「徳久保には主が住んでいる。もう人の住む場所ではないのだ。」地図から消えた集落を航空写真から見つけて訪れた人のレポ

まとめました。
192
R774@まとめ屋 @kendou774

スレッドにします。 『はるか山奥に何かが見える』険しい山々の連なる三遠南信。この山深い地域の航空写真に何かが見える。地図に記載は無く、とても人が住むような場所には見えない。しかし、そこには地図からは消え、人々の記憶からも消えようとしている集落があった。『徳久保集落』に行ってみた。 pic.twitter.com/dICMYqa4fR

2020-06-07 13:02:11
拡大
拡大
拡大
拡大
リンク NAVER まとめ 実走!酷道・険道のまとめ - NAVER まとめ 普通車を目安として、酷道、険道を相対的に纏めています。個人的な観点ゆえ、違和感があるかもしれませんが、どうぞご了承ください。 2 users 2
R774@まとめ屋 @kendou774

三遠南信の航空写真を眺めていた時、はるか山奥に何かが見えた。よく見ると建物のように見えるが、地図には見当たらない。その立地から山小屋程度に考えていたが、調べてみると、ここには集落があったというではないか。徳久保(とっくぼ)と言われる集落は、一体どのような集落だったのだろうか。 pic.twitter.com/j7LFOSWOOx

2020-06-07 13:03:07
拡大
R774@まとめ屋 @kendou774

徳久保集落は、水窪町でも天竜川沿いの門谷区に属し、その門谷区内の集落において、最も標高が高く、最も山深い場所に位置する。地形図にある通り、徳久保は全方向を急な斜面に囲まれ、人里はおろか、車道からも相当離れた場所である。それ故、徳久保へのルートは、いずれも長い山道を歩く必要がある。 pic.twitter.com/ubPhagpGXr

2020-06-07 13:04:28
拡大
拡大
R774@まとめ屋 @kendou774

徳久保へ至るルートには、塩沢、翁川、県境のルートがあるが、今回は県境からのルートを利用した。まずは、天竜川林道で長野・静岡県境へ向かう。天竜川林道は、この地域に点在する集落を結んでいる。急斜面に散らばる集落は、まるで天空の集落のようであり、何度通っても"凄い"と思わされる。 pic.twitter.com/8t3L07xy2R

2020-06-07 13:06:48
拡大
拡大
拡大
R774@まとめ屋 @kendou774

『上平(うえだいら)集落』 事前に徳久保について調べたが、情報は極めて少なかった。水窪町史にも殆ど載っていない。それならばと、近隣の上平を訪ねてみた。しかし、人影が全くないのだ。あるのは、整然とした茶畑と、物音一つしない家屋群。既に現住でないのだろうか…仕方なく、上平を後にした。 pic.twitter.com/BjoZADg4f0

2020-06-07 13:08:35
拡大
拡大
R774@まとめ屋 @kendou774

標高は約580m。県境の南方、『栗橋』と呼ぶ小さな橋の脇に作業道がある。これが徳久保集落への入口だ。県境からのルートは、地理院地図の記載とは異なり、一つ隣の谷間から登っていく。地理院地図に記載のある県境の道は、廃道になっているという。熊・山蛭対策を行い、徳久保への山道に入り込んだ。 pic.twitter.com/qF9IJNuwO6

2020-06-07 13:09:59
拡大
拡大
拡大
R774@まとめ屋 @kendou774

川沿いを100m進むと、『徳久保登り口』と描かれた標識が現れた。山に生きる会という、水窪で精力的に活動されるNPO法人が設置したものだ。ここから斜面に取りかかる。傾斜のきつい斜面だが、踏み跡と道標(リボン)があるので、これに従って登っていく。それでも、時々、道をロストしてしまった。 pic.twitter.com/sRf1PuJCkZ

