Togetter/min.tで作ったまとめの「下書き保存」機能が便利になりました
2021年6月18日

【追記あり】芥川龍之介の小説でお馴染みの “芋粥” がお芋入りのお粥ではないと知って驚きの声「想像してたのと全然違った」→作ってみる人続出

ちょっと食べてみたい。 →作ってみた人の声を追記!
499
八條忠基 @EeoduLzbYVjTprk

平安のスイーツ「芋粥」作りをいたしました。芥川龍之介の小説でもお馴染みの「芋粥」は、平安時代のコース料理でも最後の方に登場するデザートです。 結論を言えば大変美味しいものです。ヤマイモのヌルヌルがプルンとした食感になります。 pic.twitter.com/KFeyWzxLUd

2021-06-18 15:56:50
拡大
八條忠基 @EeoduLzbYVjTprk

芥川龍之介の『芋粥』の「五位」さんが「死ぬまでに腹一杯食べたい」と言ったのは、子どもが「プリンをバケツで食べたい」というような感覚かな?? と思います。

2021-06-18 15:57:04
八條忠基 @EeoduLzbYVjTprk

『厨事類記』(鎌倉時代) 「薯預粥ハ、ヨキイモヲ皮ムキテ、ウスクヘギ切<天>、ミセンヲワカシテイモヲイルベシ。イタクニルベカラズ。又ヨキ甘葛煎ニテニルトキハ、アマヅラ一合ニハ水二合バカリイレテニル也。石ナベニテニル、チヒサキ銀ノ尺子ニテモリテマイラス云々。」

2021-06-18 15:57:31
八條忠基 @EeoduLzbYVjTprk

芥川作品の元ネタ、『今昔物語』(利仁将軍若時、従京敦賀将行五位語)には、 「薄き刀の長やかなるを以て、此の薯預を削りつつ撫切に切る。早う薯預粥を煮るなりけり。(中略)さらさらと煮返して、『薯預粥出で来にたり』と云へば」 とあり、これも薄切りでサッと煮るという『厨事類記』派。

2021-06-18 17:06:55
八條忠基 @EeoduLzbYVjTprk

平安時代の冬場のコース料理でも最後の方に登場するデザートです。 『執政所抄』(藤原忠実家司・平安末期) 「臨時客 御料次第 一献主人 (中略)五献薯預粥。」 『類聚雑要抄』(鎌倉時代?) 「五節殿上饗目録 干物四種<鮑、蛸、大海老、干鯛> 生物二<鯉、鳥>(中略)次薯預粥。」

2021-06-18 15:58:33
八條忠基 @EeoduLzbYVjTprk

冬場のデザートは「薯預粥(いもがゆ)。 夏場のデザートは「削氷(けずりひ)」(かき氷)になります。ただ現代は冷蔵庫で冷やした薯預粥も、プリン感がアップして大変美味しいものです。

2021-06-18 16:25:58
八條忠基 @EeoduLzbYVjTprk

『和名類聚抄』(源順・平安中期) 「崔禹錫食経云千歳虆汁。状如薄蜜甘美。以署預為粉和汁作粥。食之補五蔵<署預粥和名以毛加由>。」 芋をもって粉となし、汁とあえて粥を作る。平安中期の芋粥は、「とろろ」におろして甘葛とあえたのかも知れません。

2021-06-18 19:37:04
八條忠基 @EeoduLzbYVjTprk

いわゆる「衣冠・束帯」「十二単」といった装束を中心に、公家社会の衣食住や行事儀式などをまとめた「有職故実」の勉強をしております。申し訳ございませんが、個別のご質問への対応は出来かねます。

facebook.com/tadamoto.hachi…

しょぼろ納豆 @ntrNeto

@EeoduLzbYVjTprk 令和の時代に「芋粥」を食べても、貴重で美味しい料理なのですね。 『芋粥とは山の芋を中に切込んで、それを 甘葛 ( あまづら ) の汁で煮た、粥の事を云ふのである。』 (芥川龍之介『芋粥』より)

2021-06-18 16:05:30
百虎(ももとら) @MomocoDQX

学生の頃 国語の教科書にのってた芥川龍之介の『芋粥』で主人公が「いつか飽きるほどに食べたい」と思っていたのがこれですか。数十年ぶりにスッキリしたw >RT

2021-06-18 16:16:29
@kitame513

芋粥、想像してたのと全然違った😲 twitter.com/EeoduLzbYVjTpr…

2021-06-18 16:42:14
誤解していた
スナねこ @messer_sunaa

芋粥、デザートだったの!!??

