アプリで作成

日本感染症学会 COVID-19シンポジウムまとめ

延期となった学会ですが、シンポジウムが開かれ、全医療者、非医療者も読むべきと考え、知識のメモ的なかんじでまとめました
178
Katsue Nagakura @kaetn

聴いてる COVID-19シンポジウム -私たちの経験と英知を結集して- - YouTube youtube.com/watch?v=EC4_IG…

2020-04-18 13:31:30
拡大
Katsue Nagakura @kaetn

2.クラスター解析から COVID-19 の疫学と対応策 司会: 和田 耕治 (国際医療福祉大学) 演者: 押谷 仁 (東北大学)

2020-04-18 13:50:26
Katsue Nagakura @kaetn

押谷:2年前WHOが日本の感染症管理調査で指摘されたのが、日本にはフルタイムスタッフを持つエマージェンシーオペレーションセンターが存在しない、リスコミ体制脆弱、省庁横断コーディネーションメカニズム不十分、各都道府県にFETPいない。本来あるべきものがない中で我々は対策を考えないといけない

2020-04-18 14:04:59
Katsue Nagakura @kaetn

押谷:日本強みはクルーズ船の経験、医療アクセス良さ、医療レベル良さ、社会文化的背景(仮説:冷静に対応、地域の信頼関係、地域の力、宗教行事の違い、発話頻度の違い)。クラスター対策の上での必要。

2020-04-18 14:07:03
Katsue Nagakura @kaetn

押谷:日本の新型コロナウイルス対策目的は社会・経済機能への影響を最小限としながら感染拡大の抑制効果を最大限にすること。

2020-04-18 14:08:22
はね🦔@年末年始は家にこもってた産業医 @hane_ohp

ソーシャルディスタンスは今は使わない。 代わりに、フィジカルディスタンスを。接触頻度を減らしなさいと。 #COVID19シンポジウム

2020-04-18 14:09:44
Katsue Nagakura @kaetn

押谷:クラスターが起こるリスクとして初期の解析から3密条件(密閉・密集・密接)がわかっていた。さらに換気量増大、大声出す、歌う、1対複数の密接した接触、咳くしゃみ明らかな発熱なく通常の飛沫感染ではない、接触感染ありうる。

2020-04-18 14:14:05
𝚃𝚊𝚝𝚜𝚞𝚗𝚘𝚛𝚒🦇𝙺𝚊𝚖𝚋𝚊𝚛𝚊 @ta2norik

Social Distancing 改め Physical Distancing 人と人との物理的な距離をとり、接触は減らす。 だが、人と人との社会的繋がりにより協力・協働して立ち向かう必要がある #COVID19シンポジウム

2020-04-18 14:14:22
はね🦔@年末年始は家にこもってた産業医 @hane_ohp

上気道のウイルス排出量は、重症度ではなく年齢に依存。高年齢ほどウイルス排出量が多い。一方症状が軽い人は活動的でクラスターを形成する可能性が高い。 #COVID19シンポジウム

2020-04-18 14:16:26
Katsue Nagakura @kaetn

押谷:クラスター起こるリスク(ホスト側要因)について。上気道ウイルス排出量は重症度ではなく年齢に依存(高年齢ほど多い)。症状が軽い活動的な人がクラスター形成の可能性。実勢煮クラスター形成の多くは咽頭痛・微熱など軽微な症状のみがほとんど。

2020-04-18 14:16:27
Masaki Oshikawa (押川 正毅) @MasakiOshikawa

押谷氏: クラスター連鎖は制御下に置けている限り大規模な地域流行につながらない ⇒ トートロジーの一種では。 かつ、検査しないと「制御下に置けている」かどうかわからないと言う… 我々はずっと前から言ってますが。 pic.twitter.com/D3ucY5CPzk

2020-04-18 14:18:58
拡大
Katsue Nagakura @kaetn

押谷:完全なロックダウンをしたのは私の知る限り武漢だけ。これをやると非常に社会経済影響が強い。ただ地域での感染拡大が広がると行動変容の強化が必要(最初の北海道の緊急事態宣言)。

