Wikipedeia、特に人物の記事と言うのは簡潔な表記なのに長編小説を読んだかのように強烈な印象を与えるものが多い。

時代の軸となる英雄には、その周りを探すとものすごく興味の湧く人物が必ずいる。
歴史 ゲーム 雑談 マンガ 人文 旅行 社会 イベント 文化 アニメ
1190
ふぇっぷく @FarEastPKMOD
自分の密かな趣味の一つに、Wikipedeiaの興味深い記事の収集があるんだけど、特に人物の記事と言うのは簡潔な表記なのに長編小説を読んだかのように強烈な印象を与えるものが多い。随分数が溜まったので、一押しの記事をいくつか貼ってみる。 pic.twitter.com/CCrZMo6GF5
拡大
リンク Wikipedia 31 users 2 フェリクス・フォン・ルックナー フェリクス・フォン・ルックナー伯爵(ドイツ語: Felix Graf von Luckner、1881年6月9日 - 1966年4月13日)は、ドイツの海軍軍人。冒険家。第一次世界大戦において武装帆船ゼーアドラー号(Seeadler)を操って通商破壊戦を行い、約30,000トンの船舶を拿捕、撃沈させ、海の悪魔(Der Seeteufel)と恐れられた。また、彼と乗組員をあわせて皇帝陛下の海賊たち(Die Piraten des Kaisers)とも呼ばれた。 自艦の乗組員のみならず、敵兵にもほとんど死傷者
tomojiro @tomojiro
@FarEastPKMOD Felix Grav von Lucknerではないですか。70年代までのドイツの青少年の胸と心を踊らせた英雄ですぞ。Seeadler号やNiobe号での冒険は何度もドイツで映画化されたり、テレビドラマ化されている。80年代、90年代以降はPolitical Correctnessに引っ掛かりますが
ふぇっぷく @FarEastPKMOD
@tomojiro まさに英雄譚といった人物ですよね…こういう人物が日本ではあまり知名度がないのは惜しいような気がします。
tomojiro @tomojiro
@FarEastPKMOD 彼の自伝"Seeteufel. Abenteuer aus meinem Leben" 子供のころから何度読み返したかわかりません。まあ、成長するにつれて大分アレな部分がわかってきたのですが。
ふぇっぷく @FarEastPKMOD
@tomojiro 得てして英雄譚というのはそういうものですね…舞台の幕の裏まで見てしまうと、どうしても。
リンク Wikipedia 194 users 56 キャリー・ネイション キャリー・A・ネイション(Carrie A. Nation、1846年11月25日 - 1911年6月9日)は、前禁酒法時代アメリカの禁酒主義活動家の一人。特に、ヴァンダリズム(破壊行為)を以って自らの見解を広めたことで記憶されている。ネイションは幾度となく、アルコール飲料を販売している施設に侵入してはその内部をまさかりで叩き壊したのである。彼女の話題はその死後も数多くの書物や新聞・雑誌等に取り上げられており、1966年にはダグラス・ムーアによってオペラにすらなっている(このオペラはカンザス大学内で初上演
ふぇっぷく @FarEastPKMOD
投稿した中には軍人もいるんだけど、武力でランキング作ると左手に聖書、右手にまさかりをもってバーを破壊しまくる禁酒法ババアことキャリー・ネイションが上位に食い込んできそうなんだよな。中世の言い伝えの恐怖存在か何か?(20世紀の人物です) pic.twitter.com/08uRb6wXJy
拡大
ふぇっぷく @FarEastPKMOD
酔客で満ちるバーにマサカリと聖書をもって突入してくる180cmをゆうに超える巨大な老婆、讃美歌を高らかに歌い上げながら酒樽をぶっ壊しまくり、挙句の果てに跡地に竜巻を呼び寄せるとか、完全に英霊の類でしょ…(20世紀の人物です)