2021-06-18 16:23:02
kuttya @kuttyaku

芋粥、今までずっと芋の入ったお粥かと思いこんでたから凄いびっくりした。

2021-06-18 16:47:28
ヒガキ021🌓 @yukohigaki

普通におかゆだとおもってたよね。。 なんなら挿絵もおかゆだったようなきがするtwitter.com/EeoduLzbYVjTpr…

2021-06-18 16:29:07
こまいぬ @AIkomainu

初めて読んだ子どものときは、さつまいもが入ったお粥のことだと思ってたなー。よく考えたら平安時代、さつまいもはまだ日本にないのにね。

2021-06-18 16:10:51
みりん@不安定 @tanbarin2

自然薯?を芋のまんま煮るのかな?

2021-06-18 16:07:35
はるきK @halki_kanzaki

TLに芋粥の話が出てきて、そういえばわたしもすごく気になってたけど作り方までは調べたことなかったなぁなんて思ったので調べてみましたら、このブログに作り方が。 あの「芋粥」をできるだけリアルな味に再現してみた #野食ハンマープライス outdoorfoodgathering.jp/plant/imogayu/

2021-06-18 16:05:42
リンク 野食ハンマープライス あの「芋粥」をできるだけリアルな味に再現してみた 芥川龍之介の小説に「芋粥」ってあるじゃないですか。「一生で一度でいいから芋粥を腹いっぱい食べたいと言っていた平安時代の小役人が、いざ大量の芋粥を目の前にすると食欲なくしちゃいましたーめでたしめでたし」っていう、読後モヤモヤしがちな芥川小説の 15 users

「甘葛」が手に入りにくいので、代わりに10%程度の砂糖とブドウをスライスしたものを使用したそう。蔦(ツタ)はブドウ科なので甘葛もわずかにブドウっぽい風味があるんですって。
ブログ内で再現された芋粥こちら ↓  ※参考画像

かざゆめ @kazayumekinoko

朝方、連れが「芋粥があるよ」と言ったような気がしたんだけど、なんだいこれは。 pic.twitter.com/PkRT0BXsE0

2019-10-26 12:18:38
拡大
ひうら @hiura001

これ、本当にスイーツだあ!と ビックリした1品だった。 芋だけど芋のイメージ覆してきたな!という優しい甘さ。 トゥルン感も良い♪ twitter.com/EeoduLzbYVjTpr…

2021-06-18 17:26:51
たく @tak1109

おいしいんだ!? やっぱり!!!! あの描写ただごとじゃないものね twitter.com/EeoduLzbYVjTpr…

2021-06-18 17:43:42
追記:「私も作ってみました」という方がさっそく↓

その他、各人思い思いの芋粥↓

残りを読む(18)

