2022年1月28日

【源氏は平家を滅ぼすつもりはなかった?!】頼朝は平家を滅ぼすつもりはなかったが、義経が勝手に滅ぼしたというのが最近の通説らしい

日本史勉強してたら義経が意外に傲慢だった
174
ITO Toshikazu @toshiitoh

頼朝は平家を滅ぼすつもりはなく、義経が勝手に滅ぼしたというのが近年の通説。>RT

2022-01-28 16:52:03
ITO Toshikazu @toshiitoh

還暦を過ぎた日本中世史の研究者です。 『室町期荘園制の研究』(塙書房) 『荘園ー墾田永年私財法から応仁の乱まで』(中公新書) 正誤表:scrapbox.io/toshiitooo-681…

scrapbox.io/toshiitooo-681…

リンク researchmap.jp 伊藤 俊一 (Toshikazu ITO) - マイポータル - researchmap researchmap is an information sharing platform for the researchers. researchmap is provided by Japan Science and Technology Agency.
ITO Toshikazu @toshiitoh

ちょっと単純化しすぎか。頼朝は平家を追い詰めて降参させ、三種の神器と安徳天皇の身柄を確保することを意図していた。

2022-01-28 17:39:14
ITO Toshikazu @toshiitoh

詳しくは川合康『日本中世の歴史3源平の内乱と公武政権』(吉川弘文館)呉座勇一『頼朝と義時ー武家政権の誕生』(講談社現代新書)などを参照してください。

2022-01-28 18:13:42
ITO Toshikazu @toshiitoh

まあ義経も安徳天皇の入水までは予期してなかったかもしれないが、配慮が足らなかったことは事実。

2022-01-28 18:20:16
ITO Toshikazu @toshiitoh

なんかバズっているが、このツイートの「そこまでする気はなかったが、そうなっちゃった」に反応したもの。twitter.com/bakagane/statu…

2022-01-28 18:16:12
ITO Toshikazu @toshiitoh

二位尼(平時子)も、源氏方が安徳天皇を殺すはずないと知っていただろうに、どうして入水したのか。それとも入水場面は平家物語の創作か。

2022-01-28 20:21:13

元ツイートはこちら

銅大 @bakagane

「そうなっちゃった」で平家が滅びる場面としては、たかぎ七彦さんの『アンゴルモア元寇合戦記』の壇ノ浦の描写が見事でした。 安徳天皇視点で、外から兵たちの「流れが変わった」が聞こえてくるのです。潮流?風向き?それとも人? わからぬまま、すべてが押し流されていきます。どんぶらこー。

2022-01-28 21:01:29
銅大 @bakagane

平家のやった悪行って、ひとつひとつは、先例もあるし大したことではないのですよ。天皇の外戚になるのも。邪魔な権力者や法皇を排除するのも。イラッときてナスを踏み潰すのも。だから、やらかした側からすると、「なんで?」になっちゃうんです。「なんで私たちだけがこんなに恨まれるの?」と。

2022-01-28 09:29:18
銅大 @bakagane

『平家物語』は平家滅亡の物語ですが、「驕り高ぶった」平家が報いを受けたというより、平安末期の世にたゆたっていた不平不満が、平家と源氏を見つけ、そこに何もかもを投入していったことで、気がつけば壇ノ浦で平家族滅という、「そこまでする気はなかったが、そうなっちゃった」感があります。

2022-01-28 09:17:18

やむを得ずしてそうなってしまったのか?

レプリカ先生(セルヴォ:戦術派狙撃手)@ガンブレアプデ @seruvo

@toshiitoh そういう事もあって「殺さざるを得なくなった」のが真相かもしれないって事か

2022-01-28 19:53:37
アシッド @Acid_66

@kansai5656 @toshiitoh @zimkalee いや、文化面や社会面の常識が義経に欠如してたからじゃないですかね

2022-01-28 17:40:18
ITO Toshikazu @toshiitoh

源平の争乱、特に平家追撃戦は、鎌倉の頼朝から遠く離れたところで行われ、京都の後白河上皇にも命令権があるので何かと複雑。情報の伝達にも時間がかかるし。

2022-01-28 20:31:08
ITO Toshikazu @toshiitoh

忘れがちだが、上皇が軍権を失ったのは承久の乱後。源平の争乱時は上皇の命があったら聞かざるを得ない。

2022-01-28 20:48:50
やまごん @5chiu3

@toshiitoh でもあの時期に敵勢力を殲滅できた事でその後の鎌倉幕府が大きく有利になったのは事実でしょうね。当初の目論見通りなら源平朝廷三権力鼎立で南北朝の如き様相を呈していたでしょうし奥州制圧も叶わなかった(と妄想