リンク Wikipedia ヴィルヘルム・フォークト フリードリヒ・ヴィルヘルム・フォークト(Friedrich Wilhelm Voigt, 1849年2月13日 - 1922年1月3日)は、ドイツの靴職人、詐欺師。彼が起こした詐欺事件からケーペニックの大尉(Hauptmann von Köpenick)の通称でも知られる。1906年10月16日、古着屋で購入した陸軍大尉の制服を着用したフォークトは、本物の陸軍部隊を率いてベルリン郊外・ケーペニック(現在はベルリンに編入)の市庁舎を襲撃、市長らを逮捕した上、4,000マルクを盗み出した。なお日本語では苗字は
リンク Wikipedia 1 user 1 ペーローズ3世 ペーローズ3世 (パフラヴィー語: 𐭯𐭩𐭫𐭥𐭰, ペルシア語: پیروز ‎"勝利者"; 中国語: 卑路斯) は、サーサーン朝ペルシア帝国最後の王ヤズデギルド3世の息子。ヤズデギルド3世が651年にメルヴで暗殺され帝国が事実上滅亡した後、ペーローズ3世は中国の唐王朝のもとに逃れて庇護を受け、唐のイラン方面の将軍、長官としてサーサーン朝の亡命宮廷を組織した。 ペーローズ3世について知られている事項の大半は、中国側の記録である旧唐書および新唐書に基づいている。 ペーローズは636年に誕生した。この時すでにム
リンク Wikipedia 3 users ヨハン・フリードリヒ・ストルーエンセ ヨハン・フリードリヒ・ストルーエンセ(Johann Friedrich Struensee、1737年8月5日 - 1772年4月28日)は、デンマーク王クリスチャン7世付きの侍医および大臣、事実上の摂政。シュトルーエンゼの表記もあり。 ヨハン・フリードリヒ・ストルーエンセは、敬虔主義の神学者で牧師のアダム・ストルーエンセとマリア・ドロテアの間の6人兄弟の3番目の子として、ドイツのプロイセン王国マクデブルク公領のハレに生まれた。生家は中産階級に属し、社会的地位もあったが、特別に厳格であったり宗教的に不寛容
こざるん @kozarun821
おっと!映画「ロイヤル・アフェア」の題材になっている、デンマーク王室最大のスキャンダル、とも言われているあのお方ですね。。。改革そのものは結構いい線行ってたと思うんだけど。 twitter.com/FarEastPKMOD/s…
リンク Wikipedia 16 users 27 島田清次郎 島田 清次郎(しまだ せいじろう、1899年(明治32年)2月26日 - 1930年(昭和5年)4月29日)は、日本の小説家。文壇で有名であった時代には「島清」という略称でも呼ばれた。 石川県石川郡美川町(現白山市)の生まれ。早くに父・常吉(回漕業)を海難事故で亡くし、母・みつの実家で育つ。母の実家は金沢市内の茶屋街(西廓)で貸座敷も営み、この環境が島田の文学と性格に影響を与えた。幼いころから芸妓街で嫌々客をとらされる芸者たちや貧乏ゆえに恋愛も許されない若者を身近に見ながら育ち、他方、政治家・官僚などがま
リンク Wikipedia 15 users 15 シクウォイア シクウォイア(チェロキー文字での自称:ᏍᏏᏉᏯ;そのラテン翻字:S-si-quo-ya、1767年頃 - 1843年)は、チェロキーの銀細工師で、1821年に独力でチェロキー文字を創造した人物。その意図は、チェロキー語での読み書きを可能にすることであった。彼の発明は、文字を持たない民族の一員が実用性のある文字体系を独力で作り出した、歴史上唯一の例である。その価値を認めたチェロキー族の間には急速にこの音節文字の使用が広まり、1825年には公式に採用された。彼らの識字率は周囲の白人入植者たちのそれを急速に追い
ふぇっぷく @FarEastPKMOD
ちなみに私の一押しは岡田茂ですね…戦後の人物とは到底思えない、世界史の英雄の人物伝に匹敵する異常な迫力が伝わるとすら思える圧倒的に充実した記事、編集者の東映への愛まで伝わる名記事です。