2020-06-07 13:12:16
拡大
拡大
拡大
拡大
R774@まとめ屋 @kendou774

整然とした森の中を急な登りは続く。時々石垣が現れるが、以前は耕作地だったのだろうか。そう疑問に思う余裕もなく、ひたすら登り続ける。直線距離では僅かだが、標高差は約350m。登るに従って、足場の嫌らしい箇所が出てくる。更に登り続けること約90分で上空が明るくなり、尾根が見えてきた。 pic.twitter.com/hWz75GJEkd

2020-06-07 13:14:35
拡大
拡大
拡大
拡大
R774@まとめ屋 @kendou774

標高は約930m。斜面を登りきった先の尾根には、立派な道が通っていた。路肩には石垣が積まれ、今まで通ってきた山道よりも幅広だ。かつて、この尾根道が徳久保集落、更にその先の水窪の街へと至る主要道だったのだろう。ここから先は、危なっかしい箇所があるものの、斜度は殆どなく歩きやすい。 pic.twitter.com/pxfa5M7oVN

2020-06-07 13:16:26
拡大
拡大
拡大
拡大
R774@まとめ屋 @kendou774

標高は約960m。周囲の地形が徐々に穏やかになってきた。このあたりの緩斜面は地滑り地形だろうか。平地と言っても過言ではないくらいに広く、緩やかな斜面だ。等間隔に並んだ木立の中には、倒された木々が集められていた。倒されてから随分時が経ったようで、木々はすっかり苔生していた。 pic.twitter.com/WrvqoeOe0c

2020-06-07 13:18:04
拡大
拡大
拡大
R774@まとめ屋 @kendou774

『徳久保集落』 倒された木々の向こうに一軒の家屋が見えた。この辺り一帯に下草はなく、大きな木々の下には広々とした空間が広がっている。整然と石垣が並び、神秘的とも言えるような雰囲気を醸し出していた。かつての常住は1世帯、炭焼を生業とし、自給自足の生活を営んでいた。 pic.twitter.com/FCkwiZyV5y

2020-06-07 13:19:52
拡大
拡大
拡大
拡大
R774@まとめ屋 @kendou774

徳久保集落に1軒だけ残る家屋。人が住まなくなってから随分経っているようで、建物は相当傷んでいた。造りもかなり古い。まさに山仕事の家屋といった感じだ。家屋の周囲には、ビニールシートやチェーンソー、酒瓶が見られる。住まなくなった後も、作業小屋として比較的最近まで利用されていたようだ。 pic.twitter.com/BtMyLPt5PU

2020-06-07 13:21:57
拡大
拡大
拡大
拡大
R774@まとめ屋 @kendou774

集落内には生活の痕跡が無造作に散らばっていた。家屋のそばには数基の墓石があった。多くは倒され、一墓だけが残っている。しかし、その一墓もお参りに来る人は無いのだろう。徳久保は終焉を迎えた集落なのだ。それにしても、この墓数からすると、それなりの人数が住んでいたのではないだろうか。 pic.twitter.com/Tf7qGjtQz7

2020-06-07 13:23:45
拡大
拡大
拡大
R774@まとめ屋 @kendou774

『ネズコの巨木』 徳久保集落を見下ろすかのように、ネズコの巨木が聳えていた。樹齢は800年と言われ、鎌倉時代から徳久保の地を眺め続けている。ネズコの巨木を見学するために色々な人がやって来たそうだ。徳久保に住む人がいなくなっても、ネズコの巨木は何も変わること無く、この地に残り続ける。 pic.twitter.com/Bly3oQokk0

2020-06-07 13:26:20
拡大
拡大
拡大
拡大
R774@まとめ屋 @kendou774

ネズコの先には、トタンが転がっている…と思っていたが、それは祠であった。見事なまでに朽ちている。何とも無残な姿だ。住人がいなくなった集落の成れの果てである。虚しくなりながらも、集落内を彷徨い続けた。 pic.twitter.com/bPFNt0HNhJ

