「英語でもshootの原義は「射る」に近い」日本人は銃が伝来した時、なぜ銃を用いた攻撃を「射る」ではなく「撃つ」と表現したのか?

まとめました。
33
黒井マダラ @jaguchi975

小説を書く19歳。音楽グループ「Crelario」所属。アイコンは @SenXneg さんに描いていただきました。リプライお待ちしております。

kakuyomu.jp/users/jaguchi9…

黒井マダラ @jaguchi975

なぜ日本人は銃が伝来した時、銃を用いた攻撃を「射る」ではなく「撃つ」と表現したのだろう。 英語でもshootの原義は「射る」に近い。「撃つ」はattackだ。

2020-07-12 12:15:45
巫俊(ふしゅん) @fushunia

@jaguchi975 yiruは、ya、yumiとつながってる言葉だからでしょうか。下は日本語南島語起源説(日本語の起源には諸説ありますので)のサイトですが 「似た現象 (名詞: ma が 動詞: mi-ru に変化)が、 ya (矢)と yi-ru (射る)、ko2ro2mo2 (衣) > kiru (着る)にも起きてます。」 roz.my.coocan.jp/wissenshaft/AN…

2020-07-12 18:21:36
黒井マダラ @jaguchi975

@fushunia ya、yumi、yiruですか。考えたこともなかったです。ありがとうございます 「射る」は元々「弓矢」とセットで生まれた語彙だったのですね

2020-07-12 18:25:28
巫俊(ふしゅん) @fushunia

@jaguchi975 東京大学史料編纂所データベースで古文書を検索しましたが、『島津家文書』に「弓鉄炮射と〇しの事」とあるのが、唯一の用例みらいです。これも「〇」の部分の文字がよく分からないので、何と言ってるか分からなかったのですが。 clioimg.hi.u-tokyo.ac.jp/viewer/view/id…

2020-07-12 18:31:24
黒井マダラ @jaguchi975

@fushunia 調査ありがとうございます いちおう用例はあったんですか 「構え、射よ!」になっていた可能性も少しはあるんですね

2020-07-12 19:01:17
巫俊(ふしゅん) @fushunia

@jaguchi975 ほとんどの史料は、「矢を射、鉄炮を放」と書かれてました。この島津家文書は、〇の部分が崩し字苦手な私には読めないので、射が弓矢にだけかかってる可能性もあります。なので、分からなかったです。

2020-07-12 19:03:15
shinjiwakasa . @hitsujishinji

@jaguchi975 日本に初めて伝来した銃は「スナッピング式」というトリガーを引き火皿に火縄をハンマーのように打ちつけて点火する銃だったようですね。日本語の表現としては射撃対象への「射る」よりも、大音響をたてる銃の(火皿を撃つ)驚くべき機構そのものがより印象的だったといった考察も可能かもしれません。

2020-07-12 20:55:24
黒井マダラ @jaguchi975

@hitsujishinji なるほど、スナッピング式ですか。初めて知りました。 銃そのものの「打つ」動作から「撃つ」となったと。とても納得です。

2020-07-12 21:44:13
春の華 理性 15/126 @MikakimoriDog

@jaguchi975 @hitsujishinji 弾を発射するに当たって、火薬叩く部分に「“撃”鉄」と名前がついてたな…なんて事ふと思い出したりしました。

2020-07-13 16:43:17
田中精一@IQ125ある「訪問介護ねむのき」専務取締役 @stanakaspp

@jaguchi975 推測ですが弓が武士にとって特別だからかもしれません。 武家には弓馬の家という別名もあるくらいです。 鉄砲は新参者なので差別化したかった意図はあるかも。

2020-07-12 21:53:43
黒井マダラ @jaguchi975

@stanakaspp 僕は戦国史には疎いのですが、足軽のような下級武士のイメージが強いですからね。

2020-07-12 22:26:10
amacat @amacat_ingress

@jaguchi975 「てつはう」はそもそも火薬を詰めた鋳鉄の球形手榴弾だったので、投擲の【擲つ】。それが銃砲から鉄丸を射出するようになっても、つかわれているとか。 pic.twitter.com/Qr1Wd5dN73

2020-07-13 09:07:14
拡大
拡大
黒井マダラ @jaguchi975

@amacat_ingress おお、火縄銃以前に遡る発想はありませんでした! ご意見ありがとうございます。

2020-07-13 09:10:45
鬼塚健太郎 @KentaroOnizuka

@jaguchi975 @amacat_ingress 元寇のときに、モンゴル軍が使った武器ですね。

2020-07-13 09:35:18
吉村英崇@月曜のキャンセルするのだ _(:3 」∠ )_ @Count_Down_000

@jaguchi975 あ、そいや、ウチも模擬の合戦で火縄銃を使う時は『放て!』と鉄砲頭はいうなあ。 なんというか、体感としては撃つのでなく、放つ、なんだよなあ。 twitter.com/has_k80/status… twitter.com/has_k80/status…

2020-07-13 11:36:06
立樹 清明 @TATEKISEIMEI

@Count_Down_000 @jaguchi975 英語でなら「ファイア!」も撃つ時の号令と聞いたことがあります。 これはどうなんでしょうねー?

