弁護士 深井剛志先生によるNGT事件関連の見解資料集

◆2019年1月以降の深井先生のツイートから収集させて頂いています。 ◆2019年3月22日の第三者委員会報告書記者会見や、2020年4月の「暴行犯とヴァーナロッサム(旧AKS)の和解」など、節目節目で、様々な前提状況・前提条件が変わっていますので、深井先生のツイート内容も、状況に応じて当然変わっておいでである事に注意して下さい。 ◆深井先生以外の弁護士の先生方による法律関係の見解は、収録してある別まとめのリンクをご利用下さい。 ◆深井先生のツイートは質問箱への回答が多く、検索が容易ではありませんでしたため、全てのツイートを拾えたわけではありません事にも御注意下さい。
2

◆2019年3月22日の第三者委員会報告書記者会見や、2020年4月の「暴行犯とヴァーナロッサム(旧AKS)の和解」など、節目節目で、様々な前提状況・前提条件が変わっていますので、深井先生のツイート内容も状況に応じて当然変わっておいでである事に注意して下さい。
◆深井先生以外の弁護士の先生方による法律関係の見解は、収録してある別まとめのリンクをご利用下さい。
◆深井先生のツイートは質問箱への回答が多く、検索が容易ではありませんでしたため、全てのツイートを拾えたわけではありません事にも御注意下さい。

まとめ NGT48暴行事件:解説マンガ(基礎資料:第三者委員会報告書) 「そもそもNGT48暴行事件って何だっけ?」という方に。第三者委員会報告書に沿った、ひと @IMDIQpEgthBwTnK さんによる事件解説漫画です。 【2019年10月12日追記】これまで数回、新たに加えられたイラスト・漫画を追加してきています。既に本まとめを御覧の方も、後の方のイラスト・漫画は御覧になっていないかもしれませんので、ぜひチェックして見る事をお勧めします。 【2019年6月13日追記】2019年6月10日に作成された最新版解説画像を追加して更新しました。 【2019年11月9日追記】「基礎資料:第三者委員会報告書」としました。公開資料から分かって居た事による、2月までに描かれた漫画も多く収録していますが、冒頭の漫画は第三者委員会報告書に則っていること、その他の漫画も第三者委員会報告書と矛盾.. 109524 pv 787 19 users 7
まとめ 【法律資料集】NGT48暴行事件・AKS関連/弁護士や学者の見解・論文など 確かな法律知識に学びましょう。弁護士のツイート、弁護士の御意見が入っている記事、法学者の論文リンクを収録。 「他に、弁護士●●先生もコメントしていますよ」等、まとめ主が見落としている先生がいらっしゃいましたら、まとめ主に御教示頂けるとさいわいです。 3448 pv 100
まとめ NGT(AKS/ヴァーナロッサム)茶番民事裁判についての、弁護士の先生方による考察 「【法律資料集】NGT48暴行事件・AKS関連/弁護士や学者の見解・論文など」から、茶番民事裁判関連のものを抽出しました。 「他に弁護士●●先生もコメントしていらっしゃるよ!」というお気付きの点がありましたら、まとめ主に御教示頂ければと思います。 4275 pv 198
まとめ 「NGT48民事裁判・暴行犯との和解」について、法律知識を弁護士深井剛志先生から学びましょう 「山口さんが法的措置を取る事が出来なくなる」といった誤った内容がバズってしまいましたが、そのような事はありません。 「他人の権利を勝手に処分することはできない」 「刑事裁判と民事裁判の違い」 といった基礎を、深井剛志先生から勉強しましょう。 4801 pv 37 1 user
法学者・弁護士による論文リンク

◆わが国における起訴便宜主義について(PDF)
著者:菊田幸一…弁護士・明大名誉教授。専門は刑事法、刑法学、犯罪学(刑事政策)。死刑反対運動等、むしろ加害者の人権運動に熱心な学者であり、「バンバン犯罪者を罰すべき」立場ではない事が本件では却って説得力に繋がっている。

↓◆参考:フランスの事例から検察官の不起訴裁量を研究した論文↓
検察官の不起訴裁量と集団的利害
フランスの団体私訴(action collective)の発達を素材として
(PDF)

著者:水谷規男…大阪大学大学院高等司法研究科教授。専門は刑事訴訟法。

深井剛志先生
深井 剛志 @TSUYOSHIFUKAI

東京の弁護士 (•ᴗ•) 64期。旬報法律事務所所属。東京弁護士会。労働問題・原発問題に取り組んでいます。労働弁護団・原発被害弁護団・バイオハザード・SRW・野球(巨人)・ビール・日本酒・本屋めぐり・シナモン #地下アイドルの法律相談 https://t.co/vgaxbAjqc9

junpo.org

まとめ AKS訴訟の「写真」:【証拠能力】と【証明力】の違いにつき、弁護士深井先生から学びましょう ◆証拠能力と証明力は違う ◆証拠能力はあっても証明力が低いという事があるし、今回のAKS訴訟の「写真」も、そういう類のものと思われる 1909 pv 33
深井 剛志 @TSUYOSHIFUKAI

先月8日、「NGT48」のメンバー、山口真帆さんの新潟市内にある自宅の玄関先にファンの男2人が押しかけ、帰宅した山口さんの顔をつかむなどしたとして、暴行の疑いで逮捕されました 「NGT48」メンバーの自宅に男2人が押しかけトラブル 新潟 | NHKニュース www3.nhk.or.jp/news/html/2019…

