Togetter/min.tを安心してお使い頂くためのガイドラインを公開しました。
2020年7月31日

「最近、失速ぎみの吉村大阪府知事。武富士スラップ訴訟については、全面的に非を認めたほうが運を取り戻せるような気がするんですが…」(寺澤有さん・ジャーナリスト)

まとめました。
0
寺澤 有さん

1967年2月9日、東京生まれ。大学在学中の1989年からジャーナリストとして、警察や検察、裁判所、弁護士会、会計検査院、防衛省、記者クラブ、大企業などの聖域となりがちな組織の腐敗を追及しはじめる。2009年、版元「インシデンツ」を設立し、代表者。2014年、国際ジャーナリスト組織「国境なき記者団」から「100人の報道のヒーロー」として日本人で唯一表彰された。
著書に『警察庁出入り禁止』(風雅書房)、『報道されない警察とマスコミの腐敗』(インシデンツ)、『安倍晋三秘書が放火未遂犯とかわした疑惑の「確認書」』(同)、『隠蔽された無罪の証拠 東電OL殺人事件』(同)、『記者クラブとは』(同)、『本当にワルイのは警察』(宝島社)などがある。

アマゾン著者ページより

今週の寺澤有さんのFacebookから





吉村洋文大阪府知事と「武富士スラップ訴訟」について

八百屋長兵衛🍡OSAKA @rook0081

先々月に続いて、先月も、2カ月連続で、 吉村洋文大阪府知事が「武富士スラップ訴訟」でしたこと|寺澤有|note note.com/yuterasawa/n/n… が、「もっとも多く読まれた記事の1つ」となり引き続き全国的に高い関心 pic.twitter.com/sJXYxHVBa3

2020-07-06 13:01:39
拡大
拡大
※スラップ(SLAPP=Strategic Lawsuit Against Public Participation)訴訟とは、勝訴が目的ではなく、相手の言論を封じ込めるのが目的の名誉毀損訴訟。司法制度を悪用するもので、アメリカなどには反スラップ法がある。
リンク note(ノート) 吉村洋文大阪府知事が「武富士スラップ訴訟」でしたこと|寺澤有|note 吉村洋文大阪府知事が武富士の代理人弁護士としてスラップ訴訟に手を染めていたことがクローズアップされています。 では、そのスラップ訴訟の詳細は、どのようなものだったのでしょうか。 私が『週刊プレイボーイ』(集英社)2004年3月2日号にまとめた記事があります。 それを以下に再公表しますので(最小限の加除訂正あり)、吉村知事を擁護する人も批判する人も、正確な事実関係を知ったうえで議論してください。 ※スラップ(SLAPP=Strategic Lawsuit Against Public Participati 468 users 3161

(左)寺澤有氏は、消費者金融の武富士から仕掛けられた言論弾圧訴訟で2億円を請求された。寺澤氏が逆に訴えた裁判では、武富士の訴訟は「不当提訴」で「不法行為」と認定され確定。(右)吉村洋文氏は、不当訴訟で不法行為と裁判所に認定された武富士訴訟の代理人を務めていた。

リンク MyNewsJapan 吉村洋文・大阪府知事が不法行為の“実行犯”として加担した黒歴史 武富士2億円言論弾圧訴訟の全貌――完勝のジャーナリスト「弁護士の違法行為は許されない」|MyNewsJapan 「吉村さんは、まだ若いのに将来に傷がつくなあ、かわいそうだな、と思っていたんですね」。こう振り返るのは、サラ金大手・武富士から名誉棄損で2億円請求される裁判を03年に仕掛けられたジャーナリスト・寺澤有氏だ。その代理人として訴訟実務を担った... 275







八百屋長兵衛🍡OSAKA @rook0081

スラップ訴訟は「違法行為」という社会認識を広める必要性 【基調講演・寺澤有氏】吉村洋文(大阪府知事)と2億円言論弾圧訴訟の全貌~第127回草の実アカデミー - YouTube youtube.com/watch?v=zPPUKY…

2020-06-22 14:56:38
拡大
八百屋長兵衛🍡OSAKA @rook0081

東京地裁が全く根拠のない不当な訴訟(不当提訴)と認定し確定 吉村氏が書面の作成など実務担当か 【基調講演・寺澤有氏】吉村洋文(大阪府知事)と2億円言論弾圧訴訟の全貌~第127回草の実アカデミー - YouTube youtube.com/watch?v=zPPUKY…

2020-06-22 15:26:47
拡大
八百屋長兵衛🍡OSAKA @rook0081

<弁護士の利益> 弁護士会が名誉毀損訴訟の高額化を是認 武富士側の当事者:弁護士の方から名誉毀損訴訟の発案がある 武富士オールスターズ:弘中・塩崎・熊谷 【質疑応答・林克明×寺澤有氏】吉村洋文(大阪府知事)と2億円言論弾圧訴訟の全貌~第127回草の実アカデミー youtube.com/watch?v=aNDRTN…

2020-06-22 15:55:58
拡大
リンク note(ノート) 武富士=警察 悪の癒着|寺澤有|note 私が「武富士と警察との癒着」を『週刊プレイボーイ』(集英社)で追及しはじめたのが2003年5月。すぐさま武富士は吉村洋文弁護士(現大阪府知事)らを代理人とし、私と集英社にスラップ訴訟をしかけてきます。この経緯については、〈吉村洋文大阪府知事が「武富士スラップ訴訟」でしたこと〉で書きました。 では、武富士や吉村弁護士が封印しようとした「武富士と警察との癒着」とは、どのようなものだったのでしょうか。 この問題は国会でも取り上げられ、同年7月、警視庁は警察官3名を処分せざるをえなくなります。しかし、その処分は激 5 users 103
八百屋長兵衛🍡OSAKA @rook0081

