アプリで作成
2022年1月14日

NYタイムズは信用できるのか❓

#WalkAway 第百十一弾。先の立憲民主党のCLP問題、コロナウィルス及びその変異株の脅威の過剰な煽り立てにより #インフォデミック が蔓延している我が国に置いてもタイムリーであり、洗脳装置としてのメディアの恐怖への警鐘です。
16
tarafuku10 @tarafuku10

動画『NYタイムズは信頼できるのか?』を訳してみた。NYタイムズは、世界で最も影響力のあるニュース・ソースだ。毎日、世界の何百もの新聞や放送局がNTタイムズの記事を追いかける。同紙はジャーナリズムの最高峰なのか? 調査報道記者のアシュリー・リンズバーグが解説します。youtube.com/watch?v=x4dUeV… pic.twitter.com/vlnuHZHkJY

2022-01-14 18:58:36
拡大
tarafuku10 @tarafuku10

世界で最も影響力のあるニュース・ソースはNYタイムズである。毎日、世界中の何百もの新聞、テレビ局、ケーブル・ニュース放送局が、NYタイムズの記事を追いかける。そうしない理由があるだろうか? NYタイムズはジャーナリズムの最高峰だし、偏見や底意なしに事実を提供しているのではないか? pic.twitter.com/eZEGb8FU7U

2022-01-14 19:07:11
拡大
tarafuku10 @tarafuku10

実のところ、その答えは「ノー」である。NYタイムズは、歴史的に大きな重要性をもつ出来事に関して、公平なジャーナリズムを一般大衆に提供することを繰り返し怠ってきた。その代わりに、虚偽のストーリーをでっちあげることを選んだ。そしてそれはしばしば破滅的な結果を生んだ。 pic.twitter.com/cauiOtRFiL

2022-01-14 19:07:12
拡大
tarafuku10 @tarafuku10

NYタイムズはそれ自身の金銭的およびイデオロギー的な利害のためにこれを行っているのである。 これは少なくとも1932年にまで遡る。 pic.twitter.com/5WqayjyVrZ

2022-01-14 19:07:13
拡大
tarafuku10 @tarafuku10

この年、ウクライナは酷い飢饉に襲われた。餓死したウクライナ人は500万とも700万ともいわれる。この惨事は悪天候のせいではなかった。すべてソ連の独裁者であるヨゼフ・スターリンの冷酷な統治のせいだった。 pic.twitter.com/aaFlmziCO6

2022-01-14 19:07:15
拡大
tarafuku10 @tarafuku10

NYタイムズのモスクワ特派員のウォルター・デュランティはすべてを知っていたが記事にしなかった。それどころか、飢饉など起きていないと書いたのだ。 pic.twitter.com/c4NhurUKnJ

2022-01-14 19:07:16
拡大
tarafuku10 @tarafuku10

アメリカのメディアは、NYタイムズのスター記者の記事を追いかける。アメリカの政治的エリートも同じだ。選挙で選ばれたばかりのフランクリン・ルーズベルト大統領もそうだった。ルーズベルトはデュランティと個人的に面会し、ソ連の状況について議論したのだ。 pic.twitter.com/mkp3dy19D3

2022-01-14 19:08:43
拡大
tarafuku10 @tarafuku10

デュランティを称賛する者はもう1人いた。ヨゼフ・スターリンである。この残虐な圧政者はこのNYタイムズの記者を褒めたたえてやまなかった。「あなたはソ連に関する記事で素晴らしい仕事をしている。我が国について真実を語ろうとしているからだ」 pic.twitter.com/mh1pmppXO4

2022-01-14 19:08:44
拡大
tarafuku10 @tarafuku10

デュランティがスターリンと飢饉について事実を暴露していたら、アメリカ人はソ連の真実の姿をより深く理解しただろう。実際には、多くの者がだまされた。 pic.twitter.com/RFd84EVBbH

2022-01-14 19:08:45
拡大
tarafuku10 @tarafuku10

第二次世界大戦直前のドイツにおけるユダヤ人の迫害に関しては、NYタイムズはさらにひどかった。最初は強制収容所に関する記事を掲載することを拒んだ。掲載されることになっても、後ろのページが与えられただけだった。 pic.twitter.com/hDua36RmKq

2022-01-14 19:08:46
拡大
tarafuku10 @tarafuku10

ここでも、アメリカの他のメディアの方向性を決めたのはNYタイムズだった。NYタイムズがユダヤ人虐殺をたいした話ではないと考えたなら、それはたいした話であるわけがない、というわけだ。 pic.twitter.com/3Roc2yM1wX