2020-04-18 14:21:39
Katsue Nagakura @kaetn

押谷先生の発表のこの図わかりやすい pic.twitter.com/8jvEt4imef

2020-04-18 14:22:36
拡大
高橋 秀和 (アフターピル薬局販売 署名中)※穏健派(おんけんは) @chihayaflu

「多くは咳・くしゃみがなく、通常の飛沫感染ではない」 これ大切ですね。患者さん、地域の方々、地域医療者の認識が誤っていることもある印象です。 #COVID19シンポジウム

2020-04-18 14:22:38
Katsue Nagakura @kaetn

押谷:唾液が感染源になっている可能性。発症初期から相当量のウイルス排出。接客を伴う飲食業での感染拡大に寄与している可能性あり。

2020-04-18 14:26:32
はね🦔@年末年始は家にこもってた産業医 @hane_ohp

重症度は下気道のウイルス量に、感染性は上気道のウイルス量にそれぞれ依存する。 #COVID19シンポジウム

2020-04-18 14:27:49
Katsue Nagakura @kaetn

押谷:医療機関での流行メカニズムを考えるために知っておくこと。感染者の多くは無症状か軽症。軽症でもウイルス量多いこともある。

2020-04-18 14:28:08
Katsue Nagakura @kaetn

押谷:武漢流入の感染者は11名のみ。中国以外の海外からは300例以上流入。こうした中でいま第二波の流行。今の流行なぜ起きたか。4/10前後に大きな山。その2週間前の3連休の気の緩みの結果が今。

2020-04-18 14:31:22
Katsue Nagakura @kaetn

押谷:第二波の地域的拡散パターン。輸入例の大半は大都市。大都市から地方都市、中核都市からその他の地方都市。都市から周辺地域へ拡大しつつあるフェーズ。周辺地域は高齢者が多く住む、高齢者施設・入院施設で院内・施設内感染が今一番危惧されること。

2020-04-18 14:32:48
Katsue Nagakura @kaetn

押谷:東京の感染者数増加をどう解釈するか。見るべきは地域内の流行、もう一つは地域的広がり。東京都は都心から周辺に広がっている可能性。院内感染は高齢者重症化の問題はあるが、地域内流行とはまた別。

2020-04-18 14:35:46
sayaka🧸産業保健師 @Sayaka912O

covid-19感染者の多くは無症状や軽症。そうした人たちが知らず知らずのうちに、(特に医療機関やデイサービス等で)クラスターを発生させてしまう。 今は「症状のないすべての人たちが」自分が感染者だという意識を持って行動することが本当に大事。 #covid19シンポジウム #stayhome

2020-04-18 14:36:41
Katsue Nagakura @kaetn

押谷:地域はつながっているので、それぞれの自治体が協力しないと対応できない。

2020-04-18 14:37:02
Katsue Nagakura @kaetn

押谷:今後起こること。Tomas Pueyoの図。行動変容ができれば急速な収束に向かわせられる。ただ日本からも地球上からもウイルスはなくならない。1年か2年かわからないが、長期に渡ることは明確。

2020-04-18 14:38:05
Katsue Nagakura @kaetn

押谷:アメリカは一部が厳しい状況だが全体ではない。当初流行のシアトルはサンフランシスコは今は落ち着いている。世界の状況も、大きな感染拡大は主にイラン、中東、欧州、米国。それ以外は現時点は大規模な感染拡大ない。多くの人がバタバタ死ぬ状況は他の地域ない。

2020-04-18 14:39:18
残りを読む(50)