リンク Wikipedia 7 users 32 岡田茂 (東映) 岡田 茂(おかだ しげる、1924年3月2日 - 2011年5月9日)は、日本の映画プロデューサー。東映・東急レクリエーション社長、東映会長、同名誉会長、同相談役を経て2006年7月から再び東映名誉会長。また、2008年4月より東京急行電鉄取締役を務めた。 東映"中興の祖"で、松竹の城戸四郎、東宝の森岩雄が一線を退いてからは「日本映画界のドン」であり、戦後日本の娯楽産業を創った人物の一人である。広島県賀茂郡西条町(現東広島市西条)出身。 長男は、映画『赤頭巾ちゃん気をつけて』や『実録三億円事件 時効成立』
リンク Wikipedia 1 user ヨーゼフ・エッテンライヒ ヨーゼフ・クリスティアン・リッター・フォン・エッテンライヒ(独: Josef Christian Ritter von Ettenreich, 1800年8月25日 - 1875年2月4日)は、オーストリア帝国の貴族である。 元々は肉屋出身だったが、フランツ・ヨーゼフ1世襲撃事件の際に皇帝フランツ・ヨーゼフ1世を助けた功績によって、世襲貴族に叙せられた。 1800年8月25日、ウィーンで誕生する。ヴィーデン地区で肉屋を営む市民だったが、1853年にたまたまフランツ・ヨーゼフ1世襲撃事件の現場に居合わせ、若
リンク Wikipedia 3 users ウィリアム・マーシャル (初代ペンブルック伯) ウィリアム・マーシャル(William Marshall, 1146年 - 1219年5月14日)は、プランタジネット朝イングランドの政治家にして騎士。初代ペンブルック伯、ロングヴィル伯、アール・マーシャル。フランス語名ではギヨーム・ル・マレシャル(Guillaume le Maréchal)。父はジョン・マーシャル、母はウォルター・オブ・ソールズベリーの娘シビル。 騎士としての活躍は目覚しいもので、生涯でおそらく500以上の試合をしたと思われるが、1度たりとも負けたことはなかったという伝説を残している。
ふぇっぷく @FarEastPKMOD
フリードリヒ2世の配下のアダ名を本名にした学者将軍の名前なんだっけ…ググっても出てこない
リンク Wikipedia 1 user カール・テオフィル・ギシャール カール・テオフィル・ギシャール(Karl Theophil Guichard, もしくはカール・ゴットリープ・ギシャール(Karl Gottlieb Guichard), 1724年9月27日 - 1775年5月13日)は、プロイセンの古代学者、軍事史家、そして軍人。最終階級は大佐。フリードリヒ大王に仕えて貴族となった。さらには経済人としても成功、プロイセンのタバコ専売事業に係わったほか、プロイセン銀行の前身である王立銀行の長を務めた。その変わった経歴と多くのエピソードによって知られる。 ギシャールは大王
ふぇっぷく @FarEastPKMOD
イキリウスがクッソ面白いのは言うまでもないです
リンク Wikipedia 6 users カジミエシュ・プワスキ カジミェシュ・プワスキ(ポーランド語:Kazimierz Pułaskiカジーミェシュ・プワースキ(発音:ka'ʑimʲɛʐ pu'waski);カジミール・プラスキ;アメリカ英語: Casimir Pulaski、1746年3月4日 - 1779年10月11日)は、ポーランド・リトアニア共和国の貴族、軍人、政治家であり、アメリカ独立戦争中の功績でアメリカ騎兵の父と呼ばれている。以下ではアメリカ英語のカジミール・プラスキと表記する。 ポーランド貴族の著名な一人として、プラスキはロシア帝国のポーランド・リト
リンク Wikipedia 5 users 3 チャールズ・ハットフィールド チャールズ・ハットフィールド(Charles M. Hatfield、1876年 - 1958年1月12日)はアメリカ合衆国の気象学者。『レインメイカー』の異名を取り、現在から100年以上前に人工降雨を成功させた人物として知られる。 10歳の時にカンザス州のフォートスコットよりカリフォルニア州に引っ越す。実家はミシンの販売業を営んでいたが、後に農家に転身。しかし、天候に左右されることで農家を廃業することになる。このことが後のチャールズの運命を決定付けることになる。 数年後、父と同じくミシンの販売業を営んで
