2020年2月26日

海外舞台アニメの聖地巡礼、神奈川県の未病対策に弱虫ペダルやハマの番長がコラボ、ジャイアンツの献血協力などについて

全部否定したらきりないやろが!
2
S.Kitano @SKitano1

でも聖地巡礼って普通に発生するよねぇ。八犬伝聖地とか赤毛のアン聖地とかホームズ聖地なんて完璧に観光地として整備されてるし。そう考えたらアニメがやっとそのレベルに追いついたということか?

2012-03-07 20:06:46
S.Kitano @SKitano1

コスプレに聖地巡礼…なんだ、アニオタも赤毛のアンマニアもホームズマニアもビートルズファンもやってる事全部同じだよねぇ。ただアンやホームズのほうが歴史がある分深くて広いけどw

2012-03-08 13:27:20
S.Kitano @SKitano1

ちなみに以前も書いたけど、聖地巡礼なんて、別にアニオタじゃなくても、シャーロックホームズや赤毛のアンや里見八犬伝や果てはビートルズのファンが昔からやってるごく普通の旅行で、お遍路さんやお伊勢参りと変わりゃせんからな。

2016-09-19 13:41:17

MUNEGASHI Isako @isako134

『ベルサイユのばら』だと聖地巡礼はフランスになるし、『フランダースの犬』の舞台に多くの日本人が来たために銅像が立てられたという話もある。廃刊前の雑誌版AB-ROADでアニメの舞台になった海外の場所を紹介した特集で、『アニメ三銃士』とガスコーニュが紹介されてたんだぜ。もち保管中。

2010-07-27 01:52:49
MUNEGASHI Isako @isako134

聖地巡礼の対象になるアニメはスタッフがロケハンを行い、作品にきちんと反映されているからで、アルプスの少女ハイジや世界名作劇場、ジブリ作品だってその点同じだと思うんだが。昨日紹介したAB-ROADのアニメ作品特集にはハイジと、名劇からフランダースの犬など8作品があった。

2010-07-28 06:40:36
MUNEGASHI Isako @isako134

AB-ROAD・2005年4月号『あの「アニメの国」へ行ってみよう』紹介作品(別欄除く):ハウルの動く城、ファインディング・ニモ、アラジン、母をたずねて三千里、あらいぐまラスカル、フランダースの犬、小公女セーラ、小さなバイキング ビッケ、アニメ三銃士、トム・ソーヤの冒険、(続)

2010-07-28 06:49:35
MUNEGASHI Isako @isako134

(続)長靴をはいた猫 80日間世界一周、花の子ルンルン、赤毛のアン、アルプスの少女ハイジ、愛の若草物語、南の虹のルーシー。東映アニメーションからは2作品、ジブリ・ディズニーアニメ・ピクサーからは1作品ずつ。ハイジはZUIYO、ビッケもZUIYOだが末期は日本アニメーション製作。

2010-07-28 06:56:01
MUNEGASHI Isako @isako134

AB-ROADは別欄を含めると、作品画像はなかったが名探偵ホームズ、実写映画からは画像を含めてロード・オブ・ザ・リング、ハリー・ポッターとアズカバンの囚人を紹介。『キャラクターの出身地』ではミッキーマウス、スヌーピー、タンタン、ミッフィー、ムーミンの画像と作品の出自を紹介。

2010-07-28 07:03:14
MUNEGASHI Isako @isako134

ハウルの動く城でアルザス地方を参考にしたのはソフィーの地元で、ほかにはパリ(グラン・パレだったか)、ウィーン、チェコ(テルチ歴史地区)、ヒマラヤの景色も参考にしている。と、当時の女性週刊誌で紹介されたのは覚えてる。というか過去作品ともかぶる背景も色々あってごちゃ混ぜだった作品。

2010-07-28 07:27:35
MUNEGASHI Isako @isako134

AB-ROAD・2005年4月号『あの「アニメの国」へ行ってみよう』より、ハウルの動く城、フランダースの犬、小公女セーラ、小さなバイキングビッケ、アニメ三銃士、花の子ルンルン、赤毛のアン、アルプスの少女ハイジの「聖地」紹介。ラブライブ!サンシャイン!!の沼津や函館もそれらと同じはずなのにね。 pic.twitter.com/XC8MDpObpI

2020-02-24 14:52:23
拡大
拡大
拡大
拡大
MUNEGASHI Isako @isako134

次はアニメージュ1988年3月号から…ですが、ハートキャッチプリキュアの映画BDも置いてみました。ボナシュー家があったとされるセルヴァンドーニ街など、三銃士がらみの場所が映画作中で色々出てたので(4回も映画を見に行きました)。 pic.twitter.com/4sMVuqNfU0

