2021年8月2日

日本には神様に飯を食わせて帰す文化があるけど、日本人独特のメンタリティに「ご飯を食べさせたい」がある?

他国にもありそうだけど「食べさせたい」の度合いも国によって違ったりするのだろうか
189
栗原ちひろ「死んでも推します!!」Palcy&pixivコミックで漫画連載 @c_kurihara

日本人独特のメンタリティに「ご飯を食べさせたい」があるように思う。いや、他国にもあるやろって、そうなんですけど。神事が「やってきた神様に飯を食わせて帰す」なんですよね。大陸から来た悪神とかも、向こうでは武器で倒すのに日本では飯を食わせる流れになる……。

2021-08-01 00:12:34
栗原ちひろ「死んでも推します!!」Palcy&pixivコミックで漫画連載 @c_kurihara

異世界に行っては食堂を開き、オリンピックで選手がご飯食べてるのを大喜びで見守る……。なんか、食べさせたいんだろうなあ。

2021-08-01 00:16:38
栗原ちひろ「死んでも推します!!」Palcy&pixivコミックで漫画連載 @c_kurihara

飯テロ妖怪小説を貼る流れなのに、書いてないんだよな……。ということで、小説で世界改編してしまう小説家と、彼女を支えて美味しいご飯作る編集者の話を置いときます!! ある小説家をめぐる一冊 栗原 ちひろ(著/文) - KADOKAWA | 版元ドットコム hanmoto.com/bd/isbn/978404…

2021-08-01 12:31:15
栗原ちひろ「死んでも推します!!」Palcy&pixivコミックで漫画連載 @c_kurihara

fiction writer /作家/好事家/日本推理作家協会、変格ミステリ作家クラブ所属。著作多数。【得意】ファンタジー/オカルト/ライトミステリ/コメディ/バディ/ゴシック・ダーク世界観【仕事】小説/原作/アレンジ/脚本/世界観監修etc.【予定】新規のご依頼は2022~【その他】東京在住、一児の母。

kurihara-chihiro.jp

確かに…
須王あや🌸海賊王子と初恋花嫁🌸角川より発売中 @AngelKiss_aya

@c_kurihara 仏壇に食べ物供えるのも、食べさせたかったんだなあ、昔の人も、と思ってます😉キリスト教だと、亡くなった方も、そんな食べ物山盛り供えられてないと…😊日本人のコミュニケーション、会話より、触れるより、ごはん第一!!なんでしょうね😊

2021-08-01 08:44:55
栗原ちひろ「死んでも推します!!」Palcy&pixivコミックで漫画連載 @c_kurihara

@AngelKiss_aya そういえばそうですね……! 祭壇に果物とか盛るのは、西洋だと古代まで遡りそう。用意したご飯を食べてくれたら大丈夫、みたいな謎の安心感ありますね笑

2021-08-01 08:46:53
ヴィクセンMk-II @NNPSK1

@c_kurihara とりあえず美味いもの寄越しとけばどうにかなるやろ……感は感じる

2021-08-01 15:19:42
ぷ よ 太 郎 @puyotaroh

@c_kurihara RTを見て、逆に第二次大戦では米軍に「日本軍の兵士に飯の絵を見せて戦意喪失させる」戦術をとられたのを思い出しました… twitter.com/zolge1/status/…

2021-08-01 12:32:13
リンク www.kaikou.city.yokohama.jp 館報「開港のひろば」 横浜開港資料館 1 user
a-makoto VR @a777_makoto

@c_kurihara 悪神や怪異も遡ると過去の信仰の対象だったりするので、 八百万の神の国である日本としては受け入れちゃうんでしょうね。 んで仲良くするための一歩としては食事をさせて満足したら帰ってもらう。 同じ飯を食うのは言葉も通じない中での、友好的なコミュニケーションの一つなんじゃないかと。

2021-08-01 12:02:05
橘月 蛍 @ryuuto_dainsref

小説読んでると、マジで飯を食わせる描写がめちゃくちゃ多いので、納得しかない。 twitter.com/c_kurihara/sta…

2021-08-02 02:22:15
黒姫 木綿稀(旧姓:黒鹿月) @yukurokazuki

@c_kurihara 神人共食という考え方もそういうことかも。 同じものを神と共に食すことで横の繋がりに連なる=神と繋がるという考え方。同じ釜の飯を食うというのもその辺から来てるのかも。