残りを読む(25)

コメント

ろんどん @lawtomol 6日前
禁酒主義活動家キャリー・ネイションについてはこちらの記事も興味深かった「天誅御見舞い申し上げます 禁酒法の成立とその悪影響」 https://www.madisons.jp/mondo/m_17/m_17.html
新こけだぬき @mossraccoon 6日前
キャリー・ネイションの名前は覚えておかなくてはポン。いつかコスプレしたとき、ケンシロウに「おまえのようなババアがいるか!」と言われたときのために。
R.Mory@Togetter @RMoryTogetter1 6日前
lawtomol マジソンズは殺人博物館まで手を伸ばすと余裕で一日潰れるからな…あと映画の趣味も歪む
キム・カッファンすき @Kim_Kaphwan11 6日前
「ゼーアドラー戦記」の人ですね→ルックナー少佐 あの作品のおかげで、ルックナー少佐は「コブラ」のイメージです。 ↓泳ぐやる夫シアター「ゼーアドラー戦記」(AA作品注意) http://oyoguyaruo.blog72.fc2.com/blog-entry-6416.html
ろんどん @lawtomol 6日前
RMoryTogetter1 私が「死霊の盆踊り」だの「プラン9」だの観たのは、マジソンズがキッカケだったよーに記憶してます(苦笑
ろんどん @lawtomol 6日前
ここに挙げられてない人だと、ヘンリー・キャヴェンディッシュを推してみます。大金持ちで科学上の大発見をいくつもしたけど、超人間嫌いでほとんど発表しないまま亡くなった人。 https://ja.wikipedia.org/wiki/%E3%83%98%E3%83%B3%E3%83%AA%E3%83%BC%E3%83%BB%E3%82%AD%E3%83%A3%E3%83%B4%E3%82%A7%E3%83%B3%E3%83%87%E3%82%A3%E3%83%83%E3%82%B7%E3%83%A5
enco2001 @enco2001 6日前
イキリウス、前世紀と今世紀とで渾名の価値がかわってしまったなあ。
takeshi19971030 @takeshi19971031 6日前
飯塚幸三の記事は事故の件を書くのを禁じられてるのが闇深い
mmmmm @mmmmm18140604 6日前
お前のようなババアがいるか!!
Delphi @daisuke93111966 6日前
まとめタイトルから舩坂弘のような人物を挙げてるのかなと思って見たら、良い意味で期待を裏切られた。
独壇場B-T @dokudanjobt 6日前
キャリー・ネイション、「シリアル・ママ」の元ネタか何かか!?紹介されてる人達みんな面白いな
bnkyk @AtmicNumber32 6日前
女教皇ヨハンナの記事は問題があるので(履歴不継承、誤訳、出典の不備、スタイルマニュアルに準拠していない等)リストから外して貰いたい。なお「彼女は実在しない」という結論は20世紀初頭に出ています。塩野七生やテレビがネタにしたこともあるので「いたかもしれない」と思う方もいるかもですが、全ては記録の誤読と世情によるものです(そうい意味では「ウルスラと一緒に処刑された乙女が3万人」という伝説に似たものがある)。『ヨーロッパをさすらう異形の物語(上)』で一話割かれてますのでそちらを読むのがよいと思います。
巨乳特権を許さない会bot @KyotokukaiBot 6日前
つつましい胸のナタリー・ポートマンさんを推します
吉村英崇@日本甲冑合戦之会、広報奉行 @Count_Down_000 6日前
マトメ主です。ツイート主さまからお話を伺いましたが、今日明日に第三弾をあげるそうです。楽しみですね!
