「飛鳥」を「あすか」と読むのは何故?→奈良出身の友人がサラッと古典に基づく解説をしてくれた「奈良出身者には常識なんですか?」

まとめました。
184
山口慶明🇺🇸アメリカでなんとか生きてる @girlmeetsNG

「飛鳥」と書いて「あすか」って読むの何なん?意味不明だよねwって話をしてたら、奈良出身の友人がサラッと、「飛ぶ鳥の」が「明日香」の枕詞だからだよ。と教えてくれてめっちゃスッキリしたんだけど、これ奈良出身者にとっては常識なんですか?

2020-07-12 12:31:45
山口慶明🇺🇸アメリカでなんとか生きてる @girlmeetsNG

Twitterは大人のおしゃぶり。この面白ツールをしゃぶり尽くしたいだけの垢です。たかがSNS、カリカリせずに楽しくやりましょう♪/本業はアメリカ🇺🇸とメキシコ🇲🇽で給料泥棒

Nathan(ねーさん) @Nathankirinoha

つまり「機動戦士」は「ガンダム」って読むのか (錯乱) twitter.com/girlmeetsng/st…

2020-07-13 08:52:59
umesakura @andoroid12345

枕詞と言えば、「たらちねの」くらいしか覚えてない。 twitter.com/girlmeetsNG/st…

2020-07-13 06:36:47
リンク 飛鳥と書いてアスカと訓むのは 其の一(翼の話) - 古事記・日本書紀・万葉集を読む 飛鳥と書いてアスカと訓むのは 其の一(翼の話) - 古事記・日本書紀・万葉集を読む (⇒2017/5/9に稿を改めた。)「飛鳥」と書いてアスカと訓む理由については、足利健亮『地図から読む歴史』(講談社学術文庫、2012年)に、新しい地名解釈、地名論の例として取りあげられている。長文になるが、貴重な指摘なので以下に引用することをお許し願いたい。地名は、地図と並ぶ歴史地理学の基本資料です。(中略)地名解釈といっても、地名の語源については原則として触れるつもりはありません。一般に地名、特に古地名の語源を解くことはかなり難しく、下手(へた)をすると荒唐無稽で無意味な地名解釈に陥ってしまうからです 7 users 25
じん @DBAdmin2018

@girlmeetsNG 万葉集をどこまで学んだかによるとは思うのですが、お約束を知った上で行間を読むのはこの頃からの日本の伝統芸なんですかね

2020-07-12 13:34:04

高校でやった?

ムーミン谷のムーミン @vo_nguyen_lap

@girlmeetsNG 奈良だけでなく、全国的に……。 自分は元国語の教師ですが、授業でやりました。「とぶとりの」だけでなく、「あかねさす」や「あをによし」や「たらちねの」やら。ま、授業なんて、年取ったら皆忘れちゃいますよね。

2020-07-12 17:29:08
Tocchy @Tocchy_rei

@girlmeetsNG 関東の者です。日本の高校では習うはずですよ。

2020-07-12 16:14:19
Tocchy @Tocchy_rei

@hdienfueldjvud @girlmeetsNG 他の方からも「習っていない」って言われて私も困惑しています……受験テクニック重視の進学校特有のやつかもしれません…

2020-07-13 07:56:46
あおないる(元生物部) @y5dF2ZmbkwexnMN

@girlmeetsNG 飛ぶ鳥の明日香は、古典で習いますね😃短大の卒論が万葉集だったから、今でも幾つかの枕詞はオケです。旅に出た時に枕詞が出ると、知識人と言うのが少なくとも江戸時代までの常識だったと思います。

2020-07-13 03:21:53
ちなみに @SottoBank

@girlmeetsNG 福岡では飛鳥の枕詞は"チャゲ"でした…

2020-07-13 09:03:58
komakoma @komaranjyo25

@girlmeetsNG アスカラングレー関係ないのか

2020-07-12 22:38:20
せつこ @word_and_heart

このツイートで思い出したんだけど、前に奈良出身の方と話していて「あの山賊、大っ嫌い」と忌々しそうに言う相手が1400年ぐらい前の蘇我入鹿のことだったことがあり、なんか奈良出身の人ってすごいなと思わされました。 twitter.com/girlmeetsng/st…