2021-08-01 20:52:28
リンク コトバンク 神人共食とは - コトバンク 世界大百科事典 第2版 - 神人共食の用語解説 - 嘗はなめる,ねぶる,味わうの意で,《日本書紀》などの新嘗(にいなめ)や大嘗祭の記事ではナフライとよまれており,転じて直会(なおらい)となる。したがって相嘗は直会と同じ意であり,神祭にさいして,神に神饌をささげ,それを司祭者・参... 1 user 38
コーチ@VIPPALOID箱推し @stage_coach2019

@c_kurihara だから、アニメやマンガで異界から来たヒロインを家に招いて饗すパターンが多いのかな?

2021-08-01 15:42:05
食べさせることがもてなし
pkkuuu @yurinadism0625

@c_kurihara 特におばあちゃんは、若者の胃袋はブラックホールだと思ってる。そんでもう無理って言うと、必殺めちゃくちゃ悲しい顔攻撃😢くらわしてくる

2021-08-01 20:11:01
古川 椿 @Camellia_1582

@yurinadism0625 うちの死んだ婆さんがそれでした 「もてなし」=食事(やお菓子や漬物などとにかく食べ物)を出すことが祖母の中で常識でしたw 「お腹いっぱいだからもう少し後で」と言うと、「遠慮なんかしなくていいから、食いたいだけ食え」と。 昭和初期生まれでしたし、戦時中にひもじい思いでもしたのかしら…

2021-08-01 21:03:24
pkkuuu @yurinadism0625

@Camellia_1582 決して遠慮してるわけではないんですけどね笑 確かに、ひもじい思いをした若い頃の自分を満腹にさせてあげているみたいな感覚なのかもしれませんね…

2021-08-01 22:52:44
古川 椿 @Camellia_1582

@yurinadism0625 そうなんですよw 本当のことなのに遠慮してると思うらしく… それとも、「せめて自分の身内には食べるものに不自由させたくない」とか?そんな感じもあるのかもしれません

2021-08-02 01:16:50
pkkuuu @yurinadism0625

@Camellia_1582 なるほど!それもありますね〜 愛情ですよね!👍

2021-08-02 06:42:19
くまさん(´(ェ)`)一家 @kumakumamoheji

特に田舎とか顕著にご飯おもてなしが出るイメージ🤔 それだけ食文化が発達してるからなんだろうけど、やはり、海外から来た人には美味いもんたくさん食べてくれとは思ってしまう自分がいる(笑) twitter.com/c_kurihara/sta…

2021-08-01 18:55:39
あひる@一休み中 @DuckOG_OG

祖母の家に行くと、延々と食べ物出された記憶。最後は仏壇のバナナまで出てきたな。 愛だな愛 twitter.com/c_kurihara/sta…

2021-08-02 00:50:16
コロナこんこん(RITU)@STG作る! @qwas669

@c_kurihara 山だらけで資源に乏しい上で飢饉や戦に喘いできた日本人としては、食べ物が如何に(それこそ神様の次くらいに)ありがたい存在であり、かつ食べ物による持て成しが如何に戦を防ぐのにも効果的なのかを身に染みて知っていたのかもですね……特に所謂『飲めや歌え』は平和や裕福さの象徴だっでしょうし。。

2021-08-01 16:06:13
みずはの整体院長・みんく・いるか @minkiruka

@c_kurihara 飽食の時代の解釈ですね。、元々は客人や神様を飢えさせないようにする事が最大のもてなしだからです。大昔の日本では日常的に飢餓が当たり前でした。今でも地方の田舎にいくと食べきれない量のごちそうでもてなされるのはその名残です

2021-08-01 13:18:00
残りを読む(8)