2022-01-28 20:29:53
リューサン🐰💤 @gbbryusan

最近書かれた歴史漫画でも、壇ノ浦で平家が滅んだことに頼朝が動揺してましたね。最新の説にアップデートされているように感じます。 twitter.com/toshiitoh/stat…

2022-01-28 21:29:38

英雄「義経」の裏側

月下の魔女 @w1oeOqqiidonsK3

@toshiitoh 義経「勝てば良かろう」な人にしか

2022-01-28 19:36:27
やび @72monodemo_nai

@Acid_66 @kansai5656 @toshiitoh @zimkalee 平均的武士「戦争で非戦闘員を殺すのはルール違反やで」 義経「ほーん(ユミイカケー」 船の漕ぎ手「グエー死んだンゴ」

2022-01-28 17:55:57
谷梅之助 @umenosuke_tani

@dorodoro_jirou @5chiu3 @bakagane 義経は「政治」が出来なかったのかな、と言う印象があります。あまりにもまとも過ぎた。 ただ、それが後世に「英雄」として語り継がれた原因かも知れませんが。

2022-01-28 21:00:02
残りを読む(15)

コメント

ティルティンティノントゥン @tiltintninontun 2022年1月28日
壇ノ浦の戦いで義経が非戦闘員(船の漕ぎ手)を殺し始めたから、降伏したら何をされるか解らないと恐怖に駆られた平家一門の女子どもが入水したって聞いたんだけど、この意見はまだ市民権を得てないのか。
32
myo@棘専用(専用とは言っていない) @myo80766994 2022年1月28日
義経的には徹底的にやって滅亡まで追い込んで「これで兄ちゃんにめっちゃ褒めてもらえる!」と思って意気揚々と帰ったらめっちゃ怒られて、以降の不仲に繋がったとかいう話を聞いたことあるな。どこで聞いたのかは忘れたが、あんまり政治力学とかの事まで考えてなかったんだろうなぁってのは聞いた時も思ったな。
49
ハンミョウ獣人 @OrmFkkQMQISzCIz 2022年1月28日
tiltintninontun 義経が非戦闘員を狙ったというソースが無いですから、創作説が濃厚のようですね。 平家物語だと「源氏の兵どもは平家の船に乗り込んだ後、水夫や漕ぎ手も射殺し斬り殺し、舟は体勢を立て直せず倒れた」とだけあり、これは相手方の舟に乗り込んだあとの話でしょう。
33
ZZZ @sakusakutoux3 2022年1月28日
昔聞いた話だと午後になって壇ノ浦の風向きだか潮の流れが変わったことで戦場離脱が不可能(強制的に源氏が待ち構えている側に流れていく)になって潮の流れと待ち構える源氏の船団に押しつぶされる形で全滅する事が決定的なった結果海に飛び込んで平家が滅亡したと聞いた記憶がある。
3
NARUTO,tousen @narutousen 2022年1月28日
ただし平家の血筋を引いた皇統を滅ぼすのは後白河にとって意味がある行為です。もしそうしなかったら、自分に敵対する血筋が生き残ることになるから。現代人は結果で判断するけど、鎌倉が自分に常に忠誠を誓うかどうかわからない時に、自分以外の皇統を滅ぼすのは合理的な行為です
28
kaede@insurance agent @maple_1106 2022年1月29日
myo80766994 何で聞いたか分かりませんが、それ私も聞いたことがあります。義経は結構創作が多いので「だったらいいな」かもしれませんが。
9
乾也春海 @kanbaru 2022年1月29日
平家の入水は陸海共に源氏方により包囲が完成されており、逃げ道がない状態で完全に孤立したため世に生きる道が閉ざされたと考えたからだと言われています。因みに女性は海から地元民に多く助けられたと言った話もあります。
6
平尾 由矢(パブリックエネミー) @astray000 2022年1月29日
頼朝「とりあえず、頼んだで」 義経「倒して(滅して)しまって構わんのだろう?」 頼朝「あ……あかん。次は俺かもしれん。殺しとこ」 大体こんな感じ?
0
備忘録 @kinnikunikugo 2022年1月29日
