「さすが昔の伝記」江戸時代の怪談書を現代風に翻訳した話『ある猫のせいで娘は結婚できない』が儚くかっこいいと話題に!「鬼太郎にも似た話があった」

こういうのがあると古典って大事なのかなって思う。
200
にょわわ@アリクイ @cmaoyan

「あの猫のせいで娘は結婚できない」 大坂のとある商家のあるじは、飼っている雄猫の処遇に悩んでいた。年頃の娘は評判の器量良し、婿入りした者はいずれ店を継げるとあって、本来なら縁談に困るはずなどない。 それが叶わないのは、長年家にいるブチの雄猫が娘のそばを片時も離れないせいだ。

2020-09-16 08:32:30
にょわわ@アリクイ @cmaoyan

娘が生まれる前からいた猫は、娘がどこに行こうと犬のように傍らにぴったりくっついている。そのさまは我が子を守る親か妻を守る夫かのようだ。 「あの家の娘は猫に魅入られいる。あの家は猫憑きだ」 かような噂が流れ、婿に入ってもよいという者は現れなかった。 「猫をこのままにしておけない」

2020-09-16 08:36:32
にょわわ@アリクイ @cmaoyan

一族協議の末、猫を処分してしまうことになった。 ところがそれを察したか猫は行方をくらましてしまう。 その夜、あるじがふと目を覚ますと、枕元に猫がうずくまって底光りする目でかれを見ている。 あろうことか猫は口をきいて、 「われが娘のそばを離れなかったのは理由がある」

2020-09-16 08:39:51
にょわわ@アリクイ @cmaoyan

「娘は生まれたときよりこの家の、歳古りた鼠の化生(ばけもの)に狙われている。愛着があるこの家なれば、娘を害させるに忍びず、夜昼となく守る役をつとめてきた」と。 あるじはおおいに驚き、「その鼠をなぜ獲らぬのか」と猫に問いただす。猫答えていわく、「向こうのほうが強い」と。

2020-09-16 08:46:18
にょわわ@アリクイ @cmaoyan

「われは齢四十年。鼠の化生は百年である。猫と鼠とはいえ、一匹にては討ち取ること能わず。 大坂は島之内、河内屋市兵衛のもとに虎猫がいる。その虎猫も通力を持つ者なれば、河内屋にいって虎猫を借りてきてほしい。合力すれば鼠を倒せよう」と。 あるじがはっと目を覚ますと猫の姿はすでにない。

2020-09-16 08:50:53
にょわわ@アリクイ @cmaoyan

半信半疑ながらあるじは島之内に足を運んだ。河内屋の門内をのぞくと本当に縁側に虎猫がいる。 河内屋に事情を話し、物は試しに猫を借りてよいか、とあるじは頼んだ。 河内屋はおおいに奇妙がりながらも、身元確かなあきんどのことなればと了承した。 あるじが帰るとすでに店に虎猫がいる。

2020-09-16 08:54:29
にょわわ@アリクイ @cmaoyan

明日人づてに猫を届けてもらうはずだったが、そばで聞いていた虎猫が先回りしていたのである。たしかに尋常な猫とは思われない。 おまけに姿を消していた店のブチ猫が現れ、虎猫と話し込むように顔を寄せ合って鳴いている。 その夜、ふたたびブチ猫があるじの枕元に現れた。

2020-09-16 08:57:26
にょわわ@アリクイ @cmaoyan

「われと虎猫を二階に上げ、鼠の怪を討たせよ」と。 猫たちが二階に上げられて二日後の夜、突如として恐ろしい叫喚がひびきわたり、家屋がきしむ。明らかに獣同士の争う音。震えながらあるじと妻、娘は騒ぎが収まるのを待った。 やがて音は絶え、あるじはおそるおそる二階に上がった。

2020-09-16 09:02:34
にょわわ@アリクイ @cmaoyan

猫の倍はある巨大な鼠がそこには死んでいた。 鼠の喉笛にブチ猫が食らいつき、毛皮を血に染めてこれまた息絶えていた。 虎猫は瀕死であったがこちらは生きており、手当てして回復を待ち、河内屋へ厚い礼とともに送り返した。

2020-09-16 09:05:56
にょわわ@アリクイ @cmaoyan

あるじは娘を守ったブチ猫のために人と変わらぬ墓を立て、手厚く葬り、子々孫々恩を忘れず供養していくようはからったという。 江戸時代の怪談書『耳袋』収録の話。

2020-09-16 09:08:03
にょわわ@アリクイ @cmaoyan

化け猫や化け狐のこういうお話いいよね。 拙作宣伝、こっちは狐の異類婚姻譚。 ncode.syosetu.com/n7565bp/

2020-09-16 12:46:07

面白い!

20⬆日明凛音(ねこ一期)まだ冬眠中 @yui1maria3313

@cmaoyan もしかすると、虎猫はまだ若いから、ぶち猫がトドメをかって出たのかな···、とも思いましたにゃ(ねこ一期、涙を拭いながら)それに娘御を守るのは、ぶち猫の想いだから···ううっ、なんて!にゃっこいい!(ねこ一期泣き崩れる)

2020-09-17 03:54:41
にょわわ@アリクイ @cmaoyan

@yui1maria3313 省きましたが実はあるじが見つけたとき虎猫は鼠の腰にしがみついて牙をたててるんですよね。喉笛に食らいついてるブチ猫は鼠の牙に頭部をやられて死んでるので、より危険かつ確実に刺し違える部位への攻撃をブチ猫が担当したのはありそうです

