2021年7月13日

中国海軍の近代化。米海軍の能力への影響-背景と議会の課題

7月1日に発表されたCRSレポートの日本語訳になります。 中国海軍の近代化と、それに対する米海軍の対応についての話になります。
16
Yuuno @Yuuno_G4312

という事でガバ翻訳ながら、内容の確認を。 PLANは25年以上かけて近代化してきており、活動領域も広げつつある。 これらの活動は、冷戦終結以後初の米国西太平洋の海域に対しての挑戦であり、一部のオブザーバーは警戒感を示している。 twitter.com/Yuuno_G4312/st… pic.twitter.com/TXEdlpQWAB

2021-07-11 20:21:39
拡大
Yuuno @Yuuno_G4312

中国の海軍近代化の取り組みは、艦船、航空機、武器の取得プログラムのほか、保守・物流、ドクトリン、人材の質、教育・訓練、演習の改善など多岐にわたっている。中国の海軍は現在、一定の限界と弱点を抱えており、それらを克服するために努力している。

2021-07-11 20:22:45
Yuuno @Yuuno_G4312

海軍近代化を含む中国の軍事近代化の目的は、必要に応じて台湾情勢に軍事的に対処する能力を開発すること、中国の近海地域、特に南シナ海をより高度に制御または支配することであると評価されている。

2021-07-11 20:23:34
Yuuno @Yuuno_G4312

中国が200マイルの排他的経済水域(EEZ)での外国の軍事活動を規制する権利を有するという中国の見解の実行、中国の商業海路、特に中国とペルシャ湾を結ぶ商業海路の防衛、西太平洋における米国の影響力の低下。 また、西太平洋における米国の影響力を排除し、

2021-07-11 20:24:23
Yuuno @Yuuno_G4312

中国が地域の主要国および世界の主要国としての地位を確立するためである。 これらの目標に沿って、中国は自国の海軍が中国のA2/AD部隊の一部として機能することを望んでいると考えられている。

2021-07-11 20:25:43
Yuuno @Yuuno_G4312

これは、台湾やその他の問題をめぐる中国の近海地域での紛争への米国の介入を抑止したり、そうでなければ介入する米軍の到着を遅らせたり、効果を低下させたりすることができる部隊である。

2021-07-11 20:26:38
Yuuno @Yuuno_G4312

中国海軍のその他の任務としては、海上保安(海賊対処を含む)活動、必要に応じて外国からの中国人の避難、人道支援・災害対応活動などがある。

2021-07-11 20:27:01
Yuuno @Yuuno_G4312

近年、米海軍は、中国の海軍近代化に対抗するために多くの行動をとってきた。特に、米海軍は、艦隊の多くを太平洋に移し、最も能力の高い新型艦船や航空機、優秀な人材を太平洋に配置し、インド太平洋における一般的なプレゼンス活動、訓練・演習、同盟国や他の海軍との交戦・協力を維持・増加させ、

2021-07-11 20:28:38
Yuuno @Yuuno_G4312

将来計画されている海軍の規模を拡大し、新しい軍事技術の開発や新型艦船・航空機・無人車両・兵器の取得のための多くのプログラムを開始・増加・加速させ、中国のA2/AD戦力に対抗するための新しい作戦コンセプトの開発を開始し、中国の海上A2/AD戦力に対抗するためのシグナルを発してきた。

2021-07-11 20:29:32
Yuuno @Yuuno_G4312

そして、今後数年間、海軍は、大型船の割合を減らし、小型船の割合を増やし、無人機の使用を大幅に増やすことを特徴とする、より分散された艦隊構造に移行することを示唆しています。議会の課題は、米海軍が中国の海軍近代化への取り組みに適切に対応しているかどうかである。

2021-07-11 20:30:43
Yuuno @Yuuno_G4312

中国の海軍近代化の取り組みは、いくつかの重点分野を含む広範な中国軍近代化の取り組みの一部を形成しており、1990年代前半から半ばにかけて25年以上にわたって進められており、中国の海軍をはるかに近代的で有能な部隊に変えてきた。中国海軍は、中国の近海地域では恐るべき軍事力であり、

2021-07-11 20:32:08
Yuuno @Yuuno_G4312

西太平洋、インド洋、ヨーロッパ周辺の広い海域を含むより遠くの海域でも、ますます多くの作戦を実施している。 中国の海軍は、東アジアの国の中では圧倒的に大きく、ここ数年で戦力艦(米海軍の規模の目安となる艦艇のこと)の数で米海軍を上回り、世界で最も数の多い海軍となっている。