別に平家贔屓では無いがここで神器が紛失したのほんま無駄に追い詰めおって源氏この野郎って思う
45
@hinagi_mio 2022年1月29日
頼朝と言うか北条家はじめ坂東が義経追放後も執拗に平家狩りしていたんだから滅ぼす気はなかったってのはないだろ 義経の独断なら戦後は残党狩りもなくもっと穏やかになってるわ
28
ららぁ @lalalala0987 2022年1月29日
最近の本だと「義経が四国、範頼が九州を抑えて逃げ場がなく、しかも数の上でも劣勢で壇ノ浦で負けて追い詰められて滅亡」てな感じで書いてありますね。
4
ららぁ @lalalala0987 2022年1月29日
後白河が平氏殲滅派で、義経がそれに従ってホイホイ独断専行して滅亡、三種の神器喪失。結果、神器なしで即位した後鳥羽帝のフォローして朝廷に恩を売ろうとした頼朝の目論見が崩れて激おこ。しかも範頼は神器失くしたの謝ったのに義経はシカトしたんで、無許可任官と合わせ技で追討不可避な状況に、みたいな。
8
ろんどん @lawtomol 2022年1月29日
後白河院にしてみれば、より危険な崇徳院でさえ讃岐への配流で済ませてるんだから、自分の血を引いてる安徳天皇を何が何でも殺す必要はあったのかな
17
聖夜 @say_ya 2022年1月29日
この手の議論の大前提から抜け落ちているのは平安(12世紀)末期というのはまさに世紀末の無法地帯で武士というのは近代的軍隊とは根本的に異なるということ。元寇で揶揄されていたような名乗りを上げて一騎打ちは事実だとしても鎌倉末期のことで平和になってから生まれたお作法。義経だけが特別暴力的だったとか政治に疎かったとかではなく頼朝や景時のほうが特殊だったか後世の脚色
15
聖夜 @say_ya 2022年1月29日
ただ後白河と頼朝の対立軸を理解せず単純に自分が出世すれば源氏の家名が上がるという思惑しかなかったのに対して、頼朝が独自の自治機構(いわゆる幕府)を作ろうとしていた可能性は高い。足利尊氏も結局仲の良かった弟が政敵となり最終的に処刑することになるのでパイオニアの定めではあるのかもしれない
28
ぶんぶく @bunbukuultra 2022年1月29日
say_ya やる夫鎌倉幕府でこの辺解りやすく描いてくれたんで助かった記憶 義経としては兄のために頑張ったつもりなんだろうけど、兄が描く新しい体制や思想、価値観を下手したら最後まで理解できなかったのが悲劇なんやろうなと個人的には思ってる
21
むささび屋(,, -`x´-) @Josui_Do 2022年1月29日
lalalala0987 ×平氏 ○平家(高望王流伊勢平氏六波羅家)。間違ってはいけないが、平氏の子孫は鎌倉側にもいた。頼朝の臣下で追討に参加していた三浦義澄の三浦氏や千葉常胤の千葉氏は良文流坂東平氏。
10
the loyaltouch @theloyaltouch 2022年1月29日
義経だけが単独で暴走したんなら、最後頼朝の言うこと聞いて義経を追討した奥州藤原氏のこと頼朝は滅ぼすことなかったんでは。最初から邪魔者殲滅して統一したかったように見える
10
友引 @tomobiki10 2022年1月29日
北崎拓「ますらお」の義経が「平家、絶対に皆殺しにしてやる」マンでしたね。少年誌掲載時はボヤかされていましたが、青年誌移行した後に「寺に預けられている間に坊主たちに〇〇された」事が描かれました。その事に対する怒りを抱えており、何かある度に「これで平家を皆殺しにできる!」と狂気を見せる狂人として描かれています
8
ジミー加藤(フルモデルナ+ファイザー) @KATOHSAMANOSUKE 2022年1月29日
合戦しか能がない子に指揮権預けた結果がこれだよ( ´ ▽ ` )ノ
1
seidou_system @seidou_system 2022年1月29日
「敵対したら族滅」の鎌倉武士マインドだと、やっぱ滅ぼすつもりだったんじゃないか?
0
ええなさん⚔🛡💉💉💉 @WATERMAN1996 2022年1月29日
kanbaru 女性は助けられたというより、入水する際に武者は鎧を着込んでいたため水に浮かぶことができず、鎧を着ていない女性は浮かぶことができたから、結果として助けることができた、じゃないかと。
10