ラルフ @ralf_natural 6日前
wikiは膨大すぎて"面白い人の話が読みたい"みたいな動機だとなかなか探しづらいので、ピックアップしてくれるのは嬉しい
じぇいあい @JudgmentI 6日前
世界の奇人変人みたいな感じのゆっくり動画でだいたいわかるよ。そっから詳しく調べるかは自由。
ペンギン海未ねこちゃんは僕ラブに参加するの巻 @Penginumineko 6日前
ゼーアドラーがあるなら陸のルックナーことレットウ・フォルベック将軍も調べて見て欲しい。第一次大戦のアフリカ大陸を縦横無尽に暴れまわった遊撃隊長。
空家の恵比寿様1968 @ebcdic_ascii 6日前
takeshi19971031 禁じられているというか、一応は利用者同士の合議(https://bit.ly/2QFMIde)でそうなっているので致し方ない部分はあります。「東池袋自動車暴走死傷事故」の記事は別途存在しますし。
鬼灯@濃厚 @noukousama 6日前
wikiじゃないけどちょうどニコニコで世界の奇人・変人・偉人紹介動画を片っ端から見ていたのでわかる
_ @readonly6582 6日前
帰ったら読む。絶対全部読む。
kathryn @KathrynJpn 6日前
自分のお勧めは「山一證券」だ。
たか子 @takakomistumugi 6日前
ルーデル閣下はまだですか。
ハント中尉 @wildlicca 6日前
この手の海外の面白人物wiki、英語版と見比べてみると日本語版がやたら細かく書いてあるのがあって、筆者の脚色とかが気になって逆に不安になる
colonoe @colonoe 6日前
takeshi19971031 Wikipediaは闇が深すぎる。生野区連続通り魔事件とか、削除されたことがニュースになってるし
佐渡災炎 @sadscient 6日前
キャリーネイションの記事読んで、「お前のようなババアがいるか!」→「いたのかよ…」という気分になっている。
イベリコ豚のリコ @jt0MTsl4UUeY13r 6日前
ニキ・ラウダでしょ、F1で事故って血液の70%交換して、病室に葬儀儀式するために牧師呼んだら超回復してF1復帰して、ラウダ航空立ち上げて、ラウダ航空004便墜落事故の調査してるんだから
ソフトヒッター99(自称カタログスペック厨) @softhitter99 6日前
解せぬ、なぜ、アメリカ皇帝にしてメキシコの庇護者ノートン一世陛下の御名前が出て来ぬのだ。
ソフトヒッター99(自称カタログスペック厨) @softhitter99 6日前
MutsuniNaruBeam ルーデルだけではない数少ない「アンサイクロペディア」に嘘を書かせなかったお方w
フルバ @furubakou1 6日前
softhitter99 なにがすごいかって「頭のかたい百科事典にも記事があります。でもここに書いてることとそんなに変わりません」って表記の通り、構成や文体まで含めて殆ど記事に違いがないことだと思う…ルーデルのアンサイクロの記事は囃し立てるような構成になってるし…
トッリ(白SIRO) @SIRO4i8SATO 6日前
wikiで好きなのは「登塔者シメオン」さんかな。画像は一見の価値あり
@wanwanbawbaw 6日前
時間がどんどん消えていく…
TAKAKO★マッドネス @takakomadness2 6日前
「F1死亡事故一覧」これなかなかきつい。
yunk @yunkya2 6日前
床次竹二郎の記事、「『床次竹次郎』は誤りである」と断り書きがあって注釈で誤りの原因の考察までしているのに、写真のキャプションが「床次竹次郎」になっていてずっこけたw
旧屋草一 @togetter_yo_aco 6日前
プワスキは最近の研究で女性、あるいはふたなりだった可能性が高くなってて面白いのよね。アメリカ騎兵の父が女性だったとかマンガでしか見ないよ!