コメント

たけ爺 @take_ji 2021年6月18日
和製タピオカといったところかな?
88
メニスカス @HatsudukiLens 2021年6月18日
富の虚しさとか悪意の施しとかがテーマらしいけど、単純にバケツプリンはやっぱきっついわという話な気がしてきた
115
かまぼこ大権現 @God_of_Nerimono 2021年6月18日
植物原料だけだから、精進料理としても出せますね。
30
かぴばら @mameshiba0003 2021年6月18日
あまづらは幻の甘味料らしいけど自作したんかな
3
技北皆 (わざきた かい) @Kai_Wazakita 2021年6月18日
しかも砂糖なんてものもなく、甘いものがない時代だからなあ……
59
油揚げ @Yasaka109 2021年6月18日
芋粥の話好きだけど一回も食べたことないな…… 食べてみたい
1
コパ @ahirukopa 2021年6月18日
サツマイモとお米を混ぜたお粥かと思ってた……。
62
華井ナヲコ @pyrite_holic 2021年6月18日
食べてみたいなー。自作するとしたら、甘葛は水飴か蜂蜜で代用できんかな。
3
nekosencho @Neko_Sencho 2021年6月18日
平安時代だとするとたしかにサツマイモやジャガイモは考えにくいよなあ
42
フラスケ @birugorudi 2021年6月18日
お芋の粥はお芋の粥として絶対美味しいよね
20
ディナーロール @pokkaripon 2021年6月18日
さつまいものお粥だと思ってたし、私の大好物だからお腹いっぱい食べたいのわかるわかるって思ってた
19
BIRD @BIRD_448 2021年6月18日
pyrite_holic 再現実験の結果、砂糖3、ブドウ糖1、果糖1で混ぜると近い成分なるらしい。ブドウ糖と果糖は薬局で入手できるハズ…
61
華井ナヲコ @pyrite_holic 2021年6月18日
BIRD_448 ほー!ありがとうございます。参考にします!
1
ろんどん @lawtomol 2021年6月18日
芥川「芋粥」の元ネタは「今昔物語 巻二十六第十七話 『利仁の将軍若き時京より敦賀に五位を将て行きたる語』」 元ネタは大分違っていて、「長年実直に勤め上げた五位が素晴らしい体験をした。大歓待されて、沢山お土産をもらって裕福になった。真面目に勤め上げるといい事がある」というお話 そもそも五位は芋粥が食べたかった訳ではなく「デザートの芋粥なんて食べ飽きた…という身分になりたいものだ」という自嘲を、利仁が「それでは、体験させて差し上げましょう」という良い話との解釈もあります
54
@yuzururinb 2021年6月18日
パッと見桃缶に似てますね
3
alan smithee @alansmithy2010 2021年6月18日
mameshiba0003 蔗糖の甘味であるとアタリをつけて同じ蔓であるブドウを使用したのが野食ハンマープライス(まとめ中頃)
5
妙琴(みょうきん)@3/26モデルナ3回目接種済 @kapibarap 2021年6月18日
長年の疑問が氷解した。「山芋を甘い汁で煮たお粥」だから芋の入ったライスプディングみたいなものかと思っていた
21
ゆゆ @yuyu_news 2021年6月18日
甘いの?! 里芋っぽいのを崩れるくらいまで煮込んだスープというイメージだった。
0
alan smithee @alansmithy2010 2021年6月18日
pyrite_holic まとめ中頃のように個人でやる場合は白ぶどうを皮ごと使うそうです
11
alan smithee @alansmithy2010 2021年6月18日
mameshiba0003 まとめ最初のはゼミ総動員して甘蔓を再現したらしい
22
ましゅ @mashsh_mash 2021年6月18日
さつまいもじゃないの!!!?え!!!?
0
むう @nyal1999 2021年6月18日
mashsh_mash さつまいもは江戸時代に南航路伝いに入りました。だから「薩摩の芋」(九州では唐渡の芋なので「唐芋」ともいう)
25
kenjirou_takasima @kenjirou 2021年6月18日
思ってたのと全然違ってあっさり目のデザートだったんだ… 唐芋を甘く煮て食うのよりもシャリシャリしてて甘さ抑え目あっさりなのかなあ
3
カズマサみんC @mskazumin 2021年6月18日
なまじ知ってる字面だと特に勘違いしやすいよね。さつまいもが無い地域で焼き芋を教えても絶対に誤解されるようなものか。
6
ヴァリ @milk_frog 2021年6月18日
米粥に芋を混ぜたものじゃなかったのか… よく考えたら芋(サツマイモ)が日本に入ってきたのは江戸時代じゃないか、時代が合わないことに気づけー
10
伍長 @gotyou_H 2021年6月18日
