TwitterAPI有料化は可能な限り対応予定です。続報あり次第公式アカウントにて報告いたします。
2020年1月5日

「多い時には1300人を数えた住民は、今はたったの1人だ」『消えた村』に訪れた時の話

801
R774@まとめ屋 @kendou774

スレッドにします。 『村が消えた』緑に覆われる山々。そこに人の営みは見られない。しかし、ここには村があった。多い時には1300人を数えた住民は、今はたったの1人だ。消えた村の現状を確かめるために、『石鎚村(現・西条市)』へ行ってみた。 pic.twitter.com/jI6Q7teBCD

2020-01-04 16:36:38
拡大
拡大
拡大
拡大
R774@まとめ屋 @kendou774

それは40年前の航空写真を眺めていた時だった。山の中に不思議な集落があることに気がついた。集落は尾根筋に存在し、いくつもの家屋が綺麗に密集していた。それにも関わらず、現在の地理院地図、航空写真の双方からその存在が消えているのだ。この集落は一体何なのか。 pic.twitter.com/XW9lIl0Gfe

2020-01-04 16:38:31
拡大
拡大
拡大
R774@まとめ屋 @kendou774

色々調べていくうちに、その集落は『黒川集落』と呼び、既に住人がいないこと、そしてこの地域にあった『石鎚村』も、住民が僅か1人になっていることが分かった。現在の石鎚村、そして黒川集落はどうなっているのだろうか。今回は、石鎚村にあった集落のうちで、『黒川集落』へ行ってみることにした。 pic.twitter.com/0WvOCpNDDw

2020-01-04 16:40:14
拡大
R774@まとめ屋 @kendou774

石鎚村は、愛媛県の東予地方、石鎚山の麓にあった。元々は千足山村と呼び、S.26になって『石鎚村』へと改称されたのだ。その後も、S.30に小松町に合併され、更にはH.16年に西条市に合併されて今に至っている。 pic.twitter.com/cmsuHErtsg

2020-01-04 16:42:02
拡大
拡大
拡大
拡大
R774@まとめ屋 @kendou774

西日本最高峰の石鎚山に代表される石鎚山脈。中央構造線沿いに石鎚断層崖を形成し、平野部から見たその姿は屏風のようだ。石鎚村はこの屏風の麓にあった。村に平地は無く、ほぼ全域が加茂川の形成した深い谷間に位置した。そして、村内にある集落の殆どがいわゆる"山岳集落"であった。 pic.twitter.com/zvBGq4cYlg

2020-01-04 16:43:34
拡大
R774@まとめ屋 @kendou774

石鎚村に通じる愛媛r12(西条久万線)で加茂川上流へ向かう。加茂川沿いにはいくつもの集落があるが、そのいずれもで過疎化が進んでいる。しばらく走ると、『河口集落』で道は二手に分かれる。道なりに進めば石鎚登山ロープウェイへ至るが、ここは右手の愛媛r142(石鎚伊予小松停車場線)へと進む。 pic.twitter.com/zbT66HqxBA

2020-01-04 16:45:10
拡大
拡大
拡大
拡大
R774@まとめ屋 @kendou774

この『河口集落』は石鎚村の入口でもある。元来、石鎚村は農林業が主体で、石槌山への登山口としても賑わっていた。しかし、農林業の衰退、交通機関の発達による参拝ルートの変化により村は衰退した。2014年に、この先の中村集落に住んでおられた老夫婦が山を降り、石鎚村の住人はいよいよ一人になった pic.twitter.com/gHaDkvoLzs

2020-01-04 16:47:02
拡大
拡大
拡大
R774@まとめ屋 @kendou774

河口集落から約800メートルの場所にある『虎杖(いたずり)集落』。僅かな期間、この集落には石鎚村の役場があった。いわゆる村の中心部であったのだが、今は住む人もおらず、怨念に満ちた農協跡が残るのみだ。ここから黒川集落への車道は無いため、登山道とも言える山道を辿ることになる。 pic.twitter.com/vwyFZSUsSM

2020-01-04 16:49:16
拡大
拡大
拡大
拡大
R774@まとめ屋 @kendou774

この山道は"黒川道"と呼ばれる。つづら折れで一気に高度を上げた後は、緩い斜度で森の中を登っていく。ところどころに舗装が残り、集落への重要な道であったことが伺い知れた。石鎚登山ロープウェイができる前は、石槌山への表参道として、並行する今宮道と共に石槌山へのメインルートでもあった。 pic.twitter.com/b4SYKVthYo

2020-01-04 16:51:57
拡大
拡大
拡大
拡大
R774@まとめ屋 @kendou774

『黒川集落(下黒川)』 植林帯を20分ほど登った頃、周囲に石垣が見えてきた。どうやら黒川集落(下黒川)に着いたようだ。黒川集落は2つの部落に分かれていて、下流の部落は下黒川、上流の部落は上黒川と言われる。現代の地図上から消えてしまったが、確かにここには集落があったのだ。 pic.twitter.com/G829EQhTKW

2020-01-04 16:53:45
拡大
拡大
拡大
拡大
R774@まとめ屋 @kendou774

航空写真では分からなかったが、木々の下には石垣がどこまでも続いていた。その様は城壁を想像させる。ただ、下黒川に残る家屋は無く、全て倒壊していた。下黒川の先には、黒川道沿いにS.4年まで分校があったが、痕跡を探し出すことはできなかった。 pic.twitter.com/YZ8Fcz8IBY