beryberychan @beryberychan 6日前
まさかりババア面白すぎでしょw
fm_aar @fm_aar 6日前
個人的なおすすめは「ラナルド・マクドナルド」(https://ja.wikipedia.org/wiki/%E3%83%A9%E3%83%8A%E3%83%AB%E3%83%89%E3%83%BB%E3%83%9E%E3%82%AF%E3%83%89%E3%83%8A%E3%83%AB%E3%83%89)。簡潔な記述から想像が広がる。
[74]Kirara@PrayForKyoani @Kirara1314 6日前
furubakou1 それだけでネタになるのが頭おかしい(白目
金山寺味噌弐号機 @kRqFlFDoiVAHZp2 6日前
「最も偉大なフィンランド人」とされるマンネルヘイム元帥を推薦しておこう。
よーぐる @Seto_yasu1987 5日前
ごく最近自分の専門(?)分野でわざわざ誤った記述に書き換えられてた編集履歴を見てから、やはりWikipediaは信用ならないと改めて思ったことがある。
よーぐる @Seto_yasu1987 5日前
編者が物語を描くために、事実を誇張したりして書いてないかとかは注意したいところだと思う。
Dalli @kaycorthen 5日前
すごい!一人もわからん!無知で恥ずかしいわ〜
好古真之 @yoshiful_saney 5日前
南北戦争前、内戦を避けるために南北の分離共存案を模索したジョン・クリッテンデン上院議員などいかがでしょうか。 http://t.co/UJFJCwXRuy その後、息子の一人は北軍の将校、もう一人は南軍の将校に。 http://t.co/Whbo8rnnrG http://t.co/nyUy43cz2u
まあちゃん02 @eK0SV72lWxlYb8L 5日前
1939年の米映画「オズの魔法使」の主演のジュディ・ガーランド。Twitterで『あの瞳の輝きは13歳にして薬物中毒だったから』とのツイートで興味をもってWikipediaを覗いたら「同性愛者の連帯を表す虹の旗は同性愛者に理解のあったジュディの主演映画「オズの魔法使」の虹から取られた」とあって驚いた。
呉紋@おっさん @gomonz 5日前
一身において聖賢、豪傑、盗賊を兼ねた才物。と言われた朱元璋の人生は面白い https://ja.wikipedia.org/wiki/%E6%9C%B1%E5%85%83%E7%92%8B
Tadashi @tadashifx 5日前
キャリー・ネイション 、今なら屈強なツイフェミがいたら同じようなことをしそうだ。(どうでもいいが、ハチェット(手斧)をマサカリと訳すのは私的にはかなり違和感。まあマサカリの方がインパクト強いけれども…)
呉紋@おっさん @gomonz 5日前
面白い人生で適度な長さと主旨に合うのなら、龍造寺家兼かな?もっともこの人、息子や孫を皆殺しにされて90歳になってから決起して、曾孫を立ててお家再興を果たす異様な長生きだけど https://ja.wikipedia.org/wiki/%E9%BE%8D%E9%80%A0%E5%AF%BA%E5%AE%B6%E5%85%BC
呉紋@おっさん @gomonz 5日前
榎本喜八や広瀬叔功みたいな50年前のプロ野球のスターの記事も面白いよ。今は比較的忘れられつつあるので再び脚光を浴びて欲しい
あぶらな @ab_ra_na 5日前
mossraccoon あのセリフどうしても「いるかもしれんやろ世紀末やぞ!?」ってなるんですよね…北斗の世紀末ならあいつのようなババアぐらいいるかもしれないじゃないか…
dag @digital_dag 5日前
楠木正儀とか好き
dag @digital_dag 5日前
ニコ百の藤沢秀行とかも好き。囲碁がないと生きていけないだろ… https://dic.nicovideo.jp/t/a/藤沢秀行
五月雨山茶花蝉しぐれ @taken1234challe 5日前
のっけからガーンと来たわ。3時間クラスの映画が5本くらい作れそうなほど濃厚で、かっこいい人生だな。このレベルはジョン万次郎クラスだわ。
ゑびす@漫画を描くゾンビ @webisu_vip 5日前
ノートン一世とかも面白いぞ
イベリコ豚のリコ @jt0MTsl4UUeY13r 5日前