杏仁豆腐みたいな感じなのかな
12
こた @hahokota 2021年6月18日
みんなサツマイモか。里芋やと思ってたわ
19
コンタミお化け @MIZ_Icarus 2021年6月18日
芋粥の話を見るたびに気になってたんだけど、芥川龍之介の時代にはまだ常食されてたの?
0
犬連結マン @nekokoala1 2021年6月18日
屈強な武士達に押さえつけられて口に熱々の粥を延々流し込まれる能力とか考えてたのに
3
ゃゃʕ•̫͡•ʕ•̫͡•ʔ @fukuchi0606 2021年6月18日
「あさはかな夢みし」って漫画に出てきたような気がする
0
しゃーきち @sk_tak 2021年6月18日
芋の入ったお粥だと思ってた…
1
フ一口 @fu_hitokuchi 2021年6月18日
山芋とかかなとは思ってたんですが、デザートだとまでは……
12
若葉 @byaaashi 2021年6月19日
山芋のすったのをぶっかけたとろろご飯的なものかと思ってた
8
messie☆💉3ワク済 @fairymessie 2021年6月19日
甘い山芋のデザート???美味しいと言われても現代の感覚だと勇気がいるな。
0
八頭身派 颯仁|創造神🌄VTuber @komad333 2021年6月19日
mskazumin 美味しいよね! 焼き芋!(ガレットを見せながら)
2
上野 良樹@コロナワクチン×3 @letssaga3 2021年6月19日
確かに、薩摩芋と米の粥とばかり思っていました。全然違っていたのですね。
0
ゴマすりクソバード@自由人 @animefigure3d 2021年6月19日
山芋のシロップ煮かな。冷まして食べたい。
6
330 @1239745isn 2021年6月19日
逆に芥川龍之介にプリンアラモードとか食わしてみたい
1
虎次(とら🐯つぐ)💉💉💉 @tora_2com 2021年6月19日
なおドラゴンボールのブルマの二番目の願いが「食べきれないほどのイチゴ」だったりする。
2
麻樹・あるいはまお @maki_miquette 2021年6月19日
そしてセットになる話が大抵『鼻(デケー鼻が食べる時にお粥だかの椀に入る様な描写がある)』だからストーリー描写が余計ごっちゃになるよな。
20
moan @tsukin4hour 2021年6月19日
あまづらのけづりひは昔TOKIOが作ってたよ。うろ覚えだけど京都府立植物園でツタの汁を集めて煮詰めてたような。芋粥も食べてみたいな。
4
まはら@ご協力ありがとうございました @lalalu_0620 2021年6月19日
摺った芋に甘みを足して練り煮するのかと思っていた 山芋で作った飲めるゆるめのきんとんなのかと
4
ららばぁさん @lalabaa 2021年6月19日
世の中に知らないことが沢山ある。字面で想像すると絶対たどり着けないや。一つレベルが上がったぞ。
4
mocilol @mocilol 2021年6月19日
芋感も粥感もないな 杏仁豆腐みたい
1
まあちゃん02(ワクチン3回目・モデルナ) @eK0SV72lWxlYb8L 2021年6月19日
里芋と白米の粥かと思っていた。食品の流通が貧弱な古代だと芋類も現代人からみたら高価なものかと……
2
kimuraお兄さん@小豆島 @nobuo_kimura 2021年6月19日
( ´H`)y-~~これは知らなかったけど、そう言われると美味そう
1
万年雪 @perennialsnow 2021年6月19日
時代文学作品に出てくる「美味しい」といわれるものは大抵現代人には美味しくないと聞くが……これは今の私達にも美味しいのか。
0
しょーた @shota243 2021年6月19日
プリンは美味でおじゃるのぉ。
1
nob_asahi @nob_asahi 2021年6月19日
芥川の時代でも既に馴染みのない食べ物となっていたから、わざわざ作中でどんな食べ物か説明したのに…やっぱり「粥」の文字がインパクト強すぎるんだろうなぁ。
6
長 高弘 (獣脚類ティラノサウルス科ズケンティラヌス) @ChouIsamu 2021年6月19日
山芋を甘味料で煮るまでは知ってたが、「粥」だから煮崩れてるのかと思ってた。
3
ざっこく @zakkokumaiumai 2021年6月19日
小学生の時学校で「平安貴族の生活」みたいな白黒フィルムの映画を見せられて「酒が飲めない役人が芋粥を好んでいるのを同僚がからかっている」描写があって、芋粥を食べるというより啜っていたから「おかゆなら箸か匙を使わないのかな」と思った記憶が残ってるけど、なるほどあれはシロップを飲んでいたんだね
18
ㇶ ㇱ゛ㇼ @hijirhy 2021年6月19日
山形の芋煮みたいな汁物かと思ってた。芋だけ煮て粥みたいにとろとろになるのかな?と疑問だったけど、とろとろですらないのか。となるとそもそも粥の概念が当時と今とで違うのか?
1