コメント

petton @n_petton 2021年8月2日
おばあちゃん、デザートの後にデザート出すしその後にもおやつ出すからな
98
タム @inthe7thheaven 2021年8月2日
「これなら食べられそう?」違うんだばーちゃん好き嫌いとかじゃなくてもう胃がパンパンなんだってばモグモグ
124
白石玄人 @ShiraishiGento 2021年8月2日
日本人は食事にこだわるというのは傾向としてあると思うけど、三国志で妻を殺してそれを食事の肉として出したって話があるから、もてなしとして「ご飯を食べさせたい」ってのは日本人独特ってわけでもないとは思う。
59
かにたま大臣 @pokkaripon 2021年8月2日
一概に言えないかもしれないけど、アメリカの動物園は餌やり体験をそこまで重視していないような。日本はとにかくホレホレ食べさせたいんやろ?と餌を売ってくれる、そして買ってしまう
10
姫百合しふぉん伯爵 @ChiffonHimeyuri 2021年8月2日
妻を殺して肉にしてもてなしたという話は三国志にはない、むしろ王忠の人肉食を魏文帝がバカにしまくってるくらいの価値観
31
語るおじさん(おじさん) @ojisan_think_so 2021年8月2日
宗教的に供え物の差が出るのは多分向こうの人達が「人を祀らない」からやろ
60
せつ @dondakehero 2021年8月2日
「穢れ」はケ=エネルギーの枯れであって蓄積されていくものというよりは徐々に減っていくイメージのもの、「穢れを払う」というけど実際は満たすことが大事 みたいなのを何かの本で読んだけどなんだったかな それを思い出した
6
白石玄人 @ShiraishiGento 2021年8月2日
神人共食の「神と人とが同じ食物を味わうことによって、両者の親密を強め生活安泰の保証を得ようとするもの」という概念を理解できない国は多いだろうなぁ、とは思った。 神が数多にいて人とイーブンになりうるという考えはなかなか独特だろうし。
18
かまぼこ大権現 @God_of_Nerimono 2021年8月2日
日本というかアジアには元来そういう文化があると思う。ただ日本は出されたものは残さないことが美徳なのに対し、中国やインドは残すことで満足を表すからそのあたりは異なるけど。
98
まるい りん @maruirin 2021年8月2日
カインとアベルが収穫物や羊を神様に捧げるというのがあるので、宗教的には無くもないかもと思う。けど、死者に食物を備える文化はどこまで共通なんだろうか?アジアは割と共通してそうなイメージがあるけど、西洋とかはどうなんだろう。
9
じげん (目には目を埴輪には埴輪を) @jigen_the3 2021年8月2日
昔の人も神様も腹が減ったら機嫌が悪くなるから腹を満たしてご機嫌を取ろうと考えたのでは?(祭りなんかも酒と食い物と余興で神様のご機嫌取り)
3
@yoshi_mura_25 2021年8月2日
韓国でも「ご飯食べた?」が挨拶代わりに使われることが多いので、食にこだわるのは日本固有ではないと思うのだけれど、どれくらい場所によって差があるんでしょうね。
45
星にいる人 @hosiniiru 2021年8月2日
古代ギリシアでも儀式では神に食物を捧げていた。その年初めてとれた物とか、動物の生贄とか。神話だと乙女もありだが。
11
あい @kanadeeye11 2021年8月2日
まれびと信仰だよね。
3
成宮いつき@VTuber @ituki_vt 2021年8月2日
maruirin 「生贄や献上品としての捧げもの」と「神の食欲を満たすための捧げもの」はまた違うかな?と感じました。それはさておき、神と人との関係性に関しては、海外だと神話の話と宗教の話で感覚が全然違ってくるのでは……と思ってるんですがどうなんでしょうね。
14
田中幹生 @maniaxpace_mt 2021年8月2日
pokkaripon まあ元宗主国がメシマズやし…
0
久万野 @pikopurichan 2021年8月2日
yoshi_mura_25 台湾でも「吃飯了嗎?」が挨拶代わりです。共通の発想ですね。
32
深井龍一郎 @rfukai920 2021年8月2日
キリスト教の祭事としてパンを配る聖体拝領なんかがあるし、イスラム教もいけにえにした羊を解体して肉は配るみたいなのがあるから、「腹いっぱい食わせる」ではなくても、「とにかく他人に食わせよう」は人類共通なんじゃないですかね。
