編集可能 アプリで作成
2020年11月25日

カルタゴに塩は撒かれていない

62
cuniculicavum @cuniculicavum00

「カルタゴに塩はまかれていない」という端的な訂正の言説から、「塩は貴重なので呪いの儀式に少量が使われた」とか「伝承はあるが史実ではないという説がある」といった新たな誤解が生じていく様子が興味深いです…

2020-11-25 08:05:59
cuniculicavum @cuniculicavum00

カルタゴの破壊と塩の問題についてはWikipediaの「塩土化」項目にもまとめられているのですが、英語版より省略されていることもあり、多少わかりにくい気がします。 en.m.wikipedia.org/wiki/Salting_t… 参照元の文献に基づいて議論の流れを整理してみます。

2020-11-25 08:06:40
リンク Wikipedia Salting the earth Salting the earth, or sowing with salt, is the ritual of spreading salt on conquered cities to symbolize a curse on their re-inhabitation. It originated as a symbolic practice in the ancient Near East and became a well-established folkloric motif in the M 1 user
cuniculicavum @cuniculicavum00

まず、Ridleyが次のように論じました。 ①4,5世紀頃までの古代文献に塩は一切あらわれない。 ②ローマ人の儀式で都市の破壊と塩を結びつけるものも見当たらない。 ③近代の歴史学者による誤った記述が起源である。 1930年のCambridge Ancient HistoryにあるB. Hallwardのものが始まりではないか。

2020-11-25 08:07:33
cuniculicavum @cuniculicavum00

④士師記9.45のシケム破壊と塩まきの逸話に代表される近東の事例に影響を受け、叙述に入り込んだのではないか。 Ridley, R. T. “To Be Taken with a Pinch of Salt: The Destruction of Carthage.” Classical Philology, vol. 81, no. 2, 1986, pp. 140–146.

2020-11-25 08:08:23
cuniculicavum @cuniculicavum00

そして、Stevensが検討を進めます。 ①塩が後代の付加であることには同意。 ただし、歴史学者ではない非専門家の記述ではHallward以前の1912年に現れており、おそらく19世紀中後半にまで遡る。

2020-11-25 08:09:42
cuniculicavum @cuniculicavum00

②中世イタリアの都市年代記において都市を破壊し塩をまいたとする記述が見られる。旧約聖書の影響による叙述ではないか。 cf. アッティラのパドゥア破壊   フリードリヒ・バルバロッサのミラノ破壊

2020-11-25 08:10:46
cuniculicavum @cuniculicavum00

③Ridleyは土地をすき返したという話も近代の創作としたが、何らかの儀式が行われ土地が宗教的禁忌とされたのは事実ではないか。 ローマ人も都市の建設や破壊の際にすきを引く儀式を持っていたと思われる。

2020-11-25 08:12:19
cuniculicavum @cuniculicavum00

Stevens, Susan T. “A Legend of the Destruction of Carthage.” Classical Philology, vol. 83, no. 1, 1988, pp. 39–41.

2020-11-25 08:13:55
cuniculicavum @cuniculicavum00

Visonàも、1905年の紀行文に塩とすきが記述されていることを指摘しています。 Visonà, Paolo. “Passing the Salt: On the Destruction of Carthage Again.” Classical Philology, vol. 83, no. 1, 1988, pp. 41–42.

2020-11-25 08:14:28
cuniculicavum @cuniculicavum00

最後に、Warmingtonの議論は次のとおりです。 ①中世イタリアの歴史的事例として、1299年のパレストリーナの破壊について「カルタゴのようにすき返し、塩をまいた」とする教皇ボニファティウス8世の言及がある。

2020-11-25 08:15:29
cuniculicavum @cuniculicavum00

②ボニファティウスは都市破壊時のすき返しの知識をカルタゴの名前を挙げている古代の法学者モデスティヌス(Digest. 7.4.21)を通じて得たのだろう。 ③ボニファティウスの塩の知識は旧約聖書からではないか。 ④パレストリーナの事例がパドゥアとミラノの伝説に影響を与えたのではないか。

2020-11-25 08:16:51
cuniculicavum @cuniculicavum00

⑤5世紀に初期ビザンティンの教会史家ソゾメノスもペルシア王によって都市がすき返され種(塩ではない)がまかれたと記している。 HE.2.14 ⑥ボニファティウスの行為はGregoriviusが1900年に刊行した書籍に詳述されており、Hallwardもこれを読んだのではないか。

2020-11-25 08:17:42
cuniculicavum @cuniculicavum00

Warmington, B. H. “The Destruction of Carthage: A Retractatio.” Classical Philology, vol. 83, no. 4, 1988, pp. 308–310.