ㇶ ㇱ゛ㇼ @hijirhy 2021年6月19日
甘葛の再現は前に歴史秘話ヒストリアでやってたけど、貴族のために蔓から樹液を吹き出し続ける貧民が居たのかと想像すると複雑な心境になった。
1
Delphi @daisuke93111966 2021年6月19日
あらー…甘いお粥、だから醤油とみりんと甘味で甘辛的な茶色いのを想像してたわ。
2
Mill=O=Wisp @millowisp 2021年6月19日
確かに時代背景を思えばサツマイモやジャガイモじゃなくてヤマイモで当然なんだが、言われなければ意識しないなぁ
13
明🌤️(あける) @AKL_BKA_NS 2021年6月19日
芋粥は帝の食卓にも並ぶ当時の高級品だからバケツプリンと言うよりは高級スイーツをドカンとバケツで出したような無粋さを感じたんじゃないかと思う。
4
yuki🌾㊗️7さい🎉⚔ @yuki_obana 2021年6月19日
とりあえずうちにあった杏仁豆腐たべよう(´・ω・`)(食い気
0
ぢゃいける @jaikel 2021年6月19日
いやちゃんと本文内に薄切りにした芋を甘葛で煮て、みたいなこと書いてあったろ…大体想像つくと思うが。
0
くおんみどり🖖Master_Asia 作品集単行本発売中&楽曲配信中 @midorik 2021年6月19日
fukuchi0606 某大御所先生の作品と似たタイトルなので、一瞬脳がバグるw
4
あなぐま @badger2635 2021年6月19日
芋粥と言ってさつまいもでカサ増ししたお粥連想するのが焼け跡世代。うっかりすると芋本体ではなく芋の蔓だったりもする。
7
chinjuh @chinjuh 2021年6月19日
これは作ってみたいね。甘葛を煮るのは難しいのでとりあえず砂糖のシロップで。
3
M.S.++さんちの迷右京大夫物語:II @mdsch23 2021年6月19日
「芋粥」、大辞林や大辞泉に載ってますね。さっさと辞典を引けば良かった。 「②ヤマノイモを薄切りにしてアマズラの汁などの甘味を加えて煮た粥状のもの。「大夫殿、未だ━に飽せ給はぬか/今昔物語集26」(大辞林)
3
neologcutter @neologcuter 2021年6月19日
https://www.nara-wu.ac.jp/grad-GP-life/bunkashi_hp/amadzura/amadzura_hp.html ちなみに甘葛の汁はあなり甘いんだとか。作るの大変そうだけど。
3
professor @profess10865211 2021年6月20日
「有職装束大全」の八條先生か。SNS使いこなしてるじゃんw
6
MuskaShota @MuskaShota 2021年6月20日
ただのお粥じゃなくて、杏仁豆腐を飽きるほど食べたいと考えたら、五位の考えていることが途端にはっきり現実的に捉えられた。甘味の少ない昔ならなおさらのこと。
11
はよ(三月にモデ3) @hayohater 2021年6月20日
「芋粥」、粥自体は「山の芋を中に切込んで、それを甘葛の汁で煮た、粥の事を云ふのである」ってあって、そのあとの料理の説明で前菜やメインディッシュがズラズラかかれて最後にかかれてるんで「これはデザートだよ」って芥川も言ってくれてたんだな。
21
佐野まさみ @gameperson_sano 2021年6月22日
いずれ鉄腕DASH中、社長&シンタローが島で芋粥作りだすかもしれん。要チェック。
0
ひかる @hika22 2021年6月22日
芋粥ってスイーツだったのか。
0
楓野 @dj8Wl86yWo 2021年6月25日
甘いものだとは知ってたけどデザートだとは知らなかった。 芋天みたいな食事枠かと。
1
パンダ牧場 @panda_farm 2021年6月25日
自分は高校の授業で芋粥あったんだけど、その時の教師の五位の説明が「相手の友情に応えられない矮小な存在」というものだった。自分はこれって友情かなと疑問を感じたから、変に記憶に残っている。
2
ルッツフォー @icicle_rain 2021年6月25日
hahokota 本編に甘い粥だという事は書いてあったので、サツマイモを連想していた人が多いのだと思われる
3
たいらあおば @ALICEmaniacs03 2021年6月26日
「一度でいいから腹いっぱい…」は鬼門ですよ((((;゚Д゚))))
3
犬連結マン @nekokoala1 2021年6月28日
粥という言葉自体が「煮て柔らかくしたもの」ぐらいの意味だったのか。だいたい米の粥だからわざわざいわずに粥=米粥に変わっていった感じ?
0
ufo_cat_games @ufo_cat_games 2021年10月3日
粥=米などを柔らかく煮たものという強固なイメージのせいで、本文の説明を読んでも「甘い芋入りのお粥」という絵面しか思い浮かばない… 芋の甘葛煮、とでも呼んでくれればこんな悲劇は起きなかったのでは。
0