2020-07-13 08:06:58

コメント

anonymousTg @tg_anonymous 2020年7月13日
たかなし わたぬき おにわぎょうぶまさたか
9
nob_asahi @nob_asahi 2020年7月13日
ついでに、春日と東雲もお願いします。
1
ろんどん @lawtomol 2020年7月13日
「長谷(ながたに)の初瀬川(はつせがわ)」から「はせがわ」でしたっけ
33
白墨 @amanilo_ 2020年7月13日
高校だっけ…?小学校あたりで習ったような……。 普通の公立校だけど、年代と教科書によるのかなぁ? もちろん奈良出身ではない
2
語るおじさん(おじさん) @ojisan_think_so 2020年7月13日
入鹿を山賊呼ばわりとか物部氏にゆかりでもある方なのかな? 日本史でもトップクラスに象が歪められてる謎の多い人物をここまで悪し様に罵るのは畏れ入る
25
苺花見に欲をかけたらラッキー7 @adgjmpt_1011110 2020年7月13日
「明日香」という苗字があるのを知った時は驚いた。
0
藤吉 @swnfjys 2020年7月13日
nob_asahi 「春日」も「飛鳥」とほぼ同じ、「かすが」の枕詞が「春日(はるひ)」だったから。「東雲」はもとは「篠の目」で、採光用に目の粗い篠で編んだ窓から差す光のことを意味していて、そこから日の出を表す「東雲(とううん)」を当て字にして読むようになった、ということですね。
63
CD @cleardice 2020年7月13日
枕詞自体は習ったけど飛鳥の読みと絡めた話はしてなかった気がする
17
カオル @moegikaoru 2020年7月13日
枕詞自体は学校でやってても、地名として文字(漢字)と読みのドッキング技は別の話だと思う・・・そもそも何故無理やりっぽく合体させたし? 
17
ばけらった @102Waage 2020年7月13日
工業高校だったので、古典自体がなかった。
4
じぇいあい @JudgmentI 2020年7月13日
飛ぶ鳥の枕詞があすかであることと飛鳥をあすかと読む事になんの関係があるの?枕詞と同じ読みにするルールがあるの?
5
mimon @mimon01 2020年7月13日
高校生のときに、枕詞の一覧表を丸暗記していたな。あんなもの、一々理由なんて覚えらいられない。
0
ゆー @yuhya000 2020年7月13日
どの和歌でかかる枕詞が何で、はそりゃ授業でやってるけど、それによって後世に読みが派生したなんてことは学校の授業でやってないやろ
30
ざの人(棘用垢) @zairo2016 2020年7月13日
swnfjys 春日と書いて オードリー と読む(待て
1
Alpha Leo @alpha_leo 2020年7月13日
あと思いつくのは日下の草香(ひのもとのくさか)かしら。
6
藤吉 @swnfjys 2020年7月13日
古語が語源と離れた当て字で定着するとか、厳密なルールでなくてひとの暮らしの中で培われてきたことだから、由来調べると面白いので知る機会があれば積極的に知りに行くといいと思う。。京都の北の方だと「間人(たいざ)」って地名があって、聖徳太子の母の間人皇后がその地域に戦難を避けて滞在してて、帰るときに地元民に親切にして貰ったからと自分の名前を地名につけて良いと許したんだけど、恐れ多いから漢字だけ採用して読みは「退座」から「たいざ」としたって謂われがあったりする。
5
rambda @rambda2 2020年7月13日
枕詞は習ったけど「飛ぶ鳥の」を習った記憶はないぞ。
14
Ito Manabu (まなびぃ) @manaby76 2020年7月13日
「あの山賊」を蘇我入鹿と言う奈良の人って、「先の戦さ」を応仁の乱と言う京都人よりもすごい感じがする。やはり古都に住んでる人は違うなぁ。
12
篠岡孟 @citoyen_plant 2020年7月13日
zairo2016 そちらの由来も、春霞のなか悠然と鳳凰が飛ぶのは縁起のいい象徴とされていたからなんだよね。鳳凰の「鳳」は「おおとり」とも読むからそこが由来なんだけど、芸人にしては「大トリ」はビッグマウスがすぎるから、名前として馴染みのあるオードリーになったってわけ。
23
愛媛人と大阪人のハーフ @TmtRj 2020年7月13日
飛鳥(あすか)と飛島(とびしま)は絶対1回は読み間違えると思う
5
アーソル @Earsol 2020年7月13日
「奈良の春日野」といえば「鹿のフン」
10
谷部覧博 @Yabe_MiHiRo 2020年7月13日
飛鳥の枕詞は"チャゲ"……というのを見て。考えたことなかったけど、「さかさき、さくらい、たかみさわ」ってのがまた、3つとも何だかみやびやか
