すおめんさんの語る合理主義と損得主義

合理的思考が合理的結果になるとは限らない、というお話。 前回のすおめんさん語りはこちら。「すおめんさんの語る「議論にメタ論法とポストモダンを持ち出したら負けって知らない男の人って……」プラス」 http://togetter.com/li/153558
損得主義 マジョリティ 合理主義 マイノリティ
heli0st 3224view 2コメント
24
ログインして広告を非表示にする
  • すおまりねん @suomarinen 2011-07-13 22:37:28
    合理主義と損得主義その1~連投になりますがちょっとした考え方の話をツイート。合理的思考が合理的結果になるとは限らないというテーマで自分の視点の多様性を見直す為のものですが、人によっては「こいつ俺のことdisってやがるな」と思われれるかも。その時はすみません。
  • すおまりねん @suomarinen 2011-07-13 22:37:40
    合理主義と損得主義その2~「合理的思考は合理的行動に繋がる。合理的である事は正しい」という思考を合理主義と定義します。それに対して、「結局の所それは得なの?損なの?」という思考を損得主義と定義します。ここからサンプルを1つ出します。
  • すおまりねん @suomarinen 2011-07-13 22:37:47
    合理主義と損得主義その3~ある少年は都会に済んでいましたが、家庭の事情で寂れた農村に引越ししてきました。 その農村には言い伝えがあり、「山の社に夜近づくと、山の神に祟り殺される」というのがあったとします。村人はみんなそれを強く信じています。
  • すおまりねん @suomarinen 2011-07-13 22:37:53
    合理主義と損得主義その4~合理主義である少年は「山の神が祟るなんて事はありえない」と考えました。 これは合理的な思考と言えるでしょう。 ですが、「実際に夜中に山の社に行って、迷信であることを証明してやる」となったとすると、これは合理的?
  • すおまりねん @suomarinen 2011-07-13 22:37:58
    合理主義と損得主義その5~とりあえず合理的思考の結果、夜中に山の社に行くと決心したとします。しかし、農村が祀る山の社なんてのは、大抵が農業用水に関するもの。つまり、社の周りは用水路が一杯ある訳です。そんなところ土地勘のない都会っ子が夜に踏み込めばどうなるか。
  • すおまりねん @suomarinen 2011-07-13 22:38:04
    合理主義と損得主義その6~当然のごとく、真っ暗闇の中、足を踏み外して用水路にドボンして溺死してしまう訳ですな。 少年は合理的な思考をしていたはずです。しかし、「実際に夜中の山の社に踏み込む」という行動は合理的だったのでしょうか?
  • すおまりねん @suomarinen 2011-07-13 22:38:09
    合理主義と損得主義その7~少年は死んでしまったのですから、自殺志願でもない限りは「損」とみなせます。 そして、「山の神の祟り」は少年の溺死によって一層つよい迷信になりますから、「迷信を打ち砕く」という目的も果たせないことになります。
  • すおまりねん @suomarinen 2011-07-13 22:38:15
    合理主義と損得主義その8~ここで少年が損得主義だった場合はどうなるかというと、村人が迷信を信じていたところで、特に何も損は無い訳です。夜中に社に行くのは難しいでしょうが、行ったところで得がある訳ではありません。適当に信じている振りをしているのが「得」となります。
  • すおまりねん @suomarinen 2011-07-13 22:38:24
    合理主義と損得主義その9~どちらが「正しい」のかは私は判定はしません。ただ、合理的思考が常に合理的行動につながる訳ではないこと、そして望ましい結末になる訳では無い、という事は言えると思います。つまり合理的思考だけではない、もう一つの視点として、損得主義はアリという事です。
  • すおまりねん @suomarinen 2011-07-13 22:51:32
    合理主義と損得主義その10~ここから別な例になりますが、「行き過ぎた男女平等が、男への逆差別になっている」的な主張を挙げます。 確かに、男女平等と言いながら実質的に女性優遇なケースはあるのは同意します。
  • すおまりねん @suomarinen 2011-07-13 22:51:38
    合理主義と損得主義その11~そのような時に使われる論法として「ハナから女性優遇を訴えるフェミはまだ許すが、男女平等を言いながら実質女性特権を狙うジェンフリは許しがたい」というのがあります。 この主張には私は合理性はあると思います。
  • すおまりねん @suomarinen 2011-07-13 22:52:07
    合理主義と損得主義その12~この合理的思考を行動に結びつけると「男女平等、ジェンフリを叩け」となってしまうかもしれません。 でも、その路線の行動は本当に自分たちにとって「得」な結末になるのでしょうか?
  • すおまりねん @suomarinen 2011-07-13 22:52:14
    合理主義と損得主義その13~合理主義オンリーだと、「俺の思考は合理的だ、だから正しい」で終わりです。 そしてマジョリティ側であればそれで正解です。あなたの主張は通るでしょう。 しかし本当にマジョリティなのでしょうか? 実際は男女平等論の方がマジョリティでは無いですか?
  • すおまりねん @suomarinen 2011-07-13 22:52:20
    合理主義と損得主義その14~合理主義オンリーだと、「俺の思考は合理的だ、だから正しい」で終わりです。 そしてマジョリティ側であればそれで正解です。あなたの主張は通るでしょう。 しかし本当にマジョリティなのでしょうか? 実際は男女平等論の方がマジョリティでは無いですか?
  • すおまりねん @suomarinen 2011-07-13 22:52:49
    合理主義と損得主義その15~損得主義的に考えると、現状マジョリティの男女平等論に喧嘩を売ってもロクな結末になるとは考えません。 合理を捨てて男女平等論に組しつつ、「行き過ぎた逆差別を撤廃」というのを妥協点とし、ジェンフリを利用するという手法も「ひとつの手」です。
  • すおまりねん @suomarinen 2011-07-13 22:52:55
    合理主義と損得主義その16~自分がマイノリティで有る事を前提とした場合、望ましい結末を得るには合理的なだけではダメな場合もあるのではないか? というのがこの思考実験。 もちろん、合理的な行動をコツコツ続けたほうが望ましい結果になるかも知れませんけどね。
  • 続きのようなもの。

