Togetter/min.tを安心してお使い頂くためのガイドラインを公開しました。

【北朝鮮の船舶】帰還船クリリオン号

在日朝鮮人の帰還事業第一陣で使用されたソ連船クリリオン号は変わった来歴の持ち主であった。
3

朝鮮戦争(祖国解放戦争/韓国戦争)が終了して暫くたった1959年末、新潟港に赤十字を付けた2隻の客船が来航した。在日朝鮮人を北朝鮮へ「帰還」させるためにやってきた第1次帰還船のソ連船「クリリオン」「トボリスク」である。帰還事業は1984年まで続き、様々な議論を呼ぶことになるが、本記事では割愛する。今回は「クリリオン」の数奇な来歴を少し追ってみたツイートとそれへの補足を紹介する。


客船クリリオン(旧鉄道連絡船プロイセン)
ARMY-G @armyghobby

クリリオン 在日朝鮮人の帰還事業において第1陣となったソ連船「クリリオン」は異色の経歴の持ち主。元は独の鉄道連絡船「プロイセン」として1909に建造されたもので、独~デンマーク間で使用された。‘46に戦時賠償船としてソ連に渡った時点で衝突、沈没、転倒を経験している。(続 #ドイツ賠償船の航跡 pic.twitter.com/uVdQpFmIUr

2020-05-24 17:17:55
拡大
ARMY-G @armyghobby

新天地では「クリリオン」となった。‘51からディーゼル機関への換装や船体改修を含む近代化改修を施され、外見が一新された。「帰還船」として使用されたのは、改修から復帰直後の‘59である。‘75に引退後はナホトカで宿泊船「モルスカヤⅠ」として‘85年まで残っていたという。 #ドイツ賠償船の航跡 pic.twitter.com/U7SjWAyDyw

2020-05-24 17:21:19
拡大

経歴

  • 1909 建造
    鉄道連絡船「Preußen(プロイセン)」と命名
    ドイツ-デンマーク間に就航
  • 1915 水雷艇と衝突(第一次世界大戦)
  • 1929 浮きドックに入渠中蒸気船に衝突され横転 
  • 1937 ルーゲン島付近で座礁沈没
  • 1938 復帰
  • 1944 英国に拿捕される(第二次世界大戦)
    引揚げ輸送に従事
  • 1946 戦時賠償でソ連へ「Крильон(クリリオン)」となる
  • 1951 近代化改装
    蒸気機関からディーゼル機関へ換装。客船となる。
    極東に就航
  • 1959 朝鮮人帰還事業に従事
  • 1975 引退
    宿泊船「モスルカヤⅠ(МорскаяⅠ)」となる
    -1985 廃船
ARMY-G @armyghobby

クリリオンは「帰還船」使用時に船齢50の老朽船ではあったが、同じく第1陣に使用された1952仏建造の「トボリスク」が1975年廃船で両者同時期の退役であったことから、クリリオンは新造船と同様の扱いを受けていたと考えてもいいかもしれない。 #ドイツ賠償船の航跡 pic.twitter.com/V3G7JlgCLs

2020-05-24 19:10:03
拡大

諸元項目

  • 排水量 (改修前)2849総トン
        (改修後)5034総トン
  • 長さ  (改修前)113.8m
        (改修後)116.32m
  • 幅   (改修前)16.26
        (改修後)15.56
  • 機関  (改修前)3段膨張機関×2
        (改修後)3974kW 5834馬力
  • 乗員  91
  • 乗客  975→552
  • 車両搭載能力(改修前)
    D-Zug-Wagen 客車8両あるいは16-18両の貨車。

姉妹船アニワ(旧ドイッチュランド)
ARMY-G @armyghobby

アニワ 鉄道連絡船から機関換装を経て客船へ大変身を遂げたクリリオンとは対照的に、姉妹船の「ドイッチュランド」は同じく賠償船としてソ連に渡ったものの近代化改造はされなかった。こちらはシュトラールズントオリオンアニワと幾度も変え‘69頃に座礁し生涯を終えている。 #ドイツ賠償船の航跡 pic.twitter.com/YO5axi0OYQ

2020-05-24 17:39:26
拡大
ARMY-G @armyghobby

その後アニワの名は、同じく独賠償船としてソ連へ来た「ロシア」旧パトリア(’38、16595t)が、’86に江田島で解体される直前の’85から1年間だけ引き継いだ。ロシアという名の解体用の船を送ることができなかったためとも言われている。※「SSパトリア(’13、11885t)」との混同に注意。#ドイツ賠償船の航跡

2020-05-24 18:09:36

その他
ARMY-G @armyghobby

帰還船第1陣に使用されたソ連船「トボリスク(Tobolsk)」は姉妹船に「ノリリスク(Norilsk)」がいたらしい。諸元は分かっているものの、両者とも鮮明な写真や詳細な記事がないので、かなり気になっている。 #ソ連 #船舶

2020-05-24 19:22:46
ARMY-G @armyghobby

トボリスクとは樺太最南端にある西能登呂岬のこと。 アニワとは樺太最南端にある亜庭湾のこと。

2020-05-24 19:29:11

訂正:トボリスク→クリリオン

参考
在日朝鮮人の帰還事業 -Wikipedia
なお、『ソ連軍艦を改造した貨客船「クリリオン」「トボリスク」』との記述があるが、本まとめ記事で記載しているように両船とも軍艦ではないため、誤記であるとみられる。

万景峰号 -Wikipedia
1971年に建造された貨客船「万景峰号」も帰還事業に使用された船舶である。

コメント

ARMY-G @armyghobby 2020年5月30日
まとめを更新しました。
0
ARMY-G @armyghobby 2020年5月30日
まとめを更新しました。 (誤字の修正、文字の強調)
0