Togetter/min.tを安心してお使い頂くためのガイドラインを公開しました。

何故インフルエンザは流行らず、新型コロナが感染拡大を続けているのか

コロナはいずれ風邪のひとつになるのではという話
37
鬼塚健太郎@全集中エントロピーの呼吸 @KentaroOnizuka

新型コロナ対策で、今年はどうやらインフルエンザが流行っていない。昨年もインフルエンザを含めた冬型感染症が通常よりも数ヶ月早く、2月半ばで収束したことを記憶している。 しかし、新型コロナは感染拡大を続けている。なぜか? つづく

2021-01-06 14:15:07
鬼塚健太郎@全集中エントロピーの呼吸 @KentaroOnizuka

コロナウィルスはインフルエンザと比べて、ゲノムサイズが大きく、感染後の増殖速度が遅い。その結果、コロナウィルスの場合、免疫力の強い人(子供など)は感染して増殖中に免疫獲得が可能で、無症状或いは軽症で回復する。しかし、感染から回復までの間に周囲に感染を広げることになる。

2021-01-06 14:20:03
鬼塚健太郎@全集中エントロピーの呼吸 @KentaroOnizuka

一方、インフルエンザ増殖速度が速いので、感染後すぐに発症する。免疫系がウィルス増殖速度に対応できないからだ。 つまり、感染から一日二日で医者に行くか自主隔離することになる。また、すぐに発症するから、どこで感染したかも分かりやすい。

2021-01-06 14:25:02
鬼塚健太郎@全集中エントロピーの呼吸 @KentaroOnizuka

よく、ウィルスは変異が激しいから、免疫はすぐに効かなくなる、とかいうけれど、それは間違い。 まず、感染すると、免疫を獲得し、抗体を大量に作りウィルスを撃退する。しかし、抗体を大量に保持すると、様々な病原体に対する抗体で血液がドロドロになってしまう。

2021-01-06 14:31:32
鬼塚健太郎@全集中エントロピーの呼吸 @KentaroOnizuka

だから、周囲に病原体がいなくなったら、その病原体に対する抗体は廃棄される。これを「抗体価が下がる」という。しかし、抗体の作り方はしっかり記憶されているので、抗体価がゼロになった状態で、再び同じ病原体に感染すると、レシピに基づいて抗体を作り、重症化前に病原体を撃退する

2021-01-06 14:34:18
鬼塚健太郎@全集中エントロピーの呼吸 @KentaroOnizuka

この、抗体の作り方を記憶した状態が、免疫記憶。 コロナウィルスの場合、一度感染して免疫記憶を獲得し、抗体価がゼロになったあと、再度感染すると、増殖速度が遅いので、重症化前に抗体を大量に作って撃退できる。これが、季節性の「コロナ風邪」。春になって流行が終わると、抗体価がゼロになる。

2021-01-06 14:39:58
鬼塚健太郎@全集中エントロピーの呼吸 @KentaroOnizuka

ところが、インフルエンザウィルスは、増殖速度が速いので、一度感染したことのあるインフルエンザウィルスで、免疫記憶があったとしても、抗体価がゼロだと、抗体を作っている間に発症する。だから、事前にワクチン接種して抗体価を高くしておかないと、感染して、重い症状が出る。

2021-01-06 14:43:36
鬼塚健太郎@全集中エントロピーの呼吸 @KentaroOnizuka

というわけで、免疫記憶はほぼ一生もんなので、これは少々ウィルスが変異しても有効。そうでなければ、普通の風邪コロナが毎年流行って、多数の重症者や死者が出るはず風邪コロナのOC43などは、1889年の感染拡大では全世界で100万人の死者を出したが、以降はただの風邪コロナになっている。

2021-01-06 14:48:48
鬼塚健太郎@全集中エントロピーの呼吸 @KentaroOnizuka

現在、ほぼ世界中の人々がだいたい6歳くらいまでにOC43に感染しているので、免疫記憶を獲得していて、以降、大人になって感染しても、無症状やただの風邪で済む。ただし、OC43も乳幼児の初感染では39℃くらいの熱が出たり、大人の感染者の6%くらいは重篤な気管支炎や肺炎に至るという研究もある。

2021-01-06 14:52:24
鬼塚健太郎@全集中エントロピーの呼吸 @KentaroOnizuka

現在、猛威をふるっている新型コロナウィルス(SARS-CoV-2)も、子供の場合は、ほぼ無症状か軽症で死亡者も大変少ない。 しかし、大人が感染すると、発症することが多く、かなり高い確率で重症化し、致死率も1%を超える。 これは大人で「初感染」するから。 まさに、1889年のOC43のパンデミックと同じ。

2021-01-06 14:58:43
鬼塚健太郎@全集中エントロピーの呼吸 @KentaroOnizuka

よって、今後、ワクチンは重症化リスクの高い人から順次接種を進めるべきだ。 また、ワクチン接種しても、抗体価は数ヶ月でゼロになるから、冬場になれば、感染し、新型コロナ風邪を引くことになる。 ただし、ワクチン接種はインフルエンザと違い、毎年する必要はない

2021-01-06 15:10:30
鬼塚健太郎@全集中エントロピーの呼吸 @KentaroOnizuka

では、今後、どうなるか。 SARSのような完全収束はほぼ無理だ。 よって、ほぼ全員が感染経験するか、ワクチンによって免疫「記憶」を獲得すれば、重症化する人は非常に少なくなり、致死率も大きく下がる。つまり、ただの「風邪コロナ」の一つになるはずだ

2021-01-06 15:04:30
鬼塚健太郎@全集中エントロピーの呼吸 @KentaroOnizuka

ただし、全ての大人が感染経験するか、ワクチン接種して免疫記憶を持つ状況にならないうちは、感染予防策は取り続ける必要がある免疫記憶があっても、普通に感染し、ウィルスを撒き散らすからだ。 ワクチン接種では粘膜でウィルス撃退するIgA抗体を誘導できない。 集団免疫は、完全に幻想だ。

2021-01-06 15:17:07
鬼塚健太郎@全集中エントロピーの呼吸 @KentaroOnizuka

つまり、あと数年間は現在と変わらず、毎日、全国の新規感染者数を眺め、そして、時に自粛要請が出たり、場合によっては緊急事態宣言が出たりするし、みんなマスク着用で、三密を避けるとか、リモートワークとかいう状況はつづく。 ワクチン接種が順調に進めば、来年には「コロナ明け」かもしれない

2021-01-06 15:27:23

コメント

hoyohoyo4545 @hoyohoyo4545 2021年1月6日
ある程度ワクチンと治療薬が出回れば収束扱いして感染症も5類に下げる感じかな(1年間続くからそれに準ずる状態にするかもしれん) ただこの論なら何で欧米や欧州は死者が大量に出て、アジアは比較的大人しめなのかが分からん(論に添うなら世界どこでも死者率が殆ど同じになるはず) どっちにしても夏頃にはワクチンと相まって去年並みに抑えられるんじゃないかな? それまでは色んなところで言ってるけども『うがい手洗い、マスク、換気、人混みを避ける、休養と栄養』で騙し騙しやると
5