44
ろんどん @lawtomol 2021年8月2日
pikopurichan 私が習ってた台湾出身の先生が「日本に来たばかりの頃、そのまま日本語にして『ご飯食べた〜?』って挨拶して変な顔されてたわ(苦笑)」と仰ってたのを懐かしく思い出しました
28
小糸花 @Nao000N 2021年8月2日
子育ての本能として、動物はご飯をあげることに気持ちよさを感じるように出来てると思う。
2
まるい りん @maruirin 2021年8月2日
ituki_vt 確かに捧げ物をした後、神がそれを食べたのかな?と思って調べてみたら、食事とはまたちょっと解釈が違うようですね。自分が神に受け入れられるための儀式のようです。「その後、生贄の肉は献げた人とその家族がそこで食べることができる」https://www.seishobridge.com/content/detail/id=939(牧師の方の解説したサイト)
3
まるい りん @maruirin 2021年8月2日
maruirin http://mujintou.net/houwa3.htmそして、仏壇のお供え物は先祖がお腹が空いてるからとかでは無く阿弥陀さまに供えるもので、阿弥陀さまがそれを食べるわけじゃ無く感謝を伝える儀式なんだとか。知らなかった。
3
ヘリオドール @heliodor_ruby 2021年8月2日
やってきた貧乏神を追い返さず、神様ですからと歓迎してかつかつな生活の中からも食事供えてたら、食事に喜びだんだんとふっくらしてきて福の神になって福が舞い込み豊かに暮らせるようになったって昔話思い出した。
22
毛玉式部 @KedamaShikibu 2021年8月2日
n_petton めっちゃ分かります。お食後の水菓子(ブドウとかメロン)の後でケーキ出て来て、お風呂上がってからアイス出してきたり。まあ、甘い物は別腹なので食べますけど。
0
(未)🍛 @imadani0256 2021年8月2日
これを思い出した。暇人\(^o^)/速報 : 田舎のウチに外人の兄ちゃんが泊まってった話する http://himasoku.com/archives/51701898.html
4
稙田惟純 @ohgakorezumi 2021年8月2日
古代中国では大牢といって牛、羊、豚を天に捧げる祭祀がありました。捧げる儀式が終わればみんなに振る舞われるのですが、こういう食事のときに切り分ける役割の人を宰といい、宰相の語源となりました。後漢あたりだとまだ結構やってるので三国志好きなんかは気をつけて読んでみるといいかもしれません。
1
sukebenayaroudana @Sukebenayarouda 2021年8月2日
来訪者を飲食をふくめて盛大におもてなし、というのは海外でも見られる習慣だと思う。これはハレの場に来訪者を置くことで自分たちの地をみせない、敬遠という意味もある。
1
うまみもんざ @umamimonza 2021年8月2日
東京五輪が韓国チームがノンベクレル弁当だけでなく選手食堂でも食ってた件を耳にしたとき、揶揄嘲弄なんかではなく「美味いだろ? 遠慮すんな、いっぱい食えよ」と思いました
70
らくだ @rakuda4u 2021年8月2日
単に日本人の宗教観が「神は人の凄い版」っていう解釈なだけ。食事を振舞ってもてなすという文化は洋の東西に広くある。それを外国人にも適用するのは外国人も姿が違うだけで同じ人だと思うからやるわけで、神も死者にも適用するのはそれらも姿がだいぶ違うけど同じ人だと思うからやる。一神教の創造主は人間とは違うまったく異種のエイリアンで食事という発想も無い。創造主に食事を振舞うのはパソコンに食事を振舞うのと同じくらいナンセンス。
1
友引 @tomobiki10 2021年8月2日
そもそも「馳走」が、韋駄天様が世界中を走り回って、もてなす食材を集めた事が由来ですからね。神も人も「食べさせる」事に重きを置いているんでしょう
6
へくせんはうす @1618honey 2021年8月2日
夢女するとほぼ毎回推しが通う食堂のおばちゃん夢ができあがるわ。
1
花田 鉄平 @teppih 2021年8月2日
よっぽど、人間と味覚の感じ方が違う者でもない限り、食わせて手懐けるは有効な手段だもんなぁ
1
ピピン @jaijv64Sl1dBl5D 2021年8月2日