F1での死亡一覧、バリアに激突後そのバリアで下顎から上が切断(ブリストウ1960年)ガードレールに上から落ちて車両と一緒に首から下が真っ二つ(セベール1973年)ガードレールに激突後ガードレールを潜ってしまい首を切断(コイニク1974年)マーシャル轢いてマーシャルが持ってた消火器が顔面に当たり即死、轢かれたマーシャルは上半身と下半身が分離(プライス1977年)、酷いのだけだけどファイナルデスティネーションの世界だよ
ふぃずばん @fizzbang_alvitr 5日前
この間航空事故と山岳事故の記事で数日使ってしまったのに、またWikipedia巡りをさせようというのか
鱶森 @sHark_plus0 5日前
有名人過ぎるかもだけど某黒女王でジュゼッペガリバルディさんを知ったときは面白かった日本史選択者
takatakattata @takatakattata1 5日前
チェリーピッキングで明らかに一方向の印象付けようとする記事もあるのよね。 公平にしようとしても数で負ける。
フルバ @furubakou1 5日前
コメ欄で3回くらい名前が挙がるノートンⅠ世… 各エピソードのインパクト自体は他の人物より小さいんだけど、その全てからどれだけ彼が民草から慕われていたかがわかるのよね。 なにより彼を評した「彼は誰も殺さず、誰からも奪わず、誰も追放しなかった。彼と同じ称号を持つ人物で、この点で彼に立ち勝る者は1人もいない」の一文が印象に残る。
VOLTA / YAS-SON @VOLTA_G_E 5日前
それでもアレだけ嘘しか載せないと豪語してるアンサイクロペディアが下手に話を盛るよりそのまま書いた方がよっぽど面白いという理由で本当のことしか書けなかったルーデル閣下がいちばん好き
ろんどん @lawtomol 5日前
ツイ主さんが続編で慕容恪を挙げてらっしゃるので、個人的に前秦皇帝・苻堅を推してみたい。陳舜臣先生が「彼の伝記を読むたびに涙を流してしまう」(大意)と書いてらしたけど、私めも同じです
ろんどん @lawtomol 5日前
東晋南北朝時代だと、あと後趙の創始者・石勒も推したい。キレやすいのに寛大、という、お仕えするにはいささか神経が磨り減る君主ですが、根は善人だったんだろうか。「相手が劉邦だったら降参する。劉秀(光武帝)だったら天下を争ってやる。曹操?司馬一族?相手じゃねえよ(超意訳)」とか言った話が好き
空家の恵比寿様1968 @ebcdic_ascii 5日前
wildlicca ウィキペディアの記事を読んでいて、「へえ、この人物にこんな逸話があったなんて初めて知った」と思えるような記述があった場合、その加筆をした編集者の単なる創作(もしくは妄想)だったりすることがあるので気を付けましょう。
えむ(棘) @mmmmmmkkkkkk041 5日前
ebcdic_ascii とあるアーティストのファンサイトやってた頃、ライブでの発言をメンバー紹介ページに出典付きで(というかいつのライブで話してたかも含めて)書いてたら、そっくりそのままWikipediaに転載されたことがありました。サイト閉鎖後にソース消滅か何かで無くなってましたが。
空家の恵比寿様1968 @ebcdic_ascii 5日前
ebcdic_ascii 前にも書いたけど、前田吟の記事の「来歴」に以前書かれていた「1967年には、グループ・サウンズ「マグマックス・ファイブ」にボーカルとして加入。ライブではザ・キンクスの「ユー・リアリー・ガット・ミー」などを得意とし、また当時人気だった荒木一郎のバックバンドを務めたりもしたが、俳優業に専念すべく脱退する」はご本人もびっくりのガセネタ。(2008年10月に最初の記述がなされ、2011年8月まで消されずに残っていた)https://bit.ly/maedagin
もうだめぽ @moudamepo150701 5日前
江戸・明治期の落語家・講談師・歌舞伎役者のをよく読むなあ
まさ影 @masaeiyamagata 5日前
ポルトガルの独裁者サラザールの晩年が、不思議な味わいの短編小説みたいで心に残る
ふぃずばん @fizzbang_alvitr 4日前
sadscient ギャー(クリックが止まらない模様)
Chariot @BLACK_RX_24 4日前
ルーデル閣下、シモ・ヘイヘ、舩坂弘はこの手の話題のド定番
少年通信下士官 @SourceLord 4日前
エイドリアン・カートン・デ・ウィアートという、ジャック・チャーチルの同類かそれ以上の狂人(褒め言葉)はいかが? https://bit.ly/2UEjNay
シレンジャーすやぁ @slow_sleeper 16時間前
人物記事では定期的に見たくなる安部譲二
ログインして広告を非表示にする
ログインして広告を非表示にする