2021-07-11 20:32:40
Yuuno @Yuuno_G4312

一部のオブザーバーは、中国の海軍造船活動のペースと、その結果としての中国海軍と米国海軍の相対的な規模と能力に関するトレンドラインについて、懸念や警戒を表明している。海軍情報局は、2020 年度末の中国の戦力艦は 360 隻であるのに対し、米海軍は 2020 年度末に 297 隻になると予測している。

2021-07-11 20:34:00
Yuuno @Yuuno_G4312

海軍情報局は、中国が2025年には400隻、2030年には425隻の戦力艦を保有すると予測している。 中国の海軍の艦船、航空機、兵器は、1990年代初頭に比べてはるかに近代的で高性能になっており、多くの点で欧米の海軍のものに匹敵するようになっている。

2021-07-11 20:34:51
Yuuno @Yuuno_G4312

海軍情報局は、「中国の海軍艦艇の設計と材料の品質は、多くの場合、USN(米海軍)の艦艇に匹敵しており、中国は不足している分野の差を急速に縮めている」と述べている。 中国海軍は、米海軍が西太平洋の海域を戦時に制圧し維持する能力に対して大きな挑戦をしていると考えられている。

2021-07-11 20:35:43
Yuuno @Yuuno_G4312

これは、米海軍が冷戦終結後に直面した初めての挑戦である。中国の海軍は、西太平洋における軍事力のリーダーとしての米国の長年の地位に対する中国の挑戦の重要な要素を形成している。

2021-07-11 20:36:25
Yuuno @Yuuno_G4312

中国の海軍近代化の取り組みは、対艦弾道ミサイル(ASBM)、対艦巡航ミサイル(ASCM)、潜水艦、水上艦、航空機、無人機(UV)、およびサポートするC4ISR(指揮統制、通信、コンピュータ、情報、監視、偵察)システムなど、幅広いプラットフォームと武器の取得プログラムを網羅している。

2021-07-11 20:37:06
Yuuno @Yuuno_G4312

中国の軍事近代化の目的は、必要に応じて台湾情勢に軍事的に対処するための能力を開発すること、中国の近海地域、特に南シナ海をより高度に制御または支配することであると評価されている。

2021-07-11 20:38:30
Yuuno @Yuuno_G4312

中国は、200マイルの排他的経済水域(EEZ)における外国の軍事活動を規制する権利を有するという見解を実施するため、中国の商業用海上交通路、特に中国とペルシャ湾を結ぶ商業用海上交通路を防衛するため、西太平洋における米国の影響力を排除する。

2021-07-11 20:40:01
Yuuno @Yuuno_G4312

中国の商業用海上交通路、特に中国とペルシャ湾を結ぶ商業用海上交通路を守るため、西太平洋における米国の影響力を排除するため、そして中国が地域の主要国、世界の主要国としての地位を主張するためである。

2021-07-11 20:41:23
Yuuno @Yuuno_G4312

これらの目標に沿って、中国は自国の海軍が中国のA2/AD部隊の一部として機能することを望んでいると考えられている。これは、台湾などをめぐる中国の近海地域での紛争への米国の介入を抑止したり、そうでなくても介入する米軍の到着を遅らせたり、効果を低下させたりすることができる部隊である。

2021-07-11 20:42:11
Yuuno @Yuuno_G4312

中国海軍のその他の任務としては、海上保安(海賊対処を含む)活動、必要に応じて外国からの中国人の避難、人道支援・災害対応(HA/DR)活動などがある。

2021-07-11 20:42:30
Yuuno @Yuuno_G4312

最近まで、中国の海軍近代化の取り組みは、プラットフォームの総数を増やすことよりも、中国のプラットフォームの近代化と能力の向上に重点を置いているように見えた。しかし、いくつかの艦船は、現在、数を増やしている。中国海軍の最終的な規模と構成については公表されていない。

2021-07-11 20:43:26
Yuuno @Yuuno_G4312

米海軍とは対照的に、中国は海軍の戦力レベルの目標や、計画された船舶の調達率、計画された船舶の総調達量、計画された船舶の退役、その結果として予測される戦力レベルに関する詳細な情報を公表していない。

2021-07-11 20:43:42
Yuuno @Yuuno_G4312

中国の海軍近代化の努力は、近年、中国の海軍能力を大幅に向上させたが、現在、中国の海軍は、中国軍の他の部分との共同作戦、対潜戦(ASW)、長距離照準、本国海域から遠く離れた場所で活動する戦闘艦の海上での補給を行う限られた能力、

2021-07-11 20:44:41
残りを読む(181)

コメント

コメントがまだありません。感想を最初に伝えてみませんか?