2021年1月23日

戦場用の十手

捕物・護身用では無い・戦場用の十手に関して
4
某研究者 @boukenkyuu

捕物用十手が使える者が 戦場で刃の有る戦闘用十手を利用と言う例も有るのかだが 分銅鎖付きの物も捕物用でも有るかも知れぬが 此れも戦場利用されたのかだが

2020-12-09 15:05:46
某研究者 @boukenkyuu

捕物だと手盾+十手と言う組み合わせなのかだが 戦場でも手盾・陣笠と 戦闘用十手を組み合わせて利用した者も 持槍足軽等で居たのかだが

2020-12-30 15:27:39
某研究者 @boukenkyuu

十手の鈎で刀等を抑えて 盾や陣笠で打撃と言う技も使われたのかどうかだが

2020-12-30 15:29:07
某研究者 @boukenkyuu

jidaigeki2017.hatenablog.com/entry/2017/05/… >また同心は武士ではありません。 武士と町人の間、卒という身分になります。 同心は卒=足軽と言う事だろうか 彼等より下位の岡っ引きは十手は兎も角 手盾等は使えたのかだが

2020-12-30 16:34:18
某研究者 @boukenkyuu

捕物の出来る足軽から 徒武者や騎馬武者に成った者が 戦場で手盾+十手を利用していた例等は有るのかだが 長十手に切り替えた例等は有るのかだが

2020-12-30 16:41:27
某研究者 @boukenkyuu

江戸期以前だと重武装の賊が多いだろうし 長い十手が多用されたのかだが 手盾併用なら 刀程度の重量の物が利用されたのかだが こうした物を戦場でも利用していた足軽以上の者も居たのかだが

2020-12-30 17:01:48
某研究者 @boukenkyuu

短い分銅鎖が付いた十手は 片手用なのかだが こうした物が手盾と併用された例は有るのかだが 小型の片手用鎖鎌はどうなのかだが

2020-12-30 17:43:25
某研究者 @boukenkyuu

応仁乱後槍の集団戦が重視された後では 手盾は偵察用以外では廃れたかも知れぬが 十手単体或いは陣笠+十手或いは刀での戦闘は乱戦時に行われた可能性は有るのかだが

2020-12-31 11:32:38
某研究者 @boukenkyuu

同心は他の足軽より裕福と言うが 自前の甲冑迄装備出来たのかだが 手盾や戦闘用十手・戦闘用鎖鎌を買う程度なら出来たのかだが

2021-01-01 10:32:20
某研究者 @boukenkyuu

柄より前が回転するタイプの十手は 長物を受ける事を考慮しているのかだが 鈎が長物を受けられる幅の無い十手及び鼻捻は 此れを掴まれた際の投げ技(連れ返し)を 容易とする為に回転式としているのかだが pic.twitter.com/dXKUX3JNzK

2021-01-02 16:12:52
拡大
拡大
某研究者 @boukenkyuu

長物を受けられる幅の鈎の有る十手で 回転式の物と言うのは 現存するのかだが 戦国期の十手でこうした物は無いと言う事なのかだが

2021-01-02 16:14:16
某研究者 @boukenkyuu

鈎幅の変えられる十手の鈎は 指で下から押して固定する物の様だが 鈎幅を狭くして刀をロックした際に 鈎が広がる危険は無いのかだが pic.twitter.com/PgOP8hJWxr

2021-01-02 16:38:19
拡大
拡大
某研究者 @boukenkyuu

主武器が鈎槍の物が 近接戦でも鈎付き武器を利用したいとして 十手を装備していると言う可能性も有るのかだが

2020-07-06 13:32:40
某研究者 @boukenkyuu

鈎付き契木を主武器として使う者が 近接戦用に両手用の鎖付き十手を装備する様な例は有るのかどうかだが 片手用の鎖付き十手を組討で使う例等は有るのかだが

2020-07-06 13:59:12
某研究者 @boukenkyuu

pinterest.jp/pin/5717461151… 中央の鎖分銅が2つ装備される十手は 両手持ちと言う事なのかだが 鈎に刃も有るし 戦場用の物で類似の物が有った可能性も有るのかだが

2020-07-06 13:44:40
某研究者 @boukenkyuu

そうした大型の十手を持つ者だと 小型の十手も組討や2刀流用等に装備している例も有るのかだが

2020-07-06 13:24:59
某研究者 @boukenkyuu

鎌槍を使う者が 近接戦でも鎌を使っていると言う例は有るのかだが 十文字槍利用の者が似た様な枝の付いた十手を 利用する例も有るのかだが

2020-07-06 13:39:28

コメント

コメントがまだありません。感想を最初に伝えてみませんか?