編集可能

宇宙戦艦をみんなで想像してみた

勝手ながらまとめてみました。
雑談 架空兵器
61
金狐 @foxy_kitsune
いわゆる2次大戦まであった戦艦という意味でなくて、もっとSF的に広範囲に通用する戦艦の定義ってどうなるのかな。大砲を主力兵器として、強力な装甲を持つ?
El Presidente @lowen_lowe
@foxy_kitsune 帆船時代みたいに砲門数と速度で決定するとか
El Presidente @lowen_lowe
宇宙で使うとなればそんなに沢山の砲を積んでて意味あんのかとも思うが、射撃指揮システムの精度がレーザの射程に追いつかない場合なんかは迎撃時の複数目標への対処を考えて多数の射線を持つ艦が有力になるとか考えてもいい。デブリ?気にするな
El Presidente @lowen_lowe
友人が宇宙巡洋艦の定義として「デブリとか宇宙塵に対する抗性」を提案していたのを思い出した。たぶん力場かなんかで防ぐんだろうけど、力場発生器にペイロード喰われて戦艦ほど重武装にできないとか面白いかもしんない
小野仁 @yukikazemaru
@lowen_lowe むしろ、重装甲をもてる大型艦艇であれば『デブリが多いほうが有利だぜ』とか言いだしそうな。
El Presidente @lowen_lowe
@yukikazemaru デブリの衝突が気にならない程度の装甲が重くてしょうがないというなら、それが気にならないほど巨大で大出力の機関を積むことで相対的に装甲重量の割合を下げるという手もありかな。今度は推進剤の比率がバカみたいに上がるから水素核燃料の外部タンク前提で
金狐 @foxy_kitsune
@lowen_lowe 宇宙戦艦は考える事多そうです。戦争の形式がどうなるのかという問題から。
El Presidente @lowen_lowe
@foxy_kitsune 単純にwarshipの区分を考え直すだけなら、まず時代というか技術水準を考える必要がありそうですね
金狐 @foxy_kitsune
@lowen_lowe 想定される推進器の性能次第かも、現実的な話では。フィクションにありそうなエネルギー装甲やワープ・燃料を無視出来る特殊な技術は、現実的な宇宙戦とは全く違うものと考えるべきかもしれません。
El Presidente @lowen_lowe
@kidoudensuke 艦首にそれ積めば前方300度くらいはカバーできそうだけど……
機動大尉/ナイフツクリチョットデキル @kidoudensuke
@lowen_lowe 艦首には縦横に並べて30連くらいにして、両舷には内蔵式、艦デッキには段差を付けていっぱいつけるとか。
金狐 @foxy_kitsune
ISSは対デブリ用の装甲にアルミニウム板とケプラー繊維と空間装甲だったかな。
ぼろ太 @futaba_AFB
宇宙戦艦、メインの推力は熱核エンジンなのかだが、武装を考えるに超電磁砲や、火薬を使った火砲ではその反動の制御がどの程度大変なのかだが、戦艦を破壊できるほどの威力を持ったレーザーなら、その光子の反応でさえ大いに影響があるのかだが
アイヌ語で浮き草という意味だそうです。 @tokaov
@futaba_AFB そこで相手の軌道を予想した投射爆雷の投げ合いになるワケですね・・・。
ぼろ太 @futaba_AFB
そんな小説何かで読んだ記憶があります。 @tokaov そこで相手の軌道を予想した投射爆雷の投げ合いになるワケですね・・・。
アイヌ語で浮き草という意味だそうです。 @tokaov
国内だと「航空宇宙軍史」海外だと「アンタレスの夜明け」なんかがそうですねー。 RT @futaba_AFB: そんな小説何かで読んだ記憶があります。 @tokaov そこで相手の軌道を予想した投射爆雷の投げ合いになるワケですね・・・。
ぼろ太 @futaba_AFB
でも、宇宙戦艦でいちばんその処理が大変なのは放熱なんじゃないかな~、多分宇宙船よりも巨大な放熱板が必要になったりするんじゃないかな?真空だから放熱する媒体(こういう表現が適当かはわかりませんが)が無いですからすごく大変でしょうし
小野仁 @yukikazemaru
大体あってる RT @futaba_AFB: でも、宇宙戦艦でいちばんその処理が大変なのは放熱なんじゃないかな~、多分宇宙船よりも巨大な放熱板が必要になったりするんじゃないかな?真空だから放熱する媒体(こういう表現が適当かはわかりませんが)が無いですからすごく大変でしょうし
そる・あーす @Sol_Arth
@yukikazemaru @futaba_AFB そして熱ステルスをしないと位置がバレバレなので云々というSF世界考察に
ぼろ太 @futaba_AFB
でも、宇宙船で熱ステルスってかなりムリゲーな気がします。@Sol_Arth @yukikazemaru そして熱ステルスをしないと位置がバレバレなので云々というSF世界考察に
ooi@n_m @JDSDE214
男は黙って宇宙機雷(マテ QT @futaba_AFB: そう考えると、宇宙戦艦の武装でいちばんハードルが低いのはミサイルなのかな~、レーザーとかだとその放熱も大変そうですし、火砲とか反動を制御するだけで大量の推進剤が必要になりそうです。
ぼろ太 @futaba_AFB
そう考えると、宇宙戦艦の武装でいちばんハードルが低いのはミサイルなのかな~、レーザーとかだとその放熱も大変そうですし、火砲とか反動を制御するだけで大量の推進剤が必要になりそうです。
El Presidente @lowen_lowe
@futaba_AFB 第三宇宙速度まで加速させてしまえばあまりデブリの心配もないですからね、実体弾は(敵艦の残骸とかは出ようが
SAWADA Yoshihiro @sawachiyo
@futaba_AFB 推進力のある機雷の方が良いのではないですか?戦艦には似合いませんけど
残りを読む(174)