2022-01-14 19:08:47
拡大
tarafuku10 @tarafuku10

1957年、NYタイムズは今度は逆のことをした。どうでもいいような話を重要な話に変えたのだ。それはキューバにおける反乱の話だ。その過程において、NYタイムズは1つの国を破壊するのに手を貸した。 pic.twitter.com/DGmRObfXHz

2022-01-14 19:11:32
拡大
tarafuku10 @tarafuku10

NYタイムズのハーバート・マシューズ記者は、ほぼ敗北がきまったフィデル・カストロという名の反逆者を探し出し、山中の隠れ家を訪ねた。 このインタビューから、カストロをキューバの民主的な救世主として称賛する一面記事がいくつも生まれた。 pic.twitter.com/kBZV3Q77mW

2022-01-14 19:11:33
拡大
tarafuku10 @tarafuku10

NYタイムズは、この落ちぶれたマルクス主義革命家を国際的なスターへと変えた。NYタイムズがカストロを作ったといっても過言ではない。NYタイムズの助けがなければ、キューバ革命はほぼまちがいなく失敗しただろう。 pic.twitter.com/Pz117tiCHZ

2022-01-14 19:11:34
拡大
tarafuku10 @tarafuku10

数年後、東南アジアでも同じような現象が発生した。今回は、悪漢をヒーローにする代わりに、ヒーローを悪漢にした。NYタイムズの威光をまとった若くて押しの強いデイビッド・ハルバースタム記者は、選挙で選ばれた南ベトナムのリーダーであるゴ・ディン・ジエムは血に飢えた狂人であると決めつけた。 pic.twitter.com/oCB7ZLFbMc

2022-01-14 19:11:35
拡大
tarafuku10 @tarafuku10

アメリカの戦争行為は道義に反しており、真の自由の闘士は北ベトナムの共産主義者だという当時支配的だった左派の考えに捕らわれていたハルバースタムは、ジエムを引きずりおろすための記事を次から次へと書いた。 pic.twitter.com/KAgTOdlIew

2022-01-14 19:11:36
拡大
tarafuku10 @tarafuku10

最終的にその目的を達成したのは、ジエム政権が彼の政策に抗議する30人の僧侶を殺害したという記事だった。しかし、そんな事実はなかった。それはハルバースタムが匿名の情報源や噂に基づいてでっちあげたストーリーだった。後に国連が調査したところでは、殺害されたとされた僧侶はすべて健在だった。 pic.twitter.com/TzylwehtCk

2022-01-14 19:15:44
拡大
tarafuku10 @tarafuku10

しかし、もう取り返しはつかなかった。ジエムの失われた信用は二度と戻ってこなかった。それから間もなくジエムは暗殺され、政権は倒れた。ジエムは完璧ではなかったが、リーダーシップに優る指導者であり、彼に取って代われる有能な人物は現れなかった。戦争はぐずぐずとあと10年続くことになる。 pic.twitter.com/BTyNRgdvvv

2022-01-14 19:15:45
拡大
tarafuku10 @tarafuku10

現在、NYタイムズは最も有害な嘘かもしれないものを拡散している。アメリカのルーツは自由ではなく奴隷制にある。それが1619プロジェクトの背後にあるテーマだ。(注: NYタイムズが推進する1619プロジェクトは、米国の建国は独立宣言の1776年ではなく、奴隷が最初につれてこられた1619年だと主張する) pic.twitter.com/NosXUAqcfs

2022-01-14 19:15:46
拡大
tarafuku10 @tarafuku10

歴史家は右派・左派を問わずこのプロジェクトの核となる主張の誤りを暴いてきた。しかし、NYタイムズは状況を改めるどころかこれまで以上に強引にことを推し進める。歴史のカリキュラムを1619プロジェクトという恥知らずの中傷で置き換えようと全国の学校区に働きかけているのだ。 pic.twitter.com/PmqCxkzZgC

2022-01-14 19:15:47
拡大
tarafuku10 @tarafuku10

私がここで挙げたのは、NYタイムズのとんでもない振舞いのほんの数例にすぎない。詳しくは、私の著書『灰色の淑女が目配せした: NYタイムズの誤報、歪曲、捏造がどのように歴史を大きく改窮したのか』を参照してほしい。 pic.twitter.com/m1TIeDRktq

2022-01-14 19:15:48
拡大
tarafuku10 @tarafuku10

世界で最も影響力のある新聞はあなたの信頼に値しない。客観的である振りをしていることがその不誠実さに拍車をかけている。NYタイムズは真実を追求しているのではなく、自分たちの思惑を推進しているだけだ。私たちもそろそろそれに気付くべきだ。 pic.twitter.com/PkTarmViWc