まあ客人に山のように食事出して饗すって洋の東西を問わず時代も関係なく世界共通なんじゃないか? 例えば中東なんかでも今でこそ豊かだけれど石油が出る遥か昔から客人が来ると貴重な家畜潰して食べきれないくらい饗すし、古代ローマに至っては貴族や金持ちは客人の為に(途中腹一杯になると吐きながら)三日三晩ずーっとぶっ通しで横になりながら山のようなご馳走食べさせる(食べ続ける)のが最大級の饗しなんて時代もあったくらいだし。
14
_ @readonly6582 2021年8月2日
昔の方が、食料の価値が高かったってのもあるんじゃないでしょうか
0
ピピン @jaijv64Sl1dBl5D 2021年8月2日
ちなみに飯を食わせるってのは心理的に仲良くなるって意味では非常に有効な行為で 面白い例だとかつてホリエモンがライブドア事件の裁判中法廷にホリエモンに不利な証言をする為に元部下が出廷した際にホリエモンがなんであいつが俺に不利な証言をしに来たんだ?十分な報酬も待遇も与えてたのにとショックをうけたらしいんだけど。 その理由はなんとその部下が自分だけ一度もホリエモンから食事に誘ってくれなかったからと言ったとか。それ聞いてホリエモンは呆れたらしいけど、案外人間の心理なんてそんなものかも。
21
GAIA @2xpush 2021年8月2日
umamimonza 彼らだってやりたくないけどやってるかもしれないんや… 僕らだって会社の都合でやりたくない仕事が降ってきてもやるだろう?
3
ちりがみ @wastedpapers 2021年8月2日
スコットランド人が自分が死んだら墓にウイスキーをかけてくれと頼むジョークはあるけど、あれは飲兵衛の戯言感覚なんでしょうかね
1
Hussam Kahn @bbyfut 2021年8月2日
日本人独特というが、東アジアだけにしても中韓の方が客人に食わせたい圧がすごいような気がする
15
たいばに @qnh2 2021年8月2日
夜にいっぱい食べさせたくて祖母が1年ぶりに帰省した私の昼食を抜きにした珍事を思い出し涙するなど。
10
あなぐま @badger2635 2021年8月2日
rfukai920 あちらの場合一緒に食事するのには他人をもてなすだけではなく同じ仲間と認める意味合いもある。聖体拝領なんかは明確に仲間に加入するための儀式。
2
轆轤首 @rokurokubi543 2021年8月2日
親戚の家に遊びに行ったらばーちゃんが飯食うてけっていうのは普通だけど、「もうお腹いっぱい!」って言って断ったのにしばらくしたら「飯食ったか?」と言って来て、それからしばらく後にそのばーちゃんが認知症(当時はボケ)と診断ついてたので少し注意してねw
0
フローライト @FluoRiteTW 2021年8月2日
「神への捧げもの」でも生き血とか抉り出した新鮮な心臓とか使うもんなあ。 飯おごって済む方がいいな。
1
バーふバリ兵 @Kannchen00 2021年8月2日
こんな最も根本的な世界人類共通のメンタリティを日本独特と思うなんてどんだけ知識が偏ってるんだよ(笑)
17
アユザック @ayuzak4318 2021年8月2日
日本にあるインド料理屋のナンのサイズにも言及しなきゃ
6
八頭身派(はっと) 颯仁|創造神🌄VTuber 不定期19時配信 @komad333 2021年8月2日
badger2635 上のコメントでもあるけどその『仲間』の範囲に神を含めるか含めないかの違いがあるって感じだね。 すぐそばに色んな神がいるのと、天高くからすべての信徒を一人の神が見守るのの違いというか。
4
バーふバリ兵 @Kannchen00 2021年8月2日
やってきたスサノオにご飯を食べさせようとしたオオゲツヒメさんは大変な目に
6
あなぐま @badger2635 2021年8月2日
komad333 神様云々よりは食事に参加した人たちの関係性の問題。元にあるように「他人」をもてなすために食べさせるではそもそもないと言うこと。仲間である事の確認と「他人」をもてなすのは別物。
0
語るおじさん(おじさん) @ojisan_think_so 2021年8月2日
Nao000N そう出来てる メシを振る舞うことを楽しむ遊戯を飯事(ままごと)というよね アレ振る舞われる側はあんまり面白くないのが辛いとこやね
0
あなぐま @badger2635 2021年8月2日
キリスト教について言えば最後の晩餐はいわば仲間同士の固めの杯。旅人をもてなしてるわけではない。聖体拝領の原型はあくまで最後の晩餐なので、それを他人をもてなす食事と混同するのは明確に誤り。