2
やって後悔よりやらない選択 @Negative_IsGood 2020年7月13日
アスカはいすゞやろと思ったが、二代目はレガシィだったり三代目四代目はアコードだったりしたからあまり違わないな。 #それはどうかな
1
togetterman @togetterman1 2020年7月13日
ojisan_think_so 実際のところ、蘇我氏の実績はかなり冷静に見なければいかんのですよね。そもそも蘇我馬子と物部守屋は縁戚関係で、要は親族同士なのです。加えて物部守屋討伐戦にかなりの数の皇族が参加しています。これ蘇我氏の後の展開から逆算して、物部討伐を蘇我馬子主犯として、その後の天皇家をも牛耳る蘇我氏を断罪した、という罪作りのために粉飾されてる可能性が大いにあります。
13
たぶ@蛮族 @miyageya31113 2020年7月13日
これが飛鳥文化アタック…
4
togetterman @togetterman1 2020年7月13日
大化の改新、乙巳の変とやらは調べれば調べるほど、天智天皇の胡散臭さが際立ってくるというか、そもそも権力を握り続ける君側の奸ともいうべき蘇我氏を廃したと喧伝する中大兄皇子が、当時天皇で母親でもある皇極天皇から譲位されていないのが非常に不自然。しかも皇極天皇が譲位した先の孝徳天皇(皇極の弟)に対して中大兄は同調した形跡がないどころか、むしろこの孝徳の息子の有間皇子を謀叛の疑いで殺す有様。
11
sronin @sronin 2020年7月13日
「ライオネス」の読みは既に「コーヒーキャンディー」が充てられていたはず。
4
togetterman @togetterman1 2020年7月13日
そして皇極天皇、孝徳天皇の群臣には蘇我氏系列が多い上、中大兄の異母兄である古人大兄皇子の母親は蘇我氏。これ自分が皇位を継承する上で邪魔になりそうだった蘇我氏と兄貴を廃するために中大兄皇子がやり始めたのを、皇極天皇は快く思ってなかったんじゃないでしょうかね。だから皇極天皇は譲位するときに息子の中大兄皇子ではなく弟の孝徳天皇に譲位したと。ちなみに日本書紀を作ったのは中大兄こと天智天皇の娘です。父親のことを悪く書ける訳ありませんね
10
五月 @xf52_523 2020年7月13日
フェノメノンクラッシュ(ぼそっ)
1
FX-702P @fx702p 2020年7月13日
五島勉先生の「幻の超古代帝国アスカ」を読めば真実がわかる!(ぐるぐる目
0
古井戸 @deepandoldwell 2020年7月13日
枕詞は当然習いますけど、飛ぶ鳥の明日香は枕詞一覧みたいなのに載ってるくらいでした。扱うかどうかは教員によるでしょうね。
7
宇治金時 @uzikin 2020年7月13日
捕鳥部万の生まれ変わりかな?
0
裸茶P@このゲームは足を使います @chiba_daten 2020年7月13日
枕詞は五音節だから「チャゲアンド」じゃない?
0
ドラゴンチキン @dragonchicken19 2020年7月13日
「…という理由なのサ!」(◯すか◯きお)
2
ドラゴンチキン @dragonchicken19 2020年7月13日
はたおりべが訛って服部(はっとり)とは微妙に違うか。
1
語るおじさん(おじさん) @ojisan_think_so 2020年7月13日
togetterman1 聖徳太子は蘇我氏三代の功績を奪う為に作られた虚像説やら入鹿天皇説やら面白い説も続々出てきてるのに、日本書紀鵜呑みにして山賊呼ばわりはちょっとねえ…… なんなら奈良の(激ウマ)衰退のきっかけ作ったのは入鹿を斬った鎌足なのにね
7
語るおじさん(おじさん) @ojisan_think_so 2020年7月13日
togetterman1 蘇我氏から天智-天武-持統天皇の辺り研究してる人、謎が多い分絶対楽しいと思う
8
Akichi @Akichi77928822 2020年7月13日
@girlmeetsNG 福岡では飛鳥の枕詞は"チャゲ"でした」ほーん、じゃあ大分では「かぐや姫」の枕詞は「南こうせつ」だなwww
3
katasan111 @karasan111 2020年7月13日
こういうのをさっと言えるようになりたい素敵
1
͏ @J0E_Y 2020年7月13日
「日はカと読むから春はカスって読むの?」と聞かれたとき、春日(かすが)は熟字訓だからそれはないって答えたのに、テレビで天春(あまかす)さんが出てきて困った。
8
星川月海@8/2サンクリ D シー05b @hosikawatukimi 2020年7月13日
小学校の同級生に「飛鳥」って名前の女子がいて読み方覚えた
0
語るおじさん(おじさん) @ojisan_think_so 2020年7月13日
