アプリで作成
2021年12月1日

「気付いた」を「気付きがあった」、「学んだ」を「学びがあった」とする語法についての様々な議論「主体の臭みを消して「客観的」風にする」

80
ただまご = 永島孝 @tadamago

数学は楽しいよ!小学校三年から不登校の数学者.業績はクレイグの補間定理の精密化など.理学修士,数理論理学専攻.もと大学教員,いまは無職.小学校の上級生に暴行され股関節を傷めた後遺症あり.

researchmap.jp/mizunohotori/

ただまご = 永島孝 @tadamago

「気づいた」を「気づきがあった」と言い,「学んだ」を「学びがあった」と言う語法が教育界にあるそうだ.朝食のあとには「食べがあった」と言うのかな?

2021-11-29 09:13:12

主観と客観の違い?

だるまかるま @3zSiNjVaappQw7F

@tadamago 教育の話であれば、行為の主体が曖昧なのと同時に、具体的な結果について明言を避けているような印象ですね ・気づいた(から発見したものを共有できる) ・気づきがあった(けど説明できるかは分からない) ・学んだ(からできる) ・学びがあった(けど自分で使えたり、発展させたりできるかは知らない)

2021-11-30 11:22:08
飯塚裕之 @i_izuka

@tadamago 「気づき」や「学び」は名詞なので、あったりなかったりします。 「食べ」は名詞でないので、その後には助詞である「が」は接続しません。

2021-11-30 12:56:11
すずもと @aruto250

「気づきがあった」「学びがあった」という表現は、客観的でない意見は価値が低いとされる(意識高い系の)社会的傾向において、主体の臭みを消して文章を「客観的」風にすることで相手の心理的障壁をすり抜けて心に入り込もうとする表現かなと思う。「怒られがあった」なんかはその揶揄なわけで。 twitter.com/tadamago/statu…

2021-11-30 08:38:54
酒溺ブラバイさん(ミソジウサギヤケクソヒトモドキ @aka_bare_arai

これは単純に補助金構文。不景気ですぐに「具体的な成果は?」「短期的な費用対効果は?」などと聞いて評価をする外部の専門家()に対し、「学び」という過程を物質的な「成果」にすり替えて提示する過程でつくられた言葉。平成末期の悪しき風潮ブラ 「怒られがあった」とかは年代的にすこしズレるはず twitter.com/aruto250/statu…

2021-11-30 12:48:20
酒溺ブラバイさん(ミソジウサギヤケクソヒトモドキ @aka_bare_arai

教育って成果が曖昧な仕事に対して、成果を短期的に示す必要に迫られた時、真面目な人ほど「子供たちは〇〇を学んだ」なんて無責任に書けないはずで、そうすると多分「こういう学び(という行為)があった」というギリギリ客観的な書き方に逃げるしかないのでは?ブラ

2021-11-30 13:03:16
縞うさぎ/詫摩雅子 @shima_usa96

「私たちの職場でもよく聞くなぁ」から始まり、「気づいた」と「気づきがあった」では何が違うのだろうとしばし考える。「気づいた」は「○○に気づいた」のように気がついた内容に重みがあるのに対し、「気づきがあった」は気づいたというその体験に重みがあるような気がする。 twitter.com/tadamago/statu…

2021-11-29 23:53:07
Limg @LimgTW

@tadamago 「食べる」の名詞化が待たれる!

2021-11-29 09:19:27
Limg @LimgTW

@GreatDemon1701 @tadamago 既に然るべき漢語があるにも拘わらず、意味がふわふわした新語を和語から作り出してるのがポイントかと。 気付きがあった ~ 発見があった  学びがあった ~ 収獲があった  食べがあった ~ 食事があった

2021-11-30 08:07:56
@niseusa

@tadamago 学んだ→主観的 (子供が〇〇を学んだって、どこから判断したの?ってツッコミが入るのかも) 学びがあった→客観的 (子供の行動から見て取る) あとは、「学び」に内包されている意味合いが前段で解説されている時とかですかね。 自分も論文書きますが、あまり意識してなかったので勉強になります。

2021-11-29 23:40:16
kamei herbert @kamei_herbert

@tadamago 常にその語法を使うのは良くないですけれども、自分が気付くだろう、学ぶだろうとぼんやり前もって予測していたことを超越し、それを裏切るような視点を持てた場合には、良い言い方かと。目の前の唐揚げを凝視し、ひとかじりしたらあまりのうまさにもう無くなっていたら、「食べがあった」(笑)

2021-11-30 01:38:09
号泣とは大声で泣き叫ぶこと🇸🇬💉💉💉 @see_voices

@tadamago 私、先ほどまで寝があり、今しがた起きがあったところです。

2021-11-30 06:29:24
みや @lemp3

@tadamago そして怒られた時は当然、「怒られが発生した」ですね。

2021-11-30 10:12:51
山本貴嗣 @atsuji_yamamoto

教育界や自己啓発系のことは存じませんがインドの覚者などが、悟りへ向かい錯覚としての自我を手放していく過程でそれに似た表現をするのは書籍で見たことがあります。例:私は痛い→痛みがある(だが痛みを感じる私と言う主体は幻のようなものであるという視点)ただその場合徹底して「私」を(続く) twitter.com/tadamago/statu…