2
蛸足16本 @takoasi16ponn 2021年8月2日
食わせたい欲求は他の国や民族にもあるけど、良くも悪くも日本人は食べ物に対する執着がものすごいなと思う 食い物しか楽しみがないのかってくらい
0
鶏男ザ3番目 @MenyouToriotoko 2021年8月2日
「まれびと」信仰だな。欧州圏では「来訪神」。ポリネシアやアフリカでも見られる。 孤島、陸の孤島だったりで人の流入がないと近親相姦的な遺伝の限界が起こる、外からの血を入れることでそれを回避する、その人間の生物としての本能が起因すると言う仮説があるぐらい日本に限らず普遍的なんだよ。飯だけじゃなくて移住してもらったり、年頃の娘とカップリングしたりする。
3
あじたま @9029ajitama 2021年8月2日
それが正しいのかどうかは知らんけど、仏壇や祭事で料理や野菜とかを用意するのは「今年もこんなにいっぱい獲れました!ありがとう神様!」とか「お陰様で無事今日もご飯が食べれてます!これはそのおすそ分けです!(分けれるくらいには余裕がある生活が出来るのはあなたのおかげです!)」みたいな意味だって婆ちゃんに教わったなぁ。「食べさせたい」じゃなくて「食べれてますよ!」って報告だって。
1
mocilol @mocilol 2021年8月2日
そういえば昼食った?夜食った?って友達同士で挨拶的に言うわ
1
影山影司 @apto117 2021年8月2日
アジア圏はなんとなく飯食わせろ文化あるって感じるけど、イタリアとかのメシウマ非アジア圏ってどうなんだろ。雑なくくりだけど英国&米国みたいな雑飯が多い国とか、むしろ神が施しで食料を与えてくれるキリスト教圏は異なる考え方になるのかな~。
10
応援用アカウント @7KJ4qwpb0IGc338 2021年8月2日
おばあちゃんの畑仕事手伝うと、ポケットから無限におかき出てくるからな
1
ダルジィ @M0NcDTpW7UOFJd9 2021年8月2日
「大昔の日本では日常的に飢餓が当たり前でした。」大昔という雑なくくりなら世界中そうなので日本が食わせる文化になったという主張の理由付けには弱い気がするのだ
3
よもぎ(よう、もぎ) @cataildragger 2021年8月2日
日中で友人の家に泊まったことがあるというカナダ人が「アジアのおばあちゃんはお腹いっぱいでもとにかく『あれ食うか、これ食うか』と勧めてくる。相手が孫でも客でも腹一杯でも」と言ってたな
6
まるい りん @maruirin 2021年8月2日
apto117 これ思った。欧米とかどうなんだろう。昔のアメリカだとお腹をすかせて客人を帰すなんてありえない、みたいな南部ホスピタリティ話がハックルベリーフィンの冒険の描写に出てくるので地域性もあるんだろうけど。
4
yuki🌾㊗️6さい🎉⚔ @yuki_obana 2021年8月2日
神ですら倉廩実則知礼節、衣食足則知栄辱を地で行くのだ(´・ω・`)
0
けとるカール @kettle_quarts 2021年8月2日
赤ん坊が最初に口にする「マ」という発音を、外国では母親のことだと解釈し意味を当てた言葉が多いけど、日本はご飯のことだと解釈し意味を当てたと何かで見たことあるなあ。ママとまんまの違い。(本当かは知らない)
5
サディア・ラボン(ドラクエ10ではヒエロサロメ) @taddy_frog 2021年8月2日
聖書に出る全焼の捧げ物は、神様にご飯をあげるのが由来だと思いますけど、全知全能の神に食事は必要無いと主張する聖職者が教義を色々いじってるかな。
0
あまる @amal_xyz 2021年8月2日
kettle_quarts まぁ母親から食べ物(母乳)が出てくるんだから、どっちも似たようなもんじゃないかな
4
ふろんと@うどん県 @mr_front 2021年8月2日
日本の宗教は土着信仰とかアミニズムであって、GODを神と訳したのが誤訳だと思うんよね 西洋のGODに該当する日本語がないので、新しい言葉を作る必要があったんだろう、なんか画数の多そうなやつ
0
かつまた☆いさ(レディ女児ィ📛) @kamiomutsu 2021年8月2日
どの国でも基本「もてなし=食事を振る舞う」だと思っていたので、歴史的に見てそうではない国がそんなにあるのかと少し信じられない感覚である。
1