inti @inti87913544 2022年1月29日
改めてみると、平家にしてみたら海上にしか拠点がないくらいに追い込まれた状況なんやね。九州も抑えられているし、本州、四国の拠点から撤退してきたから逃げ場がない。殆ど恐慌状態だったんじゃないかな。
1
Alpha Leo @alpha_leo 2022年1月29日
源氏嫡流を根絶やしにしなかったことが平家の失策であったことを自分の身で証明したでしょ。源頼朝が同じ失策を繰り返したとは思えません。
7
愚者@勇者部満開19欠席 @fool_0 2022年1月29日
後白河法皇も評価が難しい人物で、平家と源氏の間をうまく立ち回ったかのように見えた一方で、源氏の内紛を煽り過ぎ結果それが後年朝廷の立場を厳しいものにしたからなあ……
1
facatacom @ascarnia 2022年1月29日
平家一門がその後も狩られ続けていることから鎌倉武士に殺意無しとは到底言えない。後白河上皇は、高倉天皇LOVEなので、高倉系のうしろだてになる公家平氏は守ろうとした。平家絶対に殺すマンだったら北陸宮を擁立している。
2
ろんどん @lawtomol 2022年1月29日
元々の主張は 「頼朝にしてみれば、三種の神器・天皇の確保>>>>>平家を滅ぼす」 だった…って話だよね。 平家をブッ殺したいのは山々だけど、それよりは神器と天皇が大事だったんじゃない?って話では
9
facatacom @ascarnia 2022年1月29日
lawtomol この時、皇統は①非平氏系(北陸宮)②公家平氏系(後鳥羽天皇・後高倉院)③清盛直系(安徳天皇)の三系あったわけで、義仲が①を推したように源氏としては①が一番望ましい。しかし高倉LOVEの後白河が②を推したため、③よりはマシと言うことで、後鳥羽が擁立された。そもそも院に天皇擁立の権限があるかどうか、非常に怪しい。安徳が正統性があるゆえに、安徳を生かしては置けない可能性は十分にあった。
4
ヒート<ぱんだぱんだ>マシン @heat_machine 2022年1月29日
hinagi_mio 「いいところで手打ちにするのに必要だった神器や天皇が死んじゃったから、もう相手方を焼け野原にするしかない」ってのはあったんじゃないの…?うかつにトップ殺しちゃったせいで末端が玉砕ゲリラモードに入っちゃってやらかしたぜって例はチョイチョイ見るし
20
【跡地】ウラリー㌠【移行済】 @urary777 2022年1月29日
kinnikunikugo まあ、「追い詰められたからって国宝と心中とか何考えとんじゃ平家この野郎」でもあるので…
20
備忘録 @kinnikunikugo 2022年1月29日
urary777 いや勝者は敗者を追い詰めすぎてはいけない(敗者配慮のためでなく、何らかの不利益を勝者側に起こしてしまうという意味で)のは近代の戦争見てもそうだから、私は源氏(勝者)が悪い派です
14
CAW=ZOO(コーズー @CAWZOO 2022年1月29日
ドリフの源九郎判官義経がこの感じかなー
1
【跡地】ウラリー㌠【移行済】 @urary777 2022年1月29日
kinnikunikugo もちろん源氏が悪いのは大前提なのですけど、「にしても潔く死に過ぎ」というか…まあ力づくで滅ぼしてる以上、円滑な政権移譲など望むべくもないですけど。「貴顕たるもの道連れにしていいものと後の世に遺すものくらい考えろ」と高望みしてしまうというか。
6
UKB0927 @ukb0927 2022年1月29日
「潰すことまでは考えていなかった」とは言いつつも原状回復に動くわけではなく、「一部のはねっかえりがやらかしただけ」「向こうが勝手にそう動いた」「消えたものはもう戻せない」という口実のもと内心は願ったり叶ったりなんだろうな...って、あっ、これツイフェミやキャンセルカルチャーのまとめじゃなかったのか。
4
中村ヘボピー @hebop_ 2022年1月29日
義経「ともあれ、平氏は滅ぶべきであると考える次第である」
2
Mock_Hatter @Mock_Hatter 2022年1月29日
say_ya 直義が処刑された? 初耳だなぁ。
0
創作文芸サークル時の輪@通販受付中 @Kamimura_Maki 2022年1月29日