2019-01-09 13:09:42
深井 剛志 @TSUYOSHIFUKAI

何人かのフォロワーとリア友から、運営に何らかの法的責任は発生するのかと質問を受けたので、NGTの山口さんの件について書いてみます。 被疑者は不起訴となり、被疑事実を否認していますので、被疑事実があったことは前提にしないようにしたいと思います。 #山口真帆

2019-01-13 20:49:36
深井 剛志 @TSUYOSHIFUKAI

本件で言われているのは、「運営の対応の悪さ」ですね。運営に法的責任があるかどうかは、運営に安全配慮義務違反が認められるかどうかという点にあります。安全配慮義務とは、ざっくりいうと、契約関係にある当事者間において、当該契約の付随義務として相手方に対して信義則上負う義務を指します。

2019-01-13 20:50:33
深井 剛志 @TSUYOSHIFUKAI

本件の場合、運営の対応の悪さの内容として、事件発生前の段階と、発生後の事件が起こった後の対応の問題があります。

2019-01-13 20:50:54
深井 剛志 @TSUYOSHIFUKAI

事件の発生前に関しては、運営は、LIVEを運営する側として、出演者であるアイドルの安全を守る義務は当然あります。単純にいうと、スケジュールや、舞台の整備をきちんとすることで、アイドルが病気やけがをしないようにするような義務があることは、想像しやすいと思います。

2019-01-13 20:51:21
深井 剛志 @TSUYOSHIFUKAI

今回、公式も、山口さんの帰宅時間を伝えてしまったメンバーがいたことは確認できたと発表しています。その情報を利用して山口さんの自宅を突き止めたことは間違いないでしょうから、事件の発生の一因になっているものと思います。

2019-01-13 20:51:50
深井 剛志 @TSUYOSHIFUKAI

そうすると、運営側とすれば、メンバーに、他のメンバーの個人情報を公開することは厳禁であるとのルールを徹底しないといけません。

2019-01-13 20:52:36
深井 剛志 @TSUYOSHIFUKAI

今回、真偽は不明ですが、山口さんは、他のメンバーの住居から被疑者たちが出てきたと証言していますので、もし、メンバーがファンに住居を教えることが常態化していたのであれば、運営は、それを防ぎ、厳重注意することが必要だったはずです。

2019-01-13 20:52:47
深井 剛志 @TSUYOSHIFUKAI

それを怠り、漫然と放置していたのであれば、安全配慮義務を尽くしていなかったと判断される可能性はあり得ると思います。もちろん、運営が事前に知っていたか、知っていなくとも、きちんと厳格にルールを守らせようとしていたか、など、いろいろな事情で総合的に判断されます。

2019-01-13 20:53:08
深井 剛志 @TSUYOSHIFUKAI

次に、事件発生後です。例えば、セクハラやパワハラが企業内で発生したときに、その原因を解明するとともに、適切な処置をとることで早急に問題を解決し、今後の再発防止策をとり、被害者の心のケアを行うなどといった環境を改善する義務も、安全配慮義務の内容に含まれます。

2019-01-13 20:53:37
深井 剛志 @TSUYOSHIFUKAI

運営は、山口さんから連絡を受け、対応を依頼されたとのことです。運営も、公式のHP上で、「約1か月間NGT48劇場今村支配人も新潟警察署にできる限りの協力をいたしました」と書いていますね。山口さんは、関与したメンバーの処分を依頼したそうです。

2019-01-13 20:53:56
深井 剛志 @TSUYOSHIFUKAI

メンバーが帰宅時間を推測できるようなことを教えてしまったことは事実のようですが、これはかなり重大なルール違反と思います。私は処分相当と考えますが、もしそれをやっていないのであれば、事件を大ごとにしたくないがために放置したと考えられてもおかしくはありません。

2019-01-13 20:54:15
深井 剛志 @TSUYOSHIFUKAI

また、山口さんは、ほかにも、いろいろな対処を支配人にお願いしたと言っていますが、「何も対処してくれないことが決まった」と述べています。具体的に何を依頼して、本当にやっていないのかは不明ですが、それがっ実なら、事後の対応として、極めて不適切です。

2019-01-13 20:57:35
深井 剛志 @TSUYOSHIFUKAI

さらに、LIVE終了直後のことであること、メンバーが関与していること、ファンによる事件であることなどからすれば、捜査との兼ね合いもあるかとは思いますが、事件発生後、遅くとも処分決定後、直ちに運営から公式の発表をすべきでした。

2019-01-13 20:57:56
深井 剛志 @TSUYOSHIFUKAI

すでに多くの方が指摘していますが、本人の動画ないしSNSによる発表まで公式の発表がなく、どのように発表するかを仕切らないのは疑問です。

2019-01-13 20:58:12
深井 剛志 @TSUYOSHIFUKAI

再発防止策も、「全グループメンバーへの防犯ベルの支給、各自宅への巡回等の対策を徹底」と公式が言っていますが、指原さんも言っているように、どれだけ効果があるのか疑問です。それ以上に、メンバーの個人情報を伝えないように徹底教育する必要があります。

2019-01-13 20:58:32
残りを読む(163)

コメント

三鶴(みつる) @mitsuru_Kux 2020年6月14日
2019年12月7日の深井剛志先生の「一罪一逮捕・一勾留の原則」関係のお答えを追加させて頂きました。
0