2021-11-30 20:24:19
山本貴嗣 @atsuji_yamamoto

続く)「私」を否定し去ることがポイントなので「意識高い私」などというくだらない意識も無論持っていてはダメですし誰かと比較したりすることもない。ただあえて今ある状況を言語化したらそういう表現になった、というようなものだったように思います。あまり参考にならない話かもしれず、すみません

2021-11-30 20:25:41
理科教師とらふずく @raptorial_owlet

マジレスクソリプですがこの場合は「朝食に対して真摯な姿勢を見せた」が模範解答です。 twitter.com/tadamago/statu…

2021-11-30 06:18:06
理科教師とらふずく @raptorial_owlet

「朝食に意欲的に取り組んだ」も可。

2021-11-30 06:18:50
理科教師とらふずく @raptorial_owlet

ちなみに私はこの語法好きではないので 「気付きがあった」→「理解することができた」 「学びがあった」→「知識の向上が見られた」 などと書いています。

2021-11-30 06:25:41

言い方の違い

Yoshifumi Murakami 「ハナキン」の中の人 @Midogonpapa

日本語教師としてはこの二つの言い方の違いに興味がありますね。多分もう誰か研究してる人がいるんじゃないかな。しらんけど。 twitter.com/tadamago/statu…

2021-11-30 11:34:47
すくな(本人) @su__ku__

@Midogonpapa 「気づき」「学び」はもともとある言葉ですからねー。 あと、「(~という)ことに気づいた / ことを学んだ」の言い換えですよね。「ことを食べた」とは言わない。でもこれは万能ではなくて、例えば「ことを知った」を「知りがあった」とは言わない。「知り」単独で使うことはないので。

2021-11-30 19:51:21
Fumiko Inoue もとオランダ大学教員、日蘭交換留学コンサル、蘭日協会理事、日本映画祭理事 @matatode

@Midogonpapa 漢語+する/ある/だ の方が和語より「専門性がありそう、高級に響く、知的に聞こえる」というのの延長じゃないでしょうかねえ? 戸惑う より 躊躇する、 考える より 考察する、検討する、確かにそう思う より 確信がある、といったような。 単なる思いつき/着想ですが。

2021-11-30 23:03:50
残りを読む(2)

