を使っていたと記憶してますが。

2019-12-23 04:29:52
Katana Edge@中2超美少女 (cv: 広川太一郎) @amiga2500

で、その「活劇」に「暗さ」を持ち込んだ『帝国の逆襲』ってのはその「暗さ」が新鮮に思えたんですけど、何かその後のシリーズはその「暗さ」に脚を取られてモタモタしている印象があります。 その分、スピンオフの『ローグワン』や『ハン・ソロ』が輝くわけですが。 pic.twitter.com/GTPZU0DTOK

2019-12-23 04:33:52
拡大
Katana Edge@中2超美少女 (cv: 広川太一郎) @amiga2500

そんなわけで、何で『スターウォーズ』が70年代の観客に熱狂的に迎えられたかと言うと、皆が暗い顔をして小難しい話をしている時に「うわー、たのしーーーーーい!」って価値観を臆面も無く出したところに原因があったのだ。 という感じで無理やり2010年代に話を戻して終わるぞ! (`・ω・´) pic.twitter.com/MvN7ue4lYf

2019-12-23 04:40:52
拡大

コメント

乱土(労馬|軽石庵) @karuishian 2019年12月23日
そのサンドクロウラーの写真(初めて見たのは多分少年サンデーの巻頭グラビア。まだタイトルが「惑星大戦争」(仮)だったころ)見ても、当時の東洋の島国の青二才は「でも『ヤマト』よりすげー、ってこたぁねーべ」って高を括ってたんだよなあ( ̄▽ ̄;)
2
呉紋@おっさん @gomonz 2019年12月27日
スターウォーズ40年の勃興と衰退をたった2年で全部網羅したけもフレはすごーい
1
呉紋@おっさん @gomonz 2019年12月27日
見るのに当時の状況の訳注が必要になったあたり、スターウォーズも古典になったとしみじみ思う
1