2020-11-25 08:18:44
cuniculicavum @cuniculicavum00

また、Wikipedia「塩土化」では、The New American Cyclopædiaという19世紀中頃の百科事典で既にカルタゴがすき返され塩をまかれたという記述があることを示しています 。

2020-11-25 08:20:14
cuniculicavum @cuniculicavum00

以上で、Wikipedia「塩土化」から離れます。 結論として、 カルタゴの破壊において、塩は「目的・分量を問わず使用されていない」ということになると思います。

2020-11-25 08:23:38
cuniculicavum @cuniculicavum00

ちなみに、カルタゴ市内の発掘調査により、建造物に破壊と火災の痕跡はあるものの基部から取り除かれてはいないことも分かっています。 Le Bohecは、建造物の残骸が散らばっていてすき返すのは不可能であり、ローマ人の行った儀式も影響が残るようなものではなかったとしています。

2020-11-25 08:27:03
cuniculicavum @cuniculicavum00

Le Bohec, Yann. "The "Third Punic War": The Siege of Carthage (148–146 BC)". In Hoyos, Dexter (ed.). A Companion to the Punic Wars. Chichester, West Sussex: John Wiley.  2011, 442f.

2020-11-25 08:27:33
HowlingUnderdog @HowlingUnderdog

@cuniculicavum00 城割と同じように、もう使えないという儀式をやったということですかね? 例えば港や城壁を破壊したとか。

2020-11-25 17:46:55
cuniculicavum @cuniculicavum00

@HowlingUnderdog 建造物も破壊されたのですが、加えて都市としての死を意味する象徴的な儀式が行われたかどうかが議論の焦点の一つとなっています。 跡地を「すき返して耕す」行為がそれにあたると考えられています。 ※塩は使いません。

2020-11-25 18:27:57

コメント

ろんどん @lawtomol 2020年11月25日
まあ「鋤きかえした」より「塩を撒いた」の方がインパクトあるしね…しかし興味深いです
18
オムレツ系おみおつけ @bon__19 2020年11月25日
こういうのを厳密に検証した人の話だけで飲める
16
@nekooka 2020年11月25日
海砂がなくなっているみたいな記事を読んで色々大丈夫なんかいなと思ったことを思い出した。
0
mee @mee76800317 2020年11月25日
ローマに相撲取はいないからな。それに塩を撒いたら皇帝が宿泊しに来てしまう。
7
神無月 @sanpai2929sii 2020年11月26日
給料代わりに使っていたものをそんな贅沢に撒くのかね。せいぜい海水を汲んで撒いた方が現実的だよね。それでも一国の畑全部にそれやるとそうとう重労働だよねと思っていたけど、やっぱやってなかったのね
8
ミサイル @junko_missile 2020年11月26日
全軍でおしっこすれば塩土化できたりして。
1
DWIW@柿食えば_鐘がなるなり_モドリッチ @IWDWIW 2020年11月26日
こういうコツコツとやってきた研究のおかげで自分の常識が変わって助かった。「カルタゴが滅ぼされた後、二度と復興できないようの塩を撒かれた」と信じてたから。
3
Tの人@アホの子 @Aho_The_T 2020年11月26日
この時代に長期間塩害を引き起こせる量の塩は調達できないとか聞いたけど真偽はしらぬい
0
本坊ゆう @homboyu 2020年11月26日
塩野七生の「ローマ人の物語」では塩撒いた説だったような。あれ不思議だったんだよね。 ①塩ってかなり高価なものだったので、勿体ない ②地中海沿岸有数の穀倉地帯だったカルタゴの土地をローマも利用できなくなる ③ローマ時代のカルタゴ遺跡がある以上、カルタゴは「塩土化」していない。
5
LED @pax_lucis 2020年11月26日
大カトーもびっくり
0
toget9999 @toget9999 2020年11月26日
後世のために書き残しておくと、天穂のサクナヒメで田んぼに塩を撒きすぎるプレイングが「カタルゴ農法」と呼ばれるようになったのが議論の発端です
13
デストラーデ◆F4ajUBsOKk @destradefromonj 2020年11月26日
ともあれカルタゴ滅ぶべし、慈悲はない
2
kenjirou_takasima @kenjirou 2020年11月26日
言われてみれば大量に塩まくの大変だよなと思ったわ…
2
醤油屋 @koikuthi 2020年11月26日
カルタゴじゃなかったけど『クリスタル・ドラゴン』でローマが征服地に塩を撒いてたような… ミスなのかなんてこった
1
GOGⅡ @Pantsahow 2020年11月26日
ちなみに畑に塩を撒いたり海水を撒く農法は実在します。
2
カエサル(全ての権力をスベテノへ) @caesar_SPQR 2020年11月26日
塩野七生は「カルタゴは破壊された上に塩を撒かれた」と書いていて、同時期にはギリシャのコリントも同じようにやられたと書いているが、ここで言う「塩土化」の意図で為されたとは書いていない(呪術的なものという認識と思われる)。同時代の史料にそのような記述がないのならば、一体何を見てそう断定するに至ったのだろうか。
1
冷泉鷹章加賀亜相 22晩冬・甲(甲)??? 3回目 3/17 接種済 @teika_reizei_re 2021年7月29日
第一、地質調査機器の発明と同時に「コレ農耕や鉱脈の調査だけでなく、考古学用に使えないか?」って考えたらまず真っ先に「本当にカルタゴに塩は蒔かれたのか?」は思いつく事でしょ。教皇領が過去のものになったとはいえ、まだ今より聖書が重んじられてた時代だし。
0
占い羊 @wHozrPpLuqR09za 2021年7月29日
高度な情報戦で尾ひれがついたんじゃないの。塩を撒くほど余裕があるという意味か、農地を破壊するほど残虐という意味かは知らんけど
0