2015-11-19 00:25:53
拡大
まとめ アニメ三銃士の放送当時の状況についてちょこっと (2017/06/10) 2016年に酒井法子ファンクラブとビクターでの楽曲販売が再開された件と、夢冒険のハイレゾ配信・新規アルバムCDの情報を追加。 (2016/05/19) アニメージュ1988年3月号より、水谷優子さん関連作品『レイナ剣狼伝説 I』紹介と、『ドテラマン』でのキャラクター・サイコーユ鬼の4コマ漫画『こまったユ鬼ちゃん』(後藤隆幸氏画)を追加。 (2016/05/04) 2009年開催『ルーヴル美術館展―17世紀ヨーロッパ絵画』目録とアニメージュ1988年3月号より、ル・ナン兄弟『農民の家族』掲載箇所含め画像を追加。 (2016/02/28) アニメージュ誌面他作品関連画像(ぴえろ版おそ松くんの記事、鎧伝サムライトルーパー仮題時の告知等)追加。 (2016/02/05) ファンロー.. 26610 pv 82 3 users 6
まとめ アニメ三銃士のアラミスの存在がキズナアイ叩きには都合が悪すぎる件について わかりやすすぎるわー! (2019/02/16) キズナアイへの非難をしておきながら、自ら仕事でへそ出しスタイルの少女キャラクターのイラストを描いた人物に関するまとめ2件について追加。 (2019/01/03) 該当の弁護士に当アカウントはブロックされました。 25569 pv 185 3 users 2
まとめ アニメ三銃士の再放送を待つ立場として、あの件について思うこと DVDあるからいいじゃない、というわけでもなくて。 4630 pv 7

MUNEGASHI Isako @isako134

日本人の『フランダースの犬』 井上英明 ci.nii.ac.jp/naid/110004622… 2005年の論文だが、悲劇だったからこそ日本人に受け入れられ、名劇版についてファンタジックな改変や、スポンサーだった当時のカルピスの社長によるチェックやアイデアが取り込まれたことに触れている。

2013-05-28 08:15:26
リンク CiNii Articles CiNii 論文 - 日本人の『フランダースの犬』 日本人の『フランダースの犬』 井上 英明 , Eimei INOUE , 明星大学日本文化学部言語文化学科 , Department of Japanese and Comparative Culture School of Japanese Culture Bulletin of Meisei University 明星大学研究紀要. 日本文化学部・言語文化学科 = Bulletin of Meisei University. Department of Japanese and Comparative
MUNEGASHI Isako @isako134

名劇版フランダースの犬の制作については、自己レス先の論文によると、当時のスポンサー企業のカルピス社長にしてクリスチャンだった土倉冨士夫氏が毎回の脚本に目を通していただけでなく、氏の強い要望で最終回のあの昇天シーンが実現したという。 twitter.com/isako134/statu…

2015-12-22 13:47:15
MUNEGASHI Isako @isako134

さきの論文や、『ふしぎなふしぎな子どもの物語』(ひこ・田中)で、フランダースの犬の聖地巡礼でアントワープを訪れるようになった日本人に対して、市の観光局員がどう対応したのか触れられてるのだが、その立役者が今どうなってるのか…を先ほどネットで知ってゾッとした。事件の法廷写真もある…。

2013-05-28 08:25:07
MUNEGASHI Isako @isako134

前にも書いたことですが…。 名劇版フランダースの犬はベルギーではなくオランダを参考にして衣装や舞台を設定してしまったので、フランドル地方の民族衣装は出てこない。(子供の頃、オールスター家族対抗歌合戦の賞品がオランダ旅行で現地の映像が出てたのもあって、オランダの話だと思ってた。)

2014-10-10 07:06:14
MUNEGASHI Isako @isako134

名劇版フランダースの犬の制作にあたり、ベルギーのフランダース地方ロケハンの際に地元の資料の読解ができず、隣国オランダのほうで詳しい取材をしたために民族衣装などがオランダ式になった。 a-dog-of-flanders.org/11-1.html twitter.com/isako134/statu…

2015-12-22 13:26:14
リンク www.a-dog-of-flanders.org アニメ「フランダースの犬」(1975年)
MUNEGASHI Isako @isako134

欧州ニュースアラカルト:トヨタ寄贈の「フランダースの犬」記念碑はなぜ中国資本寄贈の石像に置き換わったのか - 毎日新聞 mainichi.jp/articles/20190… 《(以前の)記念碑は、広場を取り囲むレストランを回る配送トラックがたびたび接触し、破損と修復を繰り返していた。》 場所も悪かったんかい…。

2019-04-21 22:59:29
リンク 毎日新聞 欧州ニュースアラカルト:トヨタ寄贈の「フランダースの犬」記念碑はなぜ中国資本寄贈の石像に置き換わったのか - 毎日新聞 名作童話として読み継がれ、日本では1970年代にテレビアニメも大ヒットした「フランダースの犬」。ベルギー北部フランダース地方のアントワープにある聖母大聖堂は、主人公の少年ネロが最期を迎えた舞台として、今なお日本人観光客の「巡礼地」であり続けている。大聖堂の前にはかつて、日本とアントワープの友好の象 77 users 611
残りを読む(25)

コメント

コメントがまだありません。感想を最初に伝えてみませんか?