2020-06-07 13:27:27
拡大
拡大
拡大
R774@まとめ屋 @kendou774

『神社』 荒れた神社に手を合わせた。徳久保は僅か数世帯の小さな集落だったが、神社があった。社殿は歪みながらも辛うじて残っていた。しかし、内部は激しく荒れていた。御神体は既に移されているようだ。そして、写真(3枚目)を上向きで写しているのには訳がある。それは後述する。 pic.twitter.com/QbMsQqhR1v

2020-06-07 13:34:22
拡大
拡大
拡大
拡大
R774@まとめ屋 @kendou774

これを見た瞬間、確信した。徳久保には主が住んでいる。もう人の住む場所ではないのだ。神社内に残されたモノは、その警告だろうと解釈した。これ以上の長居は無用だ。足早に徳久保を後にした。この後、脇目も振らずに帰路を急いだ。登りは90分かかった急斜面も、50分ほどで下りきることができた。 pic.twitter.com/J3jGmio8aE

2020-06-07 13:36:11
拡大
拡大
拡大
拡大
R774@まとめ屋 @kendou774

徳久保集落の帰り道、塩沢集落に寄ってみた。徳久保の属する門谷区(塩沢集落)の区長であれば、何かご存知かと思ったのだ。区長ご夫妻は、徳久保について快く教えてくださった。『集落が無くなったのは20年かもっと前。住人がいなくなったのは20年くらい前。(住人は)水窪に出た。昔は沢山いただよ』 pic.twitter.com/Hs4jD6mXNu

2020-06-07 13:38:18
拡大
拡大
拡大
拡大
R774@まとめ屋 @kendou774

『50年か60年くらい先には5、6軒いた。実際に住んでいたのは1軒。他は余所から来た人が炭焼きしていた』、『徳久保の木は珍しい木だ。よく見に来るだよ。色々な人がいっぱい来た。この頃は来ないけど、お父さんが何回か案内しただよ』、『ここ(塩沢集落)からも行ける。ただ、今じゃ通れるかどうか』 pic.twitter.com/Mv8yxNmXM2

2020-06-07 13:39:48
拡大
拡大
拡大
拡大
R774@まとめ屋 @kendou774

一通りお話をお聞きした後、区長ご夫妻にお礼を言って、車を徳久保集落の方向へと走らせた。立ちはだかる山々の中に集落があった。そう分かっていても、この景色からは信じ難かった。 pic.twitter.com/8K2CI1BnFt

2020-06-07 13:40:35
拡大
R774@まとめ屋 @kendou774

今回、区長ご夫妻以外に、水窪協業センターにもお話を伺っていた。それらの情報を纏める。『徳久保集落では、林業を生業として生活していた』、『常住していたのは1軒。それ以外は、炭焼で一時的に移住してきた人達であった』、『離村は40年かもっと前。20年前までは、住人の方が戻ってきていた』 pic.twitter.com/pOxGX6ABoX

2020-06-07 13:41:53
拡大
拡大
拡大
拡大
R774@まとめ屋 @kendou774

かつて、山の恵みを求めて、多くの人々が山で暮らしていた。しかし、時代の変化と共に山での暮らしは失われていった。こうして、地図からも、人々の記憶からも消えた集落は多い。徳久保集落も同じように地図からは消えた。当時のことを知る人は僅かばかりとなった。 pic.twitter.com/mm4D9qWejl

2020-06-07 13:43:00
拡大
拡大
拡大
拡大
R774@まとめ屋 @kendou774

近いうちに人々の記憶からも消えるかもしれない。それでも、ネズコの巨木は徳久保の地に残り続ける。そして、ここに人々の営みがあったことを記憶し続けてくれるだろう。『はるか山奥に見えたもの』それは消えゆく"時代の痕跡"であった。 pic.twitter.com/HPqY0BH5hw

2020-06-07 13:43:57
拡大
拡大
拡大
残りを読む(7)