かつまた☆いさ(レディ女児ィ📛) @kamiomutsu 2021年8月2日
あといつからオリンピック選手は神様になったんだ。さすが八百万の神様の国ですね。
0
enopon @enopon2668 2021年8月2日
mr_front ヒンズー教の神は仏教の天部として導入されてたし、キリスト教の神は浄土真宗の阿弥陀如来みたいなもんやね、って理解されてたし。日本に該当する概念がなかったわけじゃないと思うっス
2
94式北海黒竜王V、 @DoomDrakeV 2021年8月2日
日本人はそれだけ食事を大切にしているから、サクナヒメとか牧場物語なんかもヒットした。
0
inti @inti87913544 2021年8月2日
独自っていうか教義化されないままの土着的な古い信仰が残っているって方かな。蘇民将来説話に見るような神ないしは神の使いである正体を隠した旅人を歓待する事で疫病や災害などの荒ぶる力から逃れるって話はソドムとゴモラにも通じるんで割りと昔からある素朴な感覚なんじゃないかな。
3
ゆゆ @yuyu_news 2021年8月2日
「食でもてなす」に「一宿一飯の恩義」「同じ釜の飯を食った仲」「神人共食 」「黄泉戸喫 」あたりの感覚もくっついてくるんだろうね。
1
ゆゆ @yuyu_news 2021年8月2日
冥土の物を食べたら帰ってこられないのや生贄の儀式は古代ギリシャにもあるし、旧約聖書時点の神も大量の生贄や供物を要求されるから、神に飯を食わせる発想自体はあるだろうけど、人間と一緒に食事してくれるテンションの神が少ないんじゃないかな。
2
いべり @153kcal 2021年8月2日
これにはアンパンマンもニッコリ
2
たむはち @tam8boy 2021年8月2日
海外にそういう風潮が「ない」ことを確認できない以上、日本人独特のメンタリティーという言い方はちょっと大袈裟というか、ちょっと失礼な気もするがどうだろうか
6
占い羊 @wHozrPpLuqR09za 2021年8月2日
maruirin アブラハムの息子とか捧げちゃうから「神に食べさせる」とは違うかもしれない…あと聖書は「神から一方的に与えられる話」と「与えられたものを返す話」が多いと思うんだよね
3
inti @inti87913544 2021年8月2日
生贄というのは、神に対して財を捧げる事やね。家畜は大切な財産なので、大事な物を提供する代わりに願いを叶えてもらうんやね。
2
よーま こまめに手洗い @yoma_kenichi 2021年8月2日
客人を食事で供応するのは世界に共通する文化であり「日本人独特」とか無理がある話だよね。日本の食文化に注目するなら、供応でも大皿から取り分けをしないで膳で出す点かな?現代だと鍋の文化もあるけどさ。
5
ちょび@ちはこ🌷🇰🇿 @chipacora_ 2021年8月2日
天皇陛下の神事でも確か神様と陛下が一緒に食事するっていうのがあったはず。
1
花田 鉄平 @teppih 2021年8月3日
客人をもてなすのは当然世界中どこでもあるし、祖先の霊やら神様やら「この世の人ならざるもの」をもてなす文化も世界中どこでもある(ハロウィンやら死者の日やら)
1
あおあむ @amusukenew 2021年8月3日
ユダヤ教に連なる文化圏のものと、それ以外の文化圏のものは感覚的には別物って認識 というより、人類史的にはユダヤ教系のが異端なのでは…?土着神話は東洋西洋で似たような話が出てくるけどユダヤ教系とはそういう話を聞かない気がする
0
とみ @t0M1ko 2021年8月3日
お神酒とかは神様に飲んでもらって『お下がり』としていただくからありがたみが増すものなので、価値をあげてもらうためにもてなす側としては神様へ 「食べ物を食べてください、お願いします!」 と思ったりした歴史とかあったりしないかな。 ただのその辺のスーパーで買ったリンゴより神様が口をつけた(ように思える)リンゴの方がありがたみ増しそう。
0
稙田惟純 @ohgakorezumi 2021年8月3日
amusukenew それはイスラエルを征服され、受けた迫害の末にユダヤ教徒が自人種を特別視するようになったというだけの話だと思いますね。ノアの方舟の洪水神話なんか世界中にありますし、ヤハウェをシナイ山の神とすると、山岳神話の延長線上に天を神として崇めるようになる様態はモンゴルのテングリ信仰、中国の天信仰、ギリシャのオリンポス山信仰(ゼウス)など珍しくなかったりします。比較神話学でぐぐるといいかもしれません。