コメント

もんすーん @monsoon_at 2021年12月1日
単純だけど気づき、学びはそれぞれ気づく要素、学べる要素というニュアンスだと思ってた。要素としては存在しているが、人によってそれを得られたり得られなかったりする。それらを得た=気づいた、学んだ、という意味だと思いました。
3
TKS @TKS86059877 2021年12月1日
気付いたや学んだは対象が具体的な場合、気付きや学びは対象が抽象的や包括的な場合に使うイメージ
12
巴投 @pooh3_oyasumi 2021年12月1日
気づきがあった、学びがあったはだいたいそういう人が使ってるからハナホジ斜めで読んでる。なーんか変な言い方。気づいた、学んだでええやん。あとこの言い回しをする人はハッとすることが多いよね。ハッとがあったって言わんのかな?
3
RGB000 @19666_61 2021年12月1日
俺が気づいた、そこに気付き(を齎すもの)があった、の違いと認識している。この違いで何が起きるのかは知らん
8
RGB000 @19666_61 2021年12月1日
pooh3_oyasumi ハッとさせられるものがあった、なら言いそう
10
K53YA (NE) @mabuenoe 2021年12月1日
タイトル見た時はレトリックなのかと思ったけどニュアンスちょっと違う感じか。
2
かじ @micking_bird 2021年12月1日
一方の、不動産広告における(所謂マンションポエム)は「○○(地名)に住まう。」と、「住む」を「住まう」に置き換えて、購入者の主体性を強調するのが対照的ですよね。
1
犬の茶碗蒸し @Inuchawan 2021年12月1日
この語が「意識高い系」と結びつけられて、気に入らない、鼻持ちならない言葉としての印象づけが深まりかねないのはなんだかなぁ。何ら間違った言葉ではないのに、使用を忌避したり、使用した人間に意識高い系のレッテルを貼る原因になっちゃうよね。
37
はるを待ちかねた人でなし @hallow_haruwo 2021年12月1日
まんま言い換え可能な場合も多いけどニュアンスの違いもあってここで入れ替えるとなんか違うって場合も少なくないよね?
10
ティルティンティノントゥン @tiltintninontun 2021年12月1日
「おじいちゃん、ご飯はさっき食べたでしょ」
0
m_c_turbo @m_c_turbo 2021年12月1日
その瞬間は自覚しなくても、後になって「あの時の経験は、ああだったのか」って気付く場合は、「学びがあった」の表現が嵌る。
16
hignon @higunonno 2021年12月1日
これに関してはニュアンスの違いはあるから意識高い系〜って言うのは違うんだよな。
23
nob_asahi @nob_asahi 2021年12月1日
「学んだ」「気付いた」という表現なら、当然主語は「私」であり、「何」を学んだのかとか「何」に気付いたのかという問いがされる怖れもある。しかし、「学び」「気付き」があったとすれば、「(具体的には言うことができない)学び/気付き」があったということにできるので、問いを躱すことができるし主語(主体)も私ではない余地が生まれる。「誰が」「何」を曖昧にすることで追及される懸念を減らすことができるので多用されるようになったのだろう
5
ピリコ @PiriPiriPirico 2021年12月1日
学生がこれ使ってたら8割ただの文字数稼ぎだよ
29
なが @k_watarase 2021年12月1日
単に文章構成で選んでる場合もあるしなぁ 「気づきがあった」「学びがあった」ってなってても「どんな?」とは返せるし、返すよ
0
mob8 <万力のヤギ.Star> @mob8hei 2021年12月1日
うるせえな!そっちの方が文字数稼げるんだよ!
2
とみゃ @QBvxWe4hElcmSzD 2021年12月1日
主語が児童だろうから、「気づいた」の言い換えじゃなくて、「~~~ということを児童が気づいたようだ(と私は判断した)」の意味かと。
5
タマ三郎 @Tama3r0 2021年12月1日
散々言われてるけど「学ぶ」は「真似ぶ」だから、「自分で再現できる」が「学んだ」で、「再現できないけどそういうことが可能だと理解した」が「学びがあった」で使ってるイメージ。
1
モンタ 東京ホビーポータル店主 @chrysolina 2021年12月1日
初めて聞いたのは教会関係なんで、どうしても宗教色が強く感じてしまう。
1
hayahon @hayahon1 2021年12月1日
何でこんな無意味に嫌みったらしい書き方するんだろう
7
いとけい @itokei_ 2021年12月1日
特筆すべきこと的なニュアンス?
0
らない @lanai_spr2 2021年12月1日
「〜があった」=「〜が観察された」という客観的な変化の報告。 自分に使ってたら、その方がもっともらしいと思ったのか、文字数稼ぎか、ただのネタ。
2
しいたけ @si_ta_k 2021年12月1日
補助金構文に激しく同意 主観ではなく事実を述べている体裁だ
2
きさら@とろけてる @m_kisara 2021年12月1日
「気づいた」や「学んだ」は動詞で、「気づき」や「学び」は名詞だからね。ニュアンスが違う。
1
らてーる @tenta325 2021年12月1日
不意に得られた感の強調だと思ってた 思いがけないという感動を強く感じたからだと
1
江之浦別一 @bliteorwhack69 2021年12月1日
無かった場合は何も言わんもんあいつらうっとうしいわ。気付かずがあった、って言うんかな。無学があったとか言うんかな。気持ち悪い。気付きみがある、とか。何重も包装して中身分からんようにしてから渡すの無礼やな。どうせ後から、お前の想像が違ってた、そんな意図は無かった、って言い訳する為の準備だろ。何もかも言わんようにしか言えんのか。ウィトゲンシュタインに妻を寝取られたんか。
1
種葉 @2n_saw 2021年12月1日
bliteorwhack69 名詞化+ある/ない なので、なかったら「気づきはなかった」「学びはなかった」でしょ。「気づかずがあった」って発想がまずないwww
9
富士山麓ωナックル @Mqzer9ltQN2nxiE 2021年12月1日
意識高い系構文として使われる際には、客観性を持たせた言い回しにすることで自分の責任を回避する一方、同意できない人の感性を貶めるように使用されるので、イラッとしやすい。
0
kartis56 @kartis56 2021年12月1日
意識高い系というより自己啓発系の気がする
0
渚稜 @nagisaryou 2021年12月1日
RPGみたいな感じ。自分で自分のステータスを管理してる感がある。
0
ボン青柳 @BonAoyagi 2021年12月1日
「勇気をもらった」とか「感動をありがとう」とかと似た話?
2
@id_fid 2021年12月1日
自分でも何かわからんけど、この気付きが~、学びが~、の言い方がすごく嫌い。
1
musomuso1234 @musomuso1234 2021年12月1日
詐欺師がよく使う言葉ってイメージしかないから胡散臭さしかない
1
令和の美術科教育(仮.bot @art_education_ 2021年12月1日
検証可能計測可能達成可能な目標設定とか、客観性を求めてしまうとこうなる
0
男山(YZF-R25) @otokoyama_rx 2021年12月1日
「どんな気づき(学び)がありましたか?」って体験学習とかのレポート書かせるのでよくみかけたな
0
八頭身派 颯仁|創造神🌄VTuber @komad333 2021年12月1日
hayahon1 聞いてる己が嫌みったらしく感じるだけやで。
3
ムック船長 @captainmuck 2021年12月1日
「知りもしない」とかも同じ部類なんだろうか
0
ham68616d sub @ham68616dsub 2021年12月1日
「怒られが発生した」すき。
4
いとけい @itokei_ 2021年12月1日
学びの獲得の発生の……
0
もんすーん @monsoon_at 2021年12月2日
自分が気づいた、学んだ、と言いたいのに、わざわざ気づきや学びがあったと言い換える用法は確かにウザいな。自分が壊したのに、壊れちゃったと主体性を欠いた言い訳をしているみたい。
0