ukb0927 多分頼朝の本音はそれだよね。まあ、結果として実朝までで源氏の嫡流は滅ぶわけだが。親の因果が子に報い、的な感がないこともない。
3
こいん @360coin 2022年1月29日
過激な行動は他人にやらせて評判が悪ければ「あいつが勝手にやったこと。なんなら処分する」という方法の有効性を頼朝が木曽義仲のときに学習して義経に使ったって可能性はないか?(頼朝が木曽義仲に京都での行動を指示したという意味ではない、念の為)
1
undo(あんどー) @tolucky774 2022年1月29日
どこで手打ちにするかも政治だからね。どこで手打ちにするかを考えずに悪戯に権力や圧力を振り回す輩政治がわからないのだ。だから義経は政治がわからない
7
undo(あんどー) @tolucky774 2022年1月29日
ヒラコーのドリフの義経はそういう悪い感がすごくていいよね
4
ワルサー・P・38世 @dorodoro_jirou 2022年1月29日
Mock_Hatter 思いっきり対立して合戦までしているな。
1
syukusyukusyuku @syukusyukusyuk1 2022年1月29日
hinagi_mio 逆やぞ。源氏直系の自分が見逃された様に平家直系に対しても手打ちにしとけば、将来源氏が斜陽になっても平家側が見逃してくれる可能性が残ったのに、義経が平家直系を滅ぼしたからその可能性が消失してどうしても平家の分家を滅ぼさないといけなくなった。
11
black.king @northern_shower 2022年1月29日
神器揃わなかったことが後鳥羽のコンプレックスになって承久の乱に繋がっていったっていう説を聞いたことがあるが(今みたらWikipediaにものってた)、もしそういう影響も出てたとすれば、壇ノ浦のやらかしは影響大きいよなあ
1
太田拓也 @ef510df200 2022年1月29日
弁慶らと愚連隊やってた奴に総大将させるから・・・ ジャンヌ・ダルクが引き合いに出されていたが、戦いの常識を無視して報いを受けなかったのって秀吉ぐらいかな?(少なくとも高齢で死ぬまでは瓦解しなかった。滅びたのは種無しが原因。)
1
flat @FzzVk 2022年1月29日
WATERMAN1996 十二単が空気を含んで天然のライフジャケットになったので沈まなくて、髪の毛がびろびろ長いのを櫂に引っかけて掬い上げることができたと聞いています(髪の毛イタタタ)
3
アルビレオ@炙りカルビ @albireo_B 2022年1月29日
fool_0 平家が消えた以上鎌倉勢は敵対はしていなくても最も警戒しないといけない相手なのは明白で、対抗できそうな勢力が存在しないのだから内紛煽る手に出るのは自然なことで、結果的に裏目に出たけど悪手と決めつけるのは違うと思います
0
らぃりる-A列車Steam版も面白い。PCならではの更新に期待 @Liriru 2022年1月29日
義仲は普通に、義経は京都の命でやりすぎた、で、手綱を放れたので頼朝に殺された、っていう流れは昔から変わってないんじゃ?
0
tometodon @tometodon1 2022年1月29日
義経の政治思想は「天皇様>貴族様>(越えちゃいけない壁)>>>>>源家>ほかの武士」で政治の血統を清盛台頭以前に戻して、あたまのいい頼朝兄ちゃんを一番偉い武士に認定してもらうこと、そのために自分は戦闘マシーンに徹したが、平家の興亡を間近で見ていた頼朝には公家の逆襲に利用されたら一番危険な存在とみなされたので…という解説を聞いたことある。
5
ハンミョウ獣人 @OrmFkkQMQISzCIz 2022年1月29日
頼朝も範朝に九州を攻めさせて平氏の 後を獲ろうとしてたわけで、四国担当だった義経とで平氏を挟撃したところまでは既定路線だったと思うんですよね。 ただ後白河法王が京の守護のために義経を検非違使尉に任じた辺りから後白河と義経の繋がりが強くなっていき、その二人と頼朝との齟齬がどんどん大きくなっていったのかなあと。 まあ義経はともかく、頼朝に忠実だったとされた範朝も結局流刑にされちゃったわけで、頼朝の問題も無いとはいえなさそう……。
6
(新)ぼくキャプ村ーN @sinbokukyapun 2022年1月29日