0
フルグラ美味しい @frugura 2021年8月3日
『日本の文化』とか『アジアの文化』とか書いてるが、神霊に食物を供物として捧げるのは世界的にごく普通の作法。そういう事をしてないキリスト教が異端な位。
2
Ikunao Sugiyama @Dursan 2021年8月3日
関西圏の「あめちゃん」もその一端かな?
1
フルグラ美味しい @frugura 2021年8月3日
そもそもキリスト教の大元といえるユダヤ教や親戚筋のイスラム教には大量の羊を屠殺して(その肉を)神に捧げる『犠牲祭』がある。キリスト教はキリストが自身の身体を犠牲にするとこで神との契約が変えられ、犠牲を捧げなくとも良いという話なったとかじゃなかったか?
2
フルグラ美味しい @frugura 2021年8月3日
さらに書くと、先祖の霊を含む神霊は食物を必要とするとされる事が多い。世界的にそれが普通。なので定期的に先祖祭祀を行って先祖の霊に食物を儀式を通して送らなければならない。中国なんかはこの考えが特に顕著。
2
こりん @yun3_krnstar 2021年8月3日
qnh2 辛いけど可愛い…。ご馳走をたんと用意してたんですね。
1
M☆E☆T☆A @Metaborough 2021年8月3日
ShiraishiGento 「同じ釜の飯を食った仲」だよなあ。
1
四式戦闘機 @ki84type4 2021年8月3日
モンゴルだったか、「客人が残さず食べるというのは、もう食べられないほどにもてなせなかった主人の恥」という文化があるので、日本人的な「出されたものは残さず食べないとスゴイシツレイ」という考えで対応するといつまでもごちそうが出てきてえらい目にあうという話は読んだことがあるw
0
_ @readonly6582 2021年8月3日
インド料理屋行くと、おっちゃんの食わそうとするメンタリティーを強く感じる。そういう文化なのか、ビジネスでやってるのかは知らないが、とりあえずナンはそんなに食えないです…
1
Mill=O=Wisp @millowisp 2021年8月3日
コメントに集まってる外国の例を聞く限り、中央アジアくらいまでは「歓待=飯」の価値観は通用しそうな印象があるね
1
aqp1 @aqp114 2021年8月3日
ki84type4 中国や韓国もそうだね。大陸の方の価値観だ
1
あなぐま @badger2635 2021年8月3日
yuyu_news 「一宿一飯」や「同じ釜の飯」は仲間であることを認め合う通過儀礼としての側面が強いので旅人のような他人をもてなす食事とは意味が違ってきます。どちらかといえば家族揃って食事するのに近いです。これ全部他人に食わせたいで括ると家族の食事も他人に食わせたいに含まれます。
1
サディア・ラボン(ドラクエ10ではヒエロサロメ) @taddy_frog 2021年8月3日
ユダヤ教は、バビロニアに滅ぼされたのは神に逆らった罰だと考えて、教義を強化しようとした時に特殊な形に変わったのかな。
0
けとるカール @kettle_quarts 2021年8月3日
amal_xyz 解釈する側がどう判断するかなので、赤ん坊が真にご飯を求めているかどうかは別の話かと
0
○○もへじ @marumarumoheji 2021年8月4日
八岐大蛇は酒を飲ませて討伐するし、六部殺し、マレビト殺しの話もあるけどな。
0
占い羊 @wHozrPpLuqR09za 2021年8月4日
frugura 犠牲祭は字面がすごいんだけど、やることは家畜を絞めて人々に肉を分け与えるお祭りだそうだ。主に貧者に施すもので、裕福な者は肉を追加する義務があるとかなんとか。それは「神の名で人間に食事を与えている」という方が近いんじゃないかな。社会奉仕と歓待は違う
0
QuarrelBlue @QuarrelBlue 2021年8月9日
グリム童話でも「貧乏人と金持ち」はお忍びの神さまに宿と食事を施す話ですし(ギリシャ神話のバウキスとピレーモーンの話と同系?)、「金のがちょう」とか「森の中の三人のこびと」も超自然の人物に食物を分け与えるかどうかで展開が分岐する話です。「茨姫(眠れる森の美女)」は一人だけ饗応から漏れたことで問題が発生する話ですし。ブラウニーにミルクを出したりサンタクロースにクッキーを出したりする風習まで入れると、ヨーロッパでも神とか精霊とか妖精とか超自然存在に食事を出すという概念は結構ある気がします。
2