2003年12月武井保雄会長逮捕でCM自粛 >その間、安田美沙子(アイフル)、小野真弓(アコム)、井上和香(プロミス)というライバルたちのイメージキャラクターが消費者に浸透した カネは魔物 武富士事件(上)|寺澤有|note note.com/yuterasawa/n/n…

2020-06-09 20:07:23
リンク note(ノート) カネは魔物 武富士事件(上)|寺澤有|note 武富士事件は、消費者金融最大手のトップが逮捕されるという衝撃的な事件でした。これをキッカケに武富士は転落していき、最後は倒産の憂き目にあいます。 とはいえ、武富士事件から時間が経ち、人々の記憶は薄れています。また、事件自体を知らない若い世代もいます。 そこで、私が『日本タブー事件史』(宝島社)に書いた武富士事件に関する記事を再公表します(最小限の加除訂正あり)。記事は2004年12月に発表されており、まだ事件のさなかですから、生々しさが感じられます。 記事〈吉村洋文大阪府知事が「武富士スラップ訴訟」でした 1 user 83
リンク note(ノート) カネは魔物 武富士事件(中)|寺澤有|note 金額欄が空白の和解文書 2003年12月15日、武井保雄前武富士会長は電気通信事業法違反(盗聴)で起訴されたときから、執行猶予つきの判決が言い渡されるよう、必死に動いてきた。 検事の冒頭陳述によれば、「武井被告は窃盗、銃刀法違反などの前科10犯があり、強姦未遂の前歴もある(被害女性と示談が成立し、告訴が取り下げられたため、起訴できなかったと思われる)」という。裁判所から「犯罪性向がある」と断じられ、実刑判決が言い渡されてもおかしくない犯歴だ。 武井前会長は1930年1月4日生まれで70代半ばも近く、慢性の 1 user 21
リンク note(ノート) カネは魔物 武富士事件(下)|寺澤有|note なりふりかまわぬ和解工作 検事の冒頭陳述や報道によれば、武井保雄前武富士会長が盗聴していた相手は、山岡俊介氏(ジャーナリスト)以外にもマスコミ関係者や現役社員(取締役も含む)、元社員など、10数名にのぼる。しかし、時効(3年)が成立しているなどの理由で、2004年1月22日、高尾昌司氏(ジャーナリスト)に対する盗聴が追起訴されたのみだ。 武井前会長と武富士(法人として電気通信事業法違反で起訴されていた。最高刑は罰金100万円)は盗聴被害者らとの和解交渉も必死に進めた。 山岡氏には違法提訴と名誉毀損の損害賠 1 user 98
リンク note(ノート) 武富士スラップ訴訟判決(上)|寺澤有|note 吉村洋文大阪府知事が弁護士時代に手がけた武富士スラップ訴訟。これは何も私が「スラップ訴訟」と喧伝しているわけではありません。 東京地裁(タイトル画像)が判決で明確に「(武富⼠と武井保雄前同社会⻑は)事実的・法律的根拠がないにもかかわらず、専ら⾃らに対する原告(寺澤有)からの批判的⾔論を抑圧する意図で、本件名誉棄損訴訟を提起したものと認めるのが相当である」と述べているのです。 この判決の直後、私はブログ『共謀罪反対』に2回に分けて解説記事を書きました。今回、noteで再公表します(最小限の加除訂正あり)。 78
リンク note(ノート) 武富士スラップ訴訟判決(下)|寺澤有|note 東京地裁が「スラップ訴訟」を認定 消費者⾦融⼤⼿・武富⼠(東京都新宿区)と武井保雄前同社会⻑(2006年8⽉10⽇に病死)は、「スラップ訴訟」(恫喝・疲弊訴訟)を筆者へしかけたうえ、同社ホームページで筆者を「ブラックジャーナリスト」などと誹謗中傷した。 これに対し、筆者は「不当訴訟」と「名誉毀損」であるとして、武富⼠と武井前会⻑へ損害賠償2億2000万円と謝罪広告を請求する訴訟を東京地⽅裁判所に提起した。 2007年6⽉26⽇、東京地裁⺠事第45部(⽩⽯哲裁判⻑、吉村美夏⼦裁判官、佐野⽂規裁判官)は判決を 98
リンク note(ノート) 宇都宮健児弁護士が驚いた武富士と記者クラブの闇|寺澤有|note 〈武井保雄氏の最期〉の記事中、以下の記述があります。 〈武井前会長が逮捕されると、ようやく新聞やテレビも武富士を批判しはじめた。それまで、山岡氏が武井前会長らを電気通信事業法違反(盗聴)容疑で警視庁に告訴し、記者会見したとき(2003年5月27日)ですら報道しなかったのである〉 これに関して、2006年2月10日、ブログ『共謀罪反対』に書いた記事があります。記者クラブの闇の深さについて、国民はもっと知るべきでしょう。 以下、最小限の加除訂正をして再公表します。 記者会見すら報道しない記者クラブ 2002年 1 user 215

コメント

コメントがまだありません。感想を最初に伝えてみませんか?