3種の神器の神秘性って、ここで無くなったからこそ、な気が
0
【跡地】ウラリー㌠【移行済】 @urary777 2022年1月29日
OrmFkkQMQISzCIz 元々平家の温情で飼い殺しにされてて、マトモな領地運営の経験もなければ教育してくれる後ろ盾もいなかった頼朝に巨大な絵図が描けたとも思えないので、多分に北条氏の意向だったんじゃないかって気はしますねぇ。
6
Hustlerまたは緑目またはQues @Hustler_marume 2022年1月29日
この説が正しいとすれば、義経はイレギュラー認定されて頼朝に排除されたという形になるので、源平合戦は実質アーマードコア。
1
たちがみ @tachigamiSama 2022年1月29日
滅ぼす気はあったがまだ滅ぼす気は無かったと思ってる 最期は戦じゃなくて政で潰す気だったのでは
1
創作文芸サークル時の輪@通販受付中 @Kamimura_Maki 2022年1月29日
いろいろ見てて思うんだけど、頼朝と義経って「平家追討後の政治構想」について話し合ったことってあったんだろうか。頼朝はこう思ってた、なんて我々は後世から見て言うけど、義経に言わなきゃ伝わらないよ?
4
facatacom @ascarnia 2022年1月29日
それ以前、治天である院が、皇位を挿げ替えたことはあるが、すべて形式上、天皇の同意を得て天皇が退位したうえで、挿げ替えている。恵美押勝の乱で廃立された淳仁天皇は唯一の例外でこれは草壁系の血統権威が欠けていたから。安徳天皇は高倉天皇皇后所生なのでド直系であるし、退位もしていない。そうなると後鳥羽は謀反人にしかなり得ないので、両者が生きて並び立つのはかなり困難。安徳を生かしておけるはずがない。
5
やじ @yajicco 2022年1月29日
三種の神器と安徳天皇の身柄の確保は至上の命令として伝えてるんだよね。平家を滅亡させろなんて一言も言ってないしなあ。そもそも総大将はお飾りなのに勝手に独断専行しているあたり本当に政治がわからんやつ
1
facatacom @ascarnia 2022年1月29日
ascarnia 平家を生かしておけば後白河院に手数を与えるだけなので、少なくとも頼朝はまともには平家を生かしておくことは考えなかっただろう。宝剣が失われたのは、後鳥羽の皇位の正統性が後白河院の指名によるのみになり、後白河院の権威が強まるので、義経の失態と言えば失態だろうが、プライオリティはそこにはない。
4
ピグモン @gdtiomnbvf 2022年1月29日
narutousen 安徳天皇も後白河院の孫ではある訳で『自分以外の皇統を滅ぼす』というのとは違うのでは?
1
ピグモン @gdtiomnbvf 2022年1月29日
syukusyukusyuk1 生き残った宗盛とその息子たちをブッ殺してるあたり、平家直系の37564は頼朝の意向じゃね?
1
柿木まめ太 @kakinokimameta 2022年1月29日
昔の人の、亡霊だの怨霊だのへの恐怖心って現代とは比べものにならないから、誰も安徳天皇の安否に無関心ではいられなかったと思うけどなー。最大級の怨霊化を懸念したと思うし。必ず祟る覚悟で入水って気がするくらいだわ。
1
るいるいさん @sasanaki18 2022年1月29日
平家はともかく、三種の神器と安徳天皇は生かしておきたかったんでは。退位させたあと幽閉して若くしてお亡くなりはするやろが
7
ららぁ @lalalala0987 2022年1月29日
Josui_Do うわ、酷いミスを・・・ご指摘感謝。仰る通り頼朝麾下には武家平氏が並んでますもんね。教科書だと平と付く人が壇ノ浦で全滅したイメージありますけど、解説本とか読むと伊勢平氏でも生き残ってる系統いるんですよね。
3
facatacom @ascarnia 2022年1月30日
頼朝、後白河院双方に安徳を生かしておくメリットは皆無。だとしても安徳を殺せと公式に命令できるはずがない。公式な命令が無いからその意思が無かったと見るのはちょっと単純すぎる。義経の気の回らなさは、壇ノ浦に行くまでに散々明らかになっていて、梶原景時から毎日のように報告が行っているので、本当に本心で安徳の安全確保を望んでいたなら、一端行軍を停止させたうえで北条時政や義時を軍監として派遣しているはず。