コメント

エンピ(無能で怠け者で卑怯者と嘘つき) @muridesune 2020年6月8日
このような場所に行く時は誰かに必ず場所を伝えてから行く事、万が一連絡取れなくなった時にあの場所に行ったと判明していれば救助する時に目安になる。
48
しょーし@CV若本規夫 @syousi 2020年6月8日
よごれんさん行ってる気がする。
1
み(Togetter) @Togetter11 2020年6月8日
muridesune 救助に向かうと新しい車の轍が途切れた先にはひとどころか車自体もないんだ
8
マシン語P @mashingoP 2020年6月8日
2100年時点の日本の総人口予測は高い方でも6400万人、これは敗戦直後の9割に過ぎない。自分が住んでいる住宅地もその頃にはこんな風に倒壊した廃屋だらけになるんだろうか。
13
なが @k_watarase 2020年6月8日
主に出会わなくて本当に良かったなぁ 危ない
42
たくゎだ。 @tak_wada 2020年6月8日
樹木はネズコではなくてクロベで検察した方がいいですね
5
もるだでぃ(・灬・ )ノ🐹 @morudaddy 2020年6月8日
水窪の辺り、昔は栄えてて沢山の人が居たって話、山住峠の茶屋の親父さんから伺ったっけか。あの辺り行って見たいけど軽々しくよそ者が立ち入りするようなところじゃないとわかってるので、こうした地元の方に礼を尽くしたレポはありがたい。
18
しの @_sieraden_ 2020年6月8日
オカルトっぽいもののほうがマシな気がしてしまった くまこわい
31
語るおじさん(おじさん) @ojisan_think_so 2020年6月8日
こういった所に行く機会があって、打ち捨てられた墓を見つけても拝んじゃ駄目だよ? ついてきちゃうからね
12
ジョルジ=フェルナンデ@流川市民 @JorujiF 2020年6月8日
何か物怪か神格実体かでもと思ったらもっと直接的にヤバい主だった
17
旅猫🍛 @nemuneko 2020年6月8日
こういうのめちゃ好き……東海地区辺りには消えた集落あちこちあるので消えてしまう前に行きたい。岐阜のダムに沈まなかった集落もいつか観たい
1
mmmmmtttt37 @mmmmmtttt37 2020年6月8日
徳久保と書いて「とっくぼ」か。最初、糖や脂肪の吸収を抑えそうな名前だと思った。
1
海◆eoxyl9RE @umi_eoxyl9RE 2020年6月8日
親戚の70代の叔母は関西住まいで生まれが九州の片田舎だけど、50年以上時間が経ったので、もはや知っている人も家も何もないらしい。人の記憶から消え、集落すら無くなってしまうというのはやはり寂しいね。
2
lily @katsuasada 2020年6月9日
写真のどこ見たら主はくまと分かるのか分からなかった 誰か教えて
0
ジョルジ=フェルナンデ@流川市民 @JorujiF 2020年6月9日
katsuasada ここはもう人の住む所ではないのだとか伝奇浪漫風なこと言って脱兎のごとく逃げ出してるツイートの最初の画像の下の方みると熊糞って書いてある
11
きゃんでぃー @septcandy 2020年6月9日
小山力也氏の声のナレーションで このツイートたちが脳内再生された!w
0
漫画人 @gugugu_3224 2020年6月9日
糞を見て熊ってわかるのか…
0
tobo1103 @tobo1103 2020年6月9日
gugugu_3224 糞が大きくて、さらに食べた動物の骨とか入ってるから分かるのかな。日本の山に大きな肉食動物は多くないし。それほど祠を荒らさずにキチンと暮らしてる熊…というところがちょっと怖い。頭良さそう。
1
メラミ @merameramix 2020年6月9日
gugugu_3224 まず量が手掛かりです、熊は日本の野生生物では最大ですのでそれなりのものが出ます。ただしたぬきなどは糞を一か所に貯める習性があるので間違われる事があります。色々なもの食べるので糞の形状にはばらつきがありますが、内容物で見分けられるかも?獲物の体毛なんか残ってると分かりやすいですね。
2
💃Secilia🕺 @Secilia24029759 2020年6月11日
私たちの先祖はこんな厳しい環境でも暮らしていたのだな…呟き、まとめありがとうございます。
0