評論家の切通理作氏、『ウルトラマンの「正義」とは何か』の中で、切通氏自身が大江健三郎批判で書いたことが大江健三郎自身が書いたものと記述され驚愕。→著者の花岡敬太郎氏がTwitterで切通氏に直接弁明・謝罪。自身の誤解を周知へ→出版元の青弓社、本を販売停止・回収の措置を執る

タイトルが長いけど、最低限これぐらいは必要なTwitterでのやりとりでした。このところ、Twitterを含めネットでよく見る言いっぱなしで釈明謝罪無しorいつの間にか削除という展開にはならず、花岡敬太郎氏の真摯なツイートにも好感が持てました。 (追記)6月22日に出版元の青弓社は回収に入ったとツイートしました。
110

発端。令和3(2021)年5月後半に青弓社から、大衆文化史を専門とする花岡敬太郎氏が『ウルトラマンの「正義」とは何か』を発売する。

青弓社 @seikyusha

花岡敬太郎『ウルトラマンの「正義」とは何か』の見本が届きました! 上原正三や田口成光、鈴木清、山際永三ら、シリーズに携わった面々にインタビューしながら、『ウルトラ』の「正義」の物語を読み解きます。24日出荷開始です!seikyusha.co.jp/bd/isbn/978478… pic.twitter.com/YlBOuL30JL

2021-05-17 10:44:42
拡大
リンク ウルトラマンの「正義」とは何か | 青弓社 ウルトラマンの「正義」とは何か | - 花岡 敬太郎(著) 現在もシリーズが放送され人気を博す、戦後日本の大衆文化を代表するコンテンツである『ウルトラマン』。作品内でウルトラ兄弟たちはこれまで誰を守り、何と戦ってきたのか。上原正三や田口成光、鈴木清、山際永三ら、作品に関わった脚本家や演出家、映画監督にインタビューをして、『ウルトラマン』や『セブン』『タロウ』などの制作現場で「正義」の物語がどう紡がれたのかに光を当てる。予算やスケジュールの都合、外部からの要求、視聴者の期待――映画からテレビへという大きな変化のただなかで、制作者たちが「テレビで物語を紡ぐこと」の..
切通理作 @risaku

kirira@nifty.com 初監督映画『青春夜話 Amazing Place』DVDセル& レンタル開始中。 allcinema.net/prog/show_dvd.… 著書『怪獣少年の<復讐>』『本多猪四郎 無冠の巨匠』『怪獣使いと少年 ウルトラマンの作家たち』

切通理作 @risaku

『ウルトラマンの「正義」とは何か」(花岡啓太郎著)という本を読んで驚愕。かって私が大江健三郎批判の文脈で書いたことが、大江健三郎自身が書いたことになっている!

2021-06-11 17:40:41
切通理作 @risaku

花岡氏は、大江健三郎の「破壊者ウルトラマン」という論稿に関し、ウルトラセブンの『ノンマルトの使者』を例にとって、作者である沖縄出身の金城哲夫が被植民地性の表出として作品を書いたと概要をまとめている。

2021-06-11 17:44:28
切通理作 @risaku

だが大江の論稿では、ノンマルトへの言及も金城哲夫への言及も存在せず、またウルトラマンにそういう視座があったという論旨も全く存在しない。

2021-06-11 17:45:09
切通理作 @risaku

大江「破壊者ウルトラマン」の論旨は真逆のもので、社会から排除された者を怪獣に見立てて倒すことは、広島の被爆者や戦禍にまかれた沖縄の人々の営為についての想像力を破壊するものであるという、ウルトラマン批判である。

2021-06-11 17:48:25
切通理作 @risaku

それに対して、私は「だが大江は、この文を書いたとき、「ウルトラマン」の世界を造った作家自身が沖縄人だということを知っていたのだろうか?」と書いたのだ。そして金城哲夫や上原正三の作品への紹介につなげたのが『異人たちのハリウッド』に書いた「ウルトラマンと在日朝鮮人」であり、

2021-06-11 17:51:59
切通理作 @risaku

後に刊行の、私にとって初の単行本である『怪獣使いと少年 ウルトラマンの作家たち』では同趣旨の記述の後に、金城の話題を挿んで『ウルトラマン』の佐々木守作品について論稿を書いている。

2021-06-11 17:54:32
切通理作 @risaku

花岡氏は大江『破壊者ウルトラマン』への評価として「大江は、守護神ウルトラマンの背景に脚本家・金城哲夫の故郷の沖縄を読み取り、従来のヒーローとは決定的に異なるウルトラマンの立ち位置としての沖縄(土地としての沖縄、人としての沖縄人)の特殊性との相関を指摘した」と記述し、さらに、

2021-06-11 17:58:45
切通理作 @risaku

「制作関係者以外で、『ウルトラマン=沖縄』の構図を指摘したのは、おそらく大江が初めてである」とまで書いている。唖然とするしかない。

2021-06-11 18:00:28
切通理作 @risaku

その大江論稿に対する事実誤認をもとに、花岡氏は、同じ沖縄近代史のファクターを背負う構図でウルトラマンを把握しながら、戦後民主主義の「平和ボケ」批判の文脈で語った佐藤健志を対比させ、一見正反対にみえるが社会的視座として共通していると記述。

2021-06-11 18:07:42
切通理作 @risaku

むろんこれは「大江ー佐藤」ではなく、「切通ー佐藤」の照応が事実に即しているのは言うまでもない。

2021-06-11 18:09:15
切通理作 @risaku

このような認識を公刊物に記載し、「先行研究」として位置付けられたのでは、たまったものではない。

2021-06-11 18:11:19
切通理作 @risaku

ではなぜ、花岡氏はこのような誤謬を犯したのか。 1 事実を知っていての意図的な捏造 2 大江論文を批判した私の文章を読んで、その主客論旨を混同してしまった 3 もしくは2の伝聞を信じてしまった

2021-06-11 18:14:18
切通理作 @risaku

おそらく、1は違うと思う。この主題で本を公刊すれば、いずれは私も読むことになるのは避けられないことぐらいはいくらなんでも予測できるからだ。

2021-06-11 18:15:38
切通理作 @risaku

おそらく2か3であろう。花岡氏には事実誤認の訂正と共に、なぜこのような事態が起きてしまったのかの説明を期待したい。

2021-06-11 18:17:21
切通理作 @risaku

もしこのような捏造された「先行研究整理」が事実として後世に残ってしまうのだとしたら、本書のタイトルではないが「正義ってなんなんだ~!」と叫びたくなってしまう。

2021-06-11 18:20:37
切通理作 @risaku

×花岡啓太郎→〇花岡敬太郎 失礼しました!

2021-06-11 18:27:31

マンガ家の武富健治氏がこの連続ツイートにリプライ

武富健治@ ハニワット色紙オークション2/18夜終了!10巻発売・第二部完結! @ryosuketono

漫画家。代表作「鈴木先生」。「古代戦士ハニワット」ファンの皆様の運動で打ち切り危機回避→10巻発売!第二部遂に完結。第3部は漫画アクション(双葉社)で今夏スタート!雑誌で追いかけて頂けるのは映画監督が映画館で観てもらえるくらい嬉しいです。雑誌誌面でのIMAX体験をお試し下さい!4月から京都精華大で後進指導しています。

facebook.com/kenzi.taketomi

1 ・・ 7 次へ