2020-01-04 16:55:34
拡大
拡大
拡大
拡大
R774@まとめ屋 @kendou774

『黒川集落(上黒川)』 黒川道沿いにある三界地蔵と石灯籠。この先に上黒川はあった。上黒川も下黒川と同様に、薄暗い森の中に石垣と平場が続いている。ただ、下黒川と異なるのは、二軒の家屋が残っていることだ。もちろん、無人となって随分経つので、建物は相当傷んでいる。 pic.twitter.com/ATK16T3pTs

2020-01-04 16:57:39
拡大
拡大
拡大
拡大
R774@まとめ屋 @kendou774

石鎚山へ至る参道沿いの集落として賑わった黒川集落は、下黒川、上黒川合わせて多い時で約30軒の家屋があり、その殆どが参拝者相手の季節宿(民宿)を営んでいた。今も残るのは二軒の家屋のみだが、共に当時の賑わいを感じさせる立派な建物だ。この二軒も季節宿を営んでいたのだろうか。 pic.twitter.com/JqQGtZ8asn

2020-01-04 16:59:51
拡大
拡大
拡大
拡大
R774@まとめ屋 @kendou774

上黒川にある"地すべり危険箇所の看板"には、神社が描かれていた。早速、神社へ向かってみる。最初こそ分かりやすかった神社への道は、次第に怪しくなってきた。道を間違ったかな…そう思い始めた頃、鳥居が見えてきた。 pic.twitter.com/yjtqFQKlWV

2020-01-04 17:01:45
拡大
拡大
拡大
拡大
R774@まとめ屋 @kendou774

『八妙神社』 変わった形の鳥居…ではなく、鳥居は崩れかけていた。これでは、鳥居が崩れるのも時間の問題だろう。その先にある『八妙神社』も無残な姿を晒していた。人の手が入らなくなってから久しいようだ。この荒れ方からすると、既に他の神社に合祀されているのかもしれない。 pic.twitter.com/mdHuH9ae6i

2020-01-04 17:03:38
拡大
拡大
拡大
拡大
R774@まとめ屋 @kendou774

"40年前の航空写真にあったいくつもの家屋"は全て朽ち果てていた。多くの参拝客で賑わっていた『黒川集落』。S.43年の石鎚登山ロープウェイ開通により黒川道を通る参拝客は激減、それをきっかけにして集落住人は次々に山を降り、ついには集落から人の姿は消えてしまったのだ。 pic.twitter.com/guPigGck5X

2020-01-04 17:05:26
拡大
拡大
拡大
拡大
R774@まとめ屋 @kendou774

では、黒川集落が無住化したのはいつだろうか。今回、石鎚村では、住人の方に出会うことはなかった。周辺の集落で聞き込みを行い、大保木村(現・西条市)東之川出身の方にお話を伺うことができた。それによると、『はっきりとは覚えていないが、S.50年代だったよ』とのことだった。(画像は東之川) pic.twitter.com/iOLBy6O04j

2020-01-04 17:07:41
拡大
拡大
拡大
拡大
R774@まとめ屋 @kendou774

黒川集落からの帰り道、石鎚村のいくつかの集落に寄ってみた。当然、どの集落にも人の気配はなく、残された家屋は荒れるに任されていた。唯一、この地域に最後まで住んでおられた中村集落だけは、今も人の手が入っているようであった。現在、石鎚村に残る住人は一人だけだ。 pic.twitter.com/vVwph9cEeB

2020-01-04 17:09:37
拡大
拡大
拡大
拡大
R774@まとめ屋 @kendou774

石鎚村からは人の営みが消えた。今回訪れた黒川集落がそうであったように、住人のいなくなった集落はただ朽ち果てるのを待つばかりだ。村民の方々は、村の衰退を食い止めるために色々な努力をした。しかし、それも叶わなかった。過疎化の先に待つ未来。石鎚村は、その未来に辿り着いたのだ。 pic.twitter.com/KlZjZtzJ21

2020-01-04 17:11:33
拡大
拡大
拡大
拡大
R774@まとめ屋 @kendou774

以上で石鎚村の『黒川集落』についてのツイートは終わりです。この場をお借りして、お話を伺わせていただいた東之川出身の方にはお礼申し上げます。なお、石鎚村については、今回の訪問では時間が足りなかったため再訪する予定です。 pic.twitter.com/fSBMkSnTzz

2020-01-04 17:13:05
拡大
MONO @monocle

北海道の旧産炭地はこんな感じになってる。雪のせいで建物の崩落が早いので、野に返るのも早い。 twitter.com/kendou774/stat…

2020-01-05 10:25:14
siki @chintanhadesu

僕のいる集落もそう遠くない未来にこうなるだろう。というかほとんどの山村はこうなるし、こうならないといけないという面もある。移住者はここんとこよく考えなくてはいけないと思う。僕は無邪気すぎた。 twitter.com/kendou774/stat…

2020-01-05 10:22:53
1月22〜23日ハンドメイドインジャパン★きき屋ゆうき @dmdesignjp

四国か… いつか廃道探索したいな 以前車で行った時は雪降って舗装道路走るのもままならなかったので twitter.com/kendou774/stat…

2020-01-05 10:03:18
ねこにゃん@画策中 @Aqua_marinus

過疎化とはこういうことなのだと、初めて実感しました。…一気に読んじゃった💧 twitter.com/kendou774/stat…

2020-01-05 10:08:47