2022-01-14 19:15:48
拡大
tarafuku10 @tarafuku10

調査報道記者のアシュリー・リンズバーグでした。(了) 英文スクリプト: ↓ prageru.com/video/can-you-…

2022-01-14 19:16:13
tarafuku10 @tarafuku10

1619プロジェクトの詳細についてはこちらをご覧ください。↓ togetter.com/li/1633508

2022-01-14 19:18:06
浅羽通明 bot @bot_asaba

ロナルド・ドーアらが「後発効果」として論じたとおり、リベラリズム=近代を知らぬ日本資本制は、リベラリズムに捉われた欧米よりも有利な条件で、経済成長へ邁進してゆくことができた。 福澤諭吉のアジテーションは空振りだった。独立不羈などなくても、日本は成長発展できたのだから。

2022-01-18 23:58:00
残りを読む(9)

コメント

aioi_au @aioi_au 2022年1月14日
アメリカの朝日新聞ってだけでもう評価はわかるよね。 何年か前に提携90周年記念とかやってたんで揶揄でなく本当に本質が同じなのよ、戦争やる前からズブズブなんだぞ。
15
@Hydra_Nautilus 2022年1月14日
海外の報道だからって真に受けちゃいけない 英国の報道としてThe SunとかThe Daily Mirrorとかよく引用されるけど、向こうの東スポみたいなもんだからね そういうもんだと分かってて聞くかどうかでだいぶ変わる
4
雑記帳 @N8sBVHwq1Xgavt8 2022年1月14日
Hydra_Nautilus そういう話で言えばこのサイトは基本的に極右寄りつうか自他共みとめるバリバリな右翼団体なんで「アリカン極右が好みそう(もしくは右翼自身の)主張」という前提を元に読む必要がある
0
@Hydra_Nautilus 2022年1月14日
N8sBVHwq1Xgavt8 このサイトというか、SNSで時間潰す層っていうのが、まあまあ経済的に余裕のある20〜30代で右が比較的多いんだと思います その中でも極端に寄った人の声が大きくなるから目立つ
1
雑記帳 @N8sBVHwq1Xgavt8 2022年1月14日
Hydra_Nautilus 書き方があれだったのが悪かったけど、翻訳元の動画のことを言いたかったのよ。リベラル左派に支配された教育の代替え手段を提供するとかなんとか言ってるガチガチな右翼団体が制作してるのが動画なんで、アメリカ右翼が好む主張ってのは前提として必要になる
3
ニートその3 @apribi 2022年1月14日
金持ち連中が自分たちの都合のいいようにするためにお金を動かす。それが右に流れたり左に流れたり金持ち連中も一枚岩なわけがないので色んな階層でバチバチやってるわけでしょ。
3
愚者@冬コミ12/30東N25a @fool_0 2022年1月15日
しかしルーズベルトの異常なまでなスターリン推しは正直今でも理由がよくわからんのよなあ……別に大嫌いだからそう言ってるのではなく(実際人間としてはこれ以上ないクズだけど)政治家としては有能だっただけに、余計にあの偏りは理解できない。NYタイムスの煽りもあったのだろうけど、それだけが理由とも思えないしなあ。
5
みどりかわだむ @DamMidorikawa00 2022年1月15日
アメリカ人今ごろ気づいたんか
7
まあちゃん02(ワクチン2回目) @eK0SV72lWxlYb8L 2022年1月15日
fool_0 普通に対独参戦を願っていたからでは……? 第二次世界大戦前からスターリン推しならニューデール政策も国家が経済に介入するという意味でそれ以前の自由主義経済からすれば社会主義的に近い政策なので共産主義国の指導者に親近感を持っていたとか……?
2
まあちゃん02(ワクチン2回目) @eK0SV72lWxlYb8L 2022年1月15日
DamMidorikawa00 日本でも朝日新聞の異常さは21世紀に入ってから広く知られる様になったのでアメリカも一部の人だけが知っていて最近になって広く知られる様になったのでは(特に2016年のトランプ大統領の誕生の際の立ち振る舞いで)
6
愚者@冬コミ12/30東N25a @fool_0 13日前
ん? なんで書き込み不可?
0
愚者@冬コミ12/30東N25a @fool_0 13日前
あ、書き込めるようになってた。 eK0SV72lWxlYb8L 米国知識人はソ連のプロパガンダに見事嵌ってそちらが仰るような反応だったのですが(実際NYタイムズもその影響が大)、ルーズベルトに関しては正直よくわからんのですよ。共産主義の危険性もそれなりに理解していたはずだし、何よりチャーチルから何度も共産主義(というかスターリン)の危険性について注意喚起を受けていたのに、現実には米国の宿敵へせっせと貢ぐ結果となっている。
1