コメント

Naruhito Ootaki @_Nekojarashi_ 2020年4月18日
飛沫感染っていうと「咳・くしゃみ」ばかりに目がいくけど普通の会話でも唾が飛び交ってるのはもっと意識する必要があると思う。最近レジで透明なシールドをつけてるし。逆に居酒屋みたいな「面と向かってマスクをせず大声で会話してる」ところは最悪だろう、なんてことを電車内で同様にマスクなしで大声で会話してるのを見かけて思った。
17
bluemonkshood @bluemonkshood 2020年4月18日
もう消えていた。たしかに感染症学会に学会費は払っていないから、見れないのは、しかたない。専門医の共通講習として、e-ラーニングにあげてほしい。とりま、無料で公開しても、みな、専門医の共通講習(感染)として、ポイントもらえるならば、お金をそれぞれの学会に払うと思う。
6
Muninn🌔自宅警備中 @_muninn_ 2020年4月18日
見れなくてもまとめだけでも現場の医師と研究者たちがどれだけ色々と考えてるのか勉強になった やっぱり自分を無自覚感染者であると意識するのは大事だな 一層の手洗いとマスク装着に励もう
10
すんか @sunka_ 2020年4月18日
アビガンの論文、撤回されたけど再掲載されてたんですね。
1
ヤマダサトシ @yamasato777 2020年4月18日
政府への助言の仕事もしながら、学会活動もしながら、テレビに出て啓蒙もしながら、大変だな。
0
にゃあ @kirikami 2020年4月19日
medtoolz先生「 PCRの能力に限界があり、それを重症者の確定診断や院内感染の防止目的に向けて温存しなくてはいけない、というのは同意なのだけれど、だったらよけいに、PCRを必須条項としない「疑い診断の基準」みたいなのを学会として出してほしい」 https://togetter.com/li/1495780
0
ヘタレさん @hetare_rider 2020年4月19日
_Nekojarashi_ 「対面の席に座ってただけ、会話もなく食事しただけ、約30分」という条件での感染例が報告されていたはずなので、もっとシビアに考える必要があります。感染者が同室した時点で飛沫感染も接触感染まで考慮しなくてはならず、対策が非常に厄介です。
1
ヘタレさん @hetare_rider 2020年4月19日
_muninn_ そのように意識して頂けるのは非常に重要なことです。今後とも「うつさない・うつされない」を継続していただけるようお願いいたします。
0
ヘタレさん @hetare_rider 2020年4月19日
ウイルスは目に見えないからこそ正しく恐れるというのは大事で、三密回避は当然のことですが、「自分がウイルス出してるかも」「他の人が出してるかも」「自分が触った場所にウイルス付けたかも」「触った場所にウイルス付いてて手についたかも」という前提で考えるのは大事だと思います。家庭内でも自分以外も触る場所(ドアノブやスイッチ等)は消毒すべきポイントになります。
2
ヘタレさん @hetare_rider 2020年4月19日
hetare_rider 触った場合には可能な限りすみやかに手洗いや手指の消毒、手指の洗浄や消毒が難しければ触った手でとにかく顔や目、鼻を触らない、買い物等で外出したら帰宅後すぐシャワーを浴びるべきだけど難しければとりあえず顔を洗う等、感染する前にウイルスを消毒あるいは洗い落とすしかありません。とにかく感染性を持ったウイルス粒子の数が少なければ感染リスクは大幅に下がります。
0
kumonopanya @kumonopanya 2020年4月19日
こんな緊急時には著作権フリーにしてくれないかな、政府は全くそんな対応を考えてないんだろうな。どうやら命よりも経済優先の政府のようだし。
0
ヘタレさん @hetare_rider 2020年4月19日
hetare_rider 感染しないこと、自分が無症状感染者かもしれないと想定した行動で他人に感染させないことは医療従事者への助けになります。また、この状況でも出勤を余儀なくされている公共機関や小売、物流の人たちの感染リスクを下げることにもなりますので、ご協力お願いいたします。
1
北風と太陽 @leave_to_say 2020年4月19日
各世代の感染寄与の中高年を見て思い出したけど、新型コロナ怖いと言っていおばちゃんたちが、三密でぺちゃくちゃ会話してるんだよな...
1
リンゴ人間 @TokusaRingGo 2020年4月19日
元の動画がすでに消されてた 緊急事態なんだしフリーで置いとけばいいんじゃないか?と一般人としては感じる こういうところでこの人たちの「危機感」とに齟齬をきたす。 それともどこかに再掲てくれるのかな
0
オアシスfox @bi_knc 2020年4月19日
現場の人間としてとてもありがたいオンラインセミナーでした。3日間位は残して欲しかった。或いは感染症学会のHPに残した欲しいです。
1
天和 @tenhorenho 2020年4月19日
CTである程度区別つくんだね。肺炎かどうかしか分からないものだと誤解してた。流石に無症状だと分からないだろうけど。 臨床はCTで市中感染の疫学調査(無作為)をPCRでやればリソースが有効活用できるんじゃなかろうか
0