編集可能
2011年7月23日

「楽しい人生」と「楽な人生」は似て非なるもの

人生はパイナップル畑の草刈りに似ているかもしれない。草刈りにこそ意義があるんじゃないか、草刈りを避ける楽な人生を楽しい人生と勘違いしてないか?という樋口耕太郎 @trinity_inc 氏の一連ツイート。
6
樋口耕太郎 @trinity_inc

人生はパイナップル畑の草刈りに少し似ているかも知れません・・・

2011-07-23 16:43:32
樋口耕太郎 @trinity_inc

雑草に腰の高さまで覆われた畑を目の前にして、戦わずして家に帰ってしまう人がいます。クーラの効いた自宅に帰って、テレビを見て暮らしながら、なぜ自分の人生には「収穫」がないのかと一度しかない人生を嘆いて過ごしています。

2011-07-23 16:43:40
樋口耕太郎 @trinity_inc

ある人は、「楽しく」働くために、「楽しく」草を刈れる場所がないかと、雑草に覆われた畑の周辺を何周も何周もしています。自分が「心から打ち込める」理想の草刈りを探し求め、どの場所から刈り始めるのが「最短」かをいつまでも考えているのです。

2011-07-23 16:45:33
樋口耕太郎 @trinity_inc

「自分探し」「充電期間中」と言いながら時間を稼ぎ、そのうち、どこからともなく良いことが起こることを漠然と期待しながら、人生そのものを先延ばし、時間をつぶしのまま一生を終えます。きっとこの人は、「楽しい人生」と「楽な人生」を混同しているのです。

2011-07-23 16:47:38
樋口耕太郎 @trinity_inc

多くの人は、いかに草刈りを避けるか、楽に草を刈るか、ということに意識と時間を割きますが、人生を豊かにする唯一の方法は、そんな中途半端な効率の議論よりも、今すぐ、まずは一人で、できるところから、膨大(に見える)な作業量に怯まず、目の前の草を刈り始めることでしかないのです。

2011-07-23 16:48:24
樋口耕太郎 @trinity_inc

草刈りに向かう姿が、真摯であることを見た一人が、やがて作業を手伝うようになり、その姿勢に嘘がないということを社会が納得すれば、いつしか多くの人が畑にやってくるでしょう。

2011-07-23 16:48:55
樋口耕太郎 @trinity_inc

人生のゴールを目指して、広大な草刈りを「効率的に」完了しようと、誰しもが「成果」を求めますが、実は、草刈りそのものが、作業の最大の報酬だということを理解できれば、その瞬間から人生は全く別の意味を持ち始めます。

2011-07-23 16:51:22
樋口耕太郎 @trinity_inc

今までは無駄だと思っていたこと、最大の障害だと思っていた「草刈り」自体に、そして、自分がそれにいかに対峙するかということに、人生の本質と意味とそして、想像を遥かに超える幸福が隠されているということを悟るのだと思います。

2011-07-23 16:52:56
樋口耕太郎 @trinity_inc

「楽しい人生」は「楽な人生」と似て非なるものです。最も厳しい人間関係、最も妥協のない生き方、最も単純な役割、最も純粋な愛、最も辛い仕事・・・は「楽な人生」ではないかもしれませんが、「楽しい人生」を送るための近道かも知れないのです。

2011-07-23 17:01:24

コメント

コメントがまだありません。感想を最初に伝えてみませんか?