コメント

ぱいちゃう @EZ_021 2011年9月9日
たしか田中芳樹さんの作品だったと思うけど、強力な宗主国である地球が植民星を押さえつけるために派遣する、地上攻撃が主要任務の宇宙戦艦ってのもあったような…なんて作品だったっけ…
ワス @wsplus 2011年9月9日
光速機動する赤色矮星を爆弾としてぶつけてくる巨大ブラックホール帝国とかやってください。戦艦は恒星。
すーさん @anexus61251 2011年9月29日
佐藤大輔の短編で「戦艦」てのがあったはずだけど、叙述トリック仕立てになっていて最後にその戦闘が衛星軌道上、初の宇宙戦艦同士の撃ち合いだったと明かされるという、アレを思い出しました。
NORt @NORt18953368 2017年6月1日
まとめ最後の宇宙艦隊決戦問題はほぼ過去の海洋艦隊決戦にまつわる問題と同じ。となれば解決策も同じ 防衛側は攻撃側より有利(仮に3倍の戦力比)なら、同等の国力を持つ場合、戦力の2/3を攻撃に回しても母星の安全は確保できる。敵も攻撃に全力投入しないと想定すれば3/4を攻撃戦力にできる。
NORt @NORt18953368 2017年6月1日
敵母星を直接攻撃しても勝ち目がないので、中間宙域の取り合いがまず発生する。 小規模勢力への干渉、地上部隊の支援、航路の監視、封鎖、護衛。これらの実行部隊は小規模で分散した方が効率がいい。実行部隊を支援や妨害する艦隊同士で戦闘が起こる。 不利でも敵の行動を見逃す害が大きい場合や、そもそも不利側が逃げられない状況などが出てくるからだ。
NORt @NORt18953368 2017年6月1日
攻撃戦力は母星を防衛戦力に任せて自由に中間宙域で活動できる。 味方宙域での活動は安全だが、成果もない。敵味方艦隊の情報や配置を工夫して、敵勢力に奇襲をかけたり、それを迎撃したりするだろう。
NORt @NORt18953368 2017年6月1日
決定的に優勢な側は敵母星に直接攻撃を計画するだろう。敵残存艦隊がそこそこあれば母星近くの有利(情報等地の利、防衛戦力の転用、近距離戦力)を活かして迎撃する。決戦回避すれば母星が攻撃受けるだけ、決戦で引き分けても仕切り直しの時間ができる。攻撃側も侵攻しなければ相手に回復の時間を与えるだけ、決戦で引き分けでも相手が反攻準備整える間にこちらも態勢建て直しができる
ephemera @ephemerawww 2017年6月1日
亜光速技術があるなら、隕石にエンジンをつけて加速して叩きつければどんな人工物もひとたまりもない。惑星だって滅ぼせるだろう。そんな世界において宇宙戦艦に要求される意味を問い直すべきでは
NORt @NORt18953368 2017年6月18日
その辺は核ミサイルあるのに通常戦力って意味あるの?みたいな議論のより極まった環境下での話になりそうですね。 火力と視界とその対抗技術(バリア、迎撃ミサイル、回避、ステルスなど)のバランス如何で宇宙艦隊戦になったり格闘戦になったり機雷の撃ち合いとかDEFCON1的戦いになったり様相も色々でしょうし。
NORt @NORt18953368 2017年6月18日
惑星中心に十分な防衛網が整備できる環境なら、その攻略のために相手の星系近くにより沢山の隕石投射基地を設営する必要があり、その護衛や破壊に短射程高機動の通常宇宙戦力による殴り合いは起きそう。 あとは政治的に惑星破壊でなく地上戦力送りこんで占領する必要がある場合や、移民船や海賊など非惑星規模の集団が交戦する場合とか。
ログインして広告を非表示にする
ログインして広告を非表示にする