  • すおまりねん @suomarinen 2011-07-14 00:11:36
    子供をダシに原発廃止させようというのはおかしい理論より、こっちもベビーカー動員して「子供たちに豊かな未来を」的なバトルをする所が現れたらどうなるだろうか。
  • ななリス @nana_lis 2011-07-14 00:12:30
    親同士の子どもを無視した喧嘩が始まる RT @suomi_hosi: 子供をダシに原発廃止させようというのはおかしい理論より、こっちもベビーカー動員して「子供たちに豊かな未来を」的なバトルをする所が現れたらどうなるだろうか。
  • すおまりねん @suomarinen 2011-07-14 00:15:59
    @br117 少し前の連投でも書いたけど、「合理的思考」で「電力危機回避の為に原発を当座は動かす」派は勝てないんじゃないの的な思考実験があるんですよね。合理的思考が合理的行動、そして追求する結末につながっていない的な何か。
  • tajima @tajima03 2011-07-14 00:15:53
    母が前者・父が後者→離婚→暗い未来→やっぱり原発わ悪い RT @suomi_hosi 子供をダシに原発廃止させようというのはおかしい理論より、こっちもベビーカー動員して「子供たちに豊かな未来を」的なバトルをする所が現れたらどうなるだろうか。
  • すおまりねん @suomarinen 2011-07-14 00:18:26
    @tajima03 「アグネス戦術」が現実として有効であることは事実であり、「当座の電力危機の回避に原発と動かすしか無い」派はすでにマイノリティ側になったことから、合理性の外からのアプローチも思考実験の価値があるんじゃないかな的な何か。

コメント

カテゴリーからまとめを探す

「ネタ」に関連するカテゴリー