1
facatacom @ascarnia 2022年1月30日
ascarnia 以仁王のようにどさくさでやるのがが一番いい。そのうえでの三種の神器確保を義経は課せられていたわけで、もともとがかなり難しめのミッション。後白河院は、親兄弟自身の子らとも上手く関係を結ぶことが出来ず、実子の二条天皇とは対立し、孫の六条天皇はかなり雑に扱っている。以仁王や北陸宮に対する冷淡さも際立っている。後白河が愛したのは建春門院と高倉天皇のみなので、清盛の孫の安徳天皇など歯牙にもかけていなかったと思われる。
0
Yoshiteru Kawai @yoshikun2009 2022年1月30日
lalalala0987 北条とか平氏がその後も残って政権運営しているので滅亡は嘘ですね。
1
りあ🖖🏼 @R_i_a_c_h_a_n 2022年1月30日
滅びし平氏のうらみ、わすれたわけではあるまいな。 行け、そして義経をうて。入道相國の加護のあらんことを。(ゲーム開始3分でエンディング)
0
黒野千年@なろうR18ミッドナイト(ワクチン3回済み) @blackperson2000 2022年1月30日
平家の世と言っても清盛の一党という限定的な血脈の専横に過ぎず、関東八平氏というような言葉に代表されるように平氏の流れを汲む坂東武者は有力で、多くが反清盛に合流し、鎌倉時代を越えて室町・戦国にまで繋がっていく。逆に、義朝〜頼朝の一党は、範頼、義経の粛清で父系親族の有力な後見者や直系が途絶えた際の代替となる血統を失う。源平という単純な二元対立の見方はそろそろおしまいにしていいのでは?
1
富錦 慎 @hukinnshinn 2022年1月30日
政治家でも「秘書が勝手にやりました~」っていうじゃん。「そこまでやれとは言ってない(いいぞもっとやれ)」とか「エクストリーム自殺しました」とか「痛ましい事件でした(計画通り)」とかあるわけだし、部下の暴走ってことにしてやりたい放題する人っているよね。
1
きさら@やきうの時間だぁぁぁ @m_kisara 2022年1月30日
urary777 勝利の条件が「神器と天皇の確保」だった場合、源氏の勝利をあの状況で阻止するには天皇が神器を抱いて入水するしかなかったという側面が。
2
おくとぱす @octopus_takkong 2022年1月30日
Josui_Do 頼朝と義経の話には関係ないですがトリビア。「平家側にも、『平家に属した源氏』武将がいた」。   源季貞(すえさだ)という人物で、清和源氏。所領から「飯富(おぶ)季貞」とも。平清盛の元で侍大将として戦い、その後も九州で緒形氏や菊池氏と戦い、壇ノ浦で捕らえられた。その後は不明。武田信玄麾下の「飯富虎昌(おぶ・とらまさ)」はこの季貞の子孫。
3
【跡地】ウラリー㌠【移行済】 @urary777 2022年1月30日
m_kisara それで源氏の勝利をその一時阻止したところで大勢が決している以上政治的な敗北は免れないし、神器を喪失したら天皇家の権威が損なわれることまで考えてたか? という話ですわなぁ。
1
きさら@やきうの時間だぁぁぁ @m_kisara 2022年1月30日
urary777 神器を持つもの=正統な天皇って考えは当時強かったはずなので、源氏が天下を治めてもそれは正統ではないと主張したかったんじゃないかなぁと考えてます、自分は。
2
さどはらめぐる @M__Sadohara 2022年2月1日
義経からすれば海戦経験のない兵を引き連れて水軍みたいな平氏を相手するために、一の谷でも屋島でもかなり無理して陸から攻めるなどしてるところを見ると、頼朝たちの思惑など関係なく英雄としての評価はされるべき。英雄とは他者の思惑など関係なく己の正義を全うした者に与えられる称号である
0
まほろば @mahoroba_21 2022年2月6日
平家の残党を執拗に~ってのは当然の事で放置してると反乱を起こすからだけどね 実際2度反乱を起こしてるしな
0
山吹色のかすてーら @sir_manmos 2022年2月15日
lalalala0987 室町幕府執事の伊勢家はまさに伊勢平氏ですね。ゆうきまさみ氏の「新九郎奔る」すなわち北条早雲。
0