2020-07-13 11:52:44
台湾の牛肉麺好き @glade_c_sh

@jaguchi975 面白い! ちなみに中国語だとこの動詞は「打」です。ついでに銃が「槍」。(銃が槍ってのも面白い…) あわせて「打槍」で、「銃を撃つ」。

2020-07-13 00:17:29
鬼塚健太郎 @KentaroOnizuka

@glade_c_sh @jaguchi975 「打」が「ダ」なのも、実は謎ですね。 もともと、「丁」の発音に近いものだったはず。 どこかの方言が混ざったのでしょうか?

2020-07-13 09:37:32
yhkondo @yhkondo

@jaguchi975 「火打ち石」からの語源だと思いますが、古来「発火」させることを「火を打つ」と言っていましたので、その類推だと思います。

2020-07-13 15:36:57
皮算用(地下ニバル) @kjRNgKVEVgIG8Pw

@jaguchi975 弓も運用されていたので命令が混ざらないよう別の用語を使う必要があったようです。

2020-07-13 09:26:10
蚊喰い鳥 @WarauuYama

@jaguchi975 日国によると「射る」ともいっていたようです。どうして廃れてしまったんでしょうね。 いる【射】 〘他ア上一(ヤ上一)〙 ①弓につがえた矢を放つ。鉄砲の弾丸をうつ場合にもいう。 ②矢や弾丸を目的物に当てる。 小学館 精選版 日本国語大辞典

2020-07-13 00:19:06
残りを読む(36)

コメント

mlnkanljnm0 @kis_uzu 2020年7月13日
やってきたのがイギリス人じゃなくてポルトガル人だったからじゃね?
0
@onpu_original 2020年7月14日
バアアアアアアアアアン って音をyiruと表現する気になれないからまずそれでは
9
ばしにぃ @hiro_orso_viola 2020年7月14日
飛んでく弾が見えるわけでなし、原理知ってて撃ってる当人ならともかく傍から見たら「爆ぜている」って印象にもなるよね。
15
さどはらめぐる @M__Sadohara 2020年7月14日
中国語における銃とはもともと金属にあけられた穴の意味。銃弾によって「(ものを)うがつ」が転じてそうすることを「うつ」としたのでしょう。矢では対象物に穴はあきませんからね
0
ろんどん @lawtomol 2020年7月14日
日本で弩がすたれたことについてのまとめ「弥生・古墳時代の倭国の集落でも使用された「弩」は、何故似た環境の「中世の武士」には引き継がれなかったのか?」https://togetter.com/li/1045318
1
ろんどん @lawtomol 2020年7月14日
鉄砲伝来以前に「撃」は日本ではどういう意味で使われてたのかしら?「撃」の漢字そのものは、「(脱穀のために)たたく」という由来らしいけど
0
rads @rads36218612 2020年7月14日
言及されてるけどクロスボウの有無の影響が強そう。引き金なんかの機構はクロスボウが発祥なので、ヨーロッパでは「銃=クロスボウの発展形」という意識が強かったんでは。 対して日本では弩が普及しておらず、遠距離攻撃といえば長弓だったので銃とはギャップが大きい。そうすると違う動詞を使いたくなる。
8
たけ @Eo554IijYfHOQqw 2020年7月14日
銃と大砲ってどっちが早いんだっけ 大砲使う時の表現に影響されたということはあるのかな
5
さどはらめぐる @M__Sadohara 2020年7月14日
打つ:ものに力を加えて位置を変える 撃つ:ものに力を加えて状態を変える なので、銃の用途を考えれば、打つではなくて撃つでないとおかしいのです
5
OOEDO @OOEDO4 2020年7月14日
新しいものが輸入されたり発明された時、それを扱う「動詞」がどのように決まっていくのかは不思議なところがありますね。【https://togetter.com/li/651395 声を「吹き込む」、CDを「焼く」、写真を「撮る」…新技術や新概念の「動詞」はどうやって決まる?】
6
OOEDO @OOEDO4 2020年7月14日
M__Sadohara 「刀を打つ」のは外形が変わるけど状態(鉄という本質)の変化は無い、となるのかな
5
伍長 @gotyou_H 2020年7月14日
最初の疑問ツイだけ見た時「射るはすでに弓で使われてるから、それと全く発想の違う(火縄)銃だと打ち込んで発射するんだから「うつ」になったんじゃないかなあ?」と思っていたら、どうやらだいたいあっていたようだ
1
夜更至ヒルネスキー @hiruneskey 2020年7月14日
≪古い言葉だと銃は打つ(撃つ)んじゃなくて「放つ」≫ エボシ御前が「放て!」と言ってたのは正しかったのか
7
nekosencho @Neko_Sencho 2020年7月14日
推測するのは楽しいけど、現実にはどうして撃つになったのかは史料きちんと当たらないとね
6
mikumiku_aloha @mikumiku_aloha 2020年7月14日
漢字を分解すると射るは身(からだ)でやるもので、撃つは手でやるものという雰囲気ある
5
m.t @Ellfas3 2020年7月15日
そう考えると「放つ」ではなく「撃つ」なのも不思議な話。「鉄砲を放った」とは今でも言うわけで
0
kartis56 @kartis56 2020年7月15日
火蓋を切るのは、撃鉄を起こすような準備動作。導火部(火皿)にしてある蓋を開けることで着火できるようになる
0
Enlo Baggins @JRRTrollkin 2020年7月19日
ちなみにイングランドの弓兵の場合、射撃時の号令は'Loose'だったらしい。ソースがRedditなんでアレだが……。
0
ぴょん @py0n 2020年7月20日
「射る」は狙撃感がある. 「放つ」は細かい狙いは付けずに面制圧感がある.
0