さてここまでの剣呑なコメを踏まえた上で 「飛ぶ鳥」で有名な話と言えば、ヤマトタケルが死語白鳥になったというエピソードがあるよね また天皇のお墓を御陵(みささぎ)というけれど、ミ=御として「ササギ」って何かというとサザキ(ミソサザイ)=鳥のことなんだね なんて知識をもって改めて見てみると、古墳や陵墓が文字通りゴロゴロしている明日香の里を飛ぶ鳥と書くのもちょっと背筋に来るものがあるね、という語りでした
3
藤吉 @swnfjys 2020年7月13日
J0E_Y https://www.njg.co.jp/column/morioka-417/ ここにちょうど書いてありますね。「春日=かすが」が広く知られるようになったので、「春=かす 日=が」で分解して考える人が出てきたので、名字にそれで使う人が現れた、と。名字ってどうにでも読ませることができますからねえ。
3
茶々 @chaochanosai 2020年7月13日
citoyen_plant これにいいねした人のうち、ネタとして上手いから褒めた人と真に受けた人の割合を知りたい。
4
なのこれ @nano_colle 2020年7月13日
togetterman1 日本書紀の著者って舎人親王じゃなかった?
1
語るおじさん(おじさん) @ojisan_think_so 2020年7月13日
nano_colle 持統天皇と混じったのかも しかし親王に「舎人」とつくのも謎だ……
2
ぉざせぃ @hijirhy 2020年7月13日
知ってたけど高校で習った覚えはないな。一応公立の普通科高校だったんだけど。
0
ぢべた @jibetaP 2020年7月13日
英語短歌では CHAGE & が飛鳥の枕詞です
1
てっきゃ @tekkya 2020年7月13日
何年前のコピペで盛り上がってんだよお前ら…
0
mikunitmr @mikunitmr 2020年7月13日
「飛ぶ鳥の」と聞いても「跡を濁す」としか続けられない。
0
mikunitmr @mikunitmr 2020年7月13日
「跡を濁す」じゃねえ、「跡を濁さず」だ
0
語るおじさん(おじさん) @ojisan_think_so 2020年7月13日
ちなみに「真金吹く」は「まかね」 鞴(ふいご)を吹かして火の温度を上げて鉄を溶かしていた、吉備などの産鉄地にかかる枕詞 「あをによし」は「青丹」 緑青(銅)がとれて武器貨幣で潤う、彩豊かになって吉いことから国や都にかかる枕詞 と言うように枕詞と歴史は不可分なんですねえ!
2
miyabi @miyabi6372 2020年7月13日
「装甲騎兵」と書いて「さいていやろう」と読むわけですね。
1
海◆eoxyl9RE @umi_eoxyl9RE 2020年7月13日
チャゲがチャゲっていう名前なのはハゲてるかららしいよ
0
はやし・しのぶ @Hirarinmac 2020年7月13日
青函トンネルなどを掘ったのは飛島(とびしま)建設(株)、飛鳥(あすか)は(株)飛鳥や(株)飛鳥建設工業などありますな。 umi_eoxyl9RE HAGE&CASKAの悪口言うたんなや……。
0
優希(ゆき) @ulbvbdkp23409 2020年7月14日
J0E_Y 部田(とりだ とりた )だんもいるぞー!
0
三代目カール・レーフラー @Carl_Loeffler_3 2020年7月14日
入鹿を山賊呼ばわりはコスプレの度が過ぎてて痛いな。京都人が応仁の乱を「先の戦」呼ばわりするのは、当人はどうあれ平安京という都市がその時代から一応続いてはいるので、そこのアイデンティティを主張するのはまだ理解できる。だが板蓋宮の周辺の農村と今の奈良市が同じなわけないだろ。無知のコスプレほどみっともないものはない。
0
真銅努@関西アブラデブ @sanada01 2020年7月14日
大阪の太子町は聖徳太子の生地で「近つ飛鳥」と呼ばれている。
0
Elear @Elear10 2020年7月14日
飛鳥文化アタック!
1
碧/水縹(あお) @Turkis_Mond 2020年7月14日
gooブログ記事のリンク死んでる
0
みさ @misa_exchange_ 2020年7月14日
奈良県民だけど全く知らんかったわ。地域を学ぶという授業で万葉集の勉強もしたけど全く覚えてない。その奈良県民の人はきっと奈良の歴史が好きな人よ。貴重な存在。もしくは鹿
2
Space-humanoid @Space_humanoid 2020年7月14日
古典的な五島勉信者にとっては、飛鳥=アスカなのは、超古代に全世界を治めるアスカ文明が移動手段に飛ぶ鳥=飛行機を使用しており、未開の原住民がそれを見てアスカ文明=飛鳥となった...という解釈を信じたかった。
0