2020-09-17 06:43:03
六線沢~Яokuƨenzawa⋈~ @Exodus_Solidus

@cmaoyan ブチ猫氏は哀れにも闘いで落命…🥺 大阪にもう一匹くらい神通力をもった猫氏がいたなら…あるいはみな助かったかもしれませんね😢

2020-09-16 15:23:16
にょわわ@アリクイ @cmaoyan

@Exodus_Solidus 相討ちになったからこそ壮烈で美しい話となっている面もありますが、死んで欲しくなかった人も多そうですね·····

2020-09-16 15:30:18
やつで @yatsude_katsu

@cmaoyan うちの街にも、難破船から海岸に流れ着いた猫を助けた住職が、旅の僧に化けた化け鼠に狙われているのを、その猫と隣の猫によって退治されるって話が残っていますね。猫、鼠ともに塚があって祀られています。

2020-09-16 17:44:30
にょわわ@アリクイ @cmaoyan

@yatsude_katsu 茨城の十三塚の話とはまた別なのかな。各地に似ていてちょっとずつ違う伝承があるのは面白いですね。

2020-09-16 17:49:13
茶沢山 @cyatakusan1

@cmaoyan 娘と結婚するともれなく猫が付いてくる・・・ お得じゃないですか! 何で誰も結婚せぇへんかったんや!!

2020-09-16 14:23:44
にょわわ@アリクイ @cmaoyan

@cyatakusan1 化け猫はやっぱり気味悪がられる時代だったので·····

2020-09-16 14:28:58
トナキコ @vcP3wXkxfOcDBN8

@cmaoyan 猫って妖怪になると人に仇なす存在として描かれるイメージがあるけど、こんな話もあるんだ!

2020-09-16 17:25:34
にょわわ@アリクイ @cmaoyan

@vcP3wXkxfOcDBN8 祟る妖物の面もあれば守護者にもなる、狐もそうですが二面性が興味深いですよね

2020-09-16 17:39:12
天狼 @lEhdAvspGDBbNmU

@cmaoyan 流石昔の伝記 そこら辺の小説より面白かった

2020-09-16 19:05:39
残りを読む(35)

コメント

ろんどん @lawtomol 2020年9月17日
これをキッカケに、皆さんが「耳嚢(耳袋)」を読んでくれると嬉しい
24
空モッコ @YESyakitori 2020年9月17日
悲しくもカッコいい、ヒーローの鑑
12
mobarpg @mobarpg 2020年9月17日
「猫絵十兵衛」はこれらの昔話を元にしたネタがたくさんある。大蛇に魅入られた花魁を命と引き換えに守る猫、己の目と引き換えに主の目を治す猫、途中のツイートにもある和尚を守る話もあるよ。
16
タカー @VVkcu 2020年9月17日
ブチ猫かっこいい。意外なヒーローという類型では早太郎伝説とも似ている気がする。http://kotodama.日本伝.com/猿神退治/
6
谷梅之助 @umenosuke_tani 2020年9月17日
載せて頂いて恐縮です。もう何十年も前に見たものを記憶を掘り起こしながら書きましたが、記憶違い等がございましたら、ご容赦下さい。
0
愚者@勇者部満開14不参加 @fool_0 2020年9月17日
切ない結末だけど、そこに美しさを感じてしまうなあ……
1
あさぎ @asagi8 2020年9月17日
信州信濃の善光寺、しっぺい太郎に知らせるな
8
alan smithy @alansmithy2010 2020年9月17日
耳袋を京極夏彦が現代訳した「旧(ふるい)怪談―耳袋より」て本もある
0
あさき @asaki_knnk 2020年9月17日
なんの縁もゆかりもないのに助力して瀕死になるまで戦ってくれる虎猫カッコいい
56
椎名 @tabataroh 2020年9月17日
じゃりン子チエの絵柄で想像してしまった
3
未知神明(みちがみ・あきら) @ontheroadx 2020年9月18日
「耳袋」現代語訳で読むだけなら東洋文庫版がいいかもです。
0
他地野健 @ryougoku42 2020年9月18日
猫が護りたかったのは飯食ったりトイレ行ったりしてる生活だから、戦ってる下で平和に生活しててもいいんじゃよ
2
Haruka McMahon @regicat 2020年9月18日
tabataroh まとめで「虎猫はまだ若い」と想像してた人いましたが、その通りだとするとちょうど小鉄とジュニアみたいな。
4
語るおじさん(おじさん) @ojisan_think_so 2020年9月18日
一方犬はヒグマを倒すため全国をまわって仲間を集めた
3
シオシオ神殿 @WsaltTemple 2020年9月18日
耳袋はぎりぎり注釈なしでも読めるし、当時の噂話の覚書なんでいろいろ楽しい。余計な注釈とか少なくて淡々と事実のみ書いてるところもいい。
1
特権階級12歳 @_sleep_late_ 2020年9月18日
これ講談にしたらめちゃくちゃ面白いんじゃないか
0
ボリゲル @borigeru 2020年9月18日
ゆるキャン△によって全国的にお馴染みになった(?)霊犬早太郎の伝説もこういう話の流れでしたね。特別な動物(や道具等?)を借りてきて物語を解決するという定型なのか。事件が解決できても結局犠牲は生まれてしまうというような所も...
1
鱶森 @sHark_plus0 2020年9月19日
ojisan_think_so 今はミュージカルになって舞台でも熊と戦っている
1
九十九 @hakqq 2020年9月19日
戦死した気高きもののふに人々は涙する「ああ、さすがにブチ(武士)だ!」
0
おでん @0xlz1GZMhhJWeLU 2020年9月19日
猫が死ぬならそう書いておいて欲しかった……
0
語るおじさん(おじさん) @ojisan_think_so 2020年9月19日
sHark_plus0 それは風になり